隕石

■隕石について 関連項目彗星
目次

関連記事

進化のための刺激 2013-02-16 11:42:49

被害、半径100キロに及ぶ=負傷者1200人に―ロシア隕石落下

 【モスクワ時事】ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州を襲った隕石(いんせき)の落下・爆発で、地元警察当局者は15日夜、衝撃波で窓ガラスが割れるなどの被害が少なくとも州内10地区で確認されたことを明らかにした。これは最大の被害が出た州都チェリャビンスク市を中心に半径約100キロに及ぶ広い範囲。負傷者は重傷者2人を含む1200人に増加した。地元通信社が伝えた。
 米航空宇宙局(NASA)は大気圏に突入する前の隕石の大きさは直径約15メートルだったと推定。1908年にロシア・シベリアのツングースカに落下した隕石に次ぐ大きさとなる。また太陽よりも明るく、通過の痕跡は約30秒間目で見られるほどだったという。
(時事通信 2月16日(土)6時42分配信 写真:ロイター・共同より)

(感想)
上の写真を見ても分かりますように、宇宙から地球への落下物は隕石を始めとして人工衛星にしましても、モクモクと煙を振りまきながら燃焼するものです。
この煙の微量粒子は、大気圏で燃焼した分は一週間も経過すれば地球全体に行き渡るでしょう。
直径が40mを切る落下物の観測は、事前の予測が出来ないと考えたほうが良いという専門家の意見もあります。

過去記事では何度も隕石落下による衝突と影響の懸念を書いて来ました。(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%87%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E9%9A%95%E7%9F%B3&type=and&sort_flg=0&encode=utf-8
そして、昨日の記事でも小惑星「2012 DA14」の通過に合わせて、
「天体に関しましては、地球外ウイルスの影響に私は注目しています」(【立つ雲には注意 2013-02-15 10:47:33】)
と書きましたように、隕石などの天体と共に飛来する未知の宇宙ウイルスを懸念しています。
これから大小さまざまな隕石と、人工物の落下が起こる時節に入ったと思います。

地球の人工物では無くて、長い長い旅をして来る宇宙からの隕石につきましては、大いなる存在の意志を感じます。偶然などは一切なくて、創造の過程の「最中」としての欠かせない生命への大切な刺激を感じます。
生物や人類は、隕石が運んで来る遺伝子やウイルスの刺激が無ければ進化しないのかも知れません。太古の不可思議な大きく劇的に生物が進化するジャンプ現象が起こる原因に、隕石の関与が実在するのを感じます。

1908年にロシアのツングースカで発生した巨大な爆発も、隕石だとされています。
これ以降の人類は、過去の世紀には起こらなかったほどの急激な科学の進歩を始めています。何らかの刺激を全人類に与えたと感じます。
霊的には、1900年前後の期間とは、世界中でとにかく霊的な巨人が誕生しています。
今回の100年ぶりとも言えます巨大隕石の落下は、これからの地球を変える意味を持つことでしょう。

これを良い刺激として人類が受け取るには、戦争などを画策している人類では生けません。もしそうならば、悪い進化として隕石の刺激は人類に発動することでしょう。
そうではなくて、生かされている感謝を思う人類が多数であれば、明るい未来文明への刺激と成ることでしょう。



私の感応では、超太古に火星や金星・月に存在した文明でさえも、粘菌のフラクタル法則に乗った進化をしたと感じます。
「粘菌は隕石に乗って、宇宙を旅する種族かも知れません」。
今の科学が進歩すれば、私のこの明記は重要な意味を持つことでしょう。
人間とは「自分が」理解できないことは否定してバカにするという、非常に進化を妨げる要素を持ちます。

僻地の菌(精霊)が私に教えてくれた内容には、人類を支配する・支配出来る菌が、逆に人間から影響を受けることはあるのか?
という私からの問いへの答えを教えてくれました。
それは、やはり人間からの「思い」の影響を受けるということでした。
その思い次第で、菌が地球を見捨てて次の宇宙への旅を始めるかが決まるようです。超太古に他の天体を離れたように・・・・・。
菌の旅立ちには、火山の大噴火を利用するそうです。



この善玉菌の過去記事を再読して感じますことは、地球上に生命が誕生した過程のヴィジョンでした。
地球に飛来する隕石の内部に、凍結?されたというか封じられた菌(アミノ酸の関係)が存在するのを感じます。
色んな種類の菌を内蔵した隕石が、アル順番(ドレミファソラシド・・・・ア・マ・テ・ラ・ス・オ・ホ・ミ・カ・ミ・・・未知の順番)に地球に飛来して拡散“された”時に初めて、生命の因子が芽生えたのを感じます。
何兆回、いや気の遠くなるほどの世紀と隕石の飛来が無ければ起こらない奇跡でした。
これには、神様の意志が介在しています。

(中略)

隕石から生命が発生した永い永い世紀を観ましても、遺伝子(連続性・先祖)へ感謝することは、自分自身を強くします。



霊視をする場合も、幾重にも並行する世界の内、どの世界を観ているかの判断が重要です。
例えば、私が観た将来の地球世界で、NYとロンドンを直線で結んだ大西洋上の中間点に、超巨大な隕石が激突する模様をリアルなカラー色で観た事があります。  その時に発生した巨大津波は、地中海を乗り越えて大陸を横断し、日本海で止まります。逆方向の津波は、アメリカ全土を飲み込んでしまいました。 その時の日本の状況は、ロシアや中国を始めとした近隣諸国が、大地震や災害の頻発で窮する中、何故か日本だけが安泰で、その時代に貴重な水が豊富なので、近隣大国が軍隊を発動して避難を兼ねた占領に乗り出す直前での、大隕石の落下でした。
これは、余りにもリアルな様相なので、外れます。
現実界に転写されない世界を観たのでしょう。


関連コメント

隕石を展示している施設があります。隕石は触れたり近づいても大丈夫でしょうか。

。。。見るのは問題は無いです。
2013-11-21 22:53:55


隕石が大気圏を突入するときに生じる火球に包まれて高温になることで、地球外ウイルスなどは消滅すると考える湖とはできないでしょうか。それでも生き残るのでしょうか?

。。。過去の隕石からは有機物が採取されています。
2013-02-17 14:27:00


昨日の隕石のウイルスの影響は、周辺地域のみで済む問題じゃないということでしょうか?
良い進化、悪い進化などは全人類にかかわることでしょうが、一個人として当面の疫病の流行、蔓延には懸念を覚えます。
隕石の軌道のみならず、全人類に新たな疫病が蔓延する可能性があるのであれば、それなりに対策をする必要があると思いますので対策を・・・
お聞きしたいのですが、すでにサプリ、体操、感謝、(場合によっては)マスクなども進めていただいているので、もしこれらの他に何かあれば教えてください。

。。。先祖への感謝、内在神への感謝が大事。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。実践が教え導きます。
2013-02-16 22:29:28


「隕石の影響は全人類に行きわたる。隕石の影響を良くするか悪くするのかは、ひとりひとり違う。個人が何を思うかで影響が変わる。」ということで良いのでしょうか

。。。そうです。個人同士にも起こります。
2013-02-16 17:02:10


以前不思議なものを見ました。夜0時、暗闇の空に拳ほどの緑の発光体が出現し鮮やかな閃光を放ちました。空が昼間のように明るくなり緑の光を放ちながら北東へ横に線を描き移動して消えました。隕石でしょうか。

。。。隕石や宇宙ゴミの類です。
2012-01-14 15:02:13


映画「デイアフタートゥモロー」のニューヨークを襲う津波シーンは地震が起きた場合もあり得ますか?

。。。地震や隕石でも可能性はあります。
現実化する可能性は、まだ低いです。
2011-11-25 18:52:30


太古の大気は二酸化炭素が主成分とききました。太古の生物に「酸素」は猛毒。しかし、現代の生物は酸素が無くてはならないものに。人間は、肺呼吸で酸素を入れて、エネルギー(アデノシンサンリン酸)を得ます。それにはミトコンドリアが深く関わっています。ミトコンドリアは、ほとんどの生物の細胞に含まれる「酸素呼吸の場」とされています。太古の生物にとって酸素は猛毒ですから、通常のDNAの進化では酸素は猛毒のまま。ですから、ミトコンドリアは地球外生命体で、太古の海で、地球上の生物のDNAと共生することで、新しい生物の細胞が出来上がったのではないかと推測する科学者が。私はミトコンドリアが神意によってもたらされた物と思いますが、リーマンさんはどの様にかんじられますか?

。。。酸素吸入が多いと、肺を痛めるそうです。
ミトコンドリアは、地球外から来ています。
隕石に付着していたのです。
滅亡する惑星から、遺伝子情報を乗せて、命の連鎖を計ったのです。
2010-09-03 20:56:54


20140715

  • 最終更新:2015-06-06 23:23:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード