邪気

■邪気について

関連記事


東京都は道路の清掃が行き届いていますから、これが邪気を抑えて、大地震も抑えている一面が有ると感じます。
部屋掃除をしない人は、とにかく運気が低下します。
これは国家でも同じなのです。自分の身の回りから、清掃と片付け整理をして行きましょう。
これは、そこに住人が存在する証明にもなり、防犯と防災にも成ります。


空の次元とは鏡です 2011-02-22 11:31:11

今朝も窓越しに太陽を拝していました。窓ガラスを挟んでですが、腹式呼吸をしながら数分間
「 アマテラ“す”オホミカミ  アマテラ“す”オホミカミ 」と何度も想起(心中で思うこと)しました。近年は「ス」の音を強く出す意識が自然とでます。
このアマテラスオホミカミの2回単位の発声なり想起が、神道の奥義であり実践的に内在する神気を発動させる太祝詞(フトノリト)です。(【大祓詞 の秘密 2007-05-29 23:14:59】)
無言で心中で想起する時は、「ス」音でお腹が最大に息を吸って張った状態です。
発声する場合は逆に、「ス」音で腹が一番へっこむタイミングとなります。
私は普段でも仕事をしながら、フトノリトを想起しています。
想起する言葉の速度は、超低速から高速まで、臨機応変にその場所や状況で変化しています。やはり、邪気を感じる場所では、速いフトノリト想起をしています。


凝らないように注意 2010-04-10 10:42:52

人間は、この世に居る間は軽運動が大切です。体内の循環が悪ければ、どんなに良い薬やサプリメントを摂取しても、体が受け付けずに流れるだけです。ムダな出費を重ねる事に成ります。
軽度のウツ病や憑依は、運動により改善する事が多々あります。
古神道では邪気の発生は、空間に気の流れが止まり、凝り固まる事から始まるとします。
空間に「凝り」が生じないように、掃除や空気の流れを重視します。祝詞を奏上するのも、その場の気を言葉により「流す」為です。雰囲気が流れている事が大切なのです。


柔軟力を育てましょう 2010-02-12 10:50:00

古神道では、悪霊の発生を「凝り固まる」事から起こると表現します。自分の心が色々な物事に、こだわり凝りだせば注意をしましょう。
まあ人生には色々と在りますが、1つ1つほぐしながら緩(ゆる)やかに歩いて行くのが最善な道です。


凝ら無いように 2010-01-23 10:44:18

古神道では、「凝る」(こる・しこる)事を非常に嫌います。
心の「凝り」を作るのも、肉体が「凝る」状態も忌み嫌います。凝りが寄り代と成り、悪い物が憑く島と成るからです。
素直な心で肉体の力を緩めている状態が、心身にも霊体にも良いのです。
実際に筋肉の緊張状態が継続していますと、必要な時には力が出せない体の性質が在ります。筋肉を緩めた状態から、必要な時に集中する事により、自分が持つ力を発揮できるのです。
これは、心も同じなのです。


関連コメント

霊道は鬼門(北東)から南西へと真っ直ぐに通り抜けるとのことですが、我が家に存在する霊道の場合、位置的には、玄関脇付近から台所の一部を通り、居間に抜けるラインかと思うのですが、これで正しいでしょうか?(家族が奇異を感じるのも、この付近が多いです)
尚、リーマンさんからご指摘いただいた通り、現在は北側の寝室で三本供養を行なっています。
マンションの場合、霊道の幅も部屋によって違うとのことですが、我が家の場合、植木を置くなど、何か創意工夫するべきことはありますか?
それとも、特に意識することなく、このまま感謝想起と先祖供養を続けていけば宜しいですか?

。。。それと掃除と整理整頓が大事。
霊道にモノをたくさん置きますと、通過する邪気が引っ掛かり、そこで停滞します。
2012-08-24 01:00:05


祓い体操の目的は何でしょうか。

。。。自分に憑いた邪気、自分の心の曇りを祓います。
2012-04-14 08:16:15


20141108

  • 最終更新:2015-06-09 21:19:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード