遺伝子・3本目の遺伝子

■3本目の遺伝子について 関連項目 遺伝子 DNA

注:病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。
  ここでの話は、あくまでも参考意見です。
  先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
  強要は決して、しておりません。
  伊勢白山道リーマン   2011-02-10 21:05:23

目次

関連記事


人類の3本目の遺伝子について、何度も説明して来ました。(過去記事:http://goo.gl/WzaMl
これからは、これがまさに私たちを立て分けて行くと感じます。
例えば、チンパンジーと人類の遺伝子の違いとは、たったの2%であり、98%は同じ遺伝子の構成であるという学説が存在します。
遺伝子のたった2%の違いが、チンパン君と私たちを違えているのです。
つまり、通常の遺伝子2本が0.1%でも変容すれば、その人間は完全な別人に成ります。親子での遺伝子の違いとは、ほんのわずかです。

(中略)

私が感じますには、高度な顕微鏡で見える2本の遺伝子とは別に、肉体と霊体を繋ぐ3本目の「見えない遺伝子」が存在するのです。
この3本目の遺伝子の指示を受けて、見える2本の遺伝子が日々変更されています。
この3本目の遺伝子に影響を与えているのが、普段の私たちの心(内在神)なのです。
3本目の遺伝子を正常化すれば、私たちの免疫力・健康と運命にも影響し、肉体の容姿も変化させる可能性を感じます。
特に普段の生活の中で、私たちが「生かされている感謝の思い」を持つことが、最大の影響を3本目の遺伝子に与えて大切なのです。



(中略)
このブログ初期から3本遺伝子は重要なテーマでした。これが近年になりようやく科学的に証明され始めています。
しかし、科学的には遺伝子の表面的な構造解析に留まるでしょう。
遺伝子の2本めまでは「肉体」を決める要素であり、3本めからは「思い」が遺伝子を決めるからです。
人類は、人間の「思い」について、まだ何も分かっていないからです。
科学的に人間の「思い」を研究することがされずに、2次元的に見える世界しか研究されて来なかったのが今の人類だと思います。

コノ世は3次元の立体の世界だと思われていますが、人類は2本遺伝子に象徴されるように、まだ2次元で生きているのが実態だと感じます。
右か左か、黒か白か、好きか嫌いか・・・・このように単純な2極構造に思考から生活パターンまで未だに支配されています。

数千年前に老子や釈尊が現れて、中庸(ちゅうよう)や中道の思想。神道の中今(なかいま)という中間の重要性を人類に教えましたが、未だに2次元的な肉体思考から脱皮が出来ていません。
ここで、自分の「思い」を大切にする人類から、3本めの遺伝子の起動が始まると感じています。
3本めの遺伝子が完全に起動しますと、2次元で生きる人類とは、人間とアリぐらいの視野の差が生じると思います。
これが超人類の誕生の秘密です。(【大いなる実験場 1 2013-03-12 10:49:49】)

人間の「思い」が研究されて来なかった不思議を思います。
私は、「思い=電磁波」だと感じています。無限のエネルギーとも感じます。
聖書の「最初に言葉ありき」とは、最初に神の「思い」があったと感じます。
思い=重い、となり重力を生みました。
重力が生まれれば、星が生まれたのです。

だから人間は、自分の「思い」を大切にした人間から3本めの遺伝子が起動して、神の天地創造のような自分版を創造・想像することが可能なのです。
自分がダメだと思う人は、自分自身の「思い」を一番に信用していないし、自分の「思い」をダメにしてしまっています。
これでは色んな自由が消えて行くでしょう。

先ずは生活の中で、「非難する思い」「怒る思い」「悲観する思い」を無くして生きましょう。
そして、何事にも「感謝する思い」で生活を心掛けますと、3本めの遺伝子への刺激が始まることでしょう。
これは、病気への影響から証明され始めるでしょう。



(中略)
があります。
今の人類の遺伝子は「二重らせん構造」が主体ですが、これから「三重らせん構造」に移行して行くと感じます。
では「三重らせん構造」に遺伝子が進化すれば、人類はどうなるのでしょうか?

(1) 信じられないような免疫力を持ち、異常に寿命が延びると思います。
実は古史古伝や神話には、ある特定の人物の寿命が異常に長く、数千年間も生きたという矛盾が散見されることがあります。これは表記の間違いや、固有名称の引き継ぎとして片付けられていますが、間違いではない可能性を感じます。

私の感得では、初期人類の遺伝子は「12重らせん構造」だったのが、ある事情により(鬼門金神の北への幽閉・押し込め。特定エネルギー体の干渉が欠落して起こった)
二重らせん構造まで人類は「劣化した」と感じます。

(2) 従来の人類が有しなかった意識力・念動力を持ちます。
神話の「天の鳥船」(あまのとりふね)という円盤型の巨石の乗り物の存在や、人類が意識力を無くす直前の最後の時期に造られたピラミッドやモアイ像の形成の秘密が分かります。

現時点では、このような話は夢物語の笑い話なのですが、このような変化を最初に起こし始めるのは、日本に住む人類からだと感じています。
現在の日本は、福島原発の野ざらしという特殊な環境にも現実的に置かれています。非常に不思議な光景です。
また、複数のプレート地層が日本に集結するという、地球上で唯一無二の場所が日本列島です。プレートの裂け目から噴出する色んな磁場の中で生活する環境でもあります。
これらは人間の遺伝子へ、善悪両方の刺激をすることでしょう。

日本に起こることには一切のムダが無いという思いが私には有ります。
日本に住む老人も含めて、生きながら遺伝子の3本化が起こるのでないか?と夢想しています。
ただ、この場合、今の地球人口は多すぎるという矛盾も感じます。
だから人類は、ウイルスへの耐性を持てるか否かが重要なカギだと思います。

人間は半年も経過すれば、人体の細胞の大半が入れ替わるという速い新陳代謝を誰もが自然と行なっています。常に日々、誰もが別人に成って行っているのです。
だから、日々の生活習慣や「気持ち」の持ち方が最重要となり、明日の自分を形成させています。他人を呪っている場合ではありません。

私は、遺伝子を三重らせん構造にさせる刺激は、「感謝の気持ち」だと真剣に感じています。そして、自分自身(神)を信じることなのです。
未来に希望を持って、楽しみに生きましょう。


大いなる時は来たれり 2013-01-12 10:46:03

この雲の形象を観て私が思い出しますことは、ギリシャ神話に出てくる「ヘルメスの杖」です。

この2体のヘビが絡みつく形象は、ギリシャ神話よりもさらに古いシュメール文明でも散見されます。
本当の起源は、日本神話のイザナギ・イザナミを象徴とする、偉大なる二神が人類の創造を行った仕組みを表していると感じます。
二本の螺旋(らせん)は2本の遺伝子DNAを意味し、真ん中の柱の直線は過去記事で触れた「3本目の遺伝子」を意味します。


明るいSF未来世紀への夢想 2011-04-11 11:36:37  

今からは、日本人も二種類に分かれて行きます。
健康な人と、今は重病であり病弱だけれども明るくて死なない人のグループと、
環境汚染からの病気で早々に亡くなって行く人たちです。
この選別をするのは、体内の善玉菌です。
善玉菌は、本人の感謝の意志から醸造されます。先祖(遺伝子の束)と「生かされている」ことへの“感謝想起”が重要です。

善良なる感謝の思いを持つ人は、まったく恐れる必要は無いです。
むしろ日本の明るい世紀を待っていれば良いです。
どんな汚染にも影響されずに、老人も若返り始めることに「生きながらに」成ります。
私の脳裏には、大いなる遺伝子の進化と、革命的な発明を持つ明るい日本が観えています。
このカギは、3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養に在ります。これが強制で到来するとは、神意への畏れを感じています。



初期のブログ記事では何度も、すべての霊的次元が今の現実界1つに転写して来て、今の世が主役に成ると書いて来ました。あの世の先祖たちや縁ある霊は、霊的な3本目の遺伝子として共に生きて「今を共に体験して」行くことに成ります。


自分で治せますよ 2010-06-07 13:38:03

これは、やはりチャンスの時代の到来です。
心持ち一つで、今までの不治の病とされる病気が治る時代が来ていると感じます。
逆に、間違った集金依存信仰や他人からの霊的ヒーリングに引っかかれば、急速に病気や悪い事が起こる時代でもあります。
これからは、日常の心持ち1つで、運命が変化するのです。
もう過去からの因縁や出来事に縛られる時代では無く、「今の心境」が全てを左右させる時代でもあります。これは逆に、怖い事でもあります。
不満心や怒りを持つ事は、自分自身が一番大損すると思い、執着して悩まない事が重要です。
「生かして頂いて ありがとう御座位ます」の心で、生活をして行動する事が大切なのです。

人間の肉体を構成する細胞は、数日~約半年で新しく入れ替わっています。病気ならば、それが忠実に新しい細胞でも引き継がれて病気と成っているのです。
要は遺伝子の設計図の通りに、肉体は再生されているのです。
遺伝子が改善されれば、病気は治るのです。
そして、遺伝子の構成に影響を与えているカギは、3本目の遺伝子の存在(【あきらめるのは、まだ早い 2010-04-06 13:36:50】)です。
この目に見えない霊体の3本目の遺伝子には、心に思う事がリアルに反映しているのです。
感謝の思いは、3本目の遺伝子を正常にククリ直させます。そして、病気が治癒します。



私たちの肉体は、遺伝子の2本のDNAが、2体のヘビの様に絡み合いながらラセン構造をしている設計図からの命令で変化します。
このDNA設計図には、個人がある年齢が来ると発病する時限爆弾の製造指示までもが詳細に記憶されています。個人の性別や容姿、歯の1本の形も詳細に記録されている訳です。
この2本のDNAの構成には、自分が生まれて来る以前の因果が反映していると感じます。
要は自分の魂が持つ過去生の膨大な記録は、すべて漏れ無く今世の遺伝子のDNAに転写されているのです。
ここで大切なのは、私たちは過去生の記録ばかりを知りたがりますが、実は今も現状と未来への遺伝子を構成中だと言う視点を持つ事です。済んだ過去に捕われて、今と未来を捨てている人が多いのです。
つまり、人間は自分が行う行為に責任を何時か必ず取らされると言う事です。今世が無理でも、次の世で遺伝子に今回の反映が転写されて来たのです。
自分が他人にする行為に注意しましょう。何時か反射を受けます。

では、過去生も関与する2本のDNA設計図は、変更が不可能なのか?
いいえ、これが出来る時代に成りつつあると感じます。
この2本のDNAを操り指示する、見えない3本目の霊体DNAが存在すると私は感じています。
これは、神社の注連縄(しめなわ)は、真ん中に通す芯の1本に太い2本を巻きつけて、本来は3本の構成にするべきである事。
神社の鳥居は、2本柱では無く、本来はユダヤ神殿に在る3本柱の三角鳥居が神の門である事。
伊勢白山道の3本線香は、3本を三角に立てる事。
などは、すべてが3本目のDNAの存在と、その重要性と影響力を意味しています。
この3本目の遺伝子は、意識により簡単に変容するのです。
そして、3本目が2本の遺伝子を操作して現実的な影響を起こします。
3本目の遺伝子が改善させる指示を発動させるのは、この言葉の影響からです。 それは、

生かして頂いて ありがとう御座位ます


慌てることは無い 2009-10-09 09:44:20

肉体を構成する遺伝子は、2本のDNAの鎖(くさり)の結び付きで構成されますが、遺伝子には見えない3本目の霊鎖(れいさ)が存在すると感じます。この3本目の為に、同じ兄弟でも容姿や性格が全く異なります。


3本勝負で行くんだ 2009-02-23 10:39:00

3本の遺伝子(=線香)を新たに提供する行為が、次元変換を経て遺伝子の再生ククリ直しが生じます。
遺伝子は2本(肉体)では不完全なのです。
もう1本(霊体)の見えない遺伝子が存在します。
現実の生物学も、遺伝子DNAを3本と捉えて再構築すれば、新たな進化論が見えて来るでしょう。


関連コメント

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法」の160ページに、次のような箇所があります。「このような生命を育てる存在と食べる存在の対立が太古からあるのは、人間の成長のために、根源神が許したものです。」
これは、太古に白山山頂にあった石柱3本のうち、1本が失われ、大調和のもとでの人類の誕生とはならなかったので、いわば次善策として根源神が許したと、そして根源神はもともとは、生命を育てる存在だけがいる世界にしたかったと、理解すればよろしいでしょうか?

。。。太古は、調和の世界でした。人類全体も。
これが石柱が1本欠けて、2本遺伝子となり、今の世界です。不調和です。
これから3本遺伝子に人類は戻されます。
科学でも3本めの遺伝子の考察が始まっています。
2014-08-10 15:11:15


三本目の遺伝子が発動するとどうなるのか今から楽しみでもあり、小さな積み重ねで感謝の磁気を貯めていきたいと思います。今日の記事でふと思い、質問させて下さい。三本目の遺伝子が発動した女性はいくつになっても子供を産めるようになるのでしょうか。

。。。若返ると考えます。
2013-03-25 20:04:37


この「夢の技術」の何がすごいかと言うと、以前話題になったクローン技術では卵細胞が必要であったのが、iPS細胞では皮膚や血からとった細胞に、細胞の設計図の遺伝子を入れると、色々な細胞に変身できることです。昨日の質問で、

。。。どんな細かい世界にも、11次元が有ると思えば良いです。
11次元が色んな世界次元で展開します。

つまり、人間の卵子や精子も霊的な次元の振動数があり、それが神の息吹と言うか、それが人間を生み出して、成長させていると思われます。単に細胞の設計図の遺伝子を入れても「ハコ」は造れても、生命活動を始めるとは到底考えられません。

。。。そうです。
だからコピー人間は無理です。しかし、臓器の代用を作成するだけでも凄いです。
ただ、超えるべき大きなカベがあります。
このような行為に対して、アポトーシス(自死)を起こす暗号が細胞にあります。
寿命が伸びることだけが正解では無いからです。
神の領域です。
これをクリアするには、患者自身の感謝度が試されます。これに気付くだけでも時間が掛かるでしょう。
最初はナゼ、機能する患者と、壊死する患者に別れるのか?から始まります。
これを研究した結果、3本めの遺伝子の片鱗を科学者が知り始めます。
まだ先は長いです。
2012-10-09 17:50:45


3本目の遺伝子と宇宙の暗黒は、関係していますか?

。。。心がけでは、繋がります。
2011-10-13 15:41:45


チンパン君にも命を繋いでくれた御先祖様がいるわけなので、3本目の遺伝子を持っていますか?

。。。3本目は、思いやりに関係します。チンパンにも細いですがあります。
2011-10-11 18:43:24


三本目の遺伝子は、私は見ることが出来ませんが、何次元の存在なのでしょうか。

。。。4次元です。
2011-07-12 14:28:32

ーーーーーーーーーーーー
4次元とはどういう意味ですか?

。。。三本目の遺伝子は、見えない霊の次元という意味です。
2013-08-02 21:12:03


今日の記事とコメントの返答で、遺伝子の3本と線香供養の3本と混同された方があり、誤解しやすいと感じましたので、多くの新しい読者のために解説してみました。

。。。線香3本の最初の2本は、今の、霊籍への供養を重視します。
遺伝子の2本は、血縁重視であり重要では無いのです。
3本目の遺伝子が2本を統括します。
3本目の遺伝子は、霊籍に連動します。
だから養子や婚姻で、その人は生まれ変わります。霊的には。
2011-05-01 16:49:49


ご先祖や縁ある霊は、霊線が浄化された人からドンドンと、3本目の遺伝子として共に生き始めていられるのでしょうか?

。。。そうです。先祖の守護が増す人が増えます。
2011-02-02 18:49:56


わたしは生まれつき心室中隔欠損症です。
リーマンさんの霊眼から見て、心臓に穴のある人は∞の形の外周やエナジー循環など、普通の人と違ってみえますか?

。。。心臓の穴が塞がって再生するイメージを持ちましょう。
半年で心臓細胞も全て交換されると考えますと、遺伝子の設計図を修正すれば、正常に戻るはずなのです。
この穴が開いたままの間違ったリピート再生の呪縛を無くしてくくり直しましょう。
これは、寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていきましょう。感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。遺伝子に影響します。
2010-06-05 20:59:29


コメント欄にあったこれを読んで、「アーリマン(アンリ・マユ)」と読み違えたのは私だけですかね? …その、ゾロアスター教に伝わる邪神。

。。。笑いました。ゾロアスター教を起こしたのは、私です。
善悪の二元論の相克を表現しました。
進化の為には、悪にも御用が在るという意味でした。
これからは、3本遺伝子の時代、つまり3元論です。 内在神の時代です。
リーマアン、の「リ」は、直す、治す、意味もあります。
2010-03-28 18:04:15


20140708

  • 最終更新:2015-06-09 21:26:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード