豊玉姫

■豊玉姫について
キーワード「トヨタマヒメ」
目次

関連記事


古事記は、物凄い霊力で神界から降ろされた予言書です。
その中でも、「山幸彦」と「海幸彦」(やまさちひこ と うみさちひこ)は、『記紀』(古事記と日本書紀)に記された日本神話なのですが、これからの日本のある「流れ」を完璧に予言していると感じます。

古事記の作成者である太 安万侶(おお の やすまろ)は、国家の文官官僚として古事記を編集したにすぎず、内容を降ろしたのは、複数の超弩級(ちょうどきゅう)の霊媒者たちだと感じます。
「山幸彦」と「海幸彦」の神話の概要を説明しますと、

・海の漁が得意な海幸彦(兄)⇒ 人間に受肉した場合、男子の長男として、山が好きな男性に転生。
・山の猟が得意な山幸彦(弟)⇒ 人間に受肉した場合、男子の弟として、海が好きな男性に。
(つまり、過去生で懲りたのか、好みが逆に出る現象)

・兄弟はある日、お互いに持つ猟具を交換し、山幸彦は海に魚釣りに出掛けたが、兄に借りた大切な釣針を失くしてしまいます。

・山幸彦は兄に怒られると思い海中を探す内に、現れた海神(その正体はスサノオ神)に歓迎され、スサノオ神の娘・豊玉姫(とよたまひめ)と結婚し、海の神界で楽しく暮らします。

そして3年もの月日が経った時、山幸彦は地上へ帰らねばならないと感じ、
* 失くした兄の釣針と、
* 霊力のある玉「潮盈珠(しおみつたま)」
* とても不思議な「潮乾珠(しおふるたま)」
という2つの不思議な玉(人の魂でもあり)を、スサノオ神から授かります。
この2つの玉は、コノ世では娘2名へと変化して山幸彦の子供として授かります。

その後、山幸彦の妻の豊玉姫はコノ世でも子供を1名産み、それが男子の鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)であり、後の初代天皇である神武天皇の父と成られました。
山幸彦は神武天皇の祖父に、神話ではあたります。

でも、コノ世では、もし山幸彦が転生すれば、玉のような娘2名と、男子1名を授かることでしょう。
その男子は、初代の神武天皇の再来として転生し、未来の国とすべての「立て直し」と、国に巣食う害虫を駆除することに成功します。


伊勢日記 4 2009-04-14 10:53:51

伊射波神社(いざわじんじゃ)と言う所でした。
この鳥居を潜ると、急斜面の参道が長く続きます。
足元は非常に悪く、お年寄りには無理だと思いました。
参道を100mほど登った所で振り返りますと、青色の海が鳥居の前に広がっていました。
この光景をフト見た時、私の意識は太古の世界をここで幻視しました。
海岸から、上半身が人間で下半身がワニの生き物が参道を這いずりながら登って来る光景でした。
お腹が膨れており、胎児を宿しているのが分かりました。
この急斜面の参道=産道を這い登り、頂上の神社が在る場所で出産する光景でした。
眷属神曰く、これが「 トヨタマヒメ」だと告げました。
海の生物の海亀などが、陸上でわざわざ卵を産む習性は、太古から存在した様です。
産土(うぶすな)とは、山の土だったのでしょう。
海岸の砂では保温性が悪いので、わざわざ海から山に登って産卵(出産)したと感じます。
参道=産道。産土=お産の為の砂。と言う真実を今回の幻視で確認できました。


関連コメント

人類は進化の過程を体内で再現凝縮再体験して生まれてきますが、胎児を見ていると恐竜に赤ちゃんに見えてきたいりします。
リーマンさんは氏神の姿を恐竜のようとか、人類発祥の地白山は恐竜の宝庫とか書かれてますし
人類の進化の過程で恐竜だった時がありますか?

。。。。神話でもワニがそうです。

トヨタマヒメは、半身がワニだったなど。

ワニの宇宙人がいます。遺伝子を分けたのです。

豚も遺伝子は人類に近い。

地球には多くの動物がいますが、すべては人類を産むための遺伝子の操作の過程で発生した産物。
2016-02-14 14:48:45


人間が、神の姿に一番近いというリーマンさんのコメントを拝見しました。
すると、半身ワニのトヨタマヒメは、天孫とはまた違う次元なのでしょうか?

。。。原初の形として、非常に重要です。
霊体からの受肉過程の苦心です。
2013-09-29 15:18:19


質問1
クンダバッファを尾てい骨に組み込まれた人類はそのうちの一つだったのでしょうか。もしそうなら月からあやつられていた彼らはなぜ滅んだのでしょうか。

。。。今回の文明の原人に付いていました。
初期の人類には、原人から進化した人種と、神からの分身とに別れます。
今はMIXされて、関係ないです。人種も関係なく、個人の遺伝子によります。

質問2
トヨタマヒメの半ワニ人はこの6度に含まれますか?6度の人類よりもっと古い世界の話でしょうか

。。。基本的には、5期の後半と今回6期の初期です。
2012-03-25 00:47:57


以前、親知らずは抜けばいいとありましたが、先日八重歯を抜くと運気は下がると回答がありました。親知らずは問題ないが八重歯は問題あるのでしょうか

。。。正常な生え方の親知らずは、抜く必要は無いです。
大半が傾斜歯です。これは炎症になると悪化する可能性があるので抜歯で良いと思います。
歯1本ごとに、脳の刺激分野が決まり、直結していると感じます。
八重歯は、豊玉姫にも通じる人魚の残存です。神縁にも関係する歯です。
2011-12-04 14:08:32


豊玉姫が三重県鳥羽市のイザワ神社で産んだのは、神武天皇の父親であるウガヤフキアエズだったのでしょうか? もしそうだとすると、彼が宮崎の鵜戸神宮のある霊窟で産まれたという伝承は、間違いだったのでしょうか?

・・・勘違いしては駄目なのは、神格というものは、時代を変えて何度も肉身を纏い現実界に現れるのです。
1回こっきりではないのです。
九州にも、トヨタマヒメは出現しています。
2009-04-14 18:23:44


20150101

  • 最終更新:2017-09-05 21:17:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード