芸術全般

■芸術全般について
関連項目 芸術
目次

関連コメント

この世界が完璧という事は、不可能は無い。全てが在る。ということですよね?しかし、創作活動において創作をカジッたことがある人はまず間違いなく、ネタの限界、過去の焼き回し、作家性の壁というものを認識するのではないでしょうか?つまり、この世界=根源神は有限であるのでは??それとも私の作家性が乏しいだけでしょうか?

。。。。ingの最中。とは何か?
これを体験すること。

やはり、個人差が出ます。
2018-04-28 13:30:46


細々と作家活動をしている者です。私の制作の仕方は、あまり考えずになんとなくやっているうちに、楽しくなり、どんどんできてきます。そして仕上がった作品をみると、どうしてこういうのができたのか? と不思議に思います。人には理解されないかもしれませんが、自分は面白くてたまりません。
もしかして、作品制作はご先祖様とのコラボレーションですか?

。。。。はい、自分が楽しいことが作品には大事、命。
2017-11-29 02:33:30


書道教室を開くまで展覧会に出しまくっていましたが、最近は先生にもつかず、好きな臨書を気ままに書いてばかりです。風の便りで、◯◯さんが日展に入選したとか、県美展で賞をとったとか聞きますと、このままで良いのかな・・勉強不足にならないかなと思ったりもします。でも、展覧会は色々と大変なので無理かなとも思います。自分は日常のお稽古のみにして、生徒さんの指導に専念したほうが良いでしょうか?それとも、師についたほうが良いのでしょうか?

。。。。自分なりの独自開発を。
師匠に習う間は、師匠を超えず。
2017-11-14 20:04:52


芸事、芸術は自分の中のキラキラしたものを、具体的に取り出すことでしょうか。今日ピアノを弾いていて、ふと思いました。この行為は芸だけではなく、生活や人生にも、いえるのかな。

。。。。言えます。
2017-02-23 18:07:40


今恋人はいないのですが、芸を磨くためには、遊んだほうが良いのでしょうか?よく、そういう言葉を目にするのですが、リーマンさんはどのようにお考えでしょうか?

。。。。。デタラメ。
遊んだ人の芸は、飽きます。
一途な求道者の芸は、大衆の胸を打ち、継続します。
2015-12-07 21:03:08


芸術をお金にした途端に、それはもう芸術ではなくなりませんか?

。。。。。関係ないです。
その意識も金重視です。
2015-11-13 16:02:44


内在神全開の作品を作れるのは、良識有る、節度を保って、必死に努力方々だけの、神からの贈り物的なものだということで間違いないですか?

。。。。愛情力から生まれ出ます。
2015-11-12 20:44:28


芸術関係の方は、インスピレーションをもとに創作活動をされているのだと思うのですが、残酷で凶悪な小説や映画を作る方は、何故そのような作品をつくるのでしょうか?

。。。自分の自我の発散。
2015-07-18 15:05:54


以前相談した、自閉症気味の娘の事なんですが、絵が得意で、たまたま出した、講○社のイラストで、その社の方がぜひ面接したいと言う事で、先週の日曜日面接して、私自身もこの子には、絵しかないと思い娘と話し通信教育ですが、入学手続きしましたが、色々インターネツトで調べると、良くない事も書いてあるわけで…お金もそれなりにかかります。しかし、娘にとっては、いい道なのかなとも、思います。

。。。芸術は、他人に習うと良さが消えます。
2013-09-28 22:48:02


「自分自身への芸術」という意味をもう少し教えて下さい。

。。。人間は、生きる短い間に、自分を形成するための挑戦中なのです。
どこまで出来るか?
これを自ら試している最中です。
その結果は白紙であり、死んだ時に確定します。
これは芸術であり、作成中です。
2013-09-27 19:21:19


小さい頃に、夢中になってた事が、今生でもやりたい事ですか?ボクは、絵に夢中で、絵ばっかり描いてました。やはり、絵画に精を出せばいいでしょうか?

。。。それを迷う時点で難しいです。
そんな芸術家は居ません。
まじめに働き、給与が大事。
2013-09-08 15:58:43


すみません、私は、医療系に進むべきか、芸術方面に進むべきか迷っています。

。。。飯が食える方を参考に。
芸術家の場合は、この質問自体が湧きません。
2013-08-08 14:33:35


2013-09-27 17:28:11才能が開花する芸術家は霊媒的な感応をしているとお答え頂いた者です。
1.善悪あるの意味は神界~地獄まで感応する世界が人によって様々との解釈でよろしいでしょうか。

2.芸術家は霊線のきれいな人が多いとのリーマンさんのコメントがありましたが、霊媒的な感応とは先祖の加護が薄い霊媒体質とは異質のもので、霊線のきれいな人が自らの心境に見合った世界を感じる事でしょうか。

。。。神界と魔界、人により両方の感応がありますので注意。
そんな細かいことよりも、
寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養が大事です。これの継続と実践次第です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。

自分の才能を霊的世界に求めてはダメ。自然の良心からの発露が真の芸術。
本の再読からです。
2012-01-17 15:31:44


芸術家について。
いろいろと文書を読んでいましたら芸術家は‥あまりよろしくないという一つの意見がありました。本当のところどうなんでしょうか?

。。。問題ないです。
芸術家=愛情力が大切。
2011-04-03 16:40:24


過去何千年も真理に気づいていた方々が宗教家、芸術家、音楽家 etc.として色々な分野で私達にメッセージを送り続けているんだとおもいますが、これは彼らが生まれつき(最初から)魂のレベルが高いのでしょうか?
それとも生まれてきて改めて根源神と一体になり才能をあらわす事が出来るのでしょうか?

。。。個人個人、生まれ変わった経験が違いますね。
前世ピアニストだった人は、やはり今生にピアノを学んでも早く吸収しますね。
私も、過去生に可也の宗教的修行をしたので、その無駄、無益、良い点が分かり記事に反映させてます。
2008-02-17 09:19:08


20140914

  • 最終更新:2018-04-30 17:18:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード