自衛隊

■自衛隊について
目次

関連記事

正しく受け切る 2010-07-08 10:53:06

武道の極意は、受ける強さにあります。相手の最大の攻撃をすべて平然と受け切れば、相手は降伏します。絶対にかなわない事が分かるのです。
霊的呪詛の極意も同じです。仕掛ける術者がいれば、そのまま帰せば良いだけです。神力を誇る者ほど、倒すのは簡単なのです。
自衛隊も。。。(なんてね、笑)

結局、人生は起こる事は受け切り、白紙の未来の為に、今の行動が大切なのです。
過去からの反射ばかりに注目してはダメです。今からいくらでも改善を起こせます。
物を買うには、お金が要ります。同様に、これから未来を改善するには、今の思いと行動が大切なのです。これが元気玉(魂)と成り、先行きを創ります。
感謝の先祖供養と神祭りは、良い元気玉を寄り代に貯めます。必ず自分の先行きを改善して行きます。

やったら、やられるの因果関係は、誰かが「受け切って」消滅させる必要があります。切りが無いのです。
もう、その時代のターニングポイントが、国家でも個人レベルでも既に来ています。
頑張りましょう。


国際救助の大国 2008-05-18 10:09:08

これから日本が御金だけでは無く、行動で世界中に無償の
貢献を行えば、軍事で国を守るよりも、世界各国から守られる
国に成ると感じます。 自衛隊員の半分を、国際救助の部隊
に変更して、自衛手段は高度な防衛システムの構築で対応
すれば良いと思います。
スイスなどは、永世中立国を宣言しただけで、特別視されま
した。 日本は金銭的にも、工業力的にも余力のある今の内
に、実行に移さないと駄目になります。
資源も食料も無いに等しい国ですから、外国との関係なしに
は既に成り立たない国です。
日本が生き残る道は、外国を行動で救援する国際救助大国
に成ることです。
何も無い日本がここまで来れたのは、土着の神霊である
天照太御神の「絶対何が有っても守るぞ」パワーです。
根源神から、このエコヒイキを許されたのも、日本が最終的に
世界貢献するからです。
日本の富裕が独自の国力で実現したものでなく、外国に依存
する形のモノである事は、神の意思です。
ようは、外国との縁を断ち切ったりする事が、嫌でも出来ない
のです。


国のカンナガラ 2007-08-16 09:58:08

日本の国は、今も生きる太陽神である 天照太御神 が鎮
まり止まっている国です。この神は、祭る民族を古来より、
深い愛情で守り抜いています。最近も、イラクへ自衛隊が揉
めにもめて行って来ましたが、誰一人死んでいません。活動
内容を揶揄する報道も有りましたが、安全な国へ旅行しても
死ぬ時は死にます。結果が大事でとにかく、目に見えない
運の良さが全てです。
天照太御神は、祭る代表者に天皇家を選ばれました。
天皇家の血筋を問題にする古神道家がいますが、これは
間違いです。神は血筋を選択したのでは無く、天皇家と言う
存在を数千年も維持させることに、神意があるのです。
天皇が自ら宮中において、日々、天照太御神を祭り、国民が
伊勢参拝を続ける限りは、紆余曲折を経ても最後には、何故
か守られている国と人民が、そこに居ることでしょう。
神道は、古来より、”和を持って尊し”の心が本質です。
これを、政治に当てはめると、全員の意見を聞いていては、
何事も決まり難く、進みが遅いです。でも、これで良いのです
政治家は、独裁者さえ出なければ、それで良いのです。
人間の行うことは、知れてます。
日本国のカンナガラを、私は信じています。


関連コメント

自○隊で自殺が多いことについてどうおもわれますか?霊的なことも関係しますか?

。。。国を守る大切な方々ですから、国民の応援が大事。
2012-01-10 15:55:00


昨日の記事(正しく受け切る 2010-07-08 10:53:06)の自衛隊も。。。(なんてね、笑)というのはどちらの意味ですか?
日本から攻撃できないので自衛隊が受ける側かとは思いますけど隣国の海軍艦の件もあったので気になります。

。。。強い防衛力を持つことは、無用な侵略自体を無くします。
2010-07-09 22:37:49


富士山の裾では 毎日の様に自衛隊の大砲が撃たれ 自然に対して考えたとき申し訳ないきもちが 込み上げてきます。 富士山(自然)にも 感謝と線香三本目で対応されているのでしょうか? ちなみに私は大砲を撃って給料をもらい家族を養っております。

。。。その痛みの気持ちを忘れなければ、大丈夫。
2010-04-06 23:21:22


イラクで34人の自衛隊の方が亡くなっています。国会では発表されましたが、マスコミは完全沈黙です。本には、死者がいないと記されていましたが、現在もそのように見えるのでしょうか?

・・・この情報の内容を存じませんが、去年、記事を書いたあの時点では、戦闘では死亡者は居ないと観ました。
ただ、戦闘以外での死亡者、つまり自殺、風土病による病死、帰国後の病死は継続中だと感じます。
2008-08-03 08:48:53


もう少し「自衛隊」を認めてあげてほしいなぁ、なんて知り合いに自衛官や元自衛官がいる私は思うんです。どうでしょうか・・・?

・・・本当ですね。
自衛隊は高度な救助が出来ると思います。
名前の為に国内でも動きにくい。まして、外国は現状では無理ですよね。
勿体無い事です。
2008-05-18 11:14:03


20141017


  • 最終更新:2014-10-17 15:36:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード