自我とは(パターン再生・栄枯盛衰)

編集中

■ 自我とは(パターン再生・栄枯盛衰)について
関連項目 自我
目次

パターン再生・ロボット人間

関連記事


自分の嫌な面(自我)に気付けますと、ソレを自分で静観・観察することが大切です。
自分の自我は、冷静に見られることを非常に嫌います。これに弱いのです。
人は、自分の嫌な面(自我)に気付けない限り、不幸のパターンを繰り返す性質も持ちます。注意です。

だから自分の嫌な面にも気付ける人は、幸いです。
必ず不幸のパターンが終わり、改善に向かうことが可能です。
更にここで大切なことは、

* 人は自分が見るものに成って行く。

というのが宇宙の法則です。これを覚えて置いてください。
自分が興味を持ってよく見る対象に、霊的に「同化」するという特質が人にはあります。



空海さんは辛辣に、

* 未来が決まっている人間=繰り返すパターンの転生に気付けない=それは正常では無い
と言い切っておられます。

だから、未来が決まっている人間、未来が決まっていると思い込んでいる人間ではダメなのです。
本当に、誰の未来も決まってはいないのが宇宙の真相です。
自分の自我(ワレヨシ心)の誘導にハマっているだけです。

「未来は白紙」とは、これこそがコノ世だけの唯一の特権なのです。
この白紙の未来が在る空間・唯一の次元であるコノ世を目指して、神界から地獄までのあらゆる世界から魂が生まれて来ます。

他の次元では、決まったパターン・未来を変えることが出来無いのです。
この不自由で雑多で、不公平なコノ世の次元だけが、白紙であり、他の次元・宇宙の未来を決めるヒナ型と成っているのが真相なのです。


人間の遠隔誘導技術 2015-03-27 11:02:36

さてここで話を変えて、未来のSFフィクションを書いて置きます。
それは「人間の遠隔誘導技術」についてです。
ロシアの神秘家・グルジェフは、ピアノの鍵盤のキーを叩くだけで、その音階に合わせて人間を自在に動かす誘導力を保持していました。どんなに本人が抵抗しても、肉体が反応するのです。

近い未来では、これが完全に技術化されています。
電磁波の特定のある周波数に、人間の脳を支配する領域が発見されます。
そして、この周波数に命令信号も同時に乗せることが可能であることが分かります。
初期の技術では、特定の支配したい人物がいるとしますと、その特殊な電磁波を受信する小さなカプセルを食品と共に呑ませるか、その人物が携帯するカバンなどに仕込みます。
これさえ出来れば、離れた国からでも遠隔で人間を完全にコントロールする技術です。
更には、携帯電話を持っている人には、カプセル無しでこの遠隔誘導が可能になります。

この技術が更に進化しますと、ある国の全体に宇宙から電磁波を照射しますと、そこの住人に戦争を起こさせることも止めさせることも可能に成ります。よその国同士を戦わせることも、侵略した国の人々を無抵抗な奴隷にすることも簡単にできるわけです。
実は、これが悪名高きヒトラーが予言した未来に「ロボット人間」の出現の意味です。
ヒトラーは、未来に「完全に自由な人間たち」と「ロボット人間の層」とに人類が二分してしまうと予告しています。
背後の牛頭魔神がヒトラーに教えた未来世界です(http://goo.gl/p5DxrM)。

この完全に自由な人々とは、年齢に関係なく内在神に目覚めた人々のことです。電磁波の拘束をスルーしてしまうのです。
自我が強い人々ほど、電磁波の拘束に催眠術のように支配されます。



ある女性の過去生を視た時の話を例にして説明します。
その女性は、過去生にも女性として生まれ、貧しい東北方面の寒村に住んだことがありました。
そして結婚しましたが、どうしても子供が生まれなかったために、辛いイジメを親族から受けていました。

その時代の唯一の楽しみは、蕎麦を打って食べることだったようです。
女性も蕎麦を食べることが楽しみでしたが、ふと女性は思いました。
「私が蕎麦を食べることを生涯止める代わりに、子供を授かるのではないか?」
と思い付きました。そして女性は、心中でそのように自分自身に誓い、村の氏神にも日々祈願をしたのです。
すると、偶然にも1年後に子供を授かりました。女性は、生涯にわたり二度と蕎麦を食べることがありませんでした。

ところが、その女性が転生した今生でも、たまたま蕎麦を初めて食べた時にアレルギー反応が皮膚に出ました。
つまりは、過去生に自分の魂に誓った内容が、転生後も無意識下に残存していたのです。
基本的には転生を経ることにより、完全に因果がリセットされていますから、それは幻想の自分自身への呪縛なのです。でも、自分の自我に残存していたのです。
これは自分の自我を浄化することで、この過去生からの幻想は解かれます。
そのためには、上記のような1つでも欲望をコントロールする意識が重要なのです。


信じると言うこと 2014-07-10 10:51:55

ここで大切なことは、
「人は自分自身のことを信じているのだろうか?」
ということなのです。
自分のことを信じていない人とは、
「自分自身に対しての正しい言葉が無い人」
だと響きます。
「自分を信じる=自分に言うこと」だと感じます。

そもそもが、自分に対しての言葉が必要だという発想が多くの人にはありません。
しかし霊的視点では、これが重要なキーワードなのです。
コンピュータのプログラムでは、命令する記号(言葉)が無ければまったく動きません。これが人類にも言えるのです。

自我に縛られている状態のロボット人間が人類の大半なのですが、
「自分に対する言葉が必要」だという発想を知らないのです。
常に他人に対する言葉ばかりを心中で探しています。
実は、ここにも社会で成功する自由人間と、拘束される人間を立て分けている秘密が有るのです。

成功する人間は、他人の成功した伝記を読みませんし、それを信じません。
自分の信念を信じる人なのです。自分自身を最高に信じている人間です。
でも多くのサラリーマンは、成功者の伝記を啓蒙書として愛読します。
これでは永遠に成功者と拘束者の間が無くなることはありません。


運転にも想像が大切です 2013-01-05 10:55:57

私が運転するときは、他車の動きも先読みして運転しますので、家族には不評を買うこともあります。
スピードを遅くしたり、車間距離を空けるタイミングが、見えている状況とは違うからです。しかし、しばらくしますと、それが現実と成り家族は意味が分かります。
自動車教習所でも、道路にボールが転がって来た後には、子供が道路に飛び出して来るビデオを必ず見せられます。
このような想像力が、運転には大切です。

このような想像力を持って事前に配慮することは、人生においても大切です。
自我(じが・我れ良しの心)の強い人間ほど、ロボットのようなパターンを繰り返す呪縛に掛かりやすいのです。
自分でも過去を振り返れば、人間関係でも似たような間違いを繰り返している自分自身に気付けるでしょう。
人生の悪いパターンを切断するには、冷静な想像力・想定力を持つ事と、感謝の思いが重要です。


関連コメント

エニアグラムを思い出すと湧く疑問です。どうして、人間はパターン性格の罠に嵌まり抜け出せないのですか。過去記事から推測すると、性格は過去生の磁気を呼吸をするごとに形成されると私は解釈していますが、自我の形成とともにエニアグラムで指摘する性格の違いはどのようにして発生したのでしょうか。

。。。覚醒した人間は、パターンから外れます。
自我が重い人間は、パターンをトレースします。
2014-03-05 13:27:34


既体験の道を選択してしまうことと、死後持ち越しが十倍返しということとがうまくつながりません。
課題をクリアするまで、手をかえ、品をかえ、いろんなかたちで既体験のことを用意し、その中で成長させること可能であるという希有な機会が神の恩寵ということですか?もしそうだとしたら、なぞることとは一線を画すということですか?

。。。。自分の自我に注意。繰り返します。
自我は、輪廻の原因でもあります。
自分の素直さを探すこと。
すべては過去記事にあります。
2014-01-12 13:09:47


今更ですが、パターンを繰り返すのは自我ですか?普段は出なくても、問題が起こった時に出てくるパターンも自我ですね。トラブルや問題は、私に必要だから起こってくれるとは、気付けば、自我のパターンを手放す貴重なチャンスってことですか?

。。。。そうですが、
理論よりも、先祖への感謝を普段の中ですることが大事。これ次第です。先祖への感謝磁気を貯めることが、守護に繋がります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。
善行ですべてが、変わります。
実践が自分に教え、先行きを導きます。実践なき者は迷います。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
するべきことが分かります。実践が教え導きます。
2013-09-27 15:33:20


文中【運転にも想像が大切です 2013-01-05 10:55:57】の「自我の強い人ほどロボットのようなパターンを繰り返す」のはなぜなのでしょうか。

。。。自我が強いほど、月のコントロール下に入ります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2013-01-05 17:10:30


栄枯盛衰

関連記事


大事なことは、愛情の大切さだと思います。
そうしますと最初に挙げました、
「自我(ワレヨシ)の欲望の行いが枯れた人」・・・・・真の愛情を人が発揮するには、「駆け引きのない」愛情を人間が持つには、自我の欲望が無いことが必須かも知れません。

つまり、生きる上での欲望は、特に若い頃には大切ですが、自分が真の愛情を発揮する意味では、自我の欲望が無いことが理想です。
自分が真の愛情を持つ視点では、「自我が欲する欲望の行いが枯れること」は大切だということを知って置いてください。

人は、理想の視点を知っているだけでも、変わって行くものです。
自分の生活の中で、愛情を持つことを意識して見て行きましょう。


関連コメント



  • 最終更新:2016-09-24 01:29:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード