自分の心を傷つけない

■「自分の心を傷つけない」について
目次

関連記事

静観は近道へと導きます 2010-11-08 11:15:30

この世はある意味、「有限な時間」=生命をすべての存在が与えられる世界です。
だからどんな嫌な事も、期間限定に過ぎません。だから、最終的には全員が大丈夫に成ります。
そして、「時間が無い」次の次元へと旅(死)をします。
せっかくの時間が在る世界では、何が有っても心(内在神)を傷めるほど悩まないのがお得です。必ず区切りと終わりが来るからです。
だから死んでも楽しむ視点は大切であり、生き方の究極です。


いつもの現実が大切 2010-10-10 12:13:10

いつもの生活の現実こそが、真実です。
自分の欲しい物や願望などは、コロコロと必ず変わって行くものです。幼い自我の欲望にすぎません。
私は子供の頃、怪獣ガメラに成りたいと真剣に思っていたものです。大空の下でクルクルと何回も旋回していました。皆さんもそうでしょう。
昔はタカラジェンヌに成りたいと真剣に思っていたが、今は結婚をしたい・・・などなど。
必ず時と共に、願望は変化をして行くものなのです。
そんな変化をしてコロコロと変わる願望に、大切な自分の心(=内在神)を痛めては生けません。


強く生きる 2010-10-03 11:12:00

他人からイジメられている、悪口を言われている、と悩む人が多いです。
しかし、これではダメなんです。何がダメかと言いますと、自分の心の神様に対して申し訳が無いのです。
イジメられても、悪口を言われても良いですから、それを受け取って自分の心を傷めるのがダメなのです。
本当に真から自分の心の内在神を信じる事ができれば、何を言われても絶対に傷付くことがありません。


最中を楽しむ 2010-09-30 11:00:00

心とは、成長も退化もしない一定不変な神性なのです。
だから、今の自分の状態を眺めましょう。もし今が苦しければ、自分の永遠不滅な心でもって静観をしましょう。
この世のどんな刺激も、自分の心を傷付けることは絶対に不可能なのです。傷付いているのは、自分の自我だから大丈夫なのです。



自分が不幸だと思っている人は、想像力と言う諸刃の剣(もろはのつるぎ:両辺に刃のついた剣は、相手を切ろうとして振り上げると、自分をも傷つける恐れのあること。一方では非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあることのたとえ)の使用方法に欠点があるのです。
核兵器を生み出したのも、科学者の想像力からです。それほど、人間が持つ想像力は、現実的な力を持って具体化するのです。



嫌な事に遭っても、自分の心までには響かせない、届かせさせない、と決意することが誰でも出来ます。ただ、こんな仕組みを考えた事も無い人が多く、他人から傷付けられています。

このような自分の心を自分で守る意識を持たなければ、自分にとって嫌なことが有れば、いつまでも引きずって心の中で反芻(はんすう:繰り返し執着すること)してしまいます。
最終的には、自分の心を傷付けるのは、嫌な他人では無く、それを自分の心に「受け取った」自分自身なのです。



今が苦しい人は、今までにアタリマエにしている物事が多かった人だとも言えます。だから逆に言えば大丈夫です。
今から、苦しくても現状の中で感謝するべき視点に気付きましょう。
職場の事で心を傷めるほど悩むのならば、そもそも働いている事に感謝をしましょう。働ける肉体の健康と、住む環境が在るから勤務が出来るのです。
夫婦の事で悩むのならば、それでも生活が出来る事に感謝をしましょう。独身の時は、どれほど結婚をしたかったのか?
アタリマエにして「しまって」いる事に気付くことは、仕舞われて隠れている神様に気付くことと同じなのです。



要は、奇跡の産物である私たちが、「自分から」生きようと望めば、いくらでも生かされるのです。
死にたいと思えば、やはりその様に向くのです。
心に内在神を預かるのですから、いくらでも如何ようにも創造(想像)する力を秘めているのです。
私たちは、諸刃の剣(もろはのつるぎ:両辺に刃のついた剣は、相手を切ろうとして振り上げると、自分をも傷つける恐れのあること)を、自分の心に持つ事を忘れては生けません。
心の持ち方次第では、他人も自分自身も傷付け、殺すこともあるのです。



人間は、色々な人生の選択で悩むものです。結婚・就職・引越し・・・色々とあるものです。しかし、これが人生ではないでしょうか?このハラハラ・ドキドキの選択を経験したくて、変化の無い「あの世」からワザワザ生まれて来たのです。
確実に言える事は、どの道を選んでも問題は発生すると言うことです。
それが、この現実界での宿命です。どんな問題にも、自分の心まで痛めずに、淡々と歩いて行くのが最善の人生を歩かせます。


自分の良心が教師です 2010-05-15 11:06:21

分の良心に反する行為や発言は、意識では忘れていても、良心には傷として残存しています。
この傷が増えるに従って、良心(内在神)はだんだんと心の奥に隠れます。この結果、自分の運勢が弱まります。
自分の良心に反する行為を重ねる人は、不運な現象により反省を求められる事に成ります。逆に言えば、自分の良心に沿った生活をしている人は、運気が上がります。ましてや生かされている原点への感謝の思いを持っていれば、さらに運気は強化されます。



釈尊が悟りに落ちた切っ掛けは、貧しくて懸命に働く女性から懸けられた「思いやり」に触れたときでした。釈尊でさえも、自分一人では悟れなかったのです。
自分の周りには、善い人も、嫌な人も、悪い人も居ることでしょう。
しかし、どんな人(家族)も自分自身が成長する為の刺激を提供してくれている人です。
大切な事は、自分の心だけは、どんな刺激にも傷付けさせずに、色々な刺激を体験して乗り越えて行くことです。


大きな視点を持つ事 2010-04-09 11:25:10

嫌な他人の為に、自分の心に内在する神性を痛めては生けません。自分の心を痛め付けているのは嫌な他人では無く、気にしている自分自身なのです。
神性は痛みも傷も付かない不変の物ですが、心の奥へと隠れてしまいます。そう成りますと増々自分の心から安心感が消えて行きます。そして段々と悪循環が始まるのです。

どんな嫌な事が有っても、自分の心だけは傷をつけない、慌て無いと言う決意が必要です。
この覚悟が出来るだけでも、人生は好転します。



永遠の寿命を持つ自分自身の心が、有限の狭いルール世界に遊びに来ているのが真相です。
ゲームとは、ルールを破れば面白く無いのです。
だから、絶対安心な永遠存在(=私たちの良心)が、苦しいサバイバル(生き残り)ゲームを体験しにワザワザ来ているのです。
自分の良心だけは傷め無い事に注意すれば、必ず良い世界に戻れます。

人間は、ある程度思い悩めば、アッサリと潔くあきらめる事も人生には大切です。


同調しない事 2009-08-09 10:12:12

人間は社会の中で生活していますと、自分と対立する人が誰でも居るものです。
賢い人は、相手の言う事に腹も立てずにスルー出来ます。
相手の傷付けようとする言葉や態度にも、気の毒な人だと逆に哀れみ、気に成らないものです。
「金持ち喧嘩せず」と少し嫌味な表現が昔からありますが、要は心の余裕を持つ事が大切です。
人間は怒りで返されずに、情けと哀れみを持ってかわされていても、嫌味を言った本人は表面上はスッキリとはしています。
ところが霊的には、かわされた自身の発言や態度は、本人に帰ります。すると、自分で自分(=内在神)を傷付ける事に成り、本人の健康や運勢に影響して行きます。


痛みは成長の証 2009-08-05 09:04:35

私達が、この世に降りて来た目的には、自分の心をより大きくしたいが為に来た目的があります。
風船を大きく膨らませれば、よく飛び上がりますね。
心も、より大きくすることが出来れば、肉体を去った後に、天の高みへと前回よりも駆け上ることでしょう。

小さく凝り固まった心が大きく成る為には、内面から外側に向けて押して広げる必要があります。
その時、心を縛っていたモノがバリバリと音を立てながら外れて行きます。少々痛いかも知れません。
でも、心が大きく成長する為には、必要な痛みなのです。
今、心を痛めている人が、社会には沢山居られます。

この痛みの刺激を、自分や他人の心を傷付ける「悪い痛み」にしてしまうのか、心を広げる為の「良い痛み」に受け取るのかは、自分次第なのです。


流れを眺める冷静さ 2009-08-02 09:50:10

心の文明の時代が一旦隠れ、今回の物質文明が続いて来ました。これが再び、心の文明へと戻ろうとしています。
これからは、経済活動や家庭内の問題で心を深く傷付けては生けません。
目前の遣るべき努力さえしていれば、後は流れに任せて感謝想起と共に「泳いで行く」事が最善の結果に導きます。
自分自身の心だけが永遠に残り、目に見える物は必ず変化して行きます。
物事に執着せずに、柔軟に生きましょう。


刺激は貴重です 2009-07-23 09:11:18

私などは勤務中に、どんなに絞られようが怒られ様が内心まで傷付けられません。自分が出来る最善を淡々と尽くそうとします。 この様な気持ちに成れるのは、会社以外に命懸けの生き甲斐を自分が持つからだと思います。
勤務が終わると内心は嬉々として帰宅し、パソコンの電源を入れています、笑。 
皆さんも、何か生き甲斐や夢がなければ、労働は辛いものです。でも、仕事や生活で辛い時は、心を大きく出来るチャンスです。心の成長は、人間が世に生まれ出る本当の目的の1つです。


底辺は強いです 2009-07-12 11:11:45

病気に成ってから、この様な自覚を得ても、行動範囲が狭くなり楽しめない現実があります。
自由に歩ける健康が有る内に、生きて生かされている基本に気付くことが大切です。
仕事に勤務する健康が有る事は、とても貴重な有り難いことです。仕事の事で、自分の心を傷つけては生けません。
生死の原点から、仕事の悩みを見てみる事です。
生きてさえいれば、どんな悩みも必ず変わって行き、終わりがあるのが現実界です。
生死の原点に視点を置ける人間は、人生を大いに楽しむ事が出来る強い人です。 誰でも今から成れます。


自分に何をプレゼント? 2009-04-23 08:59:19

自分の心を良心で満たし、後ろめたい事を無くした時、その人の心は鏡になります。 生きて歩く鏡です。
この心境(心鏡)に成れていれば、他人から嫌な事をされたり恨まれても、相手に全部跳ね返ります。
自身の心の鏡には、一切の傷も付きません。
逆に相手を可哀そうな人に感じ、相手の境遇(鏡遇)を思い遣ります。ストレスが溜まり、満たされていないのだなと。
自分の心が他人に傷付けられる間は、自身にも改める面がまだ有るのです。

他人が何もしていないのに、一方的に被害妄想に陥り「自分は嫌われている」「何か悪い事を言ったのか?」と自ら自分で自分を傷付ける人も居ます。


心に傷を付けるのは自分 2009-04-05 13:32:30

悩みの大半は、自らの無意識下で誘導し出したものです。
自分の要因以外の霊的な原因での悩みなどは、実際には悩み全体の2割もありません。
社会生活の中で辛く悲しい事が有るならば、心の奥までを自分で傷付けない事が大事です。
心を傷付けるのは、切っ掛けは他人でも、傷を付ける事が出来るのは自分だけです。
この様な生き方を心掛けると、心に預かる内在神が生き方に現れ始めます。


相手の奥にも 2009-03-23 11:21:05

他人を傷付ける事が平気で出来る目の前の人は、その人の迷いの姿であり、その人にも内在神は立派に居られます。
逆に言えば、自分も内在神を抱えて生きる人間だから、他人の言葉ぐらいでは、自身(自神)を傷つけられる訳がないと思うべきです。 もし、自分が他人の言葉で傷ついたならば、それは「自分の迷いの心」が傷付いただけだと思えば良いのです。迷いの心とは、不安定で時間経過と共に必ず変化し消えていくものです。 時間と共に消滅する一時的な感情で、心=内在神まで傷付けては生けません。
ましてや、自殺するなんて絶対に大後悔をします。


愛情ある俗物王に成れ! 2009-01-19 09:38:03

人間が悩める間は、成長の可能性が残存しています。
神が期待している魂の成長のために。
明るい心根で、大いに悩めば良いのです。
この現実界を見て、この法則に心底気が付きますと、悩みに対して「あっかんべ~」をしながら、真剣に悩む事が出来ます。
所詮、肉体を持つ短い期間での事です。
今の肉体を脱ぎ捨てて次の旅に出る事は確定しているのですから、今の道中での悩みなど大した物ではありません。
どんな悩みも自身の魂を傷つける事は出来ません。
悩みは傷つける事が出来無いのに、自分の心が傷つくのは何故か?
心を傷付けるものは悩みでは無く、自分自身の心が犯人です。


預かっているのです 2008-12-29 19:08:31

日本で生まれる人類は、人種を問わず全員が天照太御神から分神した赤子神を「預かって」います。
自分の心に住む、この赤子神を成長させ、出来れば自分の肉体が歳を取り、預かった赤子神も翁(おきな)神の老神にまで成長させる事が出来れば理想です。
そして親神である天照太御神に、自分が預かった内在神を御返しするのです。
自分の命を粗末にしたり、自分の心中に自他共に傷つける言葉を思うと、預かった神の御霊も傷付きます。
これでは内在神を成長させる事は出来ません。


関連コメント

嫌な事を「我慢」する、「耐え」るということは内在神にどのような影響を与えるのでしょうか?

。。。我慢しても耐えても、自分の心を傷つけなければ大丈夫。
傷つけるのは、自分次第です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を何回も再読してください。
2011-01-27 22:38:28


自分の夢のために、風俗で働く女性が、増えているように思うのですが、霊的には、どうなのでしょうか?

。。。やはり、深い傷を心身・霊体に負います。
自分の神体を大切にして欲しいです。
2010-11-03 18:54:14


心の癖なのですが、人との会話で自分のなかで、相手に嫌な思いをさせるのがいやで、言葉を自分でかってに判断し、飲みこんでしまうため誤解されることが度々あります。丸く収めようとする気持ちがあります。角がたってもずばずば言う人、世の中いろいろでいいのでしょうが、そんな自分を変えれないことも、自己嫌悪で嫌になるのは、成長しているのでしょうか。

。。。無理は不要です。
何を言われても、自分の心を傷付けなければ問題は無いです。
自分の心を傷付けるのは誰なのか?
検索して返答してください。
2010-10-19 22:09:58


リーマンさんはたとえ貧乏でいまが辛くても心を傷つけなければ人生の勝利者といってますが、お金がなければ結婚もできないし心も傷つけてしまいます。

。。。それでも生かされている事に感謝すること。
それがなければ、水をザルで受ける状態で落とすばかりです。
左記のカテゴリーの中の「先祖供養について」の75個の記事を、コメントまで再読してください。
2010-09-20 22:15:13


内在神まで傷つけてはいけないということを、わかっていながら、大切な家族間での憎しみの念を感じてしまうと、自分に向けられたものではないのだけど、いつまでもまとまらない身近な和がゆがみっぱなしで疲れます。線香供養はしていますが、静観してるしかないですか?

。。。寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしながら、静観していきましょう。
2010-09-20 12:41:31


人が人を叱るとき、相手を傷つけ非難や中傷も加える。これも本人に返る? どうなんでしょうか。

。。。良心の上で、叱れば問題は無いです。
2010-09-13 19:05:02


今まで言葉でたくさん人を傷付けてきたと思います。反省です。言葉は難しいですね。人を傷付けるつもりはなく言った言葉でも相手が傷つく場合もありますよね。そのような場合でも自爆するのでしょうか?

。。。問題は無いです。
お互いの良心(内在神)が知っています。堂々とお任せです。
2010-09-13 16:29:34


父親を尊敬したい親孝行したいと思っても憎む気持ちになってしまいます。酒を飲んで人相の悪い顔とひねくれた物言いに心がすさみます。父親は何かに憑依されているのでしょうか? お酒を飲まないときは大人しく飲むと別人のように悪くなります。

。。。それも思い出に変わります。
自分の心を傷つけずに見ておれば良いです。反面教師です。
2010-05-30 23:34:07


娘が卒業式前日に髪を染め、そのことで口論となりました。当日は黒いスプレーでなんとかごまかしていましたが。この先ももっと別な色にしたいそうです。今までずっと我慢してきたんだと騒ぎ、聞く耳をもちません。私の心はぼろぼろで、張り裂けそうです。娘が娘でなくなるようで・・。
認めることのできない自分が固すぎるのでしょうか?

。。。抑えれば反発も増えます。
大きな目で、言うべきことを言えば良いです。
成人が過ぎれば、自己責任ですから、それまでは親の意見をいい、言う事を聞か無くても心を傷めないこと。
2010-03-02 19:58:01


今ものすごく人間不信の状態です。会う人全てに猜疑心深くなってしまいました。
2月になってから裏切られるのではという気持ちばかりになります。こちらの心が変わらないと、引き寄せてしまっているのかもとは思いましたが、与えることができてないからでしょうか? 次第に心がひどい状態になり、霊的というよりもストレスですごい過食になっています。

。。。この世では、裏切られることも想定内のことです。
ただ、それに会ったところで、心を傷めなければ良いだけです。
恐れは、恐れを呼びます。常にあらゆる対策は考えることです。
2010-02-25 10:54:47


リーマンさん、もうどうしたら良いか分かりません。何をやっても私は駄目です。
誰からも理解されません。感情と理屈と思考回路がもう全てバラバラです。
結局、全部私が悪いんですね。私って何ですか? 社会に必要とされてる気がしません。もう自分の一体何を信じたら良いか、分からないです・・

。。。野菜を食べて、排便を良くすることからです。
つまり、生きる事に専念すれば良いのです。
生活の枝葉に、心を傷るけるほどの大事は無いのです。全て過ぎ去ります。
目が見えるだけでも有り難い。
2010-01-22 13:49:10


仕事の忘年会に子供も連れて御邪魔したのですが、ある男性スタッフの方があやとりを器用にやっている娘(七つ)を見て、『母親より出来る子だな』と何度も言われ、日頃からのその男性スタッフや他スタッフ達の私に対する思っている事がダイレクトに伝わってきてしまい、かなり深く傷付いてしまい、落ち込んでおります。

。。。酒の席での言葉に左右されないこと。何が悪いんだと、思うことです。
他人の心に傷をつけて楽しむサドだと思うことです。
あなたも見栄を張る心があるから響くのです。
不器用で結構。給与のためです。
2009-12-13 14:38:42


私は40代の独身です。不倫を経験し相手の家族の方を傷つけ一生謝っても謝りきれない、後悔の念でいっぱいです。この罪は私が永遠に背負ってゆくものだと思っています。このまま一生独身を貫く決心をしています。

。。。結婚すれば良いです。逃げては生けない。
内在神を幸福にするのは、あなたの任務です。
あなたは、預かる神を虐めています。
2009-10-21 11:40:17


外国などで、抗議のために焼身自殺をしたお坊様などは、死後どうなるのでしょう?また、忠臣蔵の義士などの切腹は? 動機が善でも自殺者は一くくりにされるのでしょうか?

。。。やはり内在神を、自己の目的で傷付ける行為は、死後に影響します。
2009-09-12 11:23:35


「心を深く傷付けない」ためにどんなことをすればいいのでしょう?

。。。感謝想起、腹式呼吸、3本供養で磁気の切断です。
2009-08-02 19:20:19


離婚をすると内在神、ご先祖を傷付ける事になってしまうのでしょうか?

。。。いいえ、心に傷をつけるのは自分自身です。

間違った結婚などあるのでしょうか?

。。。感謝の心が無いと、悪い選択をします。
2009-04-27 16:50:04


生きていることで 周りに迷惑がかかっている現状を考えると 自殺も考えてしまいます。

。。。できる掃除をするだけでも、あなたの存在価値があります。
あなたがいなくなれば、家族の心の傷になります。
ずうずうしく生きてください。
2009-04-22 17:06:41


2chログ
私は 整理整頓が苦手です。心と部屋の片付けは関係がある様にも聞きますが。

。。。私も、後で整理しようと・・ズルズル後回しにするときがありますよ。
ただ、それを悩むぐらいなら、今、目の前の1つだけでも整理したいですね。
悩むのは良くないないです。内在神を傷つけますから。

我々の肉体も心も、根源神から借りた乗り物です。最後にお返しするとき、肉体をどのように使用したか、心をどれぐらい大きく太らせて、お返ししたか、見られます。悔いの無いよう、したいもんです。
2007-03-18 07:39:03


20141105

  • 最終更新:2015-04-14 11:26:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード