老子の人生論語(第十一章〜第二十章)

■老子の人生論語(第十一章〜第二十章)について
関連項目 老子老子の人生論語
目次

関連記事


参考記事:老子の言葉 第十一章「空を知る者は、「成す」ことが出来ます」

「 老子の人生論」第十一章

・ 車輪は、中心に穴が空いているからこそ、芯棒と繋ぎ大きな役割を果たすことが可能に成ります。
もし中心に穴が空いていなければ、ただの粗大ゴミに過ぎません。

・ 容器は、中に空間が在るからこそ、色々な物を入れることが可能になり役立ちます。
容器の中まで粘土が詰まっていれば、無用のカタマリです。

・ 家も、中の空間こそが命です。
空間が無ければ、家には成りえません。

・ つまり人間も、心を空(から)にしている者こそが、色々な可能性に生きることが出来ます。
心を空にしていることが、社会で役立つ人間に成らしめます。
心を空にしていることが、幸運を呼ぶ秘訣です。宇宙の真理に合うからです。

(感想)
心を空(から)にするにはどうすれば良いのでしょうか?
座禅や瞑想で、心を空(くう)に出来るのでしょうか?
わざわざ座る時点で、既に心が空に成ることは不可能なのです。これはポーズに酔うだけの見せ掛けです。

そこで、感謝の気持ちを持つことが、心を空(くう)に近付ける大きなヒントに成ります。
人が感謝をする気持ちには、「自分が」(自我)という部分が少なくなり、空(くう)の領域に近付くことに成ります。

色々な心配が在りましても、それでも、
・ 生活が出来ることに感謝します。

自分の心を悩ます仕事や、家族、嫌な他人も、それでも、
・ その存在が、自分が生活する為には欠かせないことに感謝します。
・ それを本当に失くした時に、それで自分の心は安心するのか?を想像します。

私の好きな言葉は、「仕方がない」です。
・ 潔(いさぎよ)さ。
・ 執着の無さ。
・ 大きな包容力。
これが「仕方がない」の中に内在します。

私が「仕方がない」と思えた事は、逆にその大半は改善します。変わるのです。
・ 仕方がない=心を空(から)にすること
とも感じます。



参考記事:老子の言葉 第十二章「物事を追求した後に残るモノを、先に想像すること」

「 老子の人生論」第十二章

視覚、聴覚、食感などを満たしたい欲。
バクチへの欲望、自分の趣味への欲望。
金銭欲、色情欲、悪事への憧れの欲望。

このような肉体と五感を満足させようとする欲望は、過剰になると「毒」に変わります。
自分を犯罪者にもしてしまいます。
そして、どんなに自分の欲を満たしても、満足することは決して無いのです。

だから真理を知る聖人は、肉体と五感を満足させようとは、初めからしません。
それがムダであり、毒に変わることを知るからです。
従って、自分の肉体と五感にダマされることがありません。

聖人は、自分の良心が満足と納得をすることを求めます。
これは逆に、コノ世のすべてを得て、真から満足することに成ります。

(感想)
結局、どんなに欲望を追求しても、永遠に満足はしないということが、コノ世の落ちなのです。
どんな金持も、不足感は消えません。
これは逆に、コノ世への大きなヒントなのです。

コノ世を創った仕組みの原理とは何か?
・ 今、このままで、それでも良いから、自分の現状に満足すること。感謝をすること。
これが答えなのです。

こんな貧乏で悲惨な環境で、満足ができるかい!そんな人間はおらん!
と思われるかも知れません。
でも、どんなに環境が改善しても、人が持つ怒りも、不満も、欲望も不足感も、決して消えることが無いのです。

満たしたい欲望を追求した結果、無理をして病気に成ったり、早死にしたり、犯罪者にも成るかも知れません。
そこで老子は、
・ そもそもが望むべき方向が、間違っているのだ。
と指摘しています。

コノ世で人間が真から満足するには、
・ 欲望への追求では不可能。
・ 自分の良心が納得する生活をすることで、深い満足が起こる。

でも、老子先生がそうは言っても、
・ 一度は栄華を体験したい。満足はしなくても。
これが人情かも知れません。

その場合は、
・ それでは、満足は出来ないよ。
これを知っているだけでも、その人は無難に成ります。
罪を犯すまで行きません。

自分の良心を納得させることに、真の満足も栄華も在るという答えだけでも、先に知って置くだけで、人の運命は改善します。


【編集者注記】老子の言葉についての記事は「日付昇順」とします。



  • 最終更新:2017-09-16 20:39:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード