織田信長

■織田信長について
目次

関連記事

織田信長の正体 2016-07-05 12:06:58

剣神社の創建の由緒書きには、
* 第11代垂仁天皇の御代に伊部(いべ)の臣という人が、劔をもって素盞鳴尊の御神体として祀り、劔大神と称することになったと伝えられています。

実は、伊部とは、忌部(いんべ)という古代の祭祀階級であり、ある特殊な氏族の隠し名なのです。
この忌部氏族こそが、古代イスラエルからのモーゼの渡来も含めて、日本の今の文明の根幹に影響した氏族です。
つまり、織田信長は、古代朝廷における祭祀を担った氏族の子孫であり、越前の忌部氏族の代表者でした。

この忌部こそは、今でも天皇陛下が即位される大嘗祭(だいじょうさい)の時に着用が必須である装束を、四国の地で大麻から「織」ることがゆるされている家系でもあります。
この装束が無いと、天皇の即位は出来無い、という国家を左右する衣装でもあります。

つまり、忌部が装束を織ることが可能な時代の間は、逆の視点では天が即位を認めた天皇・皇室だとも言えます。
忌部氏の家系が断絶しないことが天の意志であり、皇室の継続には大切なのです。

そして、忌部氏族は全国に散らばって、古代から秘密裏に存在しています。

・阿波忌部 大麻比古神社(徳島県鳴門市)

・讃岐忌部 粟井神社(香川県観音寺市)

この2つは、剱山が御神体であり、意味あり。
空海も忌部氏。

・紀伊忌部 鳴神社(和歌山県和歌山市)

・出雲忌部 忌部神社(島根県松江市)

・筑紫忌部 筑紫神社(福岡県)

・関東忌部の拠点の1つ 安房神社(千葉県館山市)

江戸幕府と、今の東京の形成に関係します。
明智光秀と織田信長は、千葉地域に定期で行き、会った。と推測します。


織田信長の秘密 2016-07-04 12:02:13

織田信長について、書ける範囲のヒントを書いて置こうと思います。
なぜ、すべて思うことを書けないかと言いますと、現代でも禁句・公には言い難い日本の陰の歴史にも関係するからです。
最初に、織田信長の本心の「方向」を書いて置きます。

(1)すべては「織田」信長の出自、福井県、旧・織田町に在ります剣(つるぎ)神社を守る神主の家系の出であることが関係します。
(過去記事「織田信長の出自」を参照)

信長の生まれた場所は、那古野城(愛知県)と表向きはされてますが、私の感覚では母親が先祖ゆかりの福井に戻り白山神のふもとで信長は生まれています。
成長過程でも、頻繁に愛知県から福井県に里帰りして遊び育ったと感じます。

(2)剣神社は、古代イスラエルから渡来した民族が持参した三種の神器の神剣が最初に留まった地であり、皇室を陰から守護する家系であったこと。

(3)織田信長は、実は天下統一には興味が無かったこと。それよりも、本当の使命は家系の本分である、皇室を陰から守護する任務だったこと。

(4)織田信長が成り上がる若い時に、少数で多勢の兵隊を撃破する奇跡を何度か起こしていますが、それを陰で応援したのが、京都の上賀茂神社を始めとする皇室を陰から守護する裏のネットワーク集団だったこと。

(5)安土城を築城してコノ世の栄華を体験して、自分の真の使命を忘れかけた時、神懸かりの剣聖・上杉謙信により白山・手取川で思いっ切り叩かれて、本来の家系の使命を思い出したこと。
その時、もし上杉謙信が深追いしていれば、信長は完敗していました。

この時、軍事では子分の豊臣秀吉には敵わないと感じていた信長は、秀吉に天下統一を任せて、自分は陰のネットワークの任務に戻る決意を明智光秀と画策したこと。
明智光秀も、陰のネットワークから派遣された別の家系からの任務者。

(6)ちなみに信長が、比叡山の僧兵を撃滅したのは、比叡山の皇室への態度への懸念と、陰のネットワークからの指令だったこと。

ここで、更にヒントを書いて置きます。

地図のS点は、福井県の剣神社。
下方の点は、安土城。
G点は、白山中居神社。

陸の孤島、白山中居神社の縁起は、
第12代景行天皇12年の創祀で、第21代雄略天皇9年に護国鎮護のために「剣」を奉納したと伝えられている。

平安時代から江戸時代初期にかけて、藤原能信、藤原秀衡、今川義元、柴田秀勝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、数多くの武将の信仰を受けた。
なんと、源義経だけでなく頼朝、北条氏も白山中居神社への崇敬あり・・・・なぜでしょうか?

白山中居神社が在る石徹白(いとしろ)町は、江戸幕藩体制下では「天領」であった・・・・。
この陸の孤島が、徳川家康の幕府の直轄管理地という特別地区だったこと。

石徹白(いとしろ)という土地は、村民一同が苗字・帯刀をナゼか許されていたこと。
要は、武家の村だったこと。しかも年貢も免除なのです。
なぜでしょうか・・・・?



魔王を自称した織田信長は、上杉謙信が自ら出向いた戦場に出くわせば、戦わずに逃げろと部下に伝達していました。鉄砲大好きの何でもありの信長でさえも、上杉謙信と直接に争うことを嫌がり特別視していました。
第六感が働く信長は、上杉謙信の背後の霊的存在を無意識に感じ取り、恐れたと感じます。両者には、背後存在の共通点があったのです。
信長の本家出自は、霊峰白山のふもと福井県越前町にある劔神社(つるぎじんじゃ)の神主家であるのが史実です。スサノオ神を主祭神とする白山信仰の家柄でした。

一方の上杉謙信は、福井県の永平寺で修行した名僧・天室光育(てんしつこういく)を実父のように慕い、その幼少期を教育されました。謙信の心象風景に最大の影響を与えたのが、白山信仰をする禅宗でした。
信長と謙信の背後にいた霊的存在は、白山神だったのです。
白山信仰の起源である泰澄大師が、京都の朝廷において天皇陛下の目前で命じられた役行者(えんのぎょうじゃ。奈良に存在した最強の祈祷師)との呪術勝負において役行者を蹴散らしたように、白山信仰に縁を持って「正しく生きれば」最強の守護力を持たされます。



昔、織田信長を描いた大河ドラマにおいて、戦国大名だった斎藤道三(さいとうどうさん)が義理の息子である信長が、死に急ぐような行動をしようと思い詰めている様子を見て言ったセリフが印象深かったです。
「たとえ犬に落ちてでも、生きよ」でした。
油売り商人から身を起こしたマムシ蛇の道三と呼ばれた人物です。生き恥の為に死ぬよりも、生き延びて笑えとは、武士で生まれ育った大名からは決して出ない、いかにも道三が言いそうな言葉でした。
その助言の甲斐があったのか生き延びた信長は、その後に天下取りへと運気がめぐるのでした。


話題にする国民性 2009-09-14 10:28:53

ここ2千年間、日本には戦乱や飢饉、革命騒乱が何度も発生しました。しかし、誰も皇室を攻撃する人間は出てきませんでした。皇室を特別な軍隊が守っていた訳ではありません。京都の街中に住んで居られたのですから。
天の王を自称した織田信長でさえも、皇室には不干渉でした。これは、日本人の精神性の高さが、この様にさせたと感じます。
精神性が低ければ、必ずクーデターや権力闘争により権威ある存在は入れ代わり、交代して行きます。これは本当に見っとも無い事です。不可侵で孤高な存在の家系の1つぐらいを認める事も出来ない、心に余裕が無い精神性の国家は、騒乱の絶えない国に必ず成ります。
日本には、皇室以前の消された文明が幾つも存在しますが、最近の2500年間は天皇が国魂(くにたま、国土の精霊神)を日々祭って鎮(しず)めて来られたのです。


織田信長の出自 2008-11-16 09:00:00

織田信長のルーツが、霊峰白山の麓の町に在るのは大変興味深いです。 泰澄(たいちょう)大師も、この近隣に出生しています。 白山の麓では、歴史的な神通力者と、歴史的にも過激な大改革者が生まれているのです。
織田信長が自ら自分の事を、第六天魔王と自称したのも、決して根拠のない嘘では無いのです。ただ、スサノオとは自称しなかったのは、今回の自分の役目が、殺戮をも厭わない日本の大改革に成る事を、御告げにより認識していた為に、敢えて魔王を名乗ったと感じます。徹底的に悪役を最後まで演じ切ったのです。
最後は惨殺される事を、自ら誘導していました。今回の役目のフィナーレに相応しいように。


関連コメント

信長さんは、やりきったと最後は思われましたでしょうか?

。。。思ってます。
2016-07-10 14:56:15


興味本位の質問で申し訳ありません。
本能寺の件です。
信長や光秀は、その後の世の中の流れや一門が凋落する様をどのような気持ちで見ていたのでしょうか。
世から隠れる必要があったのだろうとは思いますが、恐らく子息や一門は影武者ではなく本人であろうと思います。
リーマンさんの想像話しとして、当時の物語をお話しして頂けないでしょうか。

。。。。使命に生きる者は、家族への考えは、常人とは違います。
2016-07-05 01:53:08


信長が本能寺とは別の場所にいたことは、今後の開示を待つとして、自作自演の目的は何なのでしょうか? 信長も光秀も、じつは生き延びていたのでしょうか?

。。。。自分がした約束事をリセットするには、自分が死去することが良かった。
戦に掛ける時間がムダだった。
それよりも、陰で院制を実行するため。
2016-07-05 01:22:02


最近読んだ本に織田信長はアカシックレコードには70代で死亡と書いてあるそうなんですが、どうなんでしょう。
①本能寺で死亡。家臣が火葬
②深手を負ったが逃げた
③海外に逃げた
④そういう未来もあった。
⑤デタラメ

。。。。。そもそもが、本能寺には信長は行っていません。
戦国時代こそ、替え玉が横行していました。
歴史家が替え玉に気付かないのは、以前から変に思います。

では、どこに居たか?
今は言いません。
ヒントは、神主。
2016-07-02 13:51:15

ーーーーーーーーーー
信長が本能寺にいなかったことを明智光秀は気づいていたのでしょうか?
リーマンさんは明智光秀についてどのように思われますか?日光東照宮に桔梗紋が確認されているのは明智光秀と関係あるのでしょうか?あるとしたらどういう理由だと思われますか?

。。。。信長と明智は、鉄の結束。
裏切ることが不可能な出自の理由あり。

だから、二人の演技の通り。

本能寺を攻める兵隊は、派手に多いほど良かった。
これも自作自演。
2016-07-03 20:31:32


織田信長も 神経痛 持ち でしたか?

.............激しい歯痛を感じます。
2016-03-08 13:47:38


今お線香も沢山の種類がありますが、香水入りのようなとても良い香りのするお線香でも供養に差し支えないのでしょうか?

。。。消耗品だから、色々と試すことです。
自然の香木系は理想です。
織田信長が、天下を取って直ぐにしたのが、正倉院のランジャタイ香木の切り取りですから、いかに昔の人はその価値を知っていたかと。
2010-08-15 14:09:41


。。。一つ、歴史の秘密を書きます。
雄略天皇は、後世に転生してます。
それは、織田信長です。
2008-08-02 19:50:29


20140812

  • 最終更新:2016-07-10 15:10:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード