経済・日本経済

経済 日本経済について

目次

関連記事


これと同様な太古の様相は、名古屋や大阪にも感じました。今の陸地の深奥まで海岸線が行くのです。この中でも特に東京の湾は大きかったのです。
この深い湾の大きさの様相と、現在の経済規模が一致するという不思議があります。多くの太古生物が産卵を繰り返した聖なる場所が、後世紀に人間が集まる都会と成るわけです。
これは偶然では無くて、やはり霊的な転写と再現が発生するのだと感じます。



その国の衣食住の文化を比較する場合、あまり話題には出ないトイレ事情が、実は一番にその国の経済力・知的度・清潔感などを表現すると思います。
トイレ1つの問題にしても、日本人が気付いていない世界最高の水準が日本に在ります。


1・2・3から3・6・9へ2012-04-29 10:42:43

今の世界経済も、1/3へ向き始めるかも知れません。何もかも今の1/3でも楽しく暮らせる生活を、明るく模索出来るかが人類の運命を分けるでしょう。拡大消費社会は、もう完全に終わっています。
今までの政策や年金システムは、すべてが成長する社会を前提に想定しての視点です。
しかし、世間受けの良いカラ希望は捨て去り、北欧のように減少する経済の中でも「楽しく人間が暮らす視点」を重視することが世界中に必要です。
経済が豊かでも、その中の人間が病んでいては意味が無いことを直視するべき時代に入っています。



日本が繁栄出来たのは、多くの住民に「思いやりの心」が在ったからです。思いやりからのアイディアは、工業製品の発明や製造に繋がりました。
また、すでに見えない先祖や氏神を大切にする行事(お祭り、仏壇や墓参)が多いことは、国家の幸運にも繋がりました。
日本が見えないモノを無視し、住民から他への思いやりが消えるに従って、経済の下降と国家の不運が始まります。



暗い話が多い社会ですが、今年の日本には崇高な魂が多数誕生して、これからの世界を救うような発明や改革をする人間が生まれる可能性があります。
どんなに経済的に苦しくても、妊娠すれば出産を選択されることをお勧めします。
これからの日本は、経済(勝ち負け)への投資よりも、子育て・人材育てに投資したほうが国を救います。
従来の型(かた)からの判断に拘らずに、柔軟な選択が重要に成って行きます。


ヨミガエル再生の年2012-01-16 10:55:06

今の世界では、創造→破壊→再生という宇宙の三大循環の内、ヨーロッパ・アラブ諸国から「破壊」の過程が金融経済や原油に関することで始まりつつあります。日本は、一足先に大自然からの破壊が起こりました。日本では大自然、西洋では金融の破壊という意味には、その民族が抱える大きな因縁を感じさせます。やはり日本人は、大自然(神)を第一にした生活・政治・経済から離れますと、それなりの不具合が生じる国柄(くにがら)なのです。



財宝幸運を呼ぶ弁財天は、水の神様です。商売の栄えた大阪は、弁財天の琵琶湖から流れる川で構成された街でもあります。
大阪の川の汚染と比例して、大阪の経済も下降したと考えますと、興味深いです。
やはり金運を増すには、水への畏敬と感謝が必要不可欠なのです。



「1=多数」という数の論理の破壊が現実界に転写して来ます。
積み上げる数字などは、幻想だったのです。数字は、1しか無かったのです。これの反映が、経済から起こり(怒り)出します。



春「分」・秋「分」というふうに、太陽軌道により「節(フシ:不死)を“分”ける」という隠語が奥に在ります。
古代の人は太陽の動きが、いかに農作物や人間に干渉するのかを知っていたのです。
今日からの太陽は、昨日「まで」とは違う立て分けを、これからして行くことでしょう。霊的にも経済的にもです。



私は白山が、日本列島発生の起点だと思っています。(今の地質学では違いますが、未来に新たな発見があるでしょう)
イザナギ神が、矛のしずくを最初に積み上げたのが白山であり、ここを起点として最終的に日本列島の大地が縦長に広がったと考えます。
これからは、白山と糸魚川静岡構造線( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E9%9D%99%E5%B2%A1%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A )の間の地帯が、日本の経済的にも重要な場所と成る気がしています。
日本には、地球と人類創世のロマンがあふれています。本当に神秘な国です。



今回の日本には1:大地震が最初に起きて、2:津波の災難、3:放射能の災難、と発生しました。
そして、今の日本に起こっていることは、巨大な貿易赤字が毎月起こりつつあります。過去記事では日本にとって、貿易赤字が一番に危険なことであることを説明しましたね。今日の日記2011-03-11 11:11:01
つまり、4:経済の災難が起こりつつあります。



天皇陛下が即位された時に、伊勢神宮の神田では新種のお米「イセヒカリ」が発見されています。
植物の突然変異とは、滅多なことでは自然界では発生しません。まさに天から祝福された御方です。
この大災難も、国内経済を再興させる起爆剤と成るでしょう。外需よりも、これからは国内の充実を図る時の始まりです。



これも大きな視点で解釈すれば、もう外国に物を売って贅沢をする生活を日本人は止めましょう、という神意かも知れません。
経済の規模を縮小して国内だけで循環する、国民を大切にする経済体系への変更を意味します。
嫌でも放射能で差別されますので、安い外国の労働力を当てにする思考を止め、国内の雇用を重視する経済体系にして、日本国内を「楽しい国」にすれば良いのです。
北欧に見られますような、「小さい経済」でも住人の幸福度が世界一という超福祉国家に日本も成れば良いのです。
大きな経済の富を経験した日本は、それと引き換えに人間の良心や国土の精霊を失う面がありました。これを取り戻すのです。


既に居るんですよ2010-02-04 11:30:50

日本では高度成長期の社会が終わりつつあります。上に登った物事は、次は下降して行くのが正しい姿なのかも知れません。
大切な事は、経済の上下する「変わる流れ」に対して、自分の心を「売らない」(占い)ことです。これは何にでも言える事です。
豪邸に住んでいようが、狭いアパートに住もうが、心の幸福には関係ありません。



これから日本の社会に向けて押し寄せようとする、外国からの暗雲の気配を感じていました。これは、古い価値観である自身の地位や富裕な外見に拘る人々にとっての暗雲です。自分の心の内面に価値観を見い出せている人には無関係ではあります。
しかし経済と感染病的な打撃は、初期に多くの人々の心を凄(スサ)ましく荒れさせるものです。親の影響を一番に受ける、国土に住む無抵抗な子供たちの事が心配に成りました。
物質文明から精神文明への転換時には、避けられない初期の軋轢が生じるものです。従来の価値観が転換する場合の脱皮の辛さは、生物の世界での本当の脱皮時の様子を見ても明らかです。
何とか無難でスムーズに、人類の価値観の転換が日本国民から世界へと、心の駒が順番に裏返って行く様に成れば良いなと、私は強く思い立ちました


大きな転換2009-08-26 09:57:51

今までの日本の霊性の主軸は、お蔭信仰を始めとする経済の隆盛にありました。これも国魂の神意だったのです。では、伊勢の主軸は何か?古来からの自然崇拝の信仰の場が伊勢です。つまり、
◇富士山=経済社会の象徴。
◇伊 勢 =自然崇拝の象徴。 なのです。
これからの時代は、国魂の神意により精神性の時代にいよいよ突入して行きます。
経済活動は生きる為に大切ですが、人の心を大事にする視点を忘れた企業が衰退する暗示でもあります。


心の明るさが大事2008-11-25 19:16:11

今の日本経済の基礎を造り、発展させた私達の親や祖父の時代の人達は、成長する社会しか知らない年代とも言えます。
つまり、現在の日本社会に初めて発生しつつ有る経済構造に対して、成長する経済環境の経験しか無い年代が政治を動かし、企業のトップに居るわけです。
不景気には、規模の縮小と自分達の保守しか対策が浮かばない様です。


大阪の日記2008-05-10 16:00:00

大阪の財政は破綻寸前らしいですが、この未来を変えるには今から財政の大半を海岸と河川の防御に当てるべきです。
もし、この対応がされれば大阪の活気は戻り、経済も復調する見込みがあります。


シリウス星の終焉2008-03-09 13:07:20

北極星=伊勢神宮外宮  新しい太陽=白山  シリウス=富士山 と、霊的に相関します。
富士山は、日本の経済成長の象徴でした。
今、現実的に富士山の斜面の大沢崩れが問題になり進行しています。
霊的象徴と現実問題は、リンクしています。
文明発展の為に隠れていた、伊勢と白山は、これから益々現実的にも注目されて行くでしょう。


ある目的の為の発展2008-02-25 21:14:59

伊勢ー白山ベルト地帯を、日本近代の経済面から見ても、面白い点があります。
鎌倉時代から近代にかけて活躍した近江商人や、江戸期の伊勢商人。白山ラインの延長先にある富山県は、現代の大企業の創業者を多数輩出しており、また平成の名古屋は
世界的企業を抱えた経済の強い地帯です。
~鎌倉時代頃の神界で起こった事を、神界の上層の神霊が観た結果、現実界で生きる日本人が、最後の遷宮を迎える時代に向けて、経済的に食える時代を経験した魂の次の段階としての精神性の発露を期待して、まず経済を盛り立てる様に作用しました。


関連コメント

以前、リーマンさんは「富士山=経済社会の象徴」と言いましたが、今回の富士山の発光の常態化は何を意味しているのでしょうか?

。。。経済から精神性への転換です。
その前に、古い皮を脱ぐ脱皮の一波乱があるかも知れません。
2012-02-29 15:29:26


現在の社会や経済の発端である産業革命はイギリスで起きました。そして、リーマンさんは新しい経済制度が日本から起きる可能性があるとおしゃっていました。日本、イギリスともに似た様な国土の面積であり、またともに島国でもあります。
そして、日本は太陽の国であると、その一方イギリスは曇りが多くあまり天気が良くないとの話しを聞いた事があります。リーマンさんから見ると関係はありますでしょうか?

。。。あります。表裏の関係。通貨の親玉の意味が、イギリスにはありますから、時代の転換が来るでしょう。
2011-12-01 17:59:47


TPPについてリーマンさんはどのようにお考えか機会があったら教えてください。
。。。TPP=防衛問題。治安維持問題。軍事侵略防止。
入れば、アメリカ様は自国の経済防衛のために全力で日本を死守する理由ができます。
金勘定よりも、住民の命が大事。印刷できる金などくれてやることです。
2011-11-08 11:44:03


>大間違いです。金で済むならば、輪転機を回してくれてやれば良いのです。

日銀が円を刷って、米国債を買い支えるべきとの見解のようですが、今後アメリカがデフォルことは無いのでしょうか?
現在800兆円ほど買っている日本人の資産が無くなることは無いと言い切れるのでしょうか?

>そのおかげで、徴兵制もない平和な日本です。
>アメリカの国債は、同じだけの安全を得るには損では無いです。

日本の国土と国民はアメリカ人に守ってもらうほうがお得だという見解でしょうか?

>自転車は回る限り、前に進んで景色が変わります。

自転車操業しているうちに、何か状況が好転するとの表現でしょうか?

。。。仕組みの基本が大切。
アメリカのノーベル賞経済学者は、日本のような輸出国は、莫大な借金でも大丈夫。
アメリカは、軍事と品物現物を掌握するかぎり、ドル安を望み、これも大丈夫。
という発言を20年?前に聞き、私はすべてを見た気がしました。
説明もできませんし、学者が誰か?も忘れましたが、将棋の1000手先だと感じます。
2011-04-16 21:53:32



  • 最終更新:2014-06-30 21:08:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード