空海・弘法大師(関連コメント)

■空海・弘法大師(関連コメント)について
関連項目 空海・弘法大師
目次

関連コメント

かつてリーマンさんは、御本の中で、空海さんの尊顔を拝したい、とおっしゃておられましたが、念写で有名な、三田光一氏が念写した空海像というのがあります。各寺院に残されている、肖像画とは全然違う、宇宙人的?な御顔をされてますが、あの念写の御顔は、実際の御顔と比べて、近いでしょうか?

。。。。似てます。

つるっとした魚系の顔でした。
幼少期は更に魚。
2017-02-08 00:54:48


今日は博物館で開催されている「美の国 日本」に行ってきました。空海さんが書かれた物も展示されていましたが、空海さんは王羲之の書法を基礎としていたという説明書きがありました。ということは、過去世の自分の書をお手本に書を書いていたのですね(笑)。空海さんは自分の過去世が王羲之だということを知っていたのでしょうか?

。。。。手本にしなくても、自然と似たからです。
後世の評価が手本、と呼ぶだけ。
空海は、過去生を思い出してます。
2015-10-21 01:13:59


ノリコさんのご質問で貼付されていた記事【狛犬の丸い前足 2007-08-02 19:29:15】で、翁が2匹の犬を連れていたという話ですが、これは空海が高野山を開山する時に出会った2匹の犬を連れた老人と同じでしょうか?

.。。。。言えます。荒神の狛犬。
2015-08-07 16:14:23


空海さんは何の目的で地球に生まれたのでしょうか?長い目で見ると人を

。。。空海自身は正しいです。素晴らしいです。
後世の利用する人間が問題。
2015-01-19 19:35:38


本日の空を祭るとは、ここで、もしくはここに、感謝を思う事かと思います。このような解釈で良いでしょうか。もっと深い意味もあるかと思いますが、よろしければお願いいたします。

。。。はい。自分から感謝を出すことがカギです。
2013-09-12 18:31:59


まだとても「空」に至る状況ではありませんので、こんな質問となることをお許し下さい。
意識的に考えることを無くして無想念の状態になるのは短時間ながらできます。その時に頭の中で「カーン」と音がすることがありますが、この現象は純粋に生理学的現象でしょうか。

。。。。まだ、それは自我の苦しい、無理な空です。

思いやり、慈悲心、感謝を出すことで、空は到来します。
行為が自分に教えます。
2013-09-12 17:08:24


空海は四国での修行中に明けの明星(金星)からの光が自分の口から自分の体内に入ったというエピソードがありますが、最近の話を踏まえると、この光は、空海自身の光とも言えますか?例えば未来の空海からとか。

。。。そうです。
もし、となりに別人がいても、明星の光は見えませんでした。
空海の内在神の恩寵だからです。
2013-08-11 22:00:00


空海さんの睡眠時間はかなり短かったとお感じになられますか

。。。瞑想して寝ませんでした。
2013-02-13 14:33:37


著書・ブログ記事で、弘法大師空海をとても師事されていますが、否定されている密教の真言を日本に持ち込まれた張本人であられます。
弘法大師空海は、呪詛ではなく、大きい愛の為に使われたと言う解釈でよろしいですか?

。。。即身成仏(内在神融合)を前提にしない、一般人が呪文する前提を空海はしていません。むしろ密教の名の通り、厳禁でした。
今の現状は、アホかの一言です。
2012-02-26 14:25:21


石碑の文字が3回転半まわってるみたいですが意味はありますか?

。。。大空に立ち上る様相です。
2012-02-13 13:23:59


昔の伊勢神宮の絵図が残されたものおそらく750年まえからからの絵図でありますが この 伊勢に タイゾウカイ コンゴウカイ があり それが 陰と陽 を現しています まわりに神宮の 宮司さんの家が寺。その寺も記載されている 宇治橋を かわきりに世界観がかわる傾向も 我が魂もなんとなく感じている次第なんですが、毎回5時前には 急いでかえろうというきもちに なります。闇になるとこわいものを感じてしまいます。朝日が昇り 沈むまでをいつも思う。このような絵図をみていると仏教の 大日如来を 中心とした 仏教の絵図に繋がるような気がしてもいます。

。。。空海は、伊勢の朝熊山で修業して、白山神を感得して祭っていました。
その絵図は、密教視点で伊勢を見ています。
一理はあります。
2012-02-08 11:21:18


遣唐使についてです。
当時の日本からエリート中のエリートが派遣されたという遣唐使、
今でいう宇宙飛行士のようなものだったのかもしれません。
その中で、空海さんは全くの無名の僧だったといいます。
選ばれたこと自体が奇跡のようなものだったと。
この背景、リーマンさんにはどのように見えていますか?

。。。親や親族の圧力の恩恵もあります。
しかし、眷属神のお陰で、道をつけたのです。
2011-07-10 23:46:01


空海と忌部氏との関係性。リーマンさんはどう思われますか?

。。。これは親戚同士です。血縁の交流在ります。
2010-10-21 19:59:57


私は今年の3月、高野山 弘法大師様の御遣いだとおっしゃる不思議な力を持つ方に偶然出会い(その方はこれもご縁だとおっしゃっております)、家族ぐるみで相談にのっていただいております。その方は、ご先祖様をお祭りする事の大切さを教えてくださり、窮地に陥っていた家族を精神的に助けてくれました。でも除霊やヒーリングも施してくれました。やはりこれは霊的垢になるのですか?この方はお金を受け取ることは禁止されているからと、絶対に受け取ることはしません。この方の背後は本当はお大師様ではなく、なにか悪いものなのでしょうか?リーマンさんの記事を読んでいると、とても不安になってきます。もし、この方が本物でなければ、どうか教えていただけませんでしょうか?

。。。空海ではないです。面会する人は、無料でも危険です。無料でも、後で寄付を請求する人が多いですから注意です。断りにくい関係まで待つものです。輸血、で検索してください。
2010-09-05 22:10:56


今日、高野山に行ってきました。石碑ってどこですか?と聞いたら、裏庭も石碑というものも、聞いた事ありませんが・・・言われてしまいました。奥の院の裏庭とはどこを指すのでしょうか??石碑ってどこの位置にあるんですか?場所だけでも知りたいです。

。。。NHKに榊莫山の放送が残っていれば良いね。空の一文字です。
2010-08-14 13:58:10


空海はスーパーマンのような方だったとの記載がありましたが、空海の死因は本当にらい病だったのでしょうか?それともまったくのデタラメなのでしょうか?

。。。デタラメです。
ただ、金銭の為の請負呪詛で寿命を削ったのは確かです。
2010-06-12 22:31:06


私の家では、亡くなった祖母が生前、四国八十八ヶ所をまわり、作った屏風を、居間に飾り、弘法大師様とお呼びして、祭っています。祭り続けもよいのでしょうか?よくない場合は、この屏風は、どうすればよいでしょうか?教えて下さい。

。。。寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていけば問題は無いです。
2010-06-02 22:48:50


最近になり白山道さんのblogを知りました。そして、本も買いました。気になるところがありますが、私は真言宗なんですが、本に般若心経の事について良くはかかれていなかったから・・・。弘法大師、空海が般若心経を作ったのでは?詳しく聞きたいのですが。

。。。空海は、お経を利用しただけです。般若心経は、空海の誕生する以前からあります。空海は、信者に般若心経を唱えよとは言っていません。般若心経が長年使用された場面の磁気が堆積しています。悲しい場面が、再現されないように注意です。
2009-11-17 19:42:13


少し気になるのですが、天照大神と大日如来は、リーマンさんからみて、何等かのつながりがあるのでしょうか?私はかって密教に興味を持ち、あまり読んではいませんが、弘法大師著作全集を買ったことがあります(本棚の肥やし?)。

。。。同じです。
2009-11-12 18:33:44


私は、密教の天部の神様(聖天様)の信仰を長年させていただいているのですが聖天さまは夫婦和合の神様なので一生 浮気をしないことを誓いとして日々家族和合であることの無事を感謝している信仰をしております。
本日の白山道さまのブログでナントカ大神としない方が良いとのことですが私は真言宗なのもので弘法大師が開眼された聖天さまを常に感謝の拠り所にして参りました。どこの宗教にも属さず、今では寺院にも属さず家族だけで感謝の信仰をしているのですがこれについての お考えを頂ければ有り難く存じます。

。。。癖の在る霊的存在です。空海は、この癖を利用していました。弟子が同じ事をしても、消化できずに食あたりに成ります。あなたは、現状のままの方法で信仰していけば良いです。
感謝の先祖供養3本が進んで行きますと、自然と簡略化されていきます。不要なモノを自分で違和感を覚え止めます。
2009-10-30 14:32:35


すみません実家の弘法大師の掛け軸ですが、銭箱を外し(本来お寺に収めるようですが納めておりません)ご先祖様同様に朝晩の供養をしてよろしいのでしょうか?この掛け軸を持って来られた方が怪しいだけに父も困惑しています。よく見ると酒をかけたりした後がありますが。。。

。。。穢れた物ですから、神社の古札入れに返すか、ゴミに出すことです。
2009-09-16 15:55:02


「先祖が弘法大師を粗末にしたから家庭がゴタゴタしている」とお寺のお坊さんを紹介され、お坊さん二人二万円。掛け軸に魂入れしてもらったと思えば、霊能者のお婆さんに「魂が入っていない」と更に一万円。父は毎朝せっせと小銭を供え、ご飯とお水に線香をご先祖様と同様に供養をしています。弘法大師なだけに、粗末に出来ません。掛け軸はどうしたらよいでしょうか?
母が「人は生まれる前に神様から寿命を約束されて来るから仕方ない」と言った言葉を思い出します。私には死んでしまった子供二人に母の悲しみを感じます。長くなるので話が飛び飛びになりすみません、問題であれば教えて下さいませ。。

。。。墓は重要ではないし、それらの話は集金の為のデタラメばかりです。
家で行なう、感謝の先祖供養3本をすれば、霊的問題は解消されます。
2009-09-15 16:12:11


実在の人物である空海さんを霊線上に持ち、守護霊となっておられる方がリーマンさん以外にもいらっしゃるということですか?それは釈尊の魂の分霊を皆持っているのと同様に縁ある多くの方々の守護霊となっておられるのでしょうか?空海さんは今の時代に転生されて生きているのものと思っていました。出きればもう少しお聞かせ願いたいです。

。。。これは無いです。空海の遺言に、来るべき未来に現れる、弥勒菩薩となる民衆を助ける為に霊身で留まる決意文があります。転生者を自称するのは、魔界人です。
2009-08-24 14:17:53


空海さんの祀った荒神はシブゥア神。その神社のユワレ書きに、眷属56万柱を従えて非難するものには徹底的に対峙すると書かれているそうですね。リーマンさんでさえ多い時で113柱ですから。大化け物の封じ込めた空海さんの力は凄いですね。質問です。リーマンさんは空海さんと何か因縁がありますか?

。。。父親が高野山と縁があったので、学生の頃は毎年、父親と高野山を登りました。空海さんは、私の守護霊の一人です。
2009-08-23 23:47:26


どこかのコメントで教団維持霊が焼かれて苦しんでいてそれが、信者に転写されているというコメントが書かれていました。真言宗のお寺にいるとふと感じる事は普段、みんながなにげにお参りしている本尊様とは別に後ろに教団維持霊がいるのかなと感じたりします。真言宗では特に弘法大師に信仰を置く人達が多いですが、その場合、お大師様でなく教団維持霊を感じたりしているんでしょうか?もし、そうならお大師様の姿をした教団維持霊は太陽に焼かれ始めているのでしょうか?

・・そうです。それを利用して金儲けした人が影響受けます。
2009-08-09 16:09:51


真言も含めて、空海さんの残されたもので現代でも通用するものはありますか?

・・もう全ての呪文の時代が終わっています。無駄なことであり、負のハンディです。悪い面しか出ません。
2009-07-17 15:12:38


空海のマントラは如何でしょうか?主人は10万回だか100万回唱えると奇跡が起こる?と言って、毎日熱心に唱えています。ノーボーアカシャギャラバヤオン??マリボリソワカという感じでした。これで宇宙と交信しているとか、わからんことを言います。

・・・そのような呪文は、霊的ハンディを呼び、不運になります。
2009-07-16 20:26:45


リーマンさんは、弘法大師さまのお誕生日に何かしていることとかあるのですか?以前に霊能先生達と信者の方でお大師堂に集まりお参りをしたことがあります。願いごとや先祖供養でしたが、弘法大師さまの誕生日にも集まったりしてましたので、弘法大師さまの名前を聞くとどうしてもあのお大師堂が心にひっかかってしまいます。霊能先生は商売タヌキと言われましたが、そこもやはり同じなのですか?バチもすごかったのです。親戚はまだ行ってるので気になります。

・・・そう言うことは、不用です。記念日を利用されているのが大半です。
2009-06-15 14:49:16


記事中の浮霊現象というのは何なのでしょうか?大日経の中に瞑想中出てくるすべての神秘体験は幻や夢や蜃気楼のような物で執着する価値は無いと説かれていますが、これらは仏様の磁気によって、余計な霊的垢が焼かれていく時の火花のようなものなのでしょうか?前々からの疑問なのですが、密教で瞑想していく時にくぐっていく次元は幽界をくぐって神界を目指しているのでしょうか?もう一つ、質問があるのですが、弘法大師様はリーマンさんを助けていらっしゃるようですが、お大師様は現在、彼を信仰してある意味、依存信仰気味の真言宗信徒をどのようにして救いたいと考えているのでしょうか?また、 空海さんが残した行法によってかえって真理や内在神から離れてしまうのであれば、それを信じて修行する者をどのように救い、内在神と対面させようとしているのでしょうか?もし、宜しければ、リーマンさんから空海さんの空海さんを信じる人たちを助けるための率直なコメントを頂けないでしょうか?

・・・自身が繋がる家系の霊線に居る、迷う霊が浮き出てくるのです。瞑想により、普段かくれている存在が出てきます。これは癖になり、瞑想しなくても影響を出すようになります。眼が開いた状態で、現実を見ながらの修行が最善です。
2009-04-24 15:35:02


最澄は空海に敵わないとと認め一時的に空海に弟子入りしたことがあると聞いたことがありますが、実際にはどうだったのでしょうか?

・・・最澄は真理の流布の為には、自分のプライドなど小さい事は眼中に無かったのでしょう。一宗の大教祖には、なかなか出来ない事です。そこに最澄の清さが見れます。最澄が空海に「理趣釈経」の借用を申し出ましたが、手紙で簡単に頼みなさんな、と空海がいさめた話は有名ですね。ここには最澄の求道のためには、プライドを捨てる態度が見れます。
2008-12-28 18:35:38


空海は本当に偉大だったと思います。空海の教えと人生に関しては一般人の知識しかないのですが、歴史で、 空海は遣唐使の留学層として唐に渡り、密教を学んだと教わりました。そこで恵果和尚に師事し、灌頂を受けた訳ですが、空海にとって、恵果和尚は師は師でも霊的な師ではなかったということですか。灌頂は空海と霊的世界の出来事で、恵果和尚は師としての役割はなかったのでしょうか。私は今の時代、師は必要ではない、自分色が重要という事実を全面的に肯定していますが、一般的に知られている空海の師、恵果は空海にとってどういう存在か気になりました。

・・・霊的には、恵果は 空海の弟子になります。凄い事は、両者は最初に会った時に、知っていたと言う事です。
2008-12-28 14:20:38


霊的師匠も完全に否定はできないと思います。勿論、霊的師匠を絶対視してはなりませんが、本物の霊的師匠はただエベレストの頂上を示すのみ、登るのは己自身と教えるのみでしょうね。なかなかそんな本物はいませんが・・・。

。。。玄奘三蔵が師の光明三蔵から教わった事に無一物と言う言葉があります。「仏に会えば仏を殺せ、祖に会えば祖を殺せ。何者にも囚われず縛られず、ただあるがままに己を生きること。」空海の弟子には、空海を超える人が出ず、それどころか独立できた人も出ず。釈尊も師を頼らず、己の良心を頼りに進めと。
2008-12-22 23:26:45


リーマンさんの仏教に関するご意見は常々、的を得ているなあと思います。弘法大師以来の真言宗の伝統における本当の意味での供養は実はまず阿弥陀如来等の仏たちを感謝の心から供養申し上げ、その結果、生まれた光をご先祖様に送り、その光を役立てて頂くというものです。現在、釈尊に近いと言われる南方仏教で為されている形式は信者さんがお坊さんを物心両面からサポートして生まれる功徳、これは慈善事業を行う事によって生まれる功徳と密接です。いわゆる善業の功徳をご先祖様に送ってさしあげる利用してもらう方法です。元々、仏教では呪文でどうこうする思想はなく、個々の実践で生まれた功徳の使い方の指導があっただけです。その中でも感謝の心を起こす事は特に重要と考えられています。もし、真言の修行において、お迎えした仏様に感謝の心からの供養をすることが出来なければ、祈願は成就しないとも言われています。実際は全ては感謝の心を学ぶための方便として説かれただけのようです。以上、仏教の一考察でした。

・・・流石、現役の密教僧です。しかも、あなたは思考が柔らかく素直です。空海も過去の教義よりも、常に新しい良いものを取り入れる大欲に溢れた方でした。
2008-10-17 05:45:32


「意味のないチチンプイプイ」は言いすぎでしょう…。祖父は真言宗でした。四国のお参りも元気なうちは行っていましたし、先に亡くなった祖母のため、また家士の家系なのでそのこともあり、とても熱心にお経をあげていました。それが奇異だとは微塵も感じたことはありません。ただ、私は無宗教です。個人個人で感じるものは違うのですから強制されることもすることもありませんから。ただ、祖父の行為が「チチンプイプイ」と表現されるのは納得できません。今の宗教界にメスを入れたい気持ちがおありなんでしょうが、言葉をもう少し選びませんか?霊線を綺麗にするという傍らで、このような死者を冒涜するようなことをおっしゃるのでは…。

・・・あなたが、祖父を慕う気持ちは分かります。その呪文が、祖父さんの為に成っていれば良いですね。問題は、大好きな祖父がしていた行為を揶揄しているのでは無く、かりにも人様にさせる行為の真偽が大事です。信じる人がいる限り。その、させる行為の検証を、どの時代でもする必要があります。伝統が絶対正統だとしては、駄目だというのが、今日の記事です。全ては変わっていくからです。空海直伝の伝えが、本当に民衆に公開されていたか?手落ちが無いのか・・・。1つ欠けても別物になるのが、霊的実相です。
2008-10-16 20:53:37


空海 いや、お大師様に30年以上導かれているものとして、こちらのブログにおいて、呪文真言般若心経他 否定されているのでしたら、名前を軽々しくここで 使わないでいただきたいと思いコメントします。ハッキリ言って心外です。弘法大師は日本で真言密教を開かれ、それまでの神道で救えない者を 方便として救われて来ました。わが国の誇る偉大な御力を持たれていたことはご承知の通りです、また入定後1200年以上たった今現在でも、末端衆生のため神仏への導き人として同行され、ありがたい奇跡を伝説以上に起こされています。私は盲信しているわけではありません。実体験からお話ししています。とにかく、真言呪文等 お大師様の説かれた教義を否定されているのに、お大師様の名前を使われるのは止めてください。あなたに空海と呼ば捨てにされたくないです。もちろん、あなたのお考えは自由ですから反論もしません。以上よろしくお願いします。

・・・私から観ると、あなたは空海を分っていません。私は、過去、私の側に空海が居ると、色々な方から5回は指摘されています。たしかに、私を守護する存在の一つに空海がいます。これの検証は、今後の発言を見ていただくしかないでしょう。理解はされないと思いますが、それも仕方がないことです。
2008-10-05 14:09:22


空海は金星(暁の明星)を観て大悟し、日蓮は昇る太陽を仰いで立宗を決意した、とあります。
後者が天照太御神と縁が深い、というのも頷けますが、浄土宗と真言密教を厳しく批判しました。
金星は日の出を告げる魁とすると、平安期という時代が要請した幽界の存在を使役する密教・魔術の終わりを日蓮が告げたという関係なのでしょうか?

・・・日蓮らしいですね、笑。平安期という時代が要請した幽界の存在を使役する密教・魔術の終わりを日蓮が告げた・・これは、1つの意見として面白いですね。
2008-01-26 15:43:47


高野山にはシヴァ神の分神が太古に飛来しているのですか! 実は今年の夏、自分のルーツを探る旅をした際に高野山の宿坊に一泊したのです。高野山内は大門から空海の御廟までを頑張って歩きました。リーマンさんは伊勢神宮の外宮の幽界を介さない空間の素晴らしさを私達に教えて下さいましたが、もしかして高野山にもそのような目に見えない厳かな空間が存在しているのですか? 

・・・我欲を願えば、叶えられ、命を無くすでしょう。あなたの事では、無いですが、まだまだ、神霊をパシリに使役する思考しか出来ない人が、多いですね。もう、そんな時では、無いのですがね。
2007-12-02 18:28:01


シバ神うんぬん・・・の件りですが、以前リーマンさんは、空海を脅迫した神の事を書いていらっしゃいました。そして、シバ神に感応された。とも書いていらっしゃいました。たぶん高○山の○○荒神の事だろうと・・・(私は思っているのですが。)私は、○○荒神は、土着神だと思っていたので、シバ神に感応された?とスレを拝見した時、???でした。何故かと言うと、私の今までの拙い知識の中では、例えば、だきにてん(漢字がでてこなかったので、ひらがな)のように外国から持って(連れて)こられた神もありますが、シバ神を連れてきて・・・のような事は聞いたことがないです。それとも、シバ神というのは、○○荒神と同じ波動の神ですか?

シバ神というのは、○○荒神と同じ波動の神ですか?・・・そうです。青いオーラの同じ神です。
日本の高野山へ、太古に分神が飛来して来ています。
2007-12-02 16:48:30


○○○の○○○で、実は、ずっと前に、仲間と野営したことあります。本当です。酒を飲み、肉を食い、騒ぎました。提案者、発案者は僕です。思えばバカなことをしたと思っています。後に、○○○に謝りに行きました。掃除をし、お酒を捧げ、既に縁が切れていた仲間の分も、一人で謝りました。

・・・これで、命は取られずに済みました。たの方は、影響を受けています。先導者のあなたが、詫びていなければ、大変でした。そもそも、ここは、京都の千数百年の内、清明さんや 空海さんも、この地へ魑魅魍魎を投げ込んで、封印しています。今の、人間が願掛けするたびに、タイミングが合った存在が、漏れでて憑依しています。
2007-11-28 19:16:08


2chログ
祭られている神霊でさえ、恐るべき恐怖の存在を神として祭る代わりにどうぞ静かに居といてください、と。空海さんは、これが得意でしたね。人々を苦しめる存在と対峙し、神として祭るのを条件に封じたのです。そのような存在に我々は、鈴を鳴らして叩き起こし、さらに小銭を投げつけて 我の願いを叶えよと、自己満足。その様子を空海さんは、冷や冷やして見てるかもしれませんね。
2007-04-17 18:27:57


2chログ
空海 ・・・・正神界の金星神界8段目。もう、このクラスは稀ですね。
2007-03-03 20:42:19


2chログ
今日、なにげなく空海の過去生について浮かんできました。数ある転生の内の1つに、中国の伝説の書家である王羲之その人が空海の前世の1つであると。帰宅してから、2人の書をネットで見ると、感じる波動は全く同じなんですね。もし、空海が生まれ変わるなら、その書も同じだと思いました。その字を見れば、理屈抜きに我々を圧倒します。
2007-03-03 18:57:20


2chログ
前スレで空海を脅迫した、土着神の正体は、シヴァ神だと私は感応しましたね。
2007-02-10 11:01:17


2chログ
そうなんです、空海さんは、その神社を真っ先に建立してその後、密教寺社群を建造されて行きました。 非常に順調に進んだようです。
2007-02-05 19:53:24


2chログ
うーーん、実は私が過去の偉人で1番会いたい・・・いや、遠くからお顔を拝見したい人が空海さんです。もう、凄すぎてね。まず、千年以上経過しても、残ってる実績が多すぎます。中には、賛美が誇大化したとか書く人もいますが、私は逆に実際は伝説以上だと感じます。あの書を見ても、圧倒されます。実は空海さんが、高野山を開くために高野の山中で祈祷していた時に、夜になると土地の土着神が邪魔をしにきて、尚且つ脅迫したんですね。最初は空海さんも沢山の幽界神を封じてきたんで余裕だったのが、7日目にとうとう勝てないと悟り、要求を呑んで和解したそうです。それは、その神の姿の像を刻み、社を立てて祭ることだったんです。その神社は今も在るのですが、願賭けをすると必ず適うと評判です。・・・・・・・が、お礼が不足だと体の1部を病気で無くします。でも、人々は判らないので、その体の1部の病気に霊験アラタカだと評判です。お礼を沢山すると直るからです。そもそも、そんな願掛けをしなければ、何でも無いことなのに。私も、1度行きましたが、神社のユワレ書きに、眷属56万柱を従えて非難するものには徹底的に対峙すると・・・まだまだ、奥は深いですね。おおっと、神社名を詮索しないでね、怖い怖い
2007-02-05 19:25:34


20140913

  • 最終更新:2017-02-08 23:54:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード