空気汚染

■空気汚染について

注:病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。
  ここでの話は、あくまでも参考意見です。
  先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
  強要は決して、しておりません。
  伊勢白山道リーマン   2011-02-10 21:05:23

目次

関連記事


なぜ、胃と食道炎が増えると感じたのかは、今の生活では体内酸化が生じやすい生活環境に日本人は居るからだと思いました。
今の食材の問題や空気感も関係すると感じますが、やはり心のストレスも胃酸分泌に関係しています。
不況による仕事のストレス。家庭問題。教育問題。・・・・とても心(内在神)を痛めることが多い環境に成っています。
この刺激の中でも、内在神を大きく発露させる希望を持たなければ生けません。ほんとうに良く鍛えてくれるものですね。
(放射線は体内を酸化させるとされています。)



空気対策が仕事上の関係で対応できなくても、知っているだけで、無意識下の肉体が対策(免疫力)すると感じます。
なぜなら、心配するだけで簡単に内部出血をさせるほどの無意識下の反応を肉体は行うからです。その反対の防御の力も、同様に非常に強いのです。
その代わり、危険性を知った上でリラックスを心掛けることが重要に成ります。無意識下の注意の焦点が絞られ、肉体の免疫力を応援することに成ります。水面下での免疫防御隊による、凄い格闘が行われるのです。ただのポカ~ンとしたリラックスではダメです。
もし、さらに空気対策を物理的に取ることが出来れば、それにより「本当にリラックスを思うだけで大丈夫なのか?」という不安感を強く無くしてくれるから更に良いのです。

要は、1.知識として、今の環境の注意事項を知ること。
2.その認識をした上で、常にリラックスを心掛けること。
腹が立つことが有っても、自分に損だと思い、執着せずに流して行くこと。
3.それでも不安感を無くすために、自分が出来る対策もすること。
このような事が合わさって、白紙の未来へと私たちは進んで行くのです。
期間限定(人生)の探検を楽しんでやりましょう。



未成年の子供たちや女性の間で、不定愁訴(ふていしゅうそ:症状には、疲れやすい、脱力感、食欲低下、便秘、心臓の動悸、異様な眠気、ノドの異常、ノドのはれ)が増えています。
今の空気が悪いので違和感を感じる人は、とにかく甲状腺機能の検査を病院で受けてください。医師の所見診察ではダメであり、血液検査による甲状腺検査を指定してください。
大きな病院では、数時間で検査結果が出ます。
甲状腺(こうじょうせん)のホルモン異常が起こりますと、子供の成長ホルモンにも影響しますので、異常を訴える子供は受診しましょう。
これからの学校では、甲状腺の検査を学校検診ですべき時代だと感じます。
資源の無い日本における最大の資源は、今の子供達なのです。


関連コメント

PM2.5(微小粒子状物質)

PM2.5について、伊勢白山道さんは何か痛みを感じますか?

。。。やはり危険です。
肺がんは、一番厄介なガンかも知れません。
2013-02-26 17:31:47


pm2,5を防ぐ事ができるマスクをついに見つけました

2013-02-16 14:59:30


その他

2歳になる子供には保育園でも自宅でも外で遊ばせておりません。リーマンさんは、できるだけ室内での遊びを推奨されていますが、それは今後何年間もでしょうか。

。。。いいえ。年内の様子を見れば良いです。
スーパーや図書館、公共施設にも遊べる場所は多いです。工夫しましょう。
2011-06-27 12:27:29


家族みんな調子が悪く、六歳の息子は じんましんになり、たまに頭痛がすると言います。病院にはいっています。
私は今日 左耳下に違和感があり、みんなお腹がゆるいです。 季節の変化によるものでしょうか?

。。。今の空気と、家庭内の食中毒に注意。

雑菌が世界的に強化しています。
2011-06-18 19:32:39


先日、白山中居神社に行かせて頂きました。その後、口腔内、鼻に膿がたまり、しばらく膿出し薬を飲んでいます。また、宗教色の強い仕事場のメンバーも、普段風邪などひくことない人も、同じく膿が溜まったり、咳をしたりなどし、ほとんどのメンバーが体調を崩しております。

。。。空気に注意。

田舎でもマスクは大切。
2011-05-13 19:15:54


20140614

  • 最終更新:2016-04-06 20:12:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード