稲荷信仰

■稲荷信仰について 
関連項目 伏見稲荷

目次

関連記事


稲荷(いなり)さんとは、過去記事(【稲荷神の秘密 2008-10-26 14:47:10】)にもあるように、神様のお使いの精霊です。だから、それを利用する人間に自戒(じかい:自制すること)が必要なのです。精霊を善神にするも、悪神にするのも人間次第なのです。
特に伊勢神宮の外宮の神霊は、穀物の守護に稲荷神を使われます。混沌とした人間界では、神様はそれに相応しい御使いを派遣されます。
伊勢神宮外宮の神格から見ますと、伏見稲荷神も含めてすべての稲荷神を統べるのは、外宮の神様です。
稲荷の霊障を恐れる人は、伊勢神宮の外宮の神札を祭れば良いです。すべての稲荷神へと伝達されて、許される方向に向きます。
見えない世界ほど、インターネットの回線のように中枢となる親玉ゲートと、繋がる子分の回線は切れないものなのです。回線が切断されますと、親玉からの神気が切れて生存が出来ないのです。


稲荷神の秘密 2008-10-26 14:47:10

稲荷神は、霊的には大きく二種類に分かれます。
この二つは、全く別の霊的存在です。 しかし、同じ稲荷神の名前で、同じ様な扱い、認識をされてしまっています。

一つは、稲荷神=倉稲魂尊(うがのみたまのみこと)。
日本神界の上位の神霊です。
米稲の倉庫を守る神、とも取れる御米の守護神です。
伊勢神宮外宮にも関係する、国常立太神・スサノオ系に属する神です。
現実界の食物を左右する神霊ですので、その活動は日本全国に行き渡り、霊的にも最も活発に発動して来た神霊です。
ある意味では、正しく勧請(招いて)祈願(感謝を捧げる)すれば、その神力は現実界では絶大です。
だから、稲荷神は人気がありました。
ただ、悲しい事に国常立太神系に属する為に、天津神の支配する現在の歴史上からは、正しく評価されずに隠されて来ました。 記紀神話からも、本当の稲荷神に関する大事な説明は抹殺されています。 そして近年、1300年程前に現在の伏見稲荷大社で細々と公に主祭神として祭られ始めました。

実は、同じ様な年代に空海さんが、民衆の願いを叶える為に荼枳尼天(だきにてん、インドの女神ダーキニー)を外国から勧請=連れて来て、呪詛修法に利用していました。
これが凄く効いた様です。
空海さんも、生きるために金銭と交換に貴族間の呪詛請負をしたりと、本意では無い事をさせられました。
空海さんが存命中は、ダキニ天の管理が出来ていたのですが、その死後、空海を真似てダキニ修法をすると、やはり発動したのです。 ダキニ天の霊的実体が、日本に存続していたのです。
これを色々な人間が、金銭と交換に人々の願望成就に利用しました。 よく作用したので全国にダキニ祈願が広まりました。
荼枳尼天とは、人を食らう夜叉、または、羅刹の一種で、その霊的正体は祟り神です。
人の魂を食う代わりに、現実界の短い人生における人間の欲望を叶えさせます。 霊的交換条件をする存在です。

民衆の末端の世界では、倉稲魂尊の稲荷神の様に霊験が現れるし、ダキニのニの文字が稲荷神の荷と混同されて、いつの間にか、ダキニ天=稲荷神と成ってしまいました。
また、両方とも霊的眷族の形象が、狐霊の姿で現れる事も未熟な術者の誤解を招いたのです。
現在では、ダキニ天の元から脱走した狐の眷族が、全国で稲荷神として居座っています。


稲荷信仰 2008-01-10 20:13:13

商売をされている方は、昔から稲荷信仰をされて来ました。
本当の稲荷神は、伊勢神宮とも深い縁が有る正神霊です。
稲の荷を運ぶ・・・稲の育成と伝播の神・・・・お米の守護神です。 稲荷神の最高位の神霊を霊視しますと、その御姿は男性老人の翁です。 スサノオ神界に属してます。
天照太御神の神気を宿した御米を、スサノオの眷属神が守護する様です。
稲荷神の御用をする末端の家来である眷属は、狐霊です。
稲を口に銜える姿で、毛並みは、収穫前の稲のような黄土色に光ります。 御金儲けとは、関係ありません。
五穀豊穣の感謝を捧げるべき神霊です。

現在の大半の方が信仰する稲荷神は、この正神稲荷とはまったく別物です。
人間は、自己の金儲けの為に、神をも金儲けの為に利用しようとしました。 人間を生み出した神に、金儲けを手伝わそうとする人間の心は、子供が親に、働いて御金をよこせと言う事と同じです。 子供は、御金が欲しければ自分で働けば良いだけです。
人間の欲深さに呆れ果てた、地獄も支配しているスサノオは地獄界から、醜いジャッカルに似た獣に跨る存在を呼出しました。 俗に言うダキニ天です。 恐ろしい姿をしています。
跨る獣は、狐霊とは関係ありません。
ダキニ天は、神を商売道具に使おうとする人間の、魂座を食べる事を許されています。
金儲けに神を使役しようとすると、最初は見返りがありますが、後から必ず請求書が届き、寿命や子孫に影響します。
既に稲荷信仰をしている人は、決して止めてはいけません。
止めると、今までの請求書に利子が付いて、一発で回収しようとされます。そうなると、色々と深刻な問題事が起こります。
これからは、ひたすら”現状への感謝”だけを祭った稲荷神に捧げて下さい。
そうすれば、請求書を止めて置くことが出来ます。
感謝を捧げて、正神の稲荷に昇華させなければ成りません。
昇華させる事ができるのは、貸し借りの有る、祭った家系の人間だけです。
商売繁盛に神を使う心掛けは、大きな勘違い(神違い)です。


関連コメント

ダキニ天について質問お願いします。私の実家周囲には神社仏閣があり、少し離れたところに稲荷があります。今まで知らなかったのですが、今日調べてみてダキニだとわかりました。私が子供のころほぼ毎年大みそかに近所の神社・寺と併せてその稲荷にも参拝していました。稲荷は山のてっぺんに位置しており、真っ暗な中細い急斜面の山道を上がっていかなければならなかったからか、はたまた狐の置物が不気味だったからか、いつも怖さと嫌な感じがしていたのを覚えています。父は神社にお酒の一升瓶を奉納していたと思いますが、稲荷に同じことをしていたか思えていません。また、私も子供の頃だったのでどんなことをお願いしていたのか覚えていませんが、もし何か良くないことがあればアドバイスいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

。。。。思い出せば感謝で良いです。問題はないです。
ダキニに縁ある女性は、色情的には男性に好かれる女性が多いです。

できる生活努力をしながら、先祖への感謝を、普段の中で想起しながら、静観をしましょう。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。
2017-06-25 10:55:28


田舎の農家の家には、皆稲荷様があります。昔子供の頃は、親が  いな様と言っていたので、いな様という神様なんだなあと思っていました。稲荷様とは知りませんでした お参りに行った先に赤い鳥居や布が垂れているのをみかけると、家の稲荷様と同じとは思えず、怖い気がします。リーマン様が本来の稲荷様から脱走狐霊を奉る稲荷様とに分かれると、言われていたとおもいますが、本来(稲の神様) の稲荷様も怖い神様でしょうか

。。。。稲荷には2種類あります。

農家の稲荷の大半は、宇迦之御魂大神。稲の神様であり、伊勢神宮外宮です。
キツネでは無いです。
問題は無いです。

怖いのは商売稲荷です。
外国から輸入した呪詛神です。金で動きます。
空海は法力で利用しましたが、その後に脱走して祟り神です。
2015-04-26 18:41:22


先ほど、お昼ご飯にキツネうどんを食べつつ記事を読んでいて気になったのですが、キツネ霊はどうして油揚げがスキなのでしょうか?稲荷神社には、願いが叶った人からのお礼として、油揚げが大量にお供えされているのを見かけますが、どうしておキツネ様には昔から油揚げをお供えするのだろうと、ずっと前から気になっていました。現実世界に肉体も無いのに、油揚げを欲しがるのも不思議で仕方がないです。いわれや理由などがありましたら教えていただけないでしょうか。

。。。稲荷とは、本来は穀物の神です。
そして、明治以前まで、穀物を油で上げるとは、超贅沢品、とも言えたと思います。植物油が貴重品ですから。
穀物の貴重加工品を捧げる、意味を思います。
2015-03-14 22:35:13


かつて工務店をしていた主人実家の庭に義父の作った稲荷社(御札は様々で既に放置に近いです)があります。今後高齢の義母亡き後、我が家も遠いため不敬な状態になるよりは、近くの稲荷神社にお返しでよろしいでしょうか。きっと商売を支えて頂いていたと思うと申し訳なさもあります

。。。値段も含めて聞いて見れば良いね。
怖くなれば、そこの神社札を神棚で家内で祭れば良いです。
魔神でも、感謝で祭る限りは問題はないです。
依頼すると、利子を取られますが。
人間よりも、契約には真面目です。
2014-08-24 17:01:49


外宮が伏見の親分承知してます。
そして外宮の親分が北極星です。
そういう事ではなくて赤い鳥居は格式と関係あるかないか、リーマンさんの回答をお願いします。

。。。太古に、日本から倉稲魂命が伝播して、それが他国で2系統に分派してます。そのときに、海外では2系統ともに赤い鳥居です。

本来は、白木の鳥居です。
外宮は、すべての稲荷の親神です。穀物神でもあります。
2014-04-22 09:08:27


近所の神社に本殿の横に、稲荷神社があるのですが、白い狐が祠の左右におられます。赤い旗には白い稲のマークがあります。朝方御詣りして鳥居の辺りで、知らない人に、ここは何かの宗教ですか?と訊かれたので、神道でしょう。米の神様だと思いますよと答えたんですが、正しいでしょうか?

。。。鳥居が朱色でなければ、
倉稲魂命であり、稲を運ぶ稲荷です。
外宮の管理下になります。

朱色であれば、秦氏、古代イスラエル、外来稲荷となります。
2014-04-21 16:42:23

ーーーーーーーーーー
この外来稲荷=ダキニ天と考えてよろしいですか?

。。。違います。
古代イスラエル、秦氏、。。。伏見稲荷系。
中国、空海、密教、。。。。ダーキニ天。
2014-04-21 18:29:34


お稲荷さんで思い出したことありますが。子供時代だと思いますが近くの土地持ち農家は自宅内にお稲荷さん祀ってましてやたらミニお狐さんやらがありました。毎年増やすらしくカップ酒も供えてますが一度お供えするとずーっとお供えしなければいけないはめになるとききました。今考えると正当なお稲荷さんでは無かったかも。

。。。農家の稲荷の大半が、倉稲魂命であり、外宮に繋がります。
問題は無いです。
渡来したダキニ稲荷が怖いのです。
2013-12-15 20:55:23


稲荷神は色によって区別がありますか?

。。。同じ稲荷でも、大きく二系統があり、その次元により色は様々です。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2013-08-27 18:36:14


20140711

  • 最終更新:2017-06-25 12:57:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード