神道詳論(用語・神道思想)

■神道詳論(用語・神道思想)について
関連項目 神道
目次

【編集者注記】神道概論で記載済の思想については未記載です。

関連リンク



関連記事

魂の緒(たまのお)

一切にムダがありません 2012-08-04 11:11:50

人間というものを視ますと、コノ世で自分がしたすべての行為と発言が見えないヒモ(霊線)で本人に結ばれて行くのが視えます。
良いヒモ(良縁)、悪いヒモ(悪縁)、色々とあります。そして人間は、過去に自分が結んだ(起こした)ヒモのことをドンドン忘れていきます。
そして悪いことが有りますと、自分だけが不運だと思ってしまいます。

しかし、過去のあのヒモと、このヒモが結んだ結果、今のこの現象が起こっているということが本人には分からないようにコノ世はあえて創られています。これは、本人の本性をコノ世で出し切らせるためです。
本人を冷静に静観していた他人や縁者には、なんとなくその不幸の原因が過去のアノ事の「形を変えた反射」だと表面的には分かる場合もあります。しかし真相は、もっと色んなヒモが絡んでいるのが本当です。

(中略)

どんな人間も、このヒモ(縁)の束から逃れることは出来ません。このヒモの束を1回ネジルことが、今生を終えた死というものです。
その人が背負うヒモの束を視ますと、そのネジリの個数が転生した数であり、ネジリの間隔が「その時の」人生の長さを意味しています。
若者や元気な人のヒモの束は、背中から何本もの線が「並行して」伸びていますが、その人の死期が近づくにつれてこのヒモがネジレ始めているように視えます。
私が幻視するこのヒモの束のことを、古神道では「魂の緒」(たまのお)とも呼びます。


関連コメント

素朴な質問です。老子も釈尊も素晴らしいとは思いますが日本人ではないです。
当時、日本人が思想的に劣っていたとはどうしても思えません。
私は文字に残す必要さえなかった時代があったと感応します。
スメラミコトが天の岩船で世界中に飛んでいたのなら大元は日本の心根・思想ではないですか?

。。。。古神道は高度過ぎて、教えが消えた訳です。

説明して分かることでは無い。
神縁による無言の教え。

釈尊は太陽から学び(古神道と同じ内容)、
これを古代インドの言語で人間レベルに落として説明した訳。

だから悟りの先には、次に神道の世界が待ってます。

日本は直球の足元に近すぎて、ただ習慣だけが残っている。伊勢神宮にも。
2018-03-04 21:15:14


20141118

  • 最終更新:2018-05-07 13:20:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード