神社

■神社(全般)について
関連項目 鳳凰
目次

関連記事

全般


そもそもが古代からの神社が存在する場所は、なぜそこの場所だったのか?
ということです。
これこそは、地下深奥の大いなる意志と知性を感得して、啓示されて、決められていると感じます。
それが神様の意志として。

だから神社に参拝する時も、そこの建物ばかりに気持ちを取られないで、肝心な心得は
* 大地に感謝する気持ちを持つこと。
* そこの地下深奥は、神様と繋がっている。
ということを知りながら感謝だけの参拝をしてください。
自分の思いが、内在神を通じて大地深奥の神様に良く通じます。



上のカレンダーの1月13日(下弦の月)から1月20日(新月)までの一週間は、人間の意識が特に大地に反映されやすい期間になります。
この期間に大地への感謝を重視します。
神社への参拝に最高の期間は、毎月の下弦の月~新月までの一週間です。



伊勢神宮のすべての御宮は、神官が正面のトビラを開ける時に、
「ギィギィ~」と木の良い音が「鳴る」と聞きます。これは木のトビラの立て付けが優秀なために、気密性が高いことを意味しています。
このトビラの「鳴り」が、毎朝違うようです。その日の湿度の影響もありますが、木の「鳴り」を通じて、神の意志のような神聖なものが表されていると感じます。

神社において一番神聖な場所として、本殿の中の密封された空間を「神の間」として祭ります。
「空間が御神体」であることが、古神道の奥義に在ります。
神道とは、何も無い「空・くう」を神様として祭ります。
「空」を祭ることが出来るのか?
ここに森羅万象の秘密が在ります。


日常の中に答えが在る 2010-07-19 11:12:57

神が降りるのは、神道形式がギリギリ限界だと感じます。
1。教え無し。 2。拘束なし 3。出入り自由で、名簿無し 4。自主的な寄付による維持。 などなど良い面が多く在ります。
しかし、これも近代では、崩壊が散見されます。
神社とは本当は、古代から続く「入らずの森」や「御神体の山」を守る小屋だったのです。
神官とは、森の番人であり、神域の周囲を掃除する村の責任者だったと感じます。

自分なりに生活の中で、自分の心を見つめて、見えない思いや存在をも尊重できれば良いですね。


神木の重要性 2009-07-09 11:30:30

鎮守の森(ちんじゅのもり)と言う言葉があります。
鎮(ちん)には、「静める」「おもり、おもし」と言う意味があります。それは、大切な物を静かに守る森(杜)と言う意味です。
古い神道では「神社=もり」と表記して読ませたそうです。
神社=森なのです。



神社での、食材と巫女舞芸術に対する奉納(ほうのう)料金は、問題は無いです。外食や歌舞伎を見れば、お金が必要なのと同じです。内容によっては、高額も有りでしょう。
しかし、有料先生が「見えない期待感」を悪用するのは霊的詐欺です。このような悪徳商売が出来る人間は、霊的には既に動物形象に落ちている人です。
そもそも神社では、御祈祷(ごきとう)と言う修験道の影響を受けた呼称を止めるべきだと私は思います。
この呼び方は、日本神道の歴史から見れば新しいのです。太古の神道では、神様に奉納(ほうのう)すると言う観念しか存在していません。
できれば、神社での神事はすべて「奉納」と言う呼称に変わる事が、参拝者の意識を変える事に繋がります。


戸隠参拝記 3 2009-07-01 10:35:50

奥社の大鳥居をくぐり、参道を歩き始めました。
とても新緑が綺麗に輝いていました。参道は自然の土のままで、両脇には緑の壁が直線に続いています。
まるで大自然の産道を、子宮を目指して登る精子に自身がなっている気分でした。
行き着く先の社殿において、自己に内在する大いなる神と自分の意識が合体し「結ぶ」場所が祭場の役割です。
良い神社とは、この結びが行なわれるのに適した磁場が在る所です。 外在する神様ウンヌンの観応は、お仕えする動物形象との交流に過ぎない事が大半です。
行き着く先で、どんな自己内の「結び」が今回起こるのか?
結びとは、新たな再生が起こる事です。
これが神道において、参道(産道)と参拝(産拝)がセットである意味だなと再考しながら歩いて行きました。


二礼二拍手一礼 2008-12-16 18:17:21

二礼=神道ではイザナギ・イザナミの二神をツガイの夫婦神として神々の始まりとします。 この始祖の神々それぞれに対して頭を下げる意味があります。
二拍手=二神への賞賛として手を叩きます。
一礼=二神を一つに結び、自己の内在神として頂いた御礼を意味します。 神人合一の型です。
参拝で一番大事なのは、神様に笑顔を奉納する事です。
この様な考え方も有るのかなと参考にして下さい。


命あっての物種 2008-05-03 14:25:21

この現実界に、伊勢神宮外宮や伊雑宮の様な空間が、実際に出現している事は、それが地球や人間に必要だからです。日本神道の素晴らしさは、人間を縛る教義がなくても数千年間も存続している事です。
人間への強制では無く、人間の自主性に任されて数千年も存続して行くものには、根源存在の無言の意思が在るのです。
たまには、このような場所へ行く事も、人生での大事なイヘ゛ント「行為」の1つかも知れませんね


建築

大切な時節  2016-01-23 11:16:44

もし、これから神社の不審火による焼失が増加したとしましても、

* 屋根以外の全部をコンクリート造りで。
* 屋根だけを木造で。
* 屋根の表面は、ワラが理想ですが、金属でも良いです。
* 屋根の千木(ちぎ)・鰹木(かつおぎ)だけは日本のヒノキで。

コンクリートで経費が浮いた分を、屋根の構造に回します。
屋根の裏側から、ヒノキの大黒柱が1本か2本、室内を貫通して地面に刺さっていれば完璧に神気は降ります。

全部を木造で造るよりも、数分の1の経費で御宮が出来ることでしょう。
万が一に焼失しても、淡々と建物の新規更新・神気更新をして欲しいものです。
本当の神様は古いものに執着しません。
伊勢神宮は、20年ごとに更新です。

地域の氏神は予算がありませんから、麻賀多神社の天津の神様の神殿のように、全部を石とコンクリートでも問題はないです。


自霊拝

自霊拝 参照


忌中・喪中



伊勢白山往復参拝



氏神神社

氏神神社 参照


参拝の注意



御神札



迷信



関連コメント

全般

自分の近所の神社はほとんどが小さくて、恐らく明治期前後に建立されたり、移築されたり、合祀されたりというものが多いようです。
このようにその場所に神社が出来てから歴史が浅くても、やはりその場所には昔からの「地下深奥の大いなる意志と知性」があり、それを感得した地元の素朴な人々がその場所に神社を建てた、そのように導かれた、と考えてよろしいのでしょうか。
古くからある神社はもちろんですが、歴史が浅くても、規模は小さくても、今ある神社の場所は「神様の意志」で決められていると捉えてよいのでしょうか。

。。。。。新しい神社も、地域の精霊のヨリシロで大事。
シャンバラの神社は、最低でも1000年以上の古さです。
伊勢神宮も、地下の巨石群にカギがあります。
磁気の蓄電池。
2015-11-26 21:53:24


参拝の心構え

先日の記事で伊勢神宮に参拝したおり、「国のために何ができる?」と参拝した人に語りかけている。と書いてありました。氏神神社や気まぐれでいく神社なども、地域のために何をしたいとか語りかけているのですか。

。。。。見てます。
感謝参拝で問題はないです。
2016-06-20 13:16:24


リーマンさんは記事に読者を代表して正式参拝されてました。読者代表が不適切でしたらそのへんはお任せします。ただ私はいつも読者代表の思いで参拝させて頂いてます。参拝にも思いやりが大事と思っているからです。私もそうですがコメント欄から感じとることがあるから尚更そのような思いになります。

。。。良いです。
人類を代表して、神に参拝するつもりが大事。
2014-11-05 15:31:13


参拝に最高の期間

神社への参拝に最高の期間は、毎月の下弦の月~新月までの一週間です。とあります。もし1ヶ月の中で参拝出来るのが1回としたら、お一日詣りか新月期間のどちらが良いでしょうか

。。。。両方か、新月期間に。
2015-01-02 19:19:25


鈴のある神社

あるブログに、拝殿に鈴のない神社は神様と繋がらない?みたいな事が書かれてあったのですがそうなのですか? 私がお参りする神社は鈴がないのですが。

。。。デタラメです。
鈴は、神仏混合であり後世のものです。
純粋な神社には、鈴は無いです。
2012-04-28 15:08:35


地元のお祭りをやっていた神社には鈴緒があり、いつも行く穂高神社にはありません。昔父から鈴のない神社は伊勢系で、ある神社は一般的な神社や稲荷系だから、それぞれの作法でよいが、出来れば鳴らさず二礼二拍手一礼ですると神様を起こさずにいいよと言われた記憶があります。

。。。鈴のある神社は、最初に寺の影響があった意味もあります。
2012-04-08 20:56:01


二礼二拍手一礼・柏手

もう何年目の登山者なんだと、恥ずかしく思う毎日です。
ルーティンの記事を読みルーティンと言う意味で二礼二拍手一礼について恥ずかしながらご教授いただきたくお願い致します。
感謝想起を初期の頃から、二礼二拍手と一礼の間に「感謝想起」3回~数回後締めで「フトノリト」と想起したり、時につぶやいたりしてきました。

。。。。あなたが正しいです。

が、先日別の読者の方の質問へのご回答に、二礼二拍手一礼の後に感謝想起との回答に「あれ~?!」と思いました

。。。。これも問題はないです。
ようは、霊的にはこの前後のアレンジは関係ないのです。
厳密では無いのです。

大事は、
生かして頂いて ありがとうございます
だけです。
アマテラスオホミカミ、も無理には不要です。
2015-10-19 20:34:33


神社参拝の現在の基本は「二礼二拍手一礼」に明治以降統一されていますが、いまだに「二礼四拍手一礼」を明治以前と変わらず全国に何社か慣行に従って執り続けています。
伊勢神宮も四拍手を二回繰り返す八開手(ヤヒロデ)を正式な作法としています。霊的に何らかの意味があるならば、その謎をお教え願えれば幸いです。

。。。その意味も効能も無いのが霊的実態です。
動物先生が屁理屈を言うだけです。

太古は、連続の拍手でした。回数など関係なく。赤ちゃんがパチパチする感じと同じで、人間が感動すれば取る所作です。

二礼二拍手一礼で、十分です。
2012-10-18 19:21:18


神社に参拝する際の、拍手についてです。
先日参拝した際に、ご婦人の威勢の良い拍手で境内の鳩達が驚いて飛び立ちました。
自分は男ですが、何となく控えめに打ってしまいます。
拍手はやっぱり、「パン!パン!」と、威勢の良いほうがふさわしいのでしょうか?

。。。優しい音が良いです。
2011-06-02 17:19:19


鳥居

鳥居の本当の役割は何ですか

。。。参拝者のお祓い。

垢が大きすぎると、鳥居の空間にも入りきりません。
こそげ落ちます。
押し出すトコロテンです。
2014-10-03 13:56:39


神社のテレビ放送

あるテレビ番組で全国の神社を毎週放送しています。本殿の中まで、祭られている鏡まで映像に写します。 伊勢神宮はカメラが入るのは禁じているのでいいのですが、他の神社の時はほとんど本殿の中まで映像に写しています。 ですので、神社を紹介して良い番組なのですがつい録画保存は不敬ではないかと躊躇してしまいます。 問題ないですか?

。。。敬意をもって見れば、問題は無いです。
2013-01-18 13:42:59


その他

あまり自信が持てる生き方出来ていない自分が近隣の神社を参拝する際に、先ず自分なりの謝罪から言う(心中で)のは駄目でしょうか?

。。。。良いですが、
やはり感謝1本でないと、良くないね。
神に謝り、免罪符を得たいのも自分の欲心。
何があっても、感謝だけするほうが、神様はすべてを分かった上で良い方にします。
2016-11-12 20:46:33


氏神への参拝は、アマテラスオホミカミの言霊は不要ですか?
生かしていただいてありがとう御座位ますのみでよろしいですか?

生かしていただいてありがとう御座位ます.....コレのみです。

ちなみに氏神参拝は日本龍体にのみ有効なんですか?
地球全体に影響は無いですか?

。。。。地球に影響します。
2016-05-04 13:52:04


神社参拝時の手水のやり方についてです。
ヒシャクにクチを付けるのは論外ですが、だいたいの私も含む参拝者が書いて貼ってあるやり方を見ながら指の先にチョチョっと水をつけて形式で終わってます。
まずヒシャクを右手に持って左手洗い(だいたいは濡らす程度)、持ち変えて右手を洗い、また交換して左手の平に水、その水でクチをすすぎ、最後はヒシャクを立てて自分が触った柄の部分を水で流して終わり、だっけ?(おいっ!)
先日とーっても丁寧に何度も洗っている人が居て、まるでそのまま全身を洗うか?という勢いでしたけど見ていて心地よかったです。
ここは形式だけでなくガッツリ洗ったほーがいいでしょうか?

。。。。手を洗うことで、全身を洗っている型に成ります。
私は腑に落ちるまで何回も動作を繰り返します。
2015-02-28 20:53:25


リーマンさんは「神社を通して地球に感謝をしていきましょう」
とお書きになっていらっしゃったように思いますが、普通に山など歩きながら感謝想起をするのはどうでしょう?いつも山を歩いたり出勤途中などに地面に感謝想起しています。
神社でなければ伝わらないのでしたら毎朝神社に寄って行くようにします。

。。。。。。。自然の中でも大事です。
ただ、神社では、レンズの焦点・ピントが合わされているのです。
2015-02-14 20:05:46


私のなかの神様の思いが神社や神棚に反射して帰ってきたものは私のなかの神様=神気ではないの?
神社や神棚から帰ってくるもの、神様から帰ってくるものがなんで神気=神様ではないの?

。。。。過去記事にあるように、
神社、神棚=鏡です。

だから参拝で返る感応は、普段の自分の生活となります。
自分次第です。

その証拠に、個人で感応が違います。
2015-01-08 09:34:53


29日に伊雑宮で参拝中主人がおならをしてしまいました。頭を下げて謝りましたが重大な不敬になっていませんか・・ 

。。。問題は無いです。
2015-01-06 02:04:12


「木の無い神社は、神社では無いのです。神気が降りて来れません。」 過去記事のこの部分が気になりました。最近、近隣の神社を氏神としてお参りしていますが木は一本もありません。無人の神社ですが、清掃が行き届きこざっぱりとしています。問題ないでしょうか?

。。。掃除と感謝の参拝があれば神気は寄ります。
2012-07-03 17:10:37


通勤時、氏神様の前を通るようになり、ほぼ毎朝 30秒、1分の感謝の参拝をしています。毎日の参拝で願掛けになってないか?と参拝以外の時間はお店の資金繰りや、売上を考えています。Hなことも。感謝の参拝を心がけていますが、氏神様に腹の中まで知られてはいないかの質問です。氏神様は鏡だから自分に帰ってきますよね。うわべだけの感謝。腹に別のものがある感謝。良くないですか?現実の行為や感謝をする気持ちだけを置いてゆけば良いですか。朝の通勤時の挨拶のような参拝です。  
また、森羅万象2,3、は拝読しましたがお金の都合でそのあと買っていません。4、を飛ばして5を買って読んでも問題ないですか? 4を読んでからのほうが良いですか。

。。。問題ではないです。
森羅万象は、最新刊からの逆流でも良いです。
2011-09-11 21:57:40


私が毎週末に氏神神社に行って「生かして頂いてありがとう御座位ます」の参拝をする事で、氏神様は元気になり再起動する…と言う事ですか?
私は毎週、欠かさず行ってるのですが…神様は元気になりますか?

。。。なります。それが自分に反射して、参拝となります。
2011-06-15 11:43:32


お伊勢講の掛け軸の処分にについて質問です。昔、寄り合いをしていたころ使用していた、お伊勢講の掛け軸などの道具があります。寄り合いが行なわれなくなっても、道具だけは各家を回して保管していたのですが、それも簡略化され、ある個人の方が保管してくださっていました。
それをこの度処分することになり、みんなで神社で燃やすため、集まりました。ところがアマテラスオホミカミ様の掛け軸に誰も火をつけることができず、保留となったそうです。(主人の話)神社に置こうという意見もありましたが、そもそも神社と伊勢講は別という人もあり、どうしたものかと困っています。我が家も預かるのは抵抗があります。リーマンさん、どうしたら良いでしょうか?
 
。。。神社が良いです。
それは神罰があるので、燃やさないこと。
2011-02-23 16:49:41


20141117

  • 最終更新:2016-11-17 19:47:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード