白山神社

■白山神社について 
関連項目 白山
目次

関連記事

神様のお告げが降りた地 2014-06-03 11:30:30

宇佐市には、有名な宇佐神宮という全国に4万社を超える八幡神社の総本宮が在ります。
私は八幡という名称自体が、仏教伝来以降の新しいものを感じますので、
全国どこでも、そこに八幡神社が創建される以前の古代は=白山ヒメ神社の分社だった、という説を主張しています。

現に宇佐神宮の御祭神には、神代(じんだい:神武天皇“以前”の古代)に比売(ヒメ)大神が宇佐嶋にご降臨されたと『日本書紀』に記されています。
そして、比売大神は八幡神が現れる以前の「古い神」、「地主神」として祀られて崇敬されていた記述があります。
ここで言う比売大神様とは、地域性の上からも宗像三女神(むなかたさんじょしん)だとされていますが、私はまさに白山ヒメ神社だと感じています。
神代には、白山ヒメ神社が日本全国を網羅するという国津神の永い世紀が存在したことを私は主張します。



現在の見えない世界の状況では、伊勢の母性では現世を治めるのが難しく成りつつある一面が在り、白山神の発動が始まる予兆があります。
ただ、白山神が動けば地球大地が動くことになり、この場合は人間の存亡についてはあまり考慮されない高次元の大自然の動きと成る面が在ります。

(中略)

全国津々浦々から、白山の方向に向かって感謝を捧げるのも良いでしょう。
白山は、山全体が独立した巨大な御神体であり神殿です。
大昔は、全国に白山神社が存在した意味は、前文明からの流れの残存であり秘事なのです。
各地の白山神社への感謝の参拝も良いです。
日本を荒療治してでも、立て直すことでしょう。


神様には勝てません 2012-06-04 10:14:55

白山神社系が、すべての神々の親であるイザナギとイザナミを必ず祭ることを古代からの主軸とするのに対して、伊勢神宮系列ではイザナギとイザナミの両神(両親)を祭ることを後世に一社追加したのは興味深いです。やはり神話に最初に登場する両神を、どこにも祭らない訳には行かなかったのでしょう。
現在は、長男のツクヨミと同居する両親という形で、内宮を主催する長女・天照太御神を近くで見守る形に成っています。

では、伊勢神宮では次男のスサノオはどこに祭られているのか?
これは神名を変えて、内宮神域内の子安神社に御祭神の大山祇神(おおやまつみのかみ:スサノオ神の別名と独自解釈)として、スサノオの娘神と共に祭られていると私は感じます。(これは神宮の正式な伝承ではありません)
最初に内宮の大鳥居から五十鈴川を渡った、その正面の奥に子安神社は在ります。(関連記事【1・2・3から3・6・9へ 2012-04-29 10:42:43】)
つまり、長兄・両親よりも、長女・天照太御神のすぐ側に次男スサノオが寄せられていると解釈します。

この形の現代への転写とは、予言を含めて非常に興味深いものが存在します。まさに現実界を動かす神様の存在証明とも感じます。


バランスの綱渡り 2011-07-20 10:57:30

細胞の「ククリ直し」と言えば、最近の白山ヒメ(秘め)神社「ククリヒメ大神」は、神気が上昇しています。
ここの参道(産道)は、坂道です。坂道と言いますと、神話に出てきます黄泉(よみ:あの世)の坂道を私は思い出します。(【外在神の秘密 2007-12-15 18:51:36】)
ククリ秘め神の坂道の参道を、お勧めはしませんが、人が少ない夕方(黄泉の時間)に歩きますと、今は木々の緑の力が強くて独特な気配が在ります。
一般の方が参拝されるには、やはり日中のククリ再生の気が強い時に、坂道の参道を行かれると良いでしょう。日本全国に白山神社が在りますから、感謝の参拝をされてみてください。もし白山神社が無ければ、古い八幡神社(この多くは、元は白山神社からの改名です)を参拝してください。神気の繋がりが在ります。


七夕の意味 2011-07-07 11:27:00

七夕=7つの幡とも浮かびます。7と来れば、次は8です。八幡神社という、渡来系の秦氏が中国大陸から持参した神仏の祭りの中に、機織り(“はた”おり)の技術が向上することを年に1度記念したのが旧暦の7月7日の七夕祭りとも感じます。
向上という意味で、7から8(完全。神)へと上がる暗示です。
つまり、八幡神社の起源は新しく、その前は同じ場所が白山神社だったのが大半だと私は観ています。


八幡神の正体 2010-03-18 10:43:01

日本全国に在る八幡神社の中で、千年以上も前から存在する神社を参拝しますと、その人格神の奥には、隠された本当の御祭神を共通して感じてきました。
その神名は、白山くくり姫神です。
つまり、本当に古い八幡神社の元は、白山神社だったのです。そう考えますと、現在の白山神社と八幡神社を合計しますと、日本の大半の神社が白山くくり姫神(イザナギ神とイザナミ神を1つにククリ合わせた神でもあります)を日本全国で祭事した事に成ります。大昔の日本で国津神を代表して統括していた神様は、白山くくり姫神だったのです。
また、寺院でも八幡大菩薩を祭る寺は、元もとは白山神社の跡に建立されている所が多いのです。
つまり、八幡神社に参拝する時は、正神である白山くくり姫神に参拝していると思って、感謝の参拝をすれば良いです。


伊勢日記 11 白山へ 2009-04-21 16:34:05

神話に於いては、天津神・国津神の全ての神々と国土を産み出した神様がイザナギ・イザナミとされています。
しかし、伊勢神宮でもイザナギ・ナミは大きく祭事されない様に、天津神系の神社では両親神を祭らない事が大半です。
親を隠した状態で娘が全てを取り仕切り崇拝される祭事形態が、現在の神社社会にあります・・・。
白山神社系は、イザナギ・ナミを主祭神とする形態を太古から取って来ました。
白山は、全ての神々と国土を産んだイザナギ・ナミが鎮まる山とも言えます。


魂の洗濯 2008-02-13 20:24:49

伊勢神宮が成立する以前の遥か太古には、白山と現在の
伊雑宮の地を往復する祭り事が存在したようです。
これは、太陽の軌道を意識した太陽信仰の原点です。
大昔の人間は、この往復を繰り返したと感じます。
*白山・・・隠された白山王朝と、そこで祭事された根源神。
*伊雑宮の地・・・
  白山王朝の石柱が、ムー大陸に逃れ、ムーの沈没の時に
  現在の磯部町に戻り、伊雑宮の原点に成る。
この白山と磯辺の地を巡ることにより、人間の魂の再生、
括り直しが起こったのです。
伊勢神宮が出来てからは、伊勢参拝だけが強調されて、
白山信仰は、歴史の舞台から封印されたようです。
ただ、民衆間では、その伝承が継承され、全国に白山神社が
造営されて、日本各地の白山神社から伊勢へ参ることに代用
されたのです。 これが、白山神社の分社が異常に多い歴史
の秘密です。


関連コメント

近々に白山ひめ神社と平泉寺白山神社に運ばせていただく予定です。神札はどちらから頂くのがよろしいのでしょうか。

。。。どちらからでも自由な縁で良いです。
2016-11-04 09:26:33


質問があります。リーマンさんがあげられている四つの白山神社(白山中居神社、長滝白山神社、白山ひめ神社、平泉寺白山神社)は、祓戸四神を表すこともありますか。もしそうならば、平泉寺白山神社は、どの大神様にあたりますか?

。。。1対1に該当ではなく、
どの神社も、4神を内在します。
2014-04-23 01:05:12


伊勢神宮へ御参りしたい。しかし同じ行くならやはり白山○○神社へ行きたい。この時期は特に、御参りするなら伊勢神宮に感謝をさせて頂きに行った方が良いですか?なぜ白山○○神社にますます行きたいのか自分でもわかりません。リーマンさんどう思われますか?

。。。伊勢のほうが面白いです。
白山は、真剣過ぎて、一般人にはお勧めしません。
2013-10-06 19:32:29

ーーーーーーーーーーー
「白山は、真剣過ぎて、一般人にはお勧めしません。」
リーマンさんの上記の回答を読んで素朴な疑問が湧きました。
それは、リーマンさんの思う「一般ではない人」「一般人以外の人」とはどのような人を指すのだろうか?…ということです。

。。。観光気分ならば伊勢神宮は無難です。家族連れも問題は無いです。
白山は、信仰面が重視になります。また、自動車がなければ、まったく不便な場所です。
2013-10-06 22:30:25


八幡神社=白山神社だそうですが、元々「やはた」と読まれていたのが「はちまん」と呼ばれるようになったのも、はちまん=はくさん、の発音の繋がりからとも言えるのでしょうか?

。。。そうです。千年を超える古い八幡神社の大半は、白山神社だと感じます。
2013-03-11 14:33:33


『伊勢白山道では、人類の起源はアフリカではなく、日本の2名から始まったとします。全人類が、たった2名に繋がるからです。全世界に。遺伝子的には、少数の集団まで遡っているのが現状です。これだけでも凄いことです。70億人の始祖は少ないのです。』
と、他の読者さんへの返答でありましたが、これは今の“我々人類”の祖先さん2人はどのような姿をされていたのでしょうか?

。。。アダムとイブとも呼ばれた、本当の始祖です。
姿は、ほぼ今と同じです。
ただ、半霊半肉体に見えます。
今とは気候も地形も違いますが、白山の中居神社のあたりの地帯から琵琶湖に掛けての地帯だと感じます。
古い白山神社が、必ずイザナギ・イザナミを祭る理由でもあります。
2012-01-12 15:15:04


2万年続いた白山王朝の記録が今の日本に一切残っていないのは何故でしょうか。

。。。政権が変われば淘汰されるのは世の常。
白山神社が全国に非常に多いのが、その残影です。
2011-04-30 22:38:45


八幡神社は白山神社と元は同じとの事ですが八幡神社の方が大衆的な匂いがするのは何故ですか?
元は同じだというのが今一つ信じられません。
八幡神社は公園を兼ねていて、ジャングルジム等があるところが多いですが不敬にはあたらないですか?

。。。仏教の影響を受けているからです。庶民派でもあります。
2011-01-01 23:55:59


『。。。天孫降臨のルートに、久高島も入っています』これって沖縄の南の方から移動してきた方たちってことでしょうか?

。。。天孫は白山には無関係です。
天孫の以前の時代は、白山が要でした。白山神社が全国でも異常に多い理由です。特に被差別部落に。
八幡=白山として計上しますと、白山神社は日本最大の数に成ります。
2010-11-06 21:39:51


しっかり自分の氏神の参拝ができていて、氏神との繋がりがちゃんと出来てれば、そこが、白山から出発という起点となっているから、あと二か所行けばよい、と、そんな感覚がしています。地元白山から伊勢へ、そして白山の親元である、かの地へ、これで往復。

。。。良いです。
大昔に、全国に白山神社があった理由です。
伊勢ー白山の結びが、大昔はありました。
2010-05-18 23:07:08


『人を殺そうとするイザナミは、外在神の元神です。神々をも産み、人を育てようとするイザナギは、内在神の元神です』ということは、両親神様とも 比ゆでなく そのような霊的実体であるということですね。白山神社はこの両方を祀っているのがほとんどだと思いますが、とすると エイリアンの親玉に参拝していることになるんですか?

。。。その陰陽2神を祭ることで、根源神となります。
2009-10-15 20:17:37


神棚をお祀りしたいと思っておりますが、崇敬神社に出雲大社をお入れするのは、如何なものなのでしょうか。

。。。伊勢と白山を中心にした方が良いです。
白山は、出雲の親になります。
2009-09-03 21:18:43


中尊寺の白山神社はつながりがあることはわかっていたのですが、地元にある白山神社がつながっているのかなぁと疑問です。

・・・明治までは、白山神社が全国で2千社を超え、一番多かったのです。
特に被差別部落に置かれました。
その後、稲荷社への神名変更もありましたが、今でもベスト3の多さです。
大半は、白山ひめ神社の分社です。
2009-08-14 23:36:20


白山神社と部落差別のつながりはどんな関係ですか?

・・・押し込められた国津神=差別という転写があります。白山神は国土生成神であり、国津神の親でもあり、天津神に国土管理を任せたのも白山神です。
古代は白山が信仰の中心だった名残りが、閉鎖的な部落では逆に維持されやすかったのです。
太古は白山信仰一色だったのです。
2009-06-18 17:06:48


伊勢から見れば、北西の方向。ここの神社でも外宮と往復すれば伊勢白山道効果はありますでしょうか?

・・・あります。大昔は、全国に白山神社を設け、そこから伊勢との往復としました。
2009-05-17 20:08:20


私は首都圏に住んでおりますが、都内には幾つかの伊勢神宮の分社(東京大神宮など)と、白山ヒメ神社の分社らしき神社(荻窪白山神社)が存在します。ひょっとして、この伊勢神宮と白山神社の分社を参拝して往復することも、少しは伊勢白山ラインを往復することに準ずるような効果があるのでしょうか?

・・・そうですよ。大昔は全国に白山神社が一番多かった理由はこれです。
太古の白山と伊勢との往復で肉体が甦る伝承が残っていたので、白山まで行けない人の為に、各県に白山神社を祭り、伊勢へは生涯に1ど行くことが夢でした。
自分の地域を白山にして、伊勢へと。
2009-04-22 14:01:58


時間が許せば、白山ヒメ神社、平泉白山神社と参拝を予定していますが、全部の御札を頂くのは多すぎますよね。

・・・全部でも1社でも良いです。それが縁です。
全部の場合は白山神社を重ねれば良いです。
2009-04-21 23:43:46


白山神社はどこに参れば良いのですか?

・・・石川の白山ヒメ神社、福井の平泉寺白山神社などが良いでしょう。
本当は、白山の山が大事です。
それと、伊勢神宮に参れば、伊勢白山道の再生の太陽軌道に、1度触れたことになります。
2007-12-16 14:22:35


白山参りですが白山比咩神社でなければダメですか?

・・・白山近辺の神社で良いです。
白山は、山自体が重要ですから。
2007-09-17 23:28:56


20141026

  • 最終更新:2016-11-04 10:36:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード