発明

■発明について
目次

関連記事

日本から生まれる発明

情緒(じょうちょ) 2013-11-19 10:40:38

これから情緒の世界に入って行くということでした。むしろ、情緒を思い出せない場合は、ダメだと言うことです。
人類が世界を救うことが可能になるかどうかも、超太古の人類が持った情緒を「思い出せる」か否かに懸かっていると啓示されます。
神界の言葉=情緒、だったそうです。
人類は気付いていませんが、革新的な発明や知恵は、すべて良心の「情緒」から起こっているのです。

(中略)

今の日本人は、日本の古来の情緒を亡くして、外国の感情に「入り」つつあります。
これを引き戻せるのは、「人間の良心を思い出させる道徳教育」しか無いでしょう。

もし日本人が情緒を「思い出す」ことが出来れば、色んな発明が生まれ、国運が上昇します。


神様には勝てません 2012-06-04 10:14:55

天皇陛下の125代目とは、非常に意味が深いです。
125という数霊は、宇宙の長期周期における1つの区切りを意味します。
陰陽五行論から視ますと、12の小周期の5倍=60(還暦)が片道であり、その倍の120が1区切りですが、補正をした125が正確な区切りだと感じます。

つまり今の天皇陛下は、天皇125代の集大成の天皇であらせられるのです。
この125代の次は、また初代からの転写が始まります。つまり神武天皇の再来です。
神話では神武天皇の即位までに、これを助けた皇孫ニニギ神の「兄弟」の物語が在ります。(皇太子様と秋篠宮様への転写あり)
その過程を経て、未来に神武天皇の再来である天皇が登場するでしょう。これには、秋篠宮様の長男・悠仁親王様が深く縁するでしょう。

つまり伊勢神宮の生きた動向は、神意の意志表示であり未来を暗示させるものが在ります。
しかし、未来の日本が飯が食える国家であるためには、偉大な発明を産み出すことが必須です。
そのうちに必ず登場することでしょう。すべては順調なのです。



私が幻視する未来世紀では、ガンは今で言う風邪レベルの病気に成っています。
臓器ごとのガン病に合わせて、透明な液体(マリンブルー・透明な赤など)を飲むだけで、数日後には治るのです。
この仕組みは、そのガン病の原因菌に合わせて、殺菌剤を飲むだけなのです。
この発明は、日本から出るでしょう。



日本人だけが、中学・高校・大学と10年間も英語を学んでも大半の学生が話すことも出来ません。これは明らかに特殊です。
これは決して知能が低いわけでは無く、「日本語脳」という特殊な脳に原因があるからだと感じます。
外国人でも日本で生まれ育てば、日本語以外を話せない外国人に成ってしまうでしょう。
それほど日本語とは、特殊な言霊(ことだま)を発生させて脳を変化させる言葉なのです。

今の世界情勢を見ましても、ハングリー精神の強い国々に日本は敵いません。
しかし、他国には無い発明を産み出すのは、「日本語脳」であり大和の「情緒」(じょうちょ)なのです。
要は勉強でも、ガリベンは目先の点数を稼ぎますが、入試では別問題です。これと同様に、人類に大切な「別の」変化を起こさせることが可能なのは日本なのです。


成果主義から経験主義へ 2012-03-27 11:04:35

日本が繁栄出来たのは、多くの住民に「思いやりの心」が在ったからです。思いやりからのアイディアは、工業製品の発明や製造に繋がりました。
また、すでに見えない先祖や氏神を大切にする行事(お祭り、仏壇や墓参)が多いことは、国家の幸運にも繋がりました。
日本が見えないモノを無視し、住民から他への思いやりが消えるに従って、経済の下降と国家の不運が始まります。



去年の暮れから大雪が続いています。
大雪とは不思議なもので、北東方位に住むとされる鬼門金神(きもんこんじん。別名は国常立太神)が動き出す年は、必ず大雪に成るのです。
ナントカ豪雪と気象庁が呼んだ年度は、神界に動きがあった年と一致します。
その年度の特徴の1つとしては、使命を持った魂が受肉するという傾向があります。
暗い話が多い社会ですが、今年の日本には崇高な魂が多数誕生して、これからの世界を救うような発明や改革をする人間が生まれる可能性があります。
どんなに経済的に苦しくても、妊娠すれば出産を選択されることをお勧めします。
これからの日本は、経済(勝ち負け)への投資よりも、子育て・人材育てに投資したほうが国を救います。



要は、日本人の多くが心に内在する神に目覚めれば、多くの知恵と発明を出すことが可能なのです。
そして、大人同士が綱引きをしている最中に、それを止めさせるほどの発明か発見を見せなければ生けません。
イスラム教を起こしたのは、神剣を旗に持つスサノオ神です。
姉の天照太御神の言葉を、聞くことでしょう。
このためには、ニートや無職で苦しむ人々も含めた日本人の多くが、自分の心の神様を自覚する必要があるのです。


四股を踏む聖なる大地 2011-11-22 10:51:25

大地の割れ目からは、地球の息吹(神気)が噴出しているという思想が古神道には在ります。
太古から大岩の割れ目や、地底の割れ目を神聖な場所として考え、ヨリシロを置いてお祭りをしたのです。割れ目への信仰は、日本の女神信仰にも関係することなのです。
日本列島は、地球の四大陸の割れ目の真上に存在しています。だから日本列島は、産み出す母性の大地とも言えます。これからの発明にも関係します。



古来の日本神道は、大自然への「思いやり道」であったはずです。
これが人間への商売道に変わってしまいますと、国土の住民からも「思いやる心」が消えて行くのではないでしょうか。
もしそうなれば、工業製品からも思いやりの利点が消え、貿易赤字へと連動するのです。
また、色々な発明も、思いやりの心から生まれて「来る」と、私は感じます。
もの言わぬ地域の無人の神社を維持出来たのは、そこの住民に思いやりの心が在ったからです。
意外にも、この心が日本を裕福な貿易大国にしたと思います。


対話と雰囲気が大切です 2011-10-17 11:27:30

その国の雰囲気とは、国家の気を集めた土着神の神気とも言えます。
ロシアには、太古の時代から棲息する知恵深い黒龍がいまだにいます。地球に残る最後の大物の龍かも知れません。
知恵が深い黒龍の雰囲気を受けて、その国の一部の住民の知能と、その指向性にも反映するものです。
日本は、龍から鳳凰への進化が進んでいます。地を這う龍から、空飛ぶ鳳凰です。
日本の雰囲気は、これから空から見る視点が住民に反映しますから、色んな発明が民間から出て来ます。
高齢の大工さんが発明した、四連磁石による高効率の発電機の原理などのようにです。京都大学の博士が、まったく今までの人類になかった発想だと認定しています。


新しい子供たち 2011-04-16 11:39:27

日本人は、相手の気持ちに「成れる」人が多いと思います。
相手の立場を自分に置き換えることが出来るので、便利なサービスや発明を日本は生み出して来たのです。「思いやり」の心です。
逆に言えば、個人主義の文化では、サービスの低下や売れる品物が開発されにくい傾向があるのでしょう。
この原因は、他人の問題を自分のことのように感じる力の差だったのです。

  ――中略――

全体の事を思いやれる小学生が増えて行けば、日本からは凄い発明が産まれて発展するのは間違いないです。
「思いやりの心」がアイデア(愛dear)を生み出します。
このためには、今の大人から思いやりの心を大きくしなければ成りません。そのように進む気がします。



善良なる感謝の思いを持つ人は、まったく恐れる必要は無いです。むしろ日本の明るい世紀を待っていれば良いです。
どんな汚染にも影響されずに、老人も若返り始めることに「生きながらに」成ります。
私の脳裏には、大いなる遺伝子の進化と、革命的な発明を持つ明るい日本が観えています。
このカギは、3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養に在ります。これが強制で到来するとは、神意への畏れを感じています。


太陽 と 大ガラス 2007-06-04 20:01:50

6月1日より太陽黒点から発生する電磁波・霊光が一段と強く成っております。これにより、この現実界の霊的な曇りが段々と消えて行く様を感じております。隠されていた悪事が表面化して行くでしょう。また、日本からエネルギーに関する革命的な発明がされます。これにより、日本は無税国家に成れるほどの安定の道も見えます。日本の優秀な研究者は、部屋に篭るより伊勢に遊びに行きましょう。


発明が生まれる背景


日本人は太古から、自分たちの先祖霊を大切にする「祖霊崇拝・それいすうはい」という行為を大自然の中で綿々と行なっていました。
そこに伝来した仏教思想も加わり、先祖供養という形で更に強化されました。
つまり、日本が他国と違う大きな特徴の根底には、「遺伝子へのケア」が存在したということです。

これが色んな開発・発明へのインスピレーションを、遺伝子を通じて子孫に教えています。
外国人の方も、精霊が多い日本の地という土壌において、遺伝子へのケア(先祖への感謝・先祖供養)を行えばやはり変化します。



これからの社会生活では、
1.自分で頑固さを取り除き、
2.素直な視点を持つことが、
色んな社会的な成功や発見・発明に繋がると感じます。幸運への道を、自分に教えてくれるでしょう。
素直な気持ちは、因縁や霊障からも解放させます。取り憑く島が無くなるからです。また、臨機応変な心の柔軟さをもたらします。
逆に、頑固な気持ちは、色んな不幸や不運な現象を引き寄せますので注意です。



やはり、同じ期間限定(人生)ならば、今の苦境をも「楽しむ視点」が大切です。
これから関西に可能性を感じますが、これは何にでも「お笑いの視点」「笑い飛ばす」という土壌が在ることが大きいです。
発明も、楽しむ視点から産まれることでしょう。
そんな深刻な顔をしていないで、どうせ過ぎて行くならば、“良心に沿って”楽しむ視点が大切です。
すべてが思い出に成るのです。


関連コメント

発明が生まれる背景

日本人には古い魂が多いのですか?

。。。その魂+日本語、が合わさった時に、発明が生まれます。
日本語=プログラミングの起動言語。
2015-02-19 19:40:32


普通の方や先祖供養や感謝想起を心掛けている人の中で、過去に無い程の太陽電磁波を受ける事で脳が刺激を受け、凡人でもヒラメキやインスピレーションが増す事もある気がしたのですが、そういう事はあるのでしょうか?

。。。あります。
だから今から発明が生まれます。
2012-06-08 22:18:09


>「大人同士の綱引きを止めさせるほどの発明か発見…」
私たちの感謝想起は、顔も知らない誰かの発明や発見を後押しすることができますか?

。。。出来ます。
住民の感謝磁気の蓄積が、発明を立場の人間に降ろします。
2011-12-02 18:44:11


①混血は良くないのでしょうか。夫婦が愛し合っていれば、問題ないでしょうか。日本人にもいろんな人がいるように、外国人であっても、魂のレベルが高い人はいると感じます。

。。。そうです。
②なので、「日本だけは守られる」とブログに書いてあることに、複雑な思いがわきます。

。。。これは誤解です。日本は世界を助ける任務が在るということです。これが出来なければ、日本もダメです。
いろんな発明も出るでしょう。
2011-11-08 12:12:06


「・・・私の脳裏には、大いなる遺伝子の進化と発明を持つ明るい日本が観えています。このカギは、3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養に在ります。これが強制で到来するとは、神意への畏れを感じています。」の、「これが強制で到来する」という意味は、日本が「大いなる遺伝子の進化と発明を持つ」ためには、「3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養」が必要不可欠であるということですか?

。。。放射能で強制的にされます。
2011-04-12 15:27:59


その他

今日見つけたニュースです。「発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給--木下さん開発 /神奈川」 これって、「内在神への道」にあった、日本発のエネルギーに関する発明でしょうか?

・・・私が幻視したものに近いです。
各家庭に小さな箱を置けば、電気が供給されているのです。かなりコンパクトに改良されていくでしょう。
2009-03-21 14:28:01


①言葉の魂である言霊は、人々がその言葉を口にした時だけ力を発動させるものではなく、それ自体で独立した生き物なのですね。だからこそ、言葉を世の人々が使用したときの想念・感情の磁気が、その言霊に付着して蓄積されるわけですね。

・・・言霊の真相の一面ですね。

②そこで私が思い出すのが、「タイタニック」。過去タイタニック号と名付けられた物は、イギリスの豪華客船、ドイツの大型飛行船、アメリカのスペースシャトルと世界的に有名な3つの乗り物があります。いずれも大事故で崩壊。最初のタイタニック号の沈没の際に生じた多数の犠牲者達の恐怖や怨念の磁気が、タイタニックの言霊に付着したため、それ以降に使用された際は、その磁気が再生されて同様に大事故を起こさせたのが真相ではないでしょうか?

・・・これは有ります。フロイト・ユングもこの側面の1つを語ったに過ぎないでしょうね。
このリピート現象を誘発させるほどのエナジーを
正しく物理法則に反映させて認識されると、新しい発明への道もあるでしょうね。永久機関ウンヌン。
あなたのような統一論ができる学者に期待しますよ。
2009-02-07 20:17:08


2chログから
そうだね。 健康でオモロイことばかりで、イケイケ状態の人に 感謝 と言ってもピンと来ないかもしれないが、ただ、法則的にそのような状態は続きにくいです。
ただ、イケイケ状態でも感謝できる人間はいますよね、これは持続し成長します。

ただ、毒論で

この現実界に、これから全ての次元が融合してきます。
神界も地獄も・・・・・極端な犯罪も増えるし、新たな発明も出てきます。

もう、時間、時期が始まってるので、感謝 で武装しないと・・・・・・
2007-02-10 10:34:47


20141012

  • 最終更新:2015-05-21 23:36:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード