災害対策・防災意識(教訓・救命)

■災害対策・防災意識(教訓・救命)について  3.11での教訓、救命について
目次

【編集者注記】本ページは、十分な科学的根拠がないので、内容の判断は各自で行ってください。

関連記事

教訓

他人を見て逃げない危険 2011-10-03 10:29:50

報道番組の検証で、3・11大津波の襲来時に人々はどんな行動をとったのか?ということが追跡調査されていました。
とても不思議な特徴のある行動に、人々が同時に「縛られる」ことが分かりました。
これは心理学的には、「多数派同調バイアス」(majority synching bias)または「正常性バイアス」(Normalcy bias)と呼ばれます、外国でも発生している人類に起こる現象でした。
緊急時の人間は、非常呪縛(Emergency spell)と言う、集団で思考停止に支配されてしまうのです。

バイアス(bias)というのは、心理学的には「偏見」「先入観」「思い込み」などと定義されています。
特に災害や事件などの非日常の状況が発生した時に、集団で「思考停止状態」に陥り、避難のために、あれもこれもやらなければならないと思うほどに「優先すべき行動が混乱して、わからなくなってしまう」現象です。

(中略)

今では政府機関からも、大地震と大津波を「想定した準備」をすることを色んな形で発表されている時節です。
これから目をそらさそうと誘導したい心理は、多くの犠牲者が実際に出ることに繋がるでしょう。

集団の同調催眠に掛からない意識を持つ人が、これから増えて行かなければ生けません。
ナントナク危険を感じる能力です。これには、
1.素直な意識で、他人を見ずに、「報道される情報」や「今の状況」を“自分で”分析する気持ちが大切です。
2.普段から自分の手で、感謝の先祖供養(遺伝子へのケア)をすることです。
私は、これが最重要だと本当に思っています。最後の一線を分けるのは、その時の縁と運気なのです。
ナントナクを感じられるのも、遺伝子(先祖)の働きを活性化させておくことが大切なのです。
これは普段から、「先祖(遺伝子)へ感謝の気持ちを向けていることで活性化が起こります」。
間違った方法(供養)では、活性化どころか、停止が起こります。


地震と今後の対策 2 2011-03-12 10:39:25

地震の警戒と言いましても、仕事や生活をしていますと、何も出来ないものです。ただ、今の自分が居る場所、今の自分が立っている位置と周囲の品物や構造の柱・壁との位置関係だけは常に認識しておいてください。
グラッと来た時は、何が倒れてきそうか?何が落ちて来る位置か?だけを常に想像しておけば良いです。
広い空間の部屋では、中央に居るよりも、壁や柱の2~3m前後の位置に居るほうが、部屋が圧縮された時にわずかな空間が出来るかも知れません。壁に近すぎてもダメです。そのような位置関係を絶えず認識しながら生活しましょう。

自分の右足の甲の中央あたりや、右腕のどこかが、脈打つ感覚を覚えた時は、周囲の状況と位置を確認しましょう。
運転中ならば、広い場所があれば一時的に駐車すれば良いです。
肉体の左半分は、違う次元の様相が反射されますが、右側は現実界の近い時間の出来事の反射を受けます。


地震と今後の対策 1 2011-03-11 23:05:02

今週の3月7日の月曜日に書きました地震対策
(【備えあれば心配なし 2011-03-07 12:04:35】)
などの事前の告知は、日本人の不要な心配の思いの磁気が、2次災害を引き起こし、過大な災難を新たに創造することを、神示は懸念していました。だから、慌てないことが大切です。

ここは、過去記事で告知されたことを、いつもどおりに実践して行くことが、大難を小難にします。
たんたんと、対応して行きましょう。そうすれば、絶対に大丈夫です。

救命スポット

三角形の救命スポット 2011-04-17 09:31:39

防災意識と言われましても大地震の時には、いったいどう動けば良いのか?
という対策を考慮している時に、読者からアメリカ・ハワイ州で公布されている地震の時の対応マニュアルを知らせて頂きました。
これを簡略化して説明します。

アメリカン・レスキュー・チーム・インターナショナル(ARTI)、隊長ダグラス・コップ氏:
「私は、これまでに60カ国で875軒の倒壊した建物にもぐり込み救命活動した経験があります。すべての大きな被災地の現場で目撃した結果、地震の際の最も安全な地帯は、三角に空く隙間だという事です。」

(中略)

机の真下よりも、固くて「背が低い家具」の横が良いのは勉強になりました。
このような事を「知っている」だけでも助かります。
とっさの時は、なにげない初動作が運命を分けます。三角形の空間を意識して生活をしていれば大丈夫です。
太陽黒点の100個超えと、太陽フレアが発生しています。(http://swc.nict.go.jp/sunspot/
つまり、太陽からの強い電磁波が地球に放射されています。これと地下の地磁気が反応する時に、地震の発生に繋がると私は考えています。
余震が継続していますので、防災意識を持って今の生活を楽しんで生きましょう。


20140921

  • 最終更新:2015-06-16 22:41:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード