災害対策・防災意識(想定:防災品)

■災害シミュレーション(防災品)について
目次

【編集者注記】本ページは、十分な科学的根拠がないので、内容の判断は各自で行ってください。

関連記事

備えあれば心配なし 2011-03-07 12:04:35

スサノオが詠んだ日本最古の和歌とされるのが、
「八雲立つ  出雲八重垣    妻籠みに  八重垣作る    その八重垣を」
(やくもたつ  いずもやえがき  つまごみに  やえがきつくる  そのやえがきを)

この歌は、スサノオがヤマタノオロチという「八つの頭を持つ大蛇」を退治した後に、その時に助けた「大蛇に食わすためのイケニエの女性」(スサノオの子供を妊娠していました)と共に住もうと決意して、宮柱(みやはしら)の太い家を造った時に詠んだ歌だとされています。

(中略)

問題はいつ発生するのか?どう対策をすれば良いのか?
それは、スサノオが詠んだ歌にヒントと対策が「込め」られています。
八雲立つ時、つまり八色のような明るい雲が出始めた時は注意です。これは、地下に帯電する地磁気が巨大に成った時に、雲に地磁気が反射して虹のような色が付きます。
そして地震発生のスイッチは、気温差が出た時です。
雪が降るような低温の後に、急激に15℃以上も気温が上昇した時は、注意をして置けば良いです。

そして、地龍を鎮める対策は、妻や子供、つまり縁ある弱い立場の他人を守ろうとする人間の磁気が、大地龍の地磁気を地上から打ち消す唯一の方法だとスサノオは歌で示しているのです。
地下の地磁気を、地上からの人間の愛情磁気で昇華できるという、トンデモナイような未知の科学理論を示唆した歌なのです。今の科学者は、笑うことでしょう。
でも、人間を発生させる神の視点では、これは真実なのです。
逆に言えば、これは非常に恐ろしいことをスサノオは示しています。つまり地上に住む人間が、弱い他人への愛情を失った時は、覚悟をしておけということなのでした。
だから普段から、家族や縁ある人を守るために、いろいろな準備(これが八個以上)をしていれば、大難は小難に済みます。
八個は、生活の必需品を想像して、普通に準備と対策をしていれば良いだけです。


関連コメント

私は防災用品等をこれまでほとんど手配できておりません。暮らしむきがやっと微々たる変化ですが落ち着いてきたので、できるものから手配したいと思っています。今この時期に優先してそろえておくべきものをご教示いただけますでしょうか?ちなみに住まいは東京、築年数が古いコンクリマンションの2階です。
1.やはり蒸留水器
2.食料、水
3.寒冷低温対策
4.水害対策(ライフジャケットなど)

。。。2,3

寝袋があると、行動が広がります。室内では節電も出来ます。http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html参考にしてね。
2012-03-27 14:12:48


ローンがすごく抵抗があって、やはり、あるお金で一括で買いたいと思うので、寝袋、浄水器、空気洗浄機、何からがいいか知りたいです。

。。。無理して買うことは無いです。
縁に任せて、寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしながら、静観していきましょう。

先祖供養が最強の防災意識を呼びます。
2011-05-12 19:07:10


20140924


  • 最終更新:2014-09-24 21:56:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード