正中

■正中について
目次

関連記事

自由に線が引けます 2012-02-14 10:36:36

上の図形は、陰陽太極図(いんようたいきょくず)です。
超古代の日本神道におけるイザナギ・イザナミ(アダムとイブ)という陰陽の夫婦神から、この世のすべての神々(物質も)が発生したとする真理が中国大陸に伝わり、これが道教(どうきょう)の陰陽思想の元となり太極図を生み出しています。
日本の古墳から発見されます勾玉(まがたま)は、胎児でもあり、陰陽の太極を表現しています。

(中略)

神示によりますと、この図形のどこでも良いから1本の直線を引けと示されます。
例えば横棒を1本、適当な位置で引きます。
すると、どの位置の線でも白黒の割合(面積も)が違います。
しかし、丸の「全体」では、白黒の比率(面積)は同じなのです。

(中略)

問題は、1本の線(人生)の引き方です。
白黒のどこに線を引くのかが自由であり、今生の努力で引けます。
答えは、必ず中心を通るように線を引くことです。中心でも偏(かたよ)りが生じますが、面積的には等分に近付きます。

これは、釈尊が仰った中道(ちゅうどう:かたよらない気持ち)の視点の大切さ、古神道における正中(せいちゅう:神気は正面の真ん中を歩む)などに示唆されています。
ここに幸運の秘訣があります。
この世では、生きていれば色んな悩みが発生するように出来ています。
迷った場合は、偏らずに冷静にその真ん中を歩むように静観する視点が大切です。


心の安心を守ること 2010-09-22 10:55:50

節度とは、行き過ぎの無い適当な程度、と言う意味です。つまり仏教の中道(ちゅうどう)であり、神道の正中(せいちゅう)でもあります。
自分の嫌な感情は、自分の物であり自分の勝手だとして、暴走させてはダメなのです。そのうちに本当に分離して、自制が利かなく成ります。こうなると心身症の始まりです。
少し嫌な芽が出てくれば、自分で「生かして頂いて ありがとう御座位ます」と思いながら、刈り取っておきましょう。


生まれた時点で祝福 2010-09-03 10:23:11

よく掃除された神社の参道を歩く事は、とても霊的な浄化の過程であり、すでに最高の御祓であり、とてもスピリチュアルな事なのです。
良い神社ほど参道は長いものです。ただ、ムダに歩かせている訳では無いです。
参道の正中(せいちゅう:道の真ん中)を「意識して」歩くことは、無言の教えに満ちています。釈迦が達した悟りの精神である中道(ちゅうどう:すべてに偏らず、執着しないこと)と同じ意味が在ります。
真ん中を見ながら人生を歩いて行くのが、その人にとって結局は最善であり、幸福への最短となります。
真ん中ではおもしろくないと、極端を目指すのも良いですが、それは継続はしないのです。
(参道は正中を意識しながら、参道の片側の幅の中を歩きます。正中の真上は歩きません)


かた寄らない視点 2010-08-05 11:23:40

ただ、太陽を見ますと、昼間と夜の長さが、絶えず変わって行きます。
つまり人生にも、見える事を重視して懸命に頑張る時と、見えない事を思いやって休む時が必要なのです。

ー中略ー

見える事を大切にし、見えていない事も大切にする、すべてを公平に考える正中(せいちゅう:真ん中)な生き方が、神さまに向かう生き方です。


リーマン体操と祓い 2010-07-06 11:27:50

昨日の入浴前に、いつものリーマン体操(【凝らないように注意 2010-04-10 10:42:52】)を集中して燃えながらしていました。
実は、これには書いてない運動がありまして、
腰に手を当てながら直立します。
そして、片足だけを半歩、前方に突き出します。そして、引き戻します。
今度は逆の足を半歩、前方に出して、また引き戻します。
だんだんと、突き出す片足の歩幅を出来るだけ広げて出します。
戻す時の足運びも、丁寧にします。
これをゆっくりと繰り返します。慣れない内は、体のバランスが崩れるでしょう。体の正中(せいちゅう:神気の通り道)が整って来ますと、一連の動作は美しい物と成ります。
いきなり急に運動しますと、足のアキレス腱を痛めますから注意してください。



歩く場合でも、両腕を正しく同じ振幅で動かすだけでも、背骨と骨盤を伸ばし正す効果が有ると感じます。
片腕だけを振って歩きますと、やはり偏った負荷を背骨に掛ける感じがします。背骨は、神社での正中(せいちゅう)に相当し、神気の通り道であり大切です。
両腕・両足を規則正しく動かし、足の親指を意識して歩くことが、その人物の正中を形成させると感じます。



神棚や寄り代(短冊や位牌のこと)、祭壇などの正面中央は、霊道(れいどう)と言いまして、神気や霊の通り道が存在しています。
参拝する時に正面中央に居ることは、肉体がこの通り道を塞ぐ形に成りますので、中央を外すのが望ましいです。
特に外に在る公共の神社や祭壇では、大きな霊道が正面中央に存在していますので、外した方が無難です。かぜ気に当たる様な、霊に当たる現象に成るからです。
自宅内では場所が狭いので、参拝や供養する時以外は意識しなくても大丈夫です。供養する時に、縁ある霊が寄るからです。

関連コメント

リーマンさん確認ですが、供養のテーブルは、神棚の手前と言うよりも、正中を外した手前である事
が重要なんだと思っていましたので、神棚に向かって、正面外した、左側でしておりますが、神棚正
面は不敬にあたると理解していて良いのですよね

。。。違います。供養台は正中でも問題は無いです。
参拝者が正中をハス゛します。
正中は霊と神気の通り道です。
2010-12-02 21:37:17


中国でも拳法の達人が、相手にちょっと触れるだけで何メートルも吹っ飛んだという逸話がありますが、
この方たちも内在神をそこまで成長させた方々だったのでしょうか?

。。.関係ないですね。
武術は、身体の正中が確立し、腹式呼吸をマスターすれば、出来るものです。
2010-10-31 22:52:32


奈良の古来の大工道具を 見て見ますと 真っ直ぐ研ぎ上げています。
しかし 練習してもなかなか 真っ直ぐ研げません。

。。。ヘソ下の3cmを意識した腹式呼吸で研いでいます。
肉体の正中線を意識して研ぎます。
左右どちらかにずれますと、偏ります。
2010-10-08 16:03:09


正宮の参拝を終えて、向きを変える時に 正中を通ってしまいます。よろしいのでしょうか?

。。。問題は無いです。
2010-09-09 19:49:02


内宮以外の神社は左側通行でいいのでしょうか?

。。。神社の指定がなけれな左です。
日本は左側通行です。
狭い場所では、臨機応変に。正中を外せばどちらも問題は無いです。
2010-09-06 16:53:19


鳥居のくぐり方は、先の記事のように正中をはずして左を歩いて、鳥居の手前で一回、くぐってから一回、
三角を意識してしました。
この方法でよろしいですか?

。。。はい。
2010-08-12 19:16:53


短冊の台の上方に神棚をおき 北を向いてお祀り お線香をしています。
この部屋は私の寝室で 私は西を頭に東を足にして 短冊のある台に平行に寝ています。
神棚と短冊の正中に 私のお腹辺りがきます。これは 避けるべきなんでしょうか?

。。。北枕に出来ると良いね。
2010-08-04 14:27:50


以前、正中を意識した方が良いとの話がありましたが、それは人だけでしょうか?
正中の位置に大きな物とかあったら通り道を塞ぐ形になっちゃいますか?

。。。鬼門の玄関は、通路の正中に植木を置くのも良いです。
2010-07-28 20:29:19


リーマンさんはヒメ神社で参拝する時に、お払いを受けている方からの霊的穢れが来ないよ
うに注意しているとのことですが、注意するとは、どうやって注意したらいいでしょうか?

。。。お祓い中は、正中から離れた、端の方で参拝します。
穢れも正中を走ります。
2010-06-02 13:13:40


1.神官に導いていただく御垣内参拝のときも意識して正中を外すようにするのだと思いますが、
一人のときはできても数人で並ぶような形のときは難しいです。自然な流れに従ったのでいいですか。

。。。自然で問題は無いです。

2.神社の末社によくある一社に三柱の神様が祭られているのお社の正中は真ん中の神様のところですか。
両端の神様のところにもそれぞれありますか。

。。本殿全体の真ん中が正中です。
2010-05-24 16:41:42


今、位牌で供養させて頂いてます。位牌は祖父の意向で、仏壇の、向かって左手奥の一番高い所に有ります。
奥の真ん中は仏壇の仏像があり、右手奥に個人の位牌が幾つかあります。

。。。仏壇の真ん中が正中です。
30cmぐらいどちらかに外します。
2010-05-22 23:08:46


リ-マンさんは正座して供養・参拝をされていますが、水交換は正中を外しどのようにされていますか?

。。。交換は正面からです。

供養も一人でしますと正中を外すと斜めから線香を立てるようになります。
少しやり難いですがそれが宜しいでしょうか?

。。。はい。
2010-05-20 15:51:57


自分の良心と自我の区別がよくわかりません。また、自分供養の際も中央ははずしてしたほうがよいでしょうか?

。。。良心=他への思いやり、でも良いです。
正中は、どちらでも可。
2010-05-20 15:02:31


神棚の正中のことで気になったので、質問です。
我が家の神棚はちょうどトイレの正面に位置していることに気づきました。
リビングの入り口のドアをしめれば見えませんが、開けていることも多く、トイレを開けると神棚が見える状態です。

。。。問題は無いです。
2010-05-20 14:33:37


神前で正中は避けるとのことでしたが、正面下方に入ることはどのように観じますでしょうか。

。。。正中下方だけ避ければ良いです。
30cmも正中よりずらせば良いです。
2010-05-19 22:16:32


巫女さんが上手から下手下手から上手に移動される度、真中で膝を折る所作をされるのがとても印象に残っていました。
これは正中なので礼をされている所作なのでしょうか?

。。。そうです。正中での礼儀です。
2010-05-19 18:48:49


毎回供養中、どうもご先祖様は背後から来るような気がしておりまして、もしかしたらよほど辛いご先祖様は短冊が
見えず、ご先祖様からみて短冊の前に座っている私のせいで私に寄ってしまっているのかもしれないと、ここ一週間
ほどは短冊の高さを元にもどし、正面から少しずれたところに座り、短冊が見えやすいようにして供養しております。
それからというもの心が晴れ晴れし、安心感もありますが、この正面からずれて座ることはご先祖様に対して失礼で
しょうか?供養が届かなくなってしまったのでしょうか?

。。。大丈夫です。正中を外したからです。
2010-05-19 13:45:37


鳥居でのお辞儀の仕方なのですが、一人だと3柱にとなりますが、母を連れ一緒に立つと4柱になるので、
やはり出来るならば一人ずつ立ってお辞儀をした方が宜しいでしょうか~?

。。。二人で並んですれば良いです。ちょうど正中が外れます。
2010-04-12 14:07:00


20141222

  • 最終更新:2015-06-12 22:25:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード