未来の医療

■未来の医療
目次

未来の医療

関連記事


つまり自然界の菌とは、生物としては人類の数万倍以上の長い歴史を持つ生き物であり、大先輩なのでしょう。
自然界の菌が、人間という生物を「養殖している」のではないか?という錯覚さえもします。

だから人間が病気に成るのも、菌が左右していると感じます。
ガン病にしましても、嫌気性(空気が不要)のウイルス性の体内菌ではないか?という視点を持つ研究者が増えつつあります。
その場合、従来の治療法が根底から方向が変わるでしょう。
私が幻視する未来世紀では、ガンは今で言う風邪レベルの病気に成っています。
臓器ごとのガン病に合わせて、透明な液体(マリンブルー・透明な赤など)を飲むだけで、数日後には治るのです。
この仕組みは、そのガン病の原因菌に合わせて、殺菌剤を飲むだけなのです。
この発明は、日本から出るでしょう。



未来の医療革命は、善玉菌による治療から始められる可能性を感じます。
つまり、腸内地図を解明して、臓器のガンが発生すれば、その臓器に連動する腸内の箇所に作用する善玉菌を投与するわけです。そんなイメージが浮かびます。


鏡の世界とは反射の世界 2011-11-11 10:00:55

これからの最新医療は、遺伝子の治療がカギと成るようです。
肉体を切ったり除去したりせずに、病人の遺伝子を治療することで、根本からの治癒を起こさせるのです。
私は、感謝の先祖供養こそが究極の遺伝子治療だと感じています。
なぜならば、その遺伝子自体が発生する以前に干渉するからです。
遺伝子が物質として発生する「閉じられた環境」=「命の流れ:家系」に存在する、アル欠点が遺伝子に反映されて生命が誕生しています。
その欠点の正体は、過去に生きた先祖の「無念」や「他人を傷付ける思い」が、遺伝子に反映して遺伝子を傷付けると感じます。
これを感謝の思いで「上書き修正」してあげますと、遺伝子の改善が起こるのです。


善玉菌は、神の代理です 2010-12-11 10:58:36

未来の医療革命は、善玉菌による治療から始められる可能性を感じます。
つまり、腸内地図を解明して、臓器のガンが発生すれば、その臓器に連動する腸内の箇所に作用する善玉菌を投与するわけです。そんなイメージが浮かびます。



未来社会で霊的磁気の本性が解明された時、現代の社会で行われていた有料の霊的治療や霊的組織が、本当は個人の生命力を減退させて、個人の霊性を後退させていた事が、過去の事実として語られるでしょう。


関連コメント

シェーングレン症候群にかかってます。(現在は対処療法しかない難病です) 2001年の文科省「未来技術の実現予測」によると「2021年に自己免疫疾患が完治可能になる」とされています。その頃には治療できると思われますか?

。。。はい、遺伝子治療で変わります。
2013-11-25 13:30:01


人類の一番最初の血液型はO型だと?これは本当ですか?O型は、他の血液型の人にも輸血が出来るし(Rh+Rh-関連は気をつけないといけませんが)、なんとなく納得はゆくのですが・・・ 

。。。未来は、たった数種類の血液型は意味が消えて、遺伝子型での判断に変わります。
2013-06-17 14:26:14


過去に書かれた文に(うる覚えなのですが)「ある病は未来に、切断手術に替わり色の付いた菌(善玉菌だと思います)を飲む事で改善される。青、緑」だった記憶です。菌は海の物、土の物、体内に居る、が存在すると思うのですが、すでに食材の中に存在する菌のことでしょうか?
1 すでに存在する。色付きヨーグルト等
2 色の付いた食物にある。野菜、果物等(土より上に育つ物)
3 色の付いた根、根菜類にある。紫芋など。(土の中で育つ物)
4 色の付いた海の物、海藻など。
5 味噌など発酵したもの
6 それ以外。新しく開発されるもの。
7 病によって色は変わる。

。。。6・7
遺伝子治療、IPS細胞の治療が関係します。
2013-01-17 15:43:31

ーーーーーーーーーーーーーーーー
>。。。6・7遺伝子治療、IPS細胞の治療が関係します。

色が関わるのは驚きと感動です。色は何色でしょうか?

1,難病、治療が無い○○病も同じく遺伝子治療、IPS細胞治療が関係して治るようになる。
2,色は赤
3,色はオレンジ
4,色は小豆色
5,それ意外、たとえば具体的に何色でしょう?

。。。1
2013-01-17 20:45:36


私は同性愛者ですが、好きになる対象は「必ず」肉体的に逞しいスポーツマン系の強い男性で、しかも「男役」の人なのです。

。。。脳の問題です。
未来には、脳を刺激してホルモン分泌が変わり、異性への嗜好も変更できます。
2012-04-21 15:40:26


自分の心が菌種を決めています 2012-01-13 11:22:33】の記事に、「長い腸において、腸のアル領域が肉体の機能のアル部分の運命を握ると示されます。これを細かく分析すれば、脳のように腸内の働きの地図が出来るわけです。」とありますが、これは既に分析されていますか?または各臓器に作用する善玉菌が明記されてる資料等ありましたら教えて頂けないでしょうか?

。。。これは未来の医療です。まだないでしょう。
2012-01-13 16:43:38


20140810

  • 最終更新:2016-04-06 15:56:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード