■暦について
キーワード 「六曜」、「ろくよう」、「三隣亡」、「さんりんぼう」、「二十八宿」、「にじゅうはっしゅく」
目次

関連記事

原点は強いのです 2010-03-21 11:43:55

春分の日は、暦の上での太陽の角度(緯度と経度)を0度と見なす日でもあります。つまり、「始まり」の日でもあります。
このような太陽の記念日に、先祖霊への思いを向ける事は大切です。ただ、従来は先祖の墓参りだけが強調される風潮がありますが、本来は太陽に感謝を捧げる日でもあります。つまり神社の参拝を行うのも意義深い日なのです。


節分は太陽信仰 2010-02-03 11:28:00

節分=太陽信仰だと言う事なのです。
神界でも重要な節目と切り替えの時が節分だと感じます。
冬至(12月23日頃)に生まれた太陽の体勢が整い、いよいよ本格的に活動をし始める時が節分です。節分を境に、自然界の植物も春分に向けて活動を実際に始めます。
神界では、隠れた「陰の正月」が冬至であり、作用を始める「陽の正月」が節分だと言えます。とても重要な時です。
そして現実界では、この神界の2つの正月の間に、現実の正月を祝う行事が転写されているのです。


ククリと始まり 2009-09-10 10:23:51

地球全体レベルでの天体の作用は、まだ機能しています。
しかし、天体の動きや暦から判断する個人の占術は、もう既に完全に崩壊しています。全く参考にも成りません。むしろ出された占いの逆をした方が良いくらいです。お金を支払ってまでして、判断を迷わす情報を聞かない方が良いです。せっかくの機会を躊躇して逃す事にも成ります。
昭和の幽界が強い時代までは、天体と暦と言う地球統一の規格の枠に、全ての人間の運命を無理やり当てはめてこじつける概念が、数千年間にも渡り幽界に「霊的磁場を形成」していました。
「当たる」と言う脅迫概念が幽界から作用して、指摘された方向に相談者を誘導したのです。
真相は、本人の運命では無く、型に誘導されただけです。
個人に干渉して先行きを左右しているのは、天体よりも心の世界に切り替わっています。


関連コメント

年4回の土用のときに土を掘り起こしてはいけないということはどうしてでしょうか?特に7月は良くないとの事ですが?

。。。鬼門の安息日であり、土を動かすのは、鬼門をたたき起こすので注意が大事とする日です。
2014-04-21 17:23:20


暦は「関係無いです、全くのでたらめ」とお書きになっていますが、土用もその様に考えていいでしょうか。普請関係、土地をさわる事等土用はしてはいけないと頭に叩き込まれています。

。。。信じる地域では守ることです。
そのような恐れの磁気があります。
2012-07-14 22:45:43


友引や仏滅にお通夜やお葬式をしても問題はないのですか?

。。。関係ないです。釈尊も知らない日付です。
2012-04-15 14:23:47


質問なんですが大安や仏滅 また二十八宿、三りんぼうなどの暦は機能するのでしょうか?

。。。関係ないです。
仏滅はお得な日です。

釈尊が聞けば、呆れる暦です。
2012-02-20 19:05:55


お盆についてお聞きします。当地は新暦です。しかし今のほうが霊的に重要な時期なのですね。
たくさんいらっしゃるご先祖様全員が、あの世で新暦と旧暦の区別をつけていますか?
新暦で先月帰ってきたご先祖様は、今の霊的な時期(大多数が移動する中で)ジッとしているのですか?中には旧暦しか知らないご先祖様もいると思うのですが。

。。。人間の暦は関係なく、過去の滅んだ文明の反映で、日本霊域では8月のお盆に大きな霊道が開きます。
2010-08-15 15:56:12


易学、星座占い、方位学などはもう当たらないとのこと。暦の六曜の大安や仏滅、友引、先負、先勝、赤口などはまだ機能しているのでしょうか?

。。。まったくのデタラメです。
結婚式は仏滅が安くて良いです。
2010-02-01 00:16:32


前から思っていたことですが、常識、非常識は人が決めたことですよね?たとえば、お日柄など、仏滅に結婚式をしたり、病院にお見舞いに行ったりすることは、そんなに非常識なことなのでしょうか?友引にお葬式をしてはいけないとかも、霊的に意味があるのですか?

・・・それらは、意味ないです。
2009-06-11 19:20:29


六曜(大安とか仏滅とか)は、何か意味があるのでしょうか?それとも占いの類とみるのでしょうか?

・・・全く意味もないし、霊的効力0です。
2009-06-08 11:14:39


20140621

  • 最終更新:2015-02-26 22:12:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード