日本語(同音異義語)

■日本語(同音異義語)について
関連項目 日本語
キーワード 言葉あそび アナグラム
目次

関連記事

霊体はウソをつけません 2010-04-13 10:52:12

昔から日本語で「人でなし」と言いますが、これは本当の事なのです。
罪深い有料先生の場合は、生きながらにして肉体の動物形象への変容が始まる場合があります。昭和の有名な教祖の末期には、死ぬ間際は四足での歩行を御殿の中で好んでしていたとか、大蛇の様に体全体をねじる動きを睡眠中にしていたなどの逸話を幹部から聞いています。



私は仁義(じんぎ)と聞きますと、日本語の音の神秘性ゆえか、=神祇(じんぎ)と浮かびます。
神祇とは、天(=天津神)と地(=国津神)の神々の事です。
「仁義を切る」と言いますが、これは「神祇(神様)への挨拶アイサツをすること」と感じます。
アイサツとは、神様と「向き合う事」です。要は、これだけで十分なのです。自分の生活の中で神様にアイサツをする。これが本当の信仰の姿です。アイサツをする事に、変な見返りの期待をしてもムダです。


般若心経 後編 2008-01-19 19:25:16

般若心経は、人間の心の本心を燻り出させるものかも知れません・・・・。
今回、鳩摩羅什のリーディングを行った過程で、彼の過去生が提婆達多(だいばだった)の因縁を有していた事は、意外でした。 また、日本では、恨みの念に凝り固まった顔相を般若と呼ぶのは、偶然ですが日本語の不思議さを感じます。


御水は大事です 2007-11-12 19:08:36

水は、水素と酸素で構成されています。
スイソとサンソ。 最初に来る音は、ス と サです。 スサ。
水は、スサノオの働きそのものです。この日本語の言葉遊びは、馬鹿に出来ません。
太古には、日本語の秘密の言霊を発声することで、天地自然に作用させました。
日本語は、神界から降ろされた発音が、基本に有ると感じます。
ヘブライ語と日本語との間に、異常に多くの共通音が存在することは、興味深いです。


関連コメント

人は死ぬ時胸の辺りから重さにして2.5グラムくらいの球体の球みたいにして魂が肉体からポンと抜け出ると聞いた事があります。これって、本当なんでしょうか?
リーマンさんのおっしゃる「内在神」を健全に発露して生きぬかれた方は胸の辺りからスポンと抜け出せるけれど、そうでない人は肉体から抜けだす時胸から抜けだせなくて、苦しみながら出て行くので大変なんだと。真実はどんななんでしょうか?

。。。未練があると、その様に、切れが悪い、と言うことはあります。
引きずる。。。。日本語は深淵です。
2010-03-09 14:04:48


必ず死ぬことに思いを致し、それを実感することによって産まれる力が『必死さ』なのであろう

。。。「必ず死ぬことに」=必死。日本語の深さは、深遠=神縁ですね。
2010-01-01 18:20:51


また日本語で数字「十」を「じゅう」というとユダヤのことになって襲われたらいけないので現地では「とお」ということになってました。

。。。十は、天照太御神の神霊数です。
ユダヤとの関係を示唆するのは興味深いです。
16弁菊の形象は、ユダヤ教、皇室ともに使用します。
とお・・・遠。 離れる。
2008-10-21 23:17:58


20150112

  • 最終更新:2015-01-14 16:06:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード