日本語(使用言語と供養)

■日本語(使用言語と供養)について
目次

関連記事


自分が理解できない、数珠繋ぎの発音を唱える事は、傍から見ていると滑稽なことです。よく親しい外人に、悪い日本を逆の意味で教えて悪戯をする人がいますが、それと同じ様なものです。
鳩摩羅什(くまらじゅう、御経の作者)は、笑っていることでしょう。

霊に伝わるのは、生きる人間からの気持ちです。
自分が理解している言葉で、心から捧げる内容が自分の意識に乗り、意乗り=祈り、となり霊に届きます。


現状への感謝 2007-09-08 09:46:22

最後には、外来語の経文では無く、死者にも理解できる、日本語の感謝を捧げて下さい。
これは、祈りを捧げる人が、1番理解している言語が良いと言う意味です。唱える人の、理解・認識が霊界へ言語を介さずに直接、伝わるからです。
供養の真相は、読者が捧げる最後の感謝心が、霊界へ作用して、本当の供養に成ります。


関連コメント

祖母の苦しみが自分の所に来る様にイメージしました。握手し「生かして~」を思い、話を聞いてました。
その事は、祖母に影響無いでしょうか?祖母に霊的垢を付けてしまったでしょうか?線香供養で(垢ならば)消せますか?

。。。感謝供養3本をしていれば問題なしです。
生かして頂いて ありがとう御座位ます
は、呪文ではありませんから、心配なきように。
感謝を現す、ただの日本語です。
2009-02-06 14:59:28


この相対世界にあって、光は闇があって光なのです。
ならば、生かして頂いて ありがとうございます」もまた
「生かして頂いて ありがたくない」生かして頂く価値のないがその根底にあることは、誤魔化しようがありません
やはりこの言霊を唱えることは、潜在意識にその対象の「生かして頂く価値のない」を記録することになる事実は間違いないと思いますが、いかがでしょうか?

。。。生かして頂いて ありがとう御座います
は、音が大事なのです。意味が分からない、外人でも効果があります。
外人の方は、自国語で訳した、この言葉の後に、
日本語でも続けて、発音すると良いです。
言霊とは、そういうものです。
2007-10-24 22:16:36


2chログ
いやあ、そのブログには驚きましたね。

「ありがとうございます」

これは正確には  ” ア リンガ トウ ” だと感じますね。 
リンガとは、ヒンズー教では、 男根、繁栄 を現し シバァ神 を指しますね。
私も、 言霊として 生かして頂いてありがとうございます を捕らえます。
日本語を知らない外人の方にも、作用します。 この音調が大事です。
2007-04-04 20:14:30


20150115

  • 最終更新:2015-01-15 21:31:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード