日本・世界の近未来像

■日本と世界の近未来について  関連項目 宇宙
目次

日本と世界の近未来

関連記事

人間の遠隔誘導技術 2015-03-27 11:02:36

さてここで話を変えて、未来のSFフィクションを書いて置きます。
それは「人間の遠隔誘導技術」についてです。
ロシアの神秘家・グルジェフは、ピアノの鍵盤のキーを叩くだけで、その音階に合わせて人間を自在に動かす誘導力を保持していました。どんなに本人が抵抗しても、肉体が反応するのです。

近い未来では、これが完全に技術化されています。
電磁波の特定のある周波数に、人間の脳を支配する領域が発見されます。
そして、この周波数に命令信号も同時に乗せることが可能であることが分かります。
初期の技術では、特定の支配したい人物がいるとしますと、その特殊な電磁波を受信する小さなカプセルを食品と共に呑ませるか、その人物が携帯するカバンなどに仕込みます。
これさえ出来れば、離れた国からでも遠隔で人間を完全にコントロールする技術です。
更には、携帯電話を持っている人には、カプセル無しでこの遠隔誘導が可能になります。



電磁波1つの真の正体を解明するごとに、
並行する多数の宇宙・次元の存在、死後の世界、
超・高速移動の手段、
医療と寿命に関すること、大自然の創造、月などの衛星の正体と操作、・・・・・
などがページをめくるように解明されることを予言して置きます。
今は、電磁波という名前を知っているだけなのが、人類の段階です。

電磁波こそは、万物の基本に隠れている「波」であり、単純な存在です。すべては電磁波で創造が始まります。今もです。
そして、私たちの「思い」と言葉(言霊)が、電磁波を生み出して「知らずに」操作しているのが真相です。
まるで子供にピストルを持たせている状態が今の人類です。だから知らずに自分の「思い」により、自分も他人をも撃っています。非常に危険な状態です。このままでは絶滅しかねません。

そこで、コノ世の最高の思いは「感謝する思い」なのです。この思いを持つことで、自分の環境の創造が始まります。
これに知らずに気付いている人が、幸運な状態を自分で実現すると言えます。しかし、真理の仕組みに気付いていないために、安定性に欠けます。
自分の先祖(遺伝子DNA)に日々感謝することなどは、どの視点から観ましても最善であることは間違いありません。



要するに、「コノ世とは身近な別の世界からの反射で出現している」という仮説です。
10次元などの高次元からの反射だと仮説されますと、神とかの存在も考えてしまい、理解はそこで止まってしまうでしょう。
しかし、そうでは無くて、「より身近な並行する世界からの反射」である可能性が、日本人によるエネルギーの数値データから予測されたのです。



実は、神話に登場する八百万(やおよろず)の神々も現代社会にその多くが転生しています。今の若者の中に混じっています。

この若者たちが、日本を助けて、世界を救うことに成ると感じます。
時間が区切られた、この7年間に日本はより進化をしなければ生けません。
そのためには、「日本国内で収益を上げていながら」、日本が困る方向に嬉々として誘導するような報道機関が無くなることを希望します。国民の命を危険にするのは、誘導的な報道なのです。

日本が7年間の試練を乗り越えることが出来ますと、明るい未来が存在することを確信しています。


自然発火 2013-02-24 10:55:58

キルショットと呼ばれます殺人的な太陽電磁波が地球に到来した場合の様相を、今の近代文明はまだ体験したことがありません。
歴史的には、1859年ごろに電線の敷設と電報の技術が普及し始めた時に発生した巨大な太陽フレアにより起こったことは、電線の自然発火と大きな電報発信機器類の発火でした。

これが現代社会で発生しますと、どうなるのか?ということです。NASAの予測レポートでは、発電所が根本的に破壊される可能性を示唆しています。
もしそうなれば原発が一番に心配です。電源喪失が起こり、冷却機能が停止するでしょう。ただ、これは想定されていますから、何とか成るかもしれません。
心配なことは、今でも想定されていないことです。
それは、今までの物理科学では未経験の核反応が、強力な太陽電磁波により発生する可能性は無いのか?ということです。

これを私が懸念する理由は、去年に米国が開発に成功した次世代兵器には、核兵器に対して遠方から特殊なX線を照射することで、敵が保有する核兵器に自然爆発を起こさせる新技術があります。相手を自爆させます。
つまりこれと同じことが、太陽からの電磁波により地球の核施設・核兵器に対して起こらないのか?ということです。

(中略)

生前は、日本の行く末をいつも心配していた父ですが、まだ日本は大丈夫だと伝えます。
ただし、生きる人間が頑張ることが前提なのです。
自分の生活の中で、今日も感謝をして生きましょう。


夢の技術の予兆 2012-10-09 10:17:00

私の未来観では、もし日本国が侵略を受けずに独立を維持出来ていれば、あと30年後以降のノーベル賞では、その約半分を日本人が「毎年」受賞します。
その頃の日本の人口は約8000万人であり高齢化社会ですが、特許だけでも暮らすことが出来る超裕福な国家に成っています。
その特許も紙上の拘束力だけではなく、最後の秘密の部分を国内生産しますので、他国はコピー出来ません。
もちろん、こうならない別の並行する悪い世界観も存在しています。
やはり、今からの数年間が、これからの日本の1世紀を決めるようです・・・・・。

日本人は、何を守り、何を大切にしなければ生けないのか、明確にして行かなければ生けない時節に入ったようです。
 

辛いけど前向きに 2012-06-24 11:14:38

このような日本人が今に体験している試練は、未来に世界中で放射能問題が大発生した時に、日本を救う布石・訓練と成り、そして「世界を救うための先駆けの経験」と成ると感じます。
これからの日本が取る対策や工夫・発明が人類にとって重要なのです。
そして、この時にヒトラーの背後の魔神が予言した、東方(日本)の実験場に世界を救う天才が誕生する時節が来ているのでしょう。

日本も世界も、肉を切らせる痛手を負いながらも、人類の更なる進化に向かって順調に大いなる存在の計画通りに向かっていると感じます。
ヒトラーの魔神も聖書と同じく、最後には地上に天国が出現すると締めくくります。
楽しみにして生きましょう。


夢旅行記 2012-06-21 11:21:52

短い仮眠の間に、夢想の近未来へと行って来ました。
驚くことに、世界中が深刻な放射能汚染に苦しんでいました。日本だけは、さほど今と変わらない感じでした。アメリカは、何か日本を守った後に大きな痛手を負っているようです。自然災害の大きな爪あともアメリカには有りました。
大地震が予想されていた南部ではなく、東部の沿岸地帯の地図が変わっていました。大きな津波が発生したようです。今はおとなしい大西洋にも、変化が起こったようです。

他国の人口が恐ろしく減少しているようです。
これは核戦争でも起こったのか?
もし核戦争が発生したならば、核ミサイルを持たない日本は攻撃されなかったのでしょう。
“あんな弱い国は蚊帳の外”“問題外の子どもの国”で良かったのです。
現在に核ミサイルを保有する国は要注意です。持つものは、打たれるのが世の常なのです。
核ミサイルの保有を放棄しましょう。それが自衛に成るのです。

しかし、全世界的に放射能汚染に苦しんでいる様相を視ますと、どうも核戦争では矛盾します。
やはり、巨大な太陽フレアの直撃を受けて、全世界の原子力発電所に全電源喪失が発生したのではないか?
これにより世界中くまなく放射能汚染が発生する理由は分かります。
未来には、大きな国ならば数百基の原子力発電所を国中にまんべんなく保有するのは道理に合います。

この時の日本は、過去の福島原発事故の経験の御蔭によりしぶとく対応していました。
何ということでしょうか。もし、過去に福島原発の経験が無ければ、日本は絶滅したかも知れません。
ところが福島事故後の設備開発と色んな発明により、食料も飲み水も何とか対応されて、全国的に生き残るのです。
とにかく天才が日本から出ています。
ノーベル賞の受賞者が今の日本から、これからまだまだ出ます。
日本に発生することには、一切のムダは無かったのです。


日々、生き直すこと 2012-06-17 11:09:50

男と女、善と悪、右と左、・・・・2つの相反する起点が、1つなる存在(内在神)に帰ろうとする旅が、これからの世紀なのです。



今からは、日本人も二種類に分かれて行きます。
健康な人と、今は重病であり病弱だけれども明るくて死なない人のグループと、環境汚染からの病気で早々に亡くなって行く人たちです。
この選別をするのは、体内の善玉菌です。
善玉菌は、本人の感謝の意志から醸造されます。先祖(遺伝子の束)と「生かされている」ことへの“感謝想起”が重要です。

善良なる感謝の思いを持つ人は、まったく恐れる必要は無いです。むしろ日本の明るい世紀を待っていれば良いです。
どんな汚染にも影響されずに、老人も若返り始めることに「生きながらに」成ります。
私の脳裏には、大いなる遺伝子の進化と、革命的な発明を持つ明るい日本が観えています。
このカギは、3本目の遺伝子を発動させる、感謝の先祖供養に在ります。これが強制で到来するとは、神意への畏れを感じています。

(中略)

今がすでに老体でも問題はありません。万能細胞に正しい指示を出せば、それが生きながら再生する世紀が始まるのです。無限に再生して、寿命が延びる世紀が必ず来ます。
現代科学は、その指示と再生が存在するという事実を、まだ知り始めたにすぎません。
自分にも他人にも、感謝の思いを出して見ましょう。すべてが再生して行きます。


進化しましょう 2012-04-02 10:51:51

太古の地球では、強烈な宇宙からの放射線の中で生物が進化した歴史が存在します。
これから人類は、さらに放射線への耐性を持てるか否かの進化を強制的に迫られるかも知れません。
このような「紙一重」ギリギリの状態でも、人類がいまだに生かされている事実が在ります。

今に生かされていることに、人類が感謝を始めることで新たな進化が起こると感じています。
必ずナントカ成ります。


何事もバランスが大切 2012-03-28 10:17:55

太古の生物のように、進化するためには試練が必要なのです。
日本に起こることに、一切のムダや不運はありません。大ドンデン返しがあります。


夢想した日本の近未来 2012-03-13 11:14:10

日本は、右往左往しますが大丈夫です。浮かぶ船とは、揺れることが海上(神の上)に居る証拠なのです。そのために沈むことが無いのです。

日本の危機の次には、大陸の大地震・白頭山の大爆発による第二次朝鮮特需(原発対策ノウハウ産業もある)や、日本の東北に出現する大念動力を持つ「小さい人間」たちによる新人類(遺伝子の変化)の活躍、世界の2大国の影響拘束が薄れた時に日本から登場する無限電気発電機・・・などの私の夢の様相を記述したいと思います。



今の世界中での厳冬も、去年の5月24日の記事で予告されています。(【海外出張中 今日はSF空想話 3 2011-05-24 16:53:00】)
この記事から、素直なかたは更にご自分で寒冷対策と防災準備をされていました。(http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
積雪と、これからの降灰による建物の懸念と対策も、すでに過去記事で示されています。(【備えあれば憂いなし 2010-04-21 10:46:12】)
この記事で書いたように、アメリカは今から起こる太陽電磁波とこれに伴う宇宙線による、地球と人類への影響を確信しており、軍部の中枢であるペンタゴン自体が約10年前からすでに具体的な活動をしているのです。
日本では、学者も含めてまだ「はあ?」の状態です。

「森羅万象」では、第一巻から太陽電磁波と太陽霊光(超微細宇宙線)が最大のテーマとして継続して示されています。
要は、科学的にも神示的にも、これから太陽からの洗礼が始まる可能性が高いということです。
しかし、怖がることは無いのです。
太陽とは、死後の世界にも存在する、まさに神様なのです。日本の国体でもあります。
自分自身を、この太陽にお任せすれば良いのです。ただし、自分の良心(内在神)がカギと成ります。

第一段階は、アメリカがするような物質的な対応が効果する時期です。防寒や建物にしても、対応に金銭が掛かります。
しかし、その次の第二段階からは、違って来ます。
宇宙からの放射線の問題が出て来ます。
この第二段階では、物質的な対応が無効に成り、人類生物の免疫力という問題に成ります。
ここで体内の善玉菌や心の問題が、重要に成るのです。
この時期には、日本の福島県近辺の住人からアル良い変化を見ることが出来るでしょう。しかし、世界的にはウイルスによる深刻な状況と成る可能性があります。
ヒントは、チェルノブイリに長く住む小鳥は元気ですが、遠方から来た渡り鳥は死んでしまうという事実の統計です。
(しかし、福島原発から離れたほうが良いのは確かです。慣れと順応段階があります。どうしても避難できない人もいます。すべては、その人の縁です。避けるべきものは、素直に避けるのが道理です。これは、あくまでも私の脳内でのヴィジョンです。)

更に、第三段階があるのです。
これが、先祖供養という遺伝子のケアを意識して、自分の心の良心(内在神)を発露させた人類には、太陽の影響が無いのです。
太陽と同種の意識を持つ人間には、太陽からの洗礼は関係がありません。
だから、金持ちだけが有利だとかの問題では無くなるのです。
大いなる太陽にお任せで良いのです。

だから安心しましょう。
最終的には、自分自身との対話、心の問題と安心感がカギなのです。
「雨降らば降れ。風吹かば吹け。」
の心境で、森羅万象を静観しながら、これからの世を見ながら自分の生活を樂しみましょう。


独り言は心のサイン 2011-12-26 11:07:10

この創造の光は、私が説明して来ました霊的磁気でもあります。
太陽電磁波=太陽霊光=霊的磁気=創造の光、今の科学では電磁波と単純に総称して言ってしまっています。電磁波の種類を細分化して、抽出して制御することが出来た時、次の文明社会が到来します。



現代科学が全ての分野において、3つ目の要素に気が付いた時、人類の生活は変わり別物と成る事でしょう。


独り言 2008-09-13 10:16:56

私が幻視した未来の弥勒の世界は、平均気温が20度ぐらいに安定した世界でした。 
これは、地球の次元転換や、人体の新たな変体を経験した後の世界ですので、今の世界には無関係とは言えます。
しかし神示では、その方向へ向けて既に現実界が動き始めていると出ます。



これから、人間の心の世界が現実界へ強く作用し始めます。
鍵を握るのは、生きる人間の発する現状への感謝の気持ちです。 
これが物質現象を凌駕し出しますし、また、させなければ生けません。
神々を救えるのは、生きる人間だけです。
神霊に依存する時代は、終わりました。


感謝と慈悲の世界 2008-03-20 10:22:52

眷属神は、2013年の伊勢神宮遷宮が最後の遷宮に成ると伝えました。 
その次の2033年遷宮までの間に、このままでは、現在の文明の大転換が来るようです。
今から2012~2013年に掛けて、太陽黒点の活動は、人類が経験したことが無い規模で発生することが、科学的に予測されています。
この強烈な黒点電磁波と太陽霊光を人類が浴びる時、現状の混沌とした世の中でも、感謝と慈悲を自己の中に見出そうとする人には、
楽しみにしていれば良いと伝えます。


太陽 と 大ガラス 2007-06-04 20:01:50

また、日本からエネルギーに関する革命的な発明がされます。
これにより、日本は無税国家に成れるほどの安定の道も見えます。


関連コメント

これからの時代、人工頭脳にはできない仕事を想定して、資格取得やスキルを磨くのが良いでしょうか。
人工頭脳に仕事を取られて、路頭に迷う人々が一瞬で多数出てしまう青写真は、霊界に実在するのでしょうか。

....,,,,,,,,,,関係ないですよ。
工場での人がする仕事だけは、ほぼ消えます。
人間相手の仕事は、やはり人間です。
2017-06-19 21:59:38


これから、沢山現れてくるという天才たちは、何の為に生まれてくるのでしょうか?救世主候補としてですか?
なぜ、今までの世紀には、出現しなかったのですか?

。。。。。遊びに来ます。
全員が救世主の時代が来ます。
他を助けようとする人しか残らない世界の到来。
2016-06-13 00:31:55


さて本稿を読んでいてフッと浮かんだんでんですが…
以前は似非科学とまで皮肉られていた低温核融合が…例えばセシウム137の半減期は30年ですが、この技術を使うと2ヶ月位に短縮可能とか…あるいは核廃棄物を無害化して別エネルギに変換できる等々。
リーマンサンの見解を是非お聞きしたいと思います。

。。。可能に成ります。
2014-01-07 20:52:14
【編集者注記】 本稿とは【私たちの心こそが、身近な並行する宇宙だった 2014-01-07 10:53:33】


リーマンさんの脳内の夢物語では、車はどこまで進化を遂げるのでしょうか?未来の車はどんな機能性や形になっておりますか?

。。。電気に移行します。
その発電機を動かすための燃料に順番に移行します。
2013-11-21 13:12:12


2020年にはロボットが人間の仕事をするとありますが、そうなると、人間はどうやって生きていくのでしょうか?

。。。人間には人間の仕事があります。
未来は、良い思考を地球に食べさせるのが、人類の大きな仕事になります。
ロボには出来ません。
2013-09-22 20:58:48


「小工」(こだくみ)さんの存在 2013-09-18 11:21:34】の記事に「次の遷宮」とありますが、以前、過去記事で「今までのような遷宮は今回が最後と神霊から伝えられている」という内容がありましたが、今までのような「次の遷宮」はありますか?

。。。。伊勢神宮以外の神社は、すでに台湾ヒノキや、カナダの米クサマキに木材が代わっています。
国内にヒノキの大木が無いのです。
伊勢神宮は、木曽ヒノキ(国常立太神)を使用しなければ、それは神気が降りません。
今回は、国産ヒノキで大丈夫です。

つまり、今後20年間に、大自然の変化が無いことと、職人が継続することが、条件です。
これへの努力が必須です。それ次第です。
2013-09-18 12:15:09


ただ今テレビの報道で、ヒノキの大木が少なくなってきている問題を拝見しました。以前に仰られていた、今年が最後の遷宮になるかもしれないとの話を思い出しました。偶然とは思えず、関係があるのではないかと感じます。如何でしょうか?

。。。遷宮は、20年間の異常気象の影響を受けます。
これからの20年間は、過去の時代とは違います。

電波は植物を枯らすことにも気づくべきです。
2013-02-23 20:59:37

ーーーーーーーーーーーー
「今までのような遷宮は今回が最後と神霊から伝えられている」という内容があった
ように思いますが、今までのような「次の遷宮」はありますか?

。。。。伊勢神宮以外の神社は、すでに台湾ヒノキや、カナダの米クサマキに木材が代わっています。
国内にヒノキの大木が無いのです。
伊勢神宮は、木曽ヒノキ(国常立太神)を使用しなければ、それは神気が降りません。
今回は、国産ヒノキで大丈夫です。
つまり、今後20年間に、大自然の変化が無いことと、職人が継続することが、条件です。
これへの努力が必須です。それ次第です。
2013-09-18 12:15:09

ーーーーーーーーーーーー
>電波は植物を枯らすことにも気づくべきです。
とありますが、今後、主要な食糧作物は何が良いですか。

。。。未来は、立体ビル内での水耕栽培になります。
公害の影響です。
2013-02-23 22:49:56

ーーーーーーーーーーーー
未来が白紙なら、室内で水耕栽培をしなでいい未来もあるのですか。それとも、もう手遅れなのですか。

。。。まだ白紙です。だから努力が大事。
2013-02-24 14:32:59


未来は白紙とおもいますが、リーマンさんが以前言われていました、人類が半身半霊の弥生の世になるというのも、確定したものではないとおもってよろしいですか?今から今後の私達人類の想いにより左右されるものと思ってよろしいですか。

。。。人類の所業しだいです。
2012-12-07 21:44:44


世界的に今、人口爆発が起こっていて、それにより地磁気が現在減少してきていると以前リーマンさんがおっしゃっていたという記憶があります(間違っていたらすみません)

。。。。そうです。だから地磁気バリアーが減少し、宇宙線が増加します。自然被曝への注意。

未来は今よりもっと世界人口が増えると予想されるのですが、未来世界のおそらく減少しているはずの地磁気量で電気の生産…果たして大丈夫なのでしょうか。

。。。。太陽と宇宙からの電磁波で発電することになります。
ただし、地磁気ゼロは、地球が激変しています。
2012-08-19 14:25:56


本当の始まりの原因を見なければ生けません 2012-08-13 10:49:40】の記事について、気になることがあります。以下のことが起こる可能性が大きいのは、2013年の可能性が高いのですよね?
「この大蛇の形象が、最終的に旧約聖書から新約聖書に至るキリストの最後の十字架にまで至った時、太陽の表面に巨大な十字架が形成されるでしょう。
そして、この十字形フィラメントから巨大な太陽フレアが地球方向に発射された時、人類の意識から「比較する思い」「侵略する思い」が電気が落ちるようにして一瞬で消えます。
各国の権力者たちも、一瞬にして我に帰ります。
これは、幽界ではなく、神界に存在するパラレルワールドの1つを私は視ました。
これから、どうなるのか?おとなしく静観したいと思います。」

。。。2013年~2016年の間が現時点での可能性です。

兆候は山が枯れだし、極移動も起こします。
太陽フレアにより、地球内部の内核も影響を受けるからです。

宇宙放射線に耐える人類だけが残ります。福島・東北の人々は耐性を持つ可能性が高いです。
白人社会は人口が一変するでしょう。食べ物の影響も大きいです。
2012-08-15 14:49:47


本当の始まりの原因を見なければ生けません 2012-08-13 10:49:40】の記事中の「人類の意識から「比較する思い」「侵略する思い」が電気が落ちるようにして一瞬で消えます。」とは、肉体がなくなるという意味にとらえて宜しいのでしょうか。

。。。現時点では、生きたままだと希望を持っています。
2012-08-13 17:54:42


地球自体もいさめるために動いているのではないかと感じましたが、いかがでしょうか。

。。。地球霊である国常立太神の意思が発露します。
今の人類には厳しいかも知れません。
エホバの7次元の現れは、言葉にするには語弊が生じます。海でも本当に割ります。
2012-07-07 18:15:27


白山ククル女神の世紀の始まり 2012-03-19 11:29:30】の記事にある(~今の時節が原発を撤退するにしても、世界の大陸移動の鳴動開始にギリギリ間に合うかの時だと感じます。
今の日本に足らないのは、原発を止める覚悟、リスクを直視する覚悟です。~)の言葉がずっと胸にあり気になり気になっています。

。。。要は近隣外国・世界中が自国で原発事故を体験するまで、世界はこのままです。
その時は遅いです。
だから抗酸化で対応する心身を造るしかないです。日本は生活習慣・インフラの準備期間をプレゼントされたと思うしかないです。
2012-07-07 13:47:11


夢旅行記 2012-06-21 11:21:52】についてですが、リーマンさんはいつも未来は白紙とおっしゃっています。人にはいくつもの未来があり、それを選択しながら生きているというようなことをおっしゃってたような記憶があります。ということはこの世界もいくつもの未来があり、昨日のお話はその一つで、皆の意識でどのようにもなるのでしょうか?

。。。未来は白紙です。
だからブログを毎日書きます。

努力が大切。今生しか出来ません。
2012-06-23 11:03:05


リーマンさんが見られた近未来では「外国の研究者でも日本語で話していた」と言われていましたが、どのような日本語だったでしょうか?今と同じかんじの日本語でしょうか?それとも今とは違う日本語でしょうか?

。。。言霊を宿すのは大和言葉です。
未来は、今と同じ標準語でした。
2012-06-22 15:14:36


もし放射線への適応力を人類が身につけられたら、具体的に人類はどのように変化していくと思われますか?体内の抗酸化力が非常に強い身体になり、長命になっていくのでしょうか?

。。。寿命が異常に伸びることが始まります。
2012-05-03 18:24:50


ここ【夢想した日本の近未来 2012-03-13 11:14:10】でリーマンさんの言う小さい人や無限の発電機なと未来の事は、私たちが生きているうちに見られるのでしょうか?それとも孫やひ孫の代の出来事ですか?

。。。2036年までには、すべてが露見します。
これから毎年、色んな開示があります。
2012-03-19 17:36:19


以前、リーマンさんは「富士山=経済社会の象徴」と言いましたが、
今回の富士山の発光の常態化は何を意味しているのでしょうか?

。。。経済から精神性への転換です。
その前に、古い皮を脱ぐ脱皮の一波乱があるかも知れません。
2012-02-29 15:29:26


『石油』ですが、我々の文明以前、つまり五代目までの超古代の考える葦は一体どのようなモノをエネルギーに用いていたのでしょうか。

。。。前文明では鉱石を利用しました。そのための略奪戦争もありました。
鉱石から無限の電気が生じます。異種の鉱石をアル並びにすると生じます。
今の文明は、鉱石よりも宇宙からの電磁波を利用した発電が最終でしょう。
安定した発電になります。
2012-04-03 14:26:49


日本はエネルギー革命の旗手に成りますか?

。。。成ります。
2012-01-10 17:13:18


石油の次のエネルギーは何でしょうか?

。。。太陽光の次は、太陽電磁波です。
2011-12-25 23:19:18


ひょとして、人類の姿勢次第では核戦争も起こり得るのでしょうか?

。。。その通りです。運命は不確定です。
努力幅があるのです。根源神1つに帰してしまうのか、神々とのカンナガラを続行できるのか、・・・・。
2007-06-17 21:36:55


20140824

  • 最終更新:2017-06-21 05:39:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード