料理

■料理について  キーワード「台所」「食事」「直会」「なおらい」
目次

関連記事

気付けば幸せです 2009-10-23 09:44:55

神道では、神事の後に直会(なおらい)が行なわれます。
直会とは、神事の最後に参加した全員で、神様に供えられた御酒と食べ物を食する行事です。
一般には、神事が終わった後の打ち上げの食事会と誤解されている面がありますが、本当は神事が継続しており、最後の神人合体を成す重要な「締めの神事」なのです。
だから神事だけに参加をして直会を遠慮すれば、その人の神事参加は不成立とも言えます。
神前に供えられて神様の神気が降りた食べ物を、口から体内に入れる事により、神人合一を成すとします。
私は女性が家庭の神官であり、女性が神祭りをすれば良いと勧める理由の1つには、この直会の観点からの訳も在ります。
神棚の御世話を行なう女性が作る料理を、家族に食べさせる行為には、1つの直会に通じるものが在ると思うからです。
一人暮らしの男性も、自宅で神祭りをしながら自分で食事を作り食せば、やはり直会に成ります。
直会とは読む字のごとく、神様に直接に会う、接する、事です。
私たちの毎回の食事を「神事」と考えて、ゆっくり食す事が大事です。食事の場に「笑い」が有ればなお良いです。
神話においても、世の中の犯罪に傷付いて、洞窟に「引き篭もる」天照太御神を表の世界に連れ出したのは、楽しい食事の席と「笑い声」だったと明記されております。


結ぶ練習をしましょう 2009-09-25 10:21:00

神様の大切な働きは、「結び」の作用にあります。
異質なモノを結び合わせて、新しいモノを創造する働きです。これが創造神としての神格です。
     ー中略ー
私たちも社会の中で生きていますと、知らずに何かを「結ぶ」働きをしていると思います。
仕事を紹介するのも、逆に貰うのも、見えない「結び」と言う縁が働いているものです。
家族の為に料理を作るのも、物質を結ぶ事をしています。


関連コメント

質問は、料理の上手さと料理が美味しく感じる力は、台所や食物に敬意を払うことと比例しますか?

。。。掃除と、感謝の気が大事。
2015-02-20 22:04:47


先程のコメントに、
>・・・台所が良いです。台所は、本来は最高に清浄であるべきところですから
と、書いておられますが、台所も清浄にしていると、家の中で、神霊が宿る場所なのですか?何故、「べき」なのでしょうか?

・・・掃除を怠ると不浄にもなる場所です。
外宮でも神様の食事を作る様に、料理は神事でもあります。
2009-04-27 19:19:09


20140622

  • 最終更新:2015-02-20 22:44:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード