性(関連記事)

■性(関連記事)について
キーワード 性交 性行為 性交渉 SEX セックス 自慰 性欲 性同一性障害 性的 中性 SM
関連項目 

関連記事

ワレヨシな性欲はダメ 2016-06-05 12:02:20

私が感じますことは、
* ワレヨシな自我からの色情・性欲を無くしなさい。
ということを、釈尊の言葉から解釈します。

ワレヨシな性欲とは、
* 異性に対して攻撃的な、
* 自分だけが果てることを目的とした、
* 相手に思いやりの無い性欲。
を意味します。

子孫を残す為には、健康体ならば性欲が有ることは当然なのです。
釈尊は、これを否定するような「性欲を消しなさい」とは決して言われていないと感じます。
釈尊の教えは、厳格に守れば子孫が絶え、人類が消滅するようなものでは決して無いのです。

つまり、
* 「性欲にも種類が有る」
ということを知って置いてください。



肉体が性欲で苦しく感じる時は、それ自体を静観して落ち着かせなさい。
肉体の行為には切りがないために、つつしんだほうが楽なのです。
肉体による欲情の行為よりも、肉体自体に良い行動(仕事)をさせることで収めなさい。

(原始仏典 ダンマパダ17章-231番)

(感想)
夫婦間には、性欲のタイミングが合わないことがあります。このような時は、
* 相手の立場や状況を「思いやる気持ち」が有ることが大切です。
これが無いと、夫婦ともに外に視点を向ける危険性が生じます。
自分にとっての良い性的タイミングだけを追求することは、自滅に繋がる危険性を持ちます。
男性も女性も、相手の状況を想像してあげる「思いやり」が大切です。

性欲を肉体の欲情行為で昇華させようとしましても、次も更なる行為でしか昇華がされません。
しかし、上記の例を見ましても、「性欲=心の問題、ストレスの問題」があります。
欲情を感じるのも、興奮も、性的な絶頂も、すべて自分の「心が」感じることであることを忘れてはいけません。これを肉体に有ると、勘違いしているのが多くの人間なのです。

つまり性欲とは、どんな肉体行為でも最終的には昇華し得ないものであることを知って置いてください。どんな道具やモノや他人を使用しても同じです。
最終的には、自分の心を満足させるしか、本当の性的昇華は起こらないのです。



過去の自分が満たされなかった心の飢餓感は、今の自分に影響をしているものです。今の自分は、このことに気が付かないだけです。
人は過去の事を忘れていきますし、たとえ覚えていても、今の問題にリンク付けをするのが難しいのです。
過去の出来事が今の自分に、どんな影響をしているのかは、色々なケースがあります。

ー中略ー

今の自分の趣味や、悪趣味、性的嗜好、不運、幸運、財運、仕事、健康、寿命・・・すべてにリンクしています。
代替行為の霊的リンク付けを、細かく分析することが出来れば、今の自分は「そう成るべくして成った」と言うことが明らかと成ります。これは、因縁や因果とも関連します。


みんなチャレンジャー 2010-05-13 11:20:00

嫌な旦那と生活することも最高の修行です。少ない給料で生活し、満たされぬ性的欲求の中で生きていく。これこそ逃げる事が出来ない本当の修行僧ではあ~りませんか。
これらも有限な時間と共に必ず消えていく物事です。大切なのは、苦しいその中でも、自分の愛情を育てることができたか?良心を失わなかったか?と、自らがチャレンジしに来ていたのが後で分かります。
この世の消える物には執着せずに、絶対に消えない自分の心を見つめて生きましょう。



幼児期の性問題で悩んだ御本人や親御さんの数は、水面下ではかなり多いと思います。やはり中の一部には、憑依問題が根底に隠れています。性問題は、その後の人生のトラウマとなり、大きな影響を本人の人生に与えているものです。
幼少時に自らの過剰な性的行動が多いのは、男子よりも女子の幼児に多いものです。これは、巫女となる稚児(ちご)に幼女が使われる訳と共通します。


誰もが上書修正が可能 2008-11-28 19:00:01

怒りや不安、性的妄想が起こって来れば、それを自分で観察する心だけは保持するべきです。
自分は困った奴だな~と。
親鸞さんは自分の愚かさを観察して、それを素直に認め受け入れました。 自分ほど頭が悪く、誰よりも好色で愚かな人間は世の中には居ないと。 だから仏様に心を寄せながら生きるしか道は無いと深く求道されました。 その結果、心の大安心に至られました。


不妊について 2008-02-12 20:41:36

霊的な面では、性産業の女性との性交が多い男性の妻は、後年に子宮の病に罹る傾向が有ると感じます。
男性が外で遊んだ場合、性器を洗っても、ウイルスレベルでは何かが残存し、霊的には霊的垢が付着するイメージがあります。 これが、妻との性交により、妻の生殖器に触れると女性同士の暗黙の拒絶反応が発生し、これが重なると病気が具現化するイメージがあります。女性の子宮は、それだけ繊細で、個別のオリジナル性が在ると思います。


先祖と、個の転生 2008-01-13 14:49:27

特に女性らしい、男性らしい性格や容姿の方の魂は同じ性を連続して自ら選択している魂が多いです。
たまに、2回以上連続して女性での転生を経験している魂が今生に男性を選択している場合は、どうしても男性なのに女性的な嗜好が残存していることがあります。これが、性の障害の問題の原因の1つに成っている場合もあります。


20141212

  • 最終更新:2016-06-06 20:29:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード