御経

■御経について
キーワード お経
関連項目 霊障

目次

関連記事

全般


原木を切り分けて加工しますと、それぞれが名前を持つ色んな道具に変わります。
個別の道具が生まれれば、その道具から更に別の名前を持つ物が生まれ出ます。
もうこの時点では、最初の「原木の姿」=真理が分からなく成ってしまっています。
だから人間が真理(道)を知ることが難しいのは、加工されて名前が付けられたモノばかりを見るからです。
キレイに加工された木製品から、元の原木の姿を見ることが難しいのと同じなのです。
この理屈を人間が理解しますと、その人は人生を安全に迷うこと無く歩くことが出来るでしょう。

(中略)

例えれば、仏教の御経が良い例です。
釈尊の死後に数百年も経過してから編集されたインドの言葉での経典を、その意味よりも「発音」を中国語などに何回も何回も変換に変換を重ねて御経は出来上がっています。老子が言う、原木を加工して色んな道具を造るようにです。それを日本では釈尊の言葉だと思い込んで信じています。
御経から釈尊の本当の思いをたどるのは、至難なことでしょう。
もし、釈尊が現代に生き返れば、日本で広まる御経を聞いても意味が分からないでしょう。
このようにして、本当の真理というものは、隠れてしまうのです。このことを老子が最初に指摘しています。



先祖供養も同じです。カタチよりも、供養したいと思える時点で、故人への供養は届き始めます。
先祖供養の本質は、「先祖に気持ちを向けること」なのです。
そのために色んな供養方法が有っても良いのですが、感謝の気持ちを前面に向ける方法が最も効率良く先祖を癒します。
外来語の御経が、先祖を癒すことは無いです。先祖もチンプンカンプンです。
ただ、生きる人間が御経が良いと信じて、「先祖のために」上げたいという「思いやり」の気持ち分が意味を持ちます。


「一切皆変化」 2011-09-11 10:22:23

とにかく、日本のお経は誤訳だらけであり、インドの言語の音読みを漢字にするなど、言葉の意味を成さないのが真実です。
例えば、アメリカを亜米利加と表記するのと同じです。日本では、この「亜米利加」という4文字に深い意味と「何かの見えない功徳」があるんだゾウ~と解釈を重ねているのが実情です。

だから、有料先生などが悪霊を祓うのだと自称して、お経やナントカ祝詞を血相を変えて懸命に唱えるのを見ますと、本当の魔物は口をポカーンとさせて笑っているのが霊的な実態です。自称先生の集金のためのパフォーマンスに過ぎず、霊的な効力は一切無いです。
これは、有料先生や集団がどんな滑稽な行動をするのかをサニワ(判断する)出来る視点でもあります。すべてが集金のための演技です。
悪霊が嫌がるのは、愛情であり、慈悲心であり、奉仕の心であり、・・・・「感謝の思い」、が最強の祓いを起こします。言葉では表現できない「思い」を重視なのです。
これを、それぞれの民族の分かりやすい日常言葉で思えば、強い祓いの実践が起こります。



これから地球も、傷ついた体を癒すために、地球の自浄作用としての免疫力を上げて行くと感じています。
そうなりますと、心の純粋な生き物が自然と地球に同調することに成ると感じます。
この時に、地球にスムーズに同調できる人間の心の状態は、「感謝の心」なのです。ほんとうにこれ1つだけです。
ここで、邪魔に成るモノがあります。
旧来の古い、ナントカ祝詞や呪文・お経に依存する気持ちは、純粋な心に縛りを掛けることに成ります。
自分が何を、そこに期待するのかを見る必要があります。(自分だけが助かろうとする人間を、ほんとうの正神は助けません。弱き存在を助けようとする心を持つ人を助けます。)



チベット密教には通称「死者の書」と呼ばれます、「まさに今、死に行く人に聞かせるお経」があります。
日本でお経と言いますと、インドの言葉でもなく中国語でもなく、日本語でも無い文字の合成文を読み上げるのがお経とされています。
生きる日本人が聞いても分かりませんし、残念ながら死後の魂が聞いても何も理解が出来ていません。
ただ、自分の遺体に向かって意味不明なお経を唱えている様相を魂が見て、私はどうも死んだんだなと分かる程度のものが日本のお経です。

ところがチベット密教のお経は違うのです。普通のチベットで通じる話し言葉で、死に行く人に「語り掛ける」のがお経なのです。

(中略)

つまり、自分の先祖にも、縁ある故人にも、自分なりの愛情からの話し言葉で呼びかけることが、最高のお経なのです。必ず故人に思いが通じています。
だから日常生活の中でも、「思い出した時に」縁ある故人や先祖全体に、生かされている感謝の思いを言向けるのは非常に良いことなのです。
故人が話していた言葉ならば、まだ迷いの心境の魂にも、とても良く通じます。


うちのアホの子が~ 2011-07-09 10:21:10

生活の中にこそ、人間を観音様に進化させる課題が満ちあふれています。
お経や瞑想、宗教的な行法は、逆に霊性を後退させる縛りを生むハンディに成っているのが今の霊的実態です。運気が下がり、運命が改悪されて、ろくなことが起こりません。
すでに今の生活の中にこそ、神様へのカギが在ることに気が付ければ幸いです。
私たちは、どこにも行く必要がありませんし、変わったことを行うことも不要です。



先祖供養において、生きる親も先祖も意味が分からない外国からの呪文を100万回捧げたところで、それは自分自身の自己満足に過ぎないのです。それは一切通じていません。
供養が必要な状態の先祖霊とは、まだ「個性」を残しているということなのです。



御経などは、滑稽の最たるものです。インドの言葉でも無ければ中国語でも無い、霊界には縁もゆかりも無い文学作品に過ぎません。霊界には作用しません。ただ、短い語調のセンテンスで、霊力を持つものは在ります。


全ては1つに帰る 2009-06-04 11:12:50

全ての御経は、釈尊の死後数百年後に作成された物ばかりです。しかし、仏教や経典を信じる根拠の一番の拠り所は、釈尊の存在です。
つまり、霊的根拠が何も無いのが日本仏教です。
釈尊が「知らない」事を頼りにして、死者を葬って来たのです。
釈尊の名前の下に・・・。これは恐ろしい事です。 


自分なりで良いですよ 2010-01-16 10:28:11

自然霊である先祖にとっては、これは悲劇です。そんな言葉を聞かされて嬉しい訳がありません。
膨大なお経の中の一節を100万遍繰り返されたところで、自然霊には何の有難みもありません。


抱き参らせる 2009-12-23 19:30:00

泣き叫ぶ幼児をなだめ落ち着かせるには、言葉で説明したり、叱ったりしても、逆に火がついた様に泣くものです。
それよりも、
1。黙って
2。抱きかかえて
3。「背中」をさすってやる、
のが一番良いのです。
これは、霊的な存在に対する最善の対処法であり、幸運にも通じる動作と意味を含みます。

1番は、言葉よりも「気持ち」が大切と言う事です。
幼児に対しては、言葉の理屈も屁理屈も通じません。
苦しむ霊に対しても全く同じであり、呪文やお経よりも、感謝の気持ちの磁気で照らして上げる事が大切なのです。


般若心経

般若心経 前編 2008-01-17 21:26:28

昔、個人的な相談を受けていた時、老後の教養の1つとして、般若心経の写経を始めた年配の方が、鬱病や目の病気を発症するケースに、何人も出会いました。
どの方も、家庭的にも環境的にも、申し分の無い人達でした。 その原因は、最初は個人の霊的な事かと思いましたが、よくよく観ると、違いました。 どんな人でも、悩みの1つぐらいは、有るものです。 そのネガティブな面だけが異様に拡張されて、各人に霊的に作用している様に感じました。 その原因は、般若心経の写経や読経から来ると感じました。 そして、般若心経をリーディングして観えて来たのは、無念の内に、世を呪いながら死んだ、般若心経の作者の姿でした。


般若心経 中編 2008-01-18 20:06:12

鳩摩羅什は、数多くのサンスクリット経典を漢字に訳しています。その功績が認められて、熱心な仏教信奉者だった当時の中国皇帝に迎えられて、首都の長安に移りました。
生まれてから苦労の多かった鳩摩羅什には、生涯で最も嬉しい時期だったでしょう。 皇帝の近くに置かれ、手厚く優遇されたのですから。 夢の様だったと思います。


般若心経 後編 2008-01-19 19:25:16

鳩摩羅什が頭巾を被り、街角で元弟子の一人に般若心経を託す姿を感じます。 これは、膨大な大般若経の高徳を凝集した御経であり、その効果は絶大であると伝えました。
そして、般若心経は作者不明のまま、徐々に広まって行きました。 僧侶には、その御経の洗練された内容と流れを見れば、それが特別な御経であることが分かります。


外側は内側を含み包む 2013-05-03 10:51:28

ところで、釈尊の言葉の断片を寄せ集めた「般若心経」では、

「諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減」 つまり、

物質と精神のすべての本当の正体は、「空」(何も無い)が真実であるから、
生まれたり、無くなったり、という変化は真の意味では起こっていない。
キレイであるとか、汚れてしまう、ということは本当は一切起こっていない。無垢のままである。
増えるとか、減るとか、という現象は宇宙には一切ない。すべてが絶えず一定であり変化無しである。

このような、「一切皆変化」とは真逆な言葉も残されています。しかし、これも釈尊が残した本当の言葉の一部だと感じます。


観音経

他への対応に極意が有る 2009-03-03 13:21:13

私が太陽を拝した時、日輪の光と共に浮かんで来た言霊(ことだま)は、法華経で明記される経文とは少し違います。
南無観世音菩薩  念波観音力
ナムカンゼンオンボサツ  ネンパカンノンリキ
「完全なる音(言霊)を讃えよう。観音様の願い(=助けたい)
が波と成り力を現すでしょう。」


太陽神と念波観音力 2007-07-29 08:09:46

私が20歳前後の時が探究心が最も強く、眷属も最多だったので 霊的感応力が強い時に、法華経に目を通したことがありました。
その中で霊的に文字が光るのを感じたのが 観音経でした。 そして、観音経を何回か読んだところ、そのエッセンスが ”念彼観音力”(ネンピカンノンリキ)にあると観じました。何回か唱えるてみると、これだけでは実践的な 力 が出無いのを感じて居りました。


法華経


いつまで経っても、人は今という時から逃げようとする習性があるのです。
でも釈尊は、この章で
「今が良ければ、すべて良し!」と示唆されています。
「過去がどうであれ、今を頑張って生きるならば、それで良いのだ」
と仰っています。

そして、その次に「それの何が良いのか?」という釈尊の説明に、
「社会を明るくする一員だ」という言葉が出てきます。
これは比叡山延暦寺の根本精神でもあります、「一隅を照らす」という言葉と同じ意味です。
法華経の精神を一言で表現しますと、「社会の一隅を照らすこと」に尽きるということです。



仏典にある法華経のエッセンスとは、まさに字のごとく、
1.自分の心の華を咲かせましょう。
2.自分を信じることが、内在する神仏を咲かせ(発露させ)ます。
だと響いて来ます。
自分自身を信じるための、色んなたとえ話が法華経に述べられています。
釈尊が仰ったことの片鱗、つまり「自分の心の良心を信じることが真理に向かうことである」が、法華経に表現されていると感じます。

人間は、自分で注意することは、何でも必ず無難にしていくことが出来ます。
法華経の中で表現される壮大な宇宙観が、これを教えています。それほど、人間とは思う以上の未知性が内在しています。
逆に、その人が注意しないことは、やはり避けられないのです。


灯台もと暗し 2011-08-20 11:12:18

巨大な地球が、体内の卵子と仮定しますと、そこには物の大きさの概念、時間の概念が、まったく意味を成していません。
しかし、これが法華経でも記述されているような、距離と時間を超越した広大無辺なこの宇宙の真相なのです。
法華経を構成した人々も、自分の脳内に広がる宇宙をかいま視たのです。
時間も距離も、本当は存在していないのが真理です。
しかし、今の生活には現実に存在しています。存在しているように見えますが、その代わりに時間感覚も距離感も、時代の文明により必ず「変わって行く」ことが、上記の真理の証拠なのです。


関連コメント

般若心経

般若心経を自信をつける為に覚えるように 言われ。唱える事がよくない事と知りながら やってます。が 覚ぼえれない。ただの 脳の機能低下なのか 唱えたくないだけなのか?頭に入りません。どうしても やらなければ ならない時は 何か 対処は ありますか?呪文のところは 言ってません。

..........意味無いです。

大祓詞を覚えたほうが意味あります。
2016-08-25 01:43:25


伊勢白山道流の線香三本の先祖供養を
一般的な般若心経等を唱えてする先祖供養に三本の線香の方法を取り入れるとどうでしょうか?効果は無いですか?

。。。。まったくダメです。

お経は霊を呼びます。ムダに。
弱い精神には、ダメです。

そんな先祖供養に効果、を考える時点でワレヨシ供養に注意。自分のために供養するのはダメ。

先祖のために供養する、
余計な磁気、無縁霊を呼ばない供養が大事。

まず、伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】 http://amzn.to/2bzu95u
何回読みましたか?

無理に供養は不要です。
まず、自分の仕事を頑張りましょう。
規則正しい生活。バランス良い食事。無理なく歩く運動。無理なく出来るストレッチ。

こんな精神世界に関心も、逃げ道も、求めないように。
根本的に分かってない。
2016-08-24 12:30:44


リーマンさん、毎日ありがとうございます。今月は、親戚が一同集まり、お坊さんを呼んで法事があります。ブログに出会う前は、違和感を感じず、皆と同じように般若心経を与えられ唱和してきました。皆で読まないといけません。今では、それが恐怖です。どうすれば良いでしょうか

。。。。感謝の思いで唱えれば問題は無いです。
最後の一行を止めれば良いです。
2012-10-01 15:34:07


一休宗純禅師は『般若心経抄』を著わしていますが、(自分は原文等解釈は読んでません)一休禅師も般若心経を唱えていたのでしょうか?どう解釈してたんでしょうか?

。。。もう時代が違います。
過去よりも、今です。
2011-11-03 16:55:00


それで疑問に思ったのですが、霊障にあってから毎日ではないですが、夜お風呂の中で般若心境を唱えるようになりました。
般若心境霊を封じ込めてあまりよくないのでしょうか?!

。。。逆です。霊を集めます。

写経でも霊障になる人が多いです。目に来ます。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2011-07-29 16:41:01


道元さんは般若心経を重要なお経の一つとして熱心に唱えられていた という説がありますがもし本当だとしたら違和感は感じなかったのでしょうか。

。。。違います。
道元は、仏教は方便が多すぎるとも残しています。

禅宗に般若心経とは、葬式による集金の関係です。
2011-02-18 23:58:20


観音経

十句観音経の出所を教えて下さい

。。。観音経で検索。

あなたの進歩には無関係です。
過去の経典は、もう意味を持ちません。
釈尊の末法の予告通りです。
それよりも、生かされている感謝の思いが大事。
2011-09-16 19:17:38

ーーーーーーーーーー
なぜ?過去の経典は意味をもたないのか 理由を教えてください。お坊さんや 毎日 真心で先祖に供養されてる方々はどうなるのですか 供養→感謝だとおもいますが。

。。。そうです。供養は感謝です。
意味のない外来語にこだわるのが間違い。翻訳間違いです。
感謝の気持ちを自分なりに言えば伝わります。

「一切皆変化」 2011-09-11 10:22:23】
過去記事を読んでから言いましょう。
2011-09-16 19:41:58


ところで、質問ですが…リーマン様はお経は諸霊を縛る呪文なので出来れば奉上しない方が善いとされていますが、「観音経」も駄目ですか?毎日供養させて頂いて降りますと心中で「観音経」を奉上したくなる事がしばじば御座います。

。。。不要です。何を期待するのか?
分かる言葉で感謝を言いましょう。
2011-08-10 15:14:51


(2chログ)
いつ頃から、念 波 観 音 力 って言葉が浮かんだの?

・・・私が20歳前後の時が探究心が最も強く、眷属も最多だったので
  霊的感応力が強い時に、法華経に目を通したことがありました。
  その中で霊的に文字が光るのを感じたのが 観音経 でした。
  そして、観音経を何回か読んだところ、そのエッセンスが

  ”南無観世音菩薩 念波観音力”

  の短い文に、集約されるを 観じた のです。
  これを唱えると、困った時に 観音の名を呼ぶ人 を何が何でも助けたい と
  深い誓いを立てた 存在 が居られて、今だに 力 が出ます。
  これは、どなたでも 子供のように信じる 事が出来れば効果あります。
2007-04-28 08:21:47


(2chログ)
現代では、それらのお経の波動は弱ってますね。
もう、期限切れでしょう。
唯一、観音経だけが、まだ力の期限が残されてるようです。
これは、私の独断です。
2007-04-12 22:23:51

無量寿経

浄土三部経の中でもとりわけ重視されている「無量寿経」に記載されている内容、特に阿弥陀如来がはるか西方の極楽浄土におられる、という記述、つまり阿弥陀如来は自分の中におわすのではなく、自分の外におわすと読み取れる記述、これは明らかに誤りですよね?誤りだとすれば、この点を勘違いしている門徒が全国にごまんといると思われるので、非常に残念です。

。。。自分の中です。これは、もう一段読みこめば分かるでしょう。
2012-05-14 20:54:36


写経

般若心経の写経についてお尋ねしたいのですが、つい最近になって無性に写経をしたくなり道具を揃えて今は一日一枚づつ書いております。

。。。霊的に、お勧めしません。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2013-02-14 20:32:28


全般

経を読むと不成仏霊を呼ぶ的なコメントがあり不用との事です、では経や権行には何の意味があり、何の目的があってこの世にあるのですか?

................もともとが出家者のためのもの。

コノ世の幸運も財産もすべて捨て去り、貧乏になるための修行のため。

自分の人生よりも、霊の救済に生きるため。
コノ世の個人欲望をダメにするため。

だから、あなたの希望の真逆なのです。

出家者の僧侶のモノマネは、家族を不幸に巻き込むことも有り。
2015-11-02 15:54:50


お経や瞑想などの宗教的な行法は運気を下げるというお話ですが
寺の者としたら困ります。どうすればいいでしょうか?

。。。それも、あなたの縁です。

生かされている感謝の気持ちで、お経を唱えることです。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
2011-07-09 11:07:41


なぜお経は届かないのですか!?
弥勒経といって 弥勒菩薩のお経をあげています。

。。。あなたは、そのお経の意味を知ってますか?
釈迦の死後に数百年後に作られた原典が、数種類の翻訳後にお経ができています。

デタラメな文字の羅列です。
釈尊は、そのお経を知りません。

だいたい唱えることなど釈迦は言っていません。
先祖も、あなたが何を唱えるのか分かりません。
2011-04-17 21:00:25


命日とか特別な日にお寺さんに(お坊さんに)お経を読みに来てもらってますが、必要でしょうか? 私は必要ないんじゃないかと思っていますが、いかがでしょうか

。。。あなたの考えが正しいです。
ただ、応援したい住職の場合は、すれば良いです。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を何回も再読してください。
2010-12-16 21:21:19


自分は○○○○に入信しているのですが、
母方の宗派は○○○の宗派と違えど教義は似かよっていまして、○○は入信したなら既存の宗派は切り離すようにすすめていますが、何か違和感があります。
宗派が違う教義を信仰することは果たして先祖供養になるのでしょうか。

。。。宗教組織の方法では、先祖供養になりません。 逆に先祖を押し込めて、教団を信仰しているに過ぎません。
親子の間に、他人を経由して会話すると、話が通じますか?
子孫が感謝の気持ちを捧げるのが先祖供養です。 お経は、先祖霊を虐めます。
他人を挟む供養は通じません。
2009-09-21 19:36:57


般若心経以外ならよいのでしょうか?
お経がどうだとか言うより、
「お経をあげていただこうと思う思いやりが意味あるのですかね。」

。。。そうです。これが大切です。先祖に伝わるものです。
2009-09-12 14:23:00


【掲載順序】
関連記事-【般若心経】見出しは、日付昇順

20140812

  • 最終更新:2016-10-13 14:21:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード