岩戸開き

■岩戸開きについて    キーワード「天の岩戸」
目次

関連記事

「天の岩戸開き」 2016-01-22 10:57:12

*自我(じが)=ワレヨシな自分
*真我(しんが)=良心からの視点=内在神=本当の自分

という重なる二層構造を人類が持っているのです。
古神道でも一霊四魂(いちれいしこん)として、より細かく人間の魂の構造を分析しています。(http://goo.gl/VWDCMF

だから、毎日の生活の中で、本当の自分(真我・内在神)からの目線で、今の自分自身に向かって心中で
「がんばれー」
「もっと行けるぞ」
「本当の自分はこんなものじゃない!」
「そんなことをしてはダメ!」
「そんなことは言うべきでは無い」

と、本当の自分(真我・内在神)から、揺れ動く自分に向かって、「心中で」励ますことが運気を高めます。
「自分で独り言の遊びをしても逃避に過ぎない。現実に影響などするか!」と思われるかも知れません。
でも、そう思ってはダメです。実は、これこそが「天の岩戸開き」の神話の真相なのです。

神話では、虐められて非難を受けて落ち込んだ自分(内在神・天照太御神)は、洞窟の中に自ら閉じこもってしまいます。
洞窟の闇の中から抜け出すことが出来たのは、周囲からの「笑い声」「踊り・舞」(=運動)の御蔭でした。


静かな微笑みが大切 2013-10-10 10:30:33

人間は誰もが、色んな苦労をして、他人からの磁気の色も付けて、その上でも「素直」に成ることが出来れば、内在神が発露をします。
皆さんが思われる以上に、誰もが普段から内在神の思いを普通に感じています。

(1) 可哀想な人を見掛ければ、「ああ、なんとか助けたいなあ」←内在神の思いです。
(2) 自分が悪いことをすれば、「ナゼかどうしても気になる」←内在神からの信号です。
(3) もし自分の自我で内在神を心の奥に押し込めれば、悪事をしても気にならなく成ります。←内在神が心の奥に隠れた状態です。

内在神を発露させて、自然な自由自在に成るためには、
(4) 先祖(遺伝子)への感謝をすることが、物理的にコノ世では大事なのです。理屈を超えた作用をします。
(5) 右胸に座す真我(内在神)への感謝を、日々の生活の中ですること。挨拶することです。これは理屈を超えます。
(6) そして大事は、生活の中で「静かな微笑み」を「持つ」ことです。
内在神は、「静かな微笑み」が大好きなのです。同類は引き合う法則により、自分の自我からのニコニコ笑顔でありましても、内在神は浮き出て来ます。
神話で天照太御神が岩戸から覗いたようにです。

ニコニコしていますと、本当に金運も憑いて来ます。ただし、(4)~(6)が大切です。
今日からは、日常生活の中でニコニコとした、「静かな微笑み」を意識してみましょう。


伊勢のアレコレ 2013-06-27 10:23:50

上の写真は、伊勢神宮の外宮の御池に架かる「亀石」と呼ばれる巨石です。
外宮の神域に在る高倉山(たかくらやま)の山頂には、巨石で作られた古墳が存在します。
外宮の亀石は、この古墳のトビラに使われていた巨石だったという説があります。
この巨石古墳は、江戸期まで「天岩戸」(あまのいわと)として参拝の対象でした。今は禁足の場所になっています。

この資料写真を視ますと、古代に多数の巫女が舞を奉納する姿を感じます。
神話で天照太御神が隠れた天岩戸が、この高倉山の石室であるとする説がありますが、かなりの重要な場所であることを感じます。
私は、何代目かのヒミコ(巫女の長)の内の御一人が埋葬された場所に感じます。

亀石が、ここの「天岩戸」のトビラだったとしますと、神話で天手力男神(アメノタヂカラオ)が怪力でこじ開けた巨石が亀石になります。
手力男が触った巨石の背中に私たちは乗ることが出来ると思いますと、感慨深いものを感じます。


忙中日記 2 2012-05-22 10:48:39

もう十分に嫌なことは体験したと思える人は、今から自分の心に神を求めることです。今までは他所に神様を求めていたから、自分の心の神様が隠れていただけです。(神話の、天の岩戸隠れ)
金環日食も終わりましたから、これからは自分の心の「天の岩戸開き」が起こりやすく成っています。



私たちは、この世で肉体を借りながら、その条件の中で自己に内在する神を表に出すという「岩戸開き」(心を開く)の挑戦をしている最中なのです。
挑戦できる期間も、期間限定(人生)ですから何でも挑戦して生きたいものですね。


神話の教訓 2008-05-06 11:07:40

神話によると「笑い声」に釣られた天照太御神が、心の扉らを少し開けた時、そのタイミングを逃さずに
「待っていた、大きな力」が介在して、岩戸を引き開けて引き篭もりから救い出されています。
この「笑い声」を演出したのは、八百万の神々の努力です。
岩戸の中に居る天照太御神を心配しながら、けな気に全員で舞い踊って盛り立てたのです。
ただ黙って見守っていたのでは、決して無いわけです。
一生懸命に努力していると、必ず大きな「力」が介在するのです。
「生かしてポロロ~ン」と、大きな岩戸を前にして先行きを心配しながらも「笑い」ながら努力していると、天照太御神が出て来るかも知れませんね。



読者の方より :
先祖に対する感謝供養はずっと遡れば根源神につながっていて、根源神に感謝することは根源神の分霊である私の中の内在神に感謝することであって、結果、内在神を大きくすることができる・・・だから、「生かして頂いてありがとうございます」なんですね。
返答 :
素晴らしいですね。今日の8月8日の岩戸開きと縁がある日
に、この境涯を感じられたのは、意味深いですね。
これは、6月18日の記事 「先祖供養は根源神へ通じる」 とも
関連しますね。


関連コメント

世の中には良心のない人間がいると思っていましたが、良心のない人間はいないのでしょうか?

。。。良心が深奥に隠れた人間が多いです。
人類の心の岩戸開きが、これから生命を分けます。
2013-02-07 18:11:54


>。。。魂の縁ですから説得は無用です。神縁のない人は、スルーすることになります。

。。。内在神が心の奥に隠れて、自我が優勢である、憑依がある、などで響きません。
心を開いて内在神を発露させるのが、岩戸開きの神話の意味です。
2011-07-12 16:35:37


(2chログ)
今の世の現実を現していると思います。
残念なのは、心の岩戸が硬い人は、 感謝 1つの事でも細部に囚われ理解できないことです。 ある程度、岩戸が開いている人は、もう十二分に理解が届いているのが、多数おられるのを観じます。
硬い間は、100回説明しても 腹にストンと来ないでしょう。 理屈では無いのです。
自分で 判る んです。
2007-04-14 10:26:42


(2chログ)
ホツマ 面白そうだね。

岩戸の開き具合は、自分自身で自覚することが
・・・できます。 これからは、太陽の波動のため、過去の時代では不可能だったほど早く、個人の精神性の開花が起こりますので、感謝を基本におけば、安全に 自覚 できますよ。
2007-04-01 17:03:12


(2chログ)
うーん、良いとこに気がついたね。

岩戸開きというのは今後成就される予定のものなのでしょうか?
(神話の中では既に成就されてますよね)

・・・・・神話では、筋肉マンが無理やりこじ開けたね。
これは、悲劇だと私は思いますね。 
原点に対する感謝を忘れ、屁理屈で武装している我々は、感謝だけでは内在する神に出会えないのか、どうか? 私の今後の課題です。
2007-02-12 18:06:20


20140714

  • 最終更新:2016-01-23 22:16:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード