山について

目次


関連項目




関連記事


神人合一とは、他所から神様が「来る」のでは無くて、自分の心の良心に既に居る神様を
「思い出すこと」「それに気付くこと」なのです。
理屈では無くて、直感、感覚で、「分かっている状態」「なんとも言えない安心感」が神人合一をしている状態です。そしてまた、普段の状態に戻ることを繰り返します。
自然の食べ物やモノに触れることで、「思い出しやすく成る」ということです。
登山にハマる人も、知らずにこの感覚を追い求めていると言えます。



今回の連休中も、複数の登山者が国内でも遭難死されています。そこには、電話1つで救急車が来る都会のアタリマエが無かったのです。
登山を好む人が本当に求めているのは、非日常の大自然の中でナントナク感じる神の存在でしょう。

しかし本当は、大自然(神)という聖地を踏み荒らさずとも、日常生活の中に在るアタリマエでは無い自然(神)というものに気付かなければ生けないのです。
単純な同じ繰り返しに見える今の自分の生活が、多くの見えない「御蔭様」で成り立っていることに気付ければ、神との距離感は縮まります。


みんな修行者です 2013-01-27 11:04:55

人間は宗教などで、山にこもったり、呪文を唱えることが本当の修行ではありません。そんなものは贅沢なレクリエーションに過ぎません。
自分で飯を食うために、長距離トラックの運転手や、寝ずに働く看護師や、クレーマーにいじめ抜かれる営業マンの方が、本当に厳しい命がけの修行者なのです。
他人の金で飯を食う宗教修行者などは、あの世に帰りますと閻魔大王からカミナリが落ちます。人生のやり直しでは済まない人も中には居ます。


関連コメント

登山についてですが、信仰の山と御神体はだめなのは理解しおりますが、ほとんどの山は、ふもとに無人有人の神社があります。なので日本において登山は、だめという理解で良いですか?

。。。。入山前の、感謝をする仁義を切ることが大事。
生死に影響します。
2017-05-10 17:58:14


山の奇異について質問をお願いします。縄文杉で有名な島では近年でも「人が突然消える遭難」があるといいます。登山路で前を歩いていた人がいつの間にかいなくなっていた、後ろを歩いていた人が振り向いたらいなくなっていた、ということです。ほとんどの人はそのまま行方不明、数日経って出てきた人は「昼も夜も無く黄昏をずっと歩いていた」と話すそうです。似たような話が日本の他の山でも、外国でも伝わっています。
1)そこに一時的に次元の歪みや穴が生じて、異次元(異世界)に迷い込んで戻れなくなったのでしょうか?
2)本来は禁足にすべき場所で起きる現象?
3)そういうことに遭遇するのを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?
(入山時に挨拶、敬意をもって登山、禁足地には入らないなどを思いつきますが)
4)次元の不安定さが増している時節の今、増える可能性がありませんか?

。。。。どれも言えます。
入山前の挨拶が大事。
常に精霊は監視してます。
2016-02-20 14:57:54


先日、初めて山中の岩でボルダリング、クライミング体験をしまして、とても楽しく、山も大好きですし道具も揃えて趣味として始めたいと思っています。ですが、山の中にある岩に登ることは磐座に登るということとなって良くない事なのでは?と思案しています。登りやすくするために岩に付いた苔や周りの木々の危険になる枝は払われてしまいます。始めるなら感謝しながら楽しまないと。と思っていますがいかがでしょうか。

。。。。精霊の怒りに注意。
始める前に、丁寧な感謝と謝罪をするべきです。
命に影響します。家族にも。
2015-11-27 19:55:01


家族が、昔から登山が好きで、最近も行ってきたようです。これからは、どんな山も止めたほうがよい、と伝えたほうがよいでしょうか。

。。。。問題は無いです。

噴火歴のある山はダメですが。
2014-10-02 14:34:14


防災意識は、
・活火山・大きな川・海に近づかない
・嵐、大雨、大雪の日に外に出ない
・防災意識を常にもつ
でよろしいでしょうか。

。。。良いです。
生活努力と、先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。

とくに火山は危険です。
御神体山への登山はもう厳禁です。
富士山も。
2014-09-29 19:28:53


谷○岳は登山の死者が世界でワーストですが、霊的に何かありますでしょうか。

。。。。山の存在が居ます。
怒っています。
最低限、礼を尽くす感謝をして入山しないと、引かれます。
幽霊も出るでしょう。
2014-05-22 19:14:11

ーーーーーーーーーー
谷〇岳の精霊は関越トンネルや新幹線のトンネルを開けられた事なども怒っている原因ですか? しかし我々はそのお陰でかなり助かっている今日です。自分の出来る事は谷〇岳に向かって日々感謝想起を置いて行く事です!

。。。修験道の守護神もいます。
ゴミや、岩を落とすこと、排泄物、に怒っています。
丁重な挨拶が大事。
2014-05-23 14:49:20


中学生の息子は、『ワンダーフォーゲル部』に興味があるようです。息子の学校は中高一貫校で、中学生と高校生が一緒にクラブ活動をします。この学校の『ワンダーフォーゲル部』は、冬山には登らず、冬以外の季節に、毎月一回の登山をし、夏休みには、日本アルプスへ合宿をするのが恒例だと、クラブ活動紹介パンフレットに書いてありました。登山部とは違い、無理な練習や危険な登山は、たぶんしないだろうと思うのですが、遭難など、もしもの事がないかと、少々心配しております。余り、心配する事はございませんでしょうか?
1、あまり心配する事は無いので、息子本人が気に入れば、入部しても良い。
2、やはり、登山は危険が伴うので、他の部活動を選んだ方が良い。
3、その他

。。。。2
意外にも、登山家は勉強が疎かになるものです。
大自然に魅了されます。
2014-04-19 20:16:28


渓流が大好きです。山に入る前は山に入らせて頂きますと挨拶してから入ります。お陰様で今の所大きな事故などにはあったことがありませんは近年は私が住んでる田舎にも人里にまで熊さんが来ることがあります。熊鈴を携帯してあるいてはいますが。山に入って熊さんに人間の存在を気づかせるには何が有効でしょうか?又熊さんにあってしまった場合どういう対処をすればいいでしょうか?元々野生の生き物が住んでいる所におじゃまさせて頂く身分なのですがアドバイス頂けたらうれしいです。

。。。ラジオや音楽も参考に。
2014-01-11 14:46:32


来週にあるイベントに参加する予定で関東の山に登る事になるのですが、山に登る際には登山口で登らせて頂く事への挨拶形式の時間を取る事が必須との事だったと記憶してましたが、恐らくそういう世界観を信じていない集まりだと思う為に挨拶も出来ない事になると思います。そこで、明日からの自宅での先祖供養時に三本目で当日登らせて頂く事への挨拶を山神様へ意識すれば良いかと思いましたが、如何でしょうか?当日は恐らく神社にも寄らせて頂く予定なので、そちらでも挨拶をさせて頂くつもりでいます。

。。。それで良いです。
山に入るときも、
入らせて頂きます、と心中で挨拶します。
山は聞いています。
2013-04-27 15:55:37


今年から山仕事を生業としています。
12月12日は山の神が木の数(子の数?)を数える日なので、山に入っては行けない。入るなら刃物を持って入ってはいけない、とされている日だと聞きました。
会社によっては「山の神の日」を守って仕事に入らず安全祈願の日にする所もあるみたいですが、うちの会社は普通に仕事だと言われました。
12日も山仕事に行かなければならないのですが、大丈夫でしょうか。その場合、何か気をつけることはあるでしょうか。

。。。心中で、山に謝罪と感謝が大事。
2012-12-10 20:44:30

ーーーーーーーーーーーー
12月12日、山の神様の話は迷信ですか?真実なら、どんな真実ですか?

。。。この日は山嵐が吹き、山中では怪我することが多いとされます。知る人は、入山しません。
気象の節目です。
2012-12-13 20:44:46


立ちションは泌尿器に出ると聞いたことがあります。山生活では当たり前です。
トイレ無いときどうしたらいいですか?

。。。土に謝ってから、用をします。
2012-12-06 20:55:53


ロープウェイで山頂まで行ってきました。帰って来たらラップ音が鳴り、怖い夢で眠れません。何か罰当たりな事をした覚えはないのですが…何が原因ですか?

。。。山に彷徨う霊です。

先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。実践が教え導きます。

古来から、山には死霊が集まるとされます。高みを目指すのです。
2012-10-08 13:57:46

ーーーーーーーーーーーー
昨日の質問で、山には死霊が集まるとの事ですが、私たち夫婦の共通の趣味が登山です。でも、毎回私だけなのですが、山に登ると気分が悪くなり、下山してから吐いたりするのはもしかしてそれと関係ありますか?これからも続けたい趣味なのですが、大丈夫でしょうか・・

。。。普段から、先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。

するべきことが分かります。実践が教え導きます。
2012-10-08 19:54:36


14日15日と山登りに行きます。お盆に入る時期と重なりますので気を付けて登りたいと思います。毎回 山の神様に感謝想起で登らせて戴いております。山の名前の神様 精霊 に対して「生かして頂いて有り難う御座います」と一歩一歩登っています。
 これで 宜しいでしょうか。

。。。それと、山の入口での山への感謝が大事。
2012-07-08 20:14:51


リーマンさん、山には精霊がいらっしゃるのでしょう。
どんな山にもおられるのですか?
氏神様のご神体の山を毎朝、散歩しつつ遥拝しながら、あれ、、、その隣の小さい山にも 「・・!」
じつは神様(精霊)がおられるような・・?
と、盆地に暮らす我が家は、ぐるっと山々に囲まれておりますが
そのどれにもいらっしゃるような気がしまして

。。。そうです。遍満してます。
2012-07-03 21:08:56


私は趣味がなく、妻の独身時代の趣味が山登りだったので家族ぐるみで趣味を登山にしようと思っていたのですが、やめたほうがよいでしょうか?

.。。。。信仰の山は止めること。
色んな仕掛けがあります。
つまり、修業者の目的と、民間人の幸福の目的とは、相反するものです。
2011-12-18 19:27:02


登山は、どの山も登らない方がよいのでしょうか?

。。。いいえ、禁足とされている場所だけです。
信仰の山には注意です。
2010-08-23 12:54:56


20140723

  • 最終更新:2017-05-10 18:22:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード