孔子

孔子について
目次

関連記事

それで良いのだ 2012-12-04 10:33:18

「神秘なる合一」=悟り、です。
老子が言うには、悟りの段階には色々と有り、最高の究極の「合一=悟り」に達すれば、逆にすべてを語ることを止めてしまうことに成ると教えています。

(中略)

老子は、真に悟れば語ることを一切止めて、一般人の中に紛れて静かに生活することに必ず成ると示唆しています。
要は、悟りについて他人と面会する時点で、それは既に本物では無いのです。
伝承される逸話では、当時の社会で超有名だった孔子(こうし)先生が、隠れた聖人が居る噂を聞きつけて、苦労して老子に面会した話が有ります。

面会を避けていた老子にやっとのことで無理に孔子が会いますと、老子は孔子のことを厳しく罵倒したとされています。
老子に面会した孔子は、
「老子とは、天に住む真の聖人のような御方であり、私のような人間には理解できる御方では無かった」
と感想を漏らしたと伝えられています。
老子の思いとしては、上記の文章からも分かりますように、
「社会で有名に成っている時点で、お前は“真の合一”の意味では失格者なんだよ」ということです。


近すぎて見えない 2011-11-16 11:30:03

人間が一番信じていないのは、自分自身のことかも知れません。
お前はダメだ、ダメだと言われ続ければ、本当にダメな人間に「自ら」成ります。
心の外側に崇高な存在を求めることは、自分には崇高なものが無いという裏返しです。心の深層では、自分はダメだと日々言い聞かせることに成ります。
だから、自分の心の外側にある、他人や品物に頼る行為は、ほんとうの自信(自神)を無くして行くのです。

だから、どんな教えでも大切なことは、その崇敬対象が自己の中にも内在するという視点です。
人間は、神仏が自己の中に内在して、それと生まれながらに元々一体だったことを深く理解出来た時、非常な安心感と強さを持つのです。
これが、空海さんが仰った即身成仏(そくしんじょうぶつ:生きながら仏に成る)の意味です。
内在する神仏を深く自覚できた人は、その人自身が輝き始め、その人生も輝き始めます。
自分が迷う時は、必ず他者に頼ろうとしていたことを、思い出しましょう。

しかし、この世で生きるとは、自然の恩恵や他者、見えない善悪色々な精霊にも囲まれて生きています。
だから上記のことは、自己を尊重して他者を排するという意味では決してありません。
孔子(こうし:紀元前の中国に生きた思想家)の教えでもある、「他を敬して、頼らず。」という、他者を尊重して、釈尊の自灯明(じとうみょう:自分の良心を明かりとして突き進むこと。)を日常生活の中で意識することが、本当に自分を改善させます。


カギは日常の中に 2009-12-16 11:14:30

(前略)
現状への感謝を通じて到達した世界は、11の段階=次元が存在すると感じます。私の感じる宇宙は、11の様相で構成されています。11の先は、また元の位置に戻るループと成ります。
十一面観世音菩薩とは、本当に上手く表現したものです。
この11の世界を感じる意識で、人物を観ますと面白い反応が得られます。私の意識を相手に投射して、帰って来る反応を観ます。相手が清浄なほど、私の投射が深く浸透します。物でも反応が還ります。3~11の深度の反応が得られます。
例えば、
近代インドの聖者、ラマナ・マハリシ=10次元。ラーマクリシュナ=7。クリシュナムルティ=6。
老子=9。孔子=8。画家ピカソ=5。ゴッホ=7。棟方志功=8。ミケランジェロ=7.5。バッハ=8。モーツァルト=9。黒住宗忠=8。ダ・ヴィンチ=6。 などなど。


関連コメント

論語の、40にして「不惑」とはどう解釈したら良いのでしょうか?
読み方は「まどわず」や当時は心という漢字がなかったようなので

「くぎらず」と読むという本もあります。
............これを参考に。

不枠。
人生や仕事や人物のワクを作らず。フリー。
差別しない。
2018-10-14 22:17:56


論語の解説本を読んでいて、「仁」の概念は研究者によって百人百様で、老子の「道」のように捉えどころのないもののようで、ある意味似ている概念にもおもえます。ひょっとしたら、孔子が老子に合間見えてアンパンチと喝を入れられてから何かヒントを得て、孔子の思想にも変化がみられたのでは?
老子は釈尊だけではなく、孔子にも種を植えて後世の人類へのヒントを残されたのではと夢想しました。

。。。。言えます。
孔子も素晴らしいです。
コノ世で生きるには、老子よりも実践的で具体的です。
いつかは、孔子シリーズもしたいと思います。
2017-08-14 00:43:01


諸葛孔明は今どこで何をしているのでしょうか?

。。。孔子の分霊を持つ人でした。孔子も、孔明も身長が高かったようです。
私も高いです、笑。
現在は、孔明の魂の分霊は、地上には居ないようです。
2008-10-03 20:17:12


孔子についてはどうですか?

。。。良い魂です。 ただ、老子は、その上ですね。
2人とも、日本神道系の神霊の転生者です。
2008-02-01 22:43:07



  • 最終更新:2020-01-23 20:26:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード