太一

■太一について  キーワード「たいいつ」
関連項目 伊勢神宮関連 
目次

関連記事

時代の流れ 2010-11-01 12:13:00

神宮司庁発行の資料によりますと、
「明治五年九月の当時の政府の通達である「太政官布告第二七二号」で、太→大にと布告され、皇太神宮や太神宮の「太」の表記を、日本書紀などに見られる「大」にすべて統一することとなった。おそらくこの改正に影響されて、第56回(明治二十二年度式年遷宮)の造営のときから、「太一」に代えて「大一」を使うようになったと思われる。読み方は「たいち・たいつ」を多く使っていた。
今回、神宮から式年遷宮の諸準備を始めるにあたり、古儀を尊重して、式年造営の標章は「太一」に統一することとが勧められ、各奉曳団もそれに倣った。」
とあります。
この時に、なんと神札までもが、太→大、へと改変されたようです。
とても明治天皇の発言力は強くて、奈良時代(今から1300年以上前)の神札や文書でも確認できる、伝統の「太」の文字の変更がされたのです。太陽の太でもある文字です。
これは大霊覚者である明治天皇がされたことですから、神意があります。
一度、自ら点を抜いて空白、つまり開放してから再度、未来の天皇が点を入れて締める意味を感じさせます。
つまり、国の時代の流れである江戸の鎖国から明治以降の開放の時代のことです。そして、再び点を入れる時代へと流れる暗示をしています。


今日の日記 2010-10-20 12:06:25

「自己に内在する日輪」との合一を体験しますと、大の中に「、」点を入れたく成るのです。これは、
1。太陽の中に発生する太陽黒点の点( 外部リンク )でもあります。
人類を進化させる電磁波は、太陽黒点が関係します。今の時代に、過去に無いほどの黒点が増加するのは、太古の昔から決められていたことのようです。来年から黒点発生の最大期に突入します。
2。太一:たいいつ。5千年ほど前の古代中国における道教の影響です。宇宙の根源である「一つなる存在」の名称です。
伊勢地域では「太一」の名称は、民間の祭りの場や、伊雑宮の御田植え神事でも使用されています。


大船に乗った 2008-07-24 21:11:18

後日に外宮に付いて調べた時、外宮の神具装備品には北斗七星と北極星をモチーフにした物が沢山存在し、古来より伊勢では、北極星を太一と呼んで親しみ祭るのが常識と知ったのでした。


関連コメント

この度のご著書も 谷川 太一さんで出版されてましたので 太一という 文字はどんな意味があるのでしょうか ?

。。。日本では、天照太御神をさし、
中国では、宇宙の中心、北極星をさします。
2013-06-26 22:06:41


「太一」=「宇宙の根源である『一つなる存在』の名称」は根源神の隠された真の神名ですか?それとも根源神は、やはり人智を超えた、名前の無い存在なのでしょうか。
「太一」が、畏れ多い神名なのか、神事で使われる用語なのか、リーマンさんの感応、ご意見を伺いたく存じます。

。。太一は、言霊ではなく、文字に意味が置かれています。
あまてらすおほみかみ、は神界に鳴りひびく音です。
2010-10-21 15:15:18


天照太御神という神名は誰が付けたのですか?

。。。正式には、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)。通称は、天照大御神です。
しかし、太一という、根源的な神格を私は太陽神に観ています。
だから、天照太御神と、太をいれます。大に ’を入れます。
これは江戸期の神人である黒住宗忠も同じ表現です。
実際に神と感応しますと必ず、太、と成ります。
2010-09-08 13:39:51


20140926

  • 最終更新:2015-02-10 22:06:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード