天照太御神(土着神)

■土着神としての天照太御神について
関連項目 天照太御神
目次

関連記事

感謝を刻んで行く事 2009-10-30 09:53:38

個別名称で信仰すべき神様は、太陽神としての天照太御神が最適です。
1~10段階の次元の現れをしますが、嫌な癖が無いのです。
日本国の土着神としても、現実的な霊域を形成していますので、郷に入れば郷に従うのが良いのです。



この国土では、一番癖が無く霊的影響力を持つ土着神が天照太御神と国常立太神である事は確かです。
二つの親神への感謝の心を維持しながら、内在する神様を意識する自分自身で行なう信仰は、物心共に正しく作用します。


関連コメント

私はおそらく国津神系だとおもいます。
神棚には天照太御神をおまつりしていますが。。。
国津系は天津の和合からは、こぼれることが多いような気がします。
国津系鬼門金神の東北も震災がありました。困難を武器にとか言われますが、やはり多すぎるとどうなんでしょうね。
侵略者側の天津の神を国津系の人間は果たして受け入れ融合することって可能なのでしょうか。

。。。そんな個性を残す神霊の次元ではダメです。
ここでの天照太御神=根源存在です。
鬼門金神も下位に内包します。
2013-07-14 22:15:40


。。。アルナチャラ山をシバ神の御神体として拝みました。
その上での内在神への追求です。
最終的には、両者は1つに統合されます。
これが真我の達成です。
・・ラマナの場合シヴァ神でした。これは、どの神でもいいと言う事なのでしょうか?

。。。違います。
その土地の磁場の影響が大きいです。
日本では、シバ神では悟りは無理です。
天照太御神が、住人を目覚めさすには最短です。
霊的な磁場の現実の影響力です。
2013-07-14 20:09:33


20140622

  • 最終更新:2015-04-13 22:47:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード