大相撲

■大相撲について  関連キーワード すもう
目次

関連記事

普段の中に在る神事 2015-03-23 11:33:26

大相撲の大阪場所が終わりました。私は大阪の大地震も警戒していますが、大相撲の最中はまったく嫌な地震の磁気への懸念が消えていました。
大阪府北部の豊中市から大阪市内の上町台地の西の端を通り、大阪府南部の岸和田市にまで続く「上町断層帯」が在るために、大阪も常に大地震の警戒が必要です。過去の地震では、数メートルの地面の段差が一瞬で出来た証拠も残っています。

人間の極限まで鍛え上げた力士同士が、ぶつかり合って火花を散らし、大地を強く踏む型は本当に大地に影響することを感じます。
しかも、神気のヨリシロとなる千木(ちぎ)を備えた屋根の下で行うのです。


丸い土俵の円は地球を表し、その上で宇宙の縮図である人間がぶつかり合ってショートして真剣な火花を散らします。大地の邪気を祓う火打ち石に成るのです。
人間という小宇宙は、本当の宇宙に影響して左右しています。


ハワイのフラダンスも女神の腰が火山の大地を鎮める神事なのですが、日本は男性性による神事です。
体型から誤解される人がいますが、頭からガツンと当たることがまったく平気な力士は最強です。

興味深いことに、3・11大震災が発生した月に開催予定だった大阪場所・2011年3月13日(日)~3月27日(日)は、 2011年2月ごろ発覚した八百長事件により、相撲協会が「大いに揺れて」中止にしています。

開催予定の会場で、いつもならば行われる大地を踏み固める土俵作りの作業の神事が中止されていた最中の大震災でした。
大相撲を中止することは、日本にとっては最高に縁起が悪いことです。
もし、また同じような事件が起これば、閉鎖された会場で非公開でいつもと同じように正式な土俵を作って大相撲をするべきです。


礼に始まり礼に終わる 2014-05-19 11:17:12

大相撲の中継を見ていますと、長年にわたりプロ野球のレギュラー選手だった御方が解説席のゲストで呼ばれていました。アナウンサーから、
「野球と大相撲を御覧になられて、両方に感じられる何かスポーツの共通点のようなものと、野球の現役選手を長く継続できた秘訣はありますか?」
という問いかけに対して、元野球選手は、

「大相撲を見ていて、挨拶する礼儀が皆さん徹底されていて素晴らしいと思います。
私も球場に入る時は、グラウンドに向かって必ず挨拶をしています。
大相撲の場合も、皆さんが動作の随所で礼を何回もされています。
何に向かって挨拶するのかは、私は野球のグラウンドにも神様が居ると思ってするんですよ。
大相撲の場合も、まさに土俵に神様がおられる気がしました。
このような挨拶をできる謙虚な気持ちが、現役生活を長くさせる秘訣だと思うんですよ」

このような内容のことを仰っていました。まさに霊的に正しい内容です。
人間が礼を尽くす場所には、神気が寄るのです。来るのです。どんな場所にも、大地の精霊が居ます。
挨拶をする、礼儀を置くことは、その場を清めることになります。


四天の心境に学びます 2014-01-28 10:58:38

日本の伝統である大相撲は、大地を鎮める神事でもあります。まさに今の日本に必要であり重要な行事です。腰にヨリシロを付けて全国を巡業するのは、地域の氏神を慰めて大地を安定させます。
これからも大相撲を維持することが大切です。




地球を安定させるために大昔の人は、ハワイのフラダンスや、エジプトのベリーダンス、大相撲の四股などにも見られます、腰にヨリシロを身に付けて大地を安定させるための祭りをしたと感じます。
地球に意識的に感謝を行う住民が多い国の天候は、緩和されるか否かをこれから見て行きましょう。


四股を踏む聖なる大地 2011-11-22 10:51:25

今までは、北米プレートと太平洋プレートの干渉地域での地震が継続しているのですが、おとなしかったユーラシアプレート管轄が揺れるとは、日本列島が次の段階に進み始めた合図だと感じます。

ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの押し合いが、日本列島に加わる可能性を考える必要があります。
なんと日本列島は、「四」大陸のプレートが押しくらまんじゅうを行う稀有なる大地なのです。日本だけの特徴です。
地球が、日本列島の場所で大相撲の“四”股(しこ)を踏む状態だと感じます。
相撲の四股とは、古来の神道における神事です。大地を踏んで邪気を祓い、そして神気を大地に注入するという行為なのです。古墳時代の土器にも、その痕跡が確認されています。


関連コメント

今、大相撲の九州場所が福岡で開催されています。過去にリーマンさんは相撲は神事、大地を鎮める、日本にとって必要なことと仰っていました。場所は予め決まっていることとはいえ、このタイミングで福岡で行われているということは、地磁気などを鎮めたり安定させるため、といった神意もあるのでしょうか。

..........とても大事で、良いこと。
2016-11-15 14:24:18


外国において日本と同様な形式で大相撲の興行をするのは、その国の土地にとって邪気を祓い台地を安定させる良いことになるのでしょうか?

。。。千木まで再現するならば意味はあります。
2015-03-23 21:28:17


以前読んだある本に実に興味深い記述があった記憶があります。
>キレイな女性にも、立派な天狗がいます。
本の内容は記憶が曖昧で簡略に述べますが、ヒミコなどの霊能者のリーダーを決める時に、その背後の存在が何者なのかを判断するために、その霊能者の女性と、その女性の何倍もある力士と土俵の上で相撲をとらせたというような事だったと思います。
(その昔、「女性は穢れた存在であるから、神聖な場である土俵には上がれない」とかでいろいろ問題もありましたね)
女性の背後に屈強な麻賀多大権現のような存在がいれば、どんな大男でも投げ飛ばせたと思われます。つまり、神事も神事、その組織、地域のリーダーのサニワ(審神者)として、相撲は機能をしていたというような話だったと思われます。

。。。それは無いです。
2015-03-23 20:08:16


土俵は昔は四方に柱が有りました。観客が見えないので邪魔と吊り下げ式になりましたが、柱が無いのは大丈夫ですか?邪魔かどうかは別として「柱」は重要と思うのですが。

。。。審判員を柱と思いましょう。
2015-03-23 19:42:03


過去記事から相撲の起源は太古の日本の女神信仰からあることを知りました。大陸の遺跡にも相撲らしき姿が見出せるのはやはり日本から伝わったのでしょうか?
ヤコブ(イスラエル)は相撲と関係ありますか?

。。。猿田彦大神は相撲が最強でした。
モーゼも関係します。
古代イスラエルに、大相撲の原点があります。
2014-01-29 13:21:48


昨日は内宮で神宮奉納大相撲がありました。宇治橋を渡ったところの神苑で横綱の土俵入りの奉納がありましたが、それに先駆けて羽織袴の正装で横綱や皆さんが参拝されたようです。御正宮に参拝されたあとだと思うのですが、偶然、御稲御倉のそばにいたときあたりが静かになったと思ったら、柏手の音が鳴り、振り向くと正装姿の横綱を始め力士や関係者の皆さんが、御稲御倉へ行く道の入り口の向かって左側の建物の前でずらっと並ばれて、参拝されていました。あとで、地図で確認すると、五丈殿とその後ろに由貴御倉と御酒殿がある場所のようです。
質問です。
質問1)どうして、お相撲さんたちはあそこに参拝されたのでしょうか。五穀豊穣へ辟邪されたのでしょうか。
質問2)私は今まで、上位力士が日本人ではなく、外国の人で占められつつあるのを、複雑な思いで感じていました。外国人の方が優れていて、日本人はもうだめなんだろうかと。
しかし、この度、横綱を始め力士の方々を拝見し、自分が感じていたことは実は逆だったのではないかと感じました。すなわち、日本人が駆逐されているのではなく、外国の優れた方々が日本(人)になりにきた。そしてその方々が、日本を豊かにしてくれ、また世界に「日本の神気」を発信するアンテナになりにきたと感じたのですが、伊勢白山道さんはいかがお感じですか。

。。。その考えで良いです。
力を奉納し、神気のヨリシロとなります。
2012-04-02 22:13:52


20140707

  • 最終更新:2016-11-15 14:59:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード