大田田根子

■大田田根子(おおたたねこ)について
関連項目 三輪明神
目次

関連記事

聖徳太子の秘密 その6 2015-05-28 11:31:06

崇神天皇(すじんてんのう・3世紀ごろの天皇)の時代に、近畿地方に不作による飢饉、疫病が流行しました。
その時に天皇の夢に三輪明神(大物主神)が現れて、
*疫病や不作は、三輪明神を祭らない不敬により自分がしたこと。
*助かりたいならば、自分を三輪山に祭ること。
*祭る時は、自分の血を引く子供がいるから、その子を探し出して祭主にすること。

天皇は熱病でうなされながら、このような夢を毎晩見るようになります。
すると、これと同じ内容の夢を皇女であり巫女である倭迹迹日百襲姫命(やまととと・ひももそひめのみこと)や、他の神官も同様に夢に見ることになります。
ちなみに倭迹迹日百襲姫命とは、後に三輪明神(大蛇)の奥さんとして捧げられた皇女であり、外国からは女王ヒミコ(初期のヒミコ。最後のヒミコは伊勢神宮のヤマトヒメ)と呼ばれた伝説の凄い皇女です。

ここからは私のリーディングですが、崇神天皇はこの夢を真剣に受け取り、三輪明神の子供を探させます。
すると、今の大阪府八尾市から堺市に掛けての田園地帯に住む人で、世の中のことを聞けば何でも知っているという不思議な人物が居る噂が宮中に入ります。

さっそく役人が派遣されて行きますと、田んぼを作った側に小屋を建て、真っ白いゆで卵のような白い顔に太い首をして、女性物の着物を着た人物がいました。
役人がその人に、「ここで何をしているのか?」と聞きますと、その白い顔をした人は、
「新しい種類の稲を開発中なのよ~」と明るい声で答えます。
性別は不詳であり、伝承では男性説がありますが、私には女性だと感じます。
名前は、大田田根子(おおたたねこ)と名乗りました。

「そなたは三輪明神の子供か?」と役人が聞きますと、その人物は、
「同じ星から来たというか、同郷・家族の一人です」と答えます。
この様相は、私にはまるで外国人の旅行者が日本の旅館に宿泊して、着物スタイルの浴衣を見て喜んで、ジーンズの上から浴衣を着て嬉しそうに外を出歩くエリート職業の旅行者のように視えます。

要するに、食物の遺伝子を研究して新種の御米を開発して、日本に提供する任務のために派遣された異星人だと私は感得します。

ー中略ー

南米の大蛇神「ケツァルコアトル神」(羽をもった大蛇)が、「農業」と高等文化(暦と宇宙の地図など)を教える神という伝承は、まさに三輪明神の性質と一致する訳です。



ちなみに八咫鏡が三輪山を離れた祟神6年以後も、疫病・不作が起こり、崇神天皇ご自身も熱病にうなされ始めました。
そうしている時に、皇室の孝霊天皇の皇女に三輪明神が降臨・憑依して、
「我を拝めよ。もっと大切に祭れ。そうすれば許してやろう」
と崇神天皇を恫喝しました。
これに折れた崇神天皇は、皇女の神託で告げられた内容の通りに、今の大阪府八尾市の沼地になぜか住んでいた大田田根子(おおた た ねこ)と自称する人間が存在することを発見し、この人を祭主として三輪明神を国家で祭りました。
そうしますと、直ぐに疫病は終息し、五穀豊穣となりました。

この大田田根子とは歴史の謎の人物なのですが、私には色の白い白蛇の化身のような、性別が不明な人物に視えます。肌が、白人のように白いです。
渡来人も含めた歴史と、日本の不思議な精霊信仰の化身の出現を感じます。


関連コメント

大田田根子さんは菌類ですか?
大田田根子さんがなさったという魂返し(迷える魂を正しい道に戻すこと)は悪玉菌がはびこったところを善玉菌で調整したんでしょうか?

。。。遺伝子に関わる蛇神が関係します。
2013-12-08 17:24:42


大田田根子(おおた た ねこ)
この方は氏はどこまでですか

。。。根子です。
2013-10-13 15:05:01

ーーーーーーーーーー
「根子」が氏であるとお答えいただいたということでしょうか?

。。。前半は地名であり、根子が個人の名称です。
2013-10-13 18:02:50


ムダな苦労などありません 2013-10-13 11:34:25】の記事の中の「おおた た ねこ」もう少し詳しく説明していただけますか?

。。。白蛇の化身です。
太古の遺伝子操作の過程で存在したと思われます。
三輪明神は、操作した主の側です。
2013-10-13 17:21:09

ーーーーーーーーーーー
三輪山の神様による遺伝子操作はどのような意図のものだったのでしょうか?

。。。イケニエ=遺伝子実験でもありました。
2013-10-14 14:45:13



  • 最終更新:2015-05-28 20:12:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード