大地(神様)

大地(神様)について
関連項目 大地
目次

関連記事


更に大きな視点では、
地球霊=日本では国常立太神(くにとこたちオオカミ)=鬼門の金神様(大地を支配する)は、
今の人類を歯がゆく観ています。
人類が住めるように、存続が出来ますように、どんなに陰で働いていましても、

「みんなにでくのぼーと呼ばれ」
「ホメられもせず」
「苦にもされず」        (by 宮沢賢治)

「感謝もされず」に働いているのが神様です。



感謝を捧げるだけの参拝は、大自然の象徴(神様)に対して、自分自身を還す(帰す・循環させる)ことに成ります。
大自然というフィルターに、自分を通すことに成ります。
別に伊勢まで行かなくても、近隣の氏神に参拝することで、自分自身を大地の精霊のフィルターに通すことに成ります。

上記の読者の子供さんの話は、霊的な真実です。
幼い時の子供は、自然な直感で神様の思いが分かるのです。これが成長するにつれて、色々なことを考え出せば、思い始めれば、大地の神様の思いが分からなくなって行きます。
大人に成りますと、国家単位でもこれが分からなくなるのです。


絶対的なパワー 2010-10-05 11:29:00

過去記事において、日本列島自体が大きな龍神の姿であり、地球創世記のマグマの海をかけずり回って、最後に休んだ姿が今の日本列島だと書きました。まさに日本列島は、龍の形をした生き物なのです。
最近の地震の頻発は、日本列島が永い永い冬眠から目覚め始めているとも言えます。
大地が目覚めますと、そこに住む人間も同調して、目覚める仕組みが在るのです。


白山の秘密と感謝 2008-06-03 20:50:25

何処の国にも、大地の母と言える地母神が存在します。
この地球の大地の母と言える地母神は、1つの神霊系統の
ネットワークで結ばれています。 この地母神が鎮まる場所は、
地球上の各大陸で山頂に白い雪を頂くような、巨大な山脈に
鎮まっているのが大半です。
この地母神ネットワークの頂点に立つ神は、日本に存在します。
それは、白山神です。


弱者の王者 2008-02-04 20:44:16

地蔵尊・・・・地面の蔵の尊い者・・・大地の尊・・・地球の尊。
地獄の末端の存在も、救いたい尊、ミコトです。 
自身の弱さ故に地獄に落ちた霊や、子供や赤子の訳分から
ぬ霊をも救いたい尊です。 その姿は、現実界では丸坊主の
子供の様な姿で表現されていますが、その正体は、霊眼では
実に強いものです。 最強の存在が、わざと弱い姿で末端の
場末に現れている様です。 
不動明王の様な強い姿を見せる存在よりも、弱い形象を選択
する存在は、ある意味怖いです。
本当に強いからです。 人間でも、弱そうな人を苛めると、
後が怖いです。 末永く怨まれます。
地球、地獄界の盟主、国常立太神が仏縁で現れた姿が
地蔵尊でした。


産土神は根源神に通じる 2007-07-03 20:08:35

根源の存在の息吹で、地球が出来ました。
この地球の魂は、地球霊=国常立太神 と感じます。
地球の表面が、マグマに覆われて、流動している時に
国常立太神の姿は、大きな龍神の姿で感得されます。それは
地球の表面を、ウネリ渦巻きながら飛び跳ねるコロナです。
地球表面を駆け巡り、仕組み を終えると、ある場所に止まり
ました。そして、眠ったのです。その龍の体が、そのまま固定
化したのが、日本列島の大地です。


関連コメント

東日本大震災から、五年と言うこともあり、各局で、特集が組まれています、
津波の映像を視て、家、家族、親戚、友人、ペットを失くされた方々の証言を聞いて、心が落ちていきます・・・・・。

あの、大震災を神様は、しょうがないことだったと思っておられますか?
日本の大地を大切にしなかった怒りだったのですか?

。。。。祭主である天皇をないがしろにする政治社会になると、大地が怒ります。
阪神大震災もそう。

古代の祭政一致とは、マジだったのです。
これをバカにする限り、破滅に進みます。
2016-03-06 14:16:04


大地深奥の神様とは どの様な神様でしょうか。

。。。。最奥にいるのが、国常立太神。
鬼門の金神様でもあり。
2015-11-26 23:47:28


近所の神社の神様と外宮の神様は同じだと思いました。なぜですか?一つだからですか?

。。。同じ日本の土地だからです。

外宮=国常立太神=大地の神
2014-03-20 21:41:27



  • 最終更新:2019-12-08 20:08:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード