墓(遺骨)

■墓(遺骨)について
関連項目 
目次

関連コメント

無縁仏になる可能性があるお墓と余った遺骨の収め方についての相談です。桐箱に収まりきらないお骨の収めどころがありません。私は家で、3本の供養を続けています。

。。。自分の予算に合わせて、どれも良いです。

インドでは、骨は排泄物として川に流します。
執着を断ち切る意味もあります。

家内での供養が最重要です。

*寄り代(短冊や位牌のこと)は挟んで固定して、安定した台で供養していれば問題は無いです。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CP3IVUG/isehakusandou-22/ref=nosim 携帯から:http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B00CP3IVUG&at=isehakusandou-22
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。するべきことが分かります。実践が教え導きます。
2014-06-02 13:36:45


今朝テレビの情報番組で自宅納骨の特集がありました
昨今のお墓へ納骨しない樹木葬、海への散骨、またこの自宅納骨をどう思われますか?
故人への想い、金銭的な事情もあると思われますが、それぞれ問題は無いのでしょうか?

。。。。自宅に骨を置くのは厳禁です。故人の執着がまし、成仏の妨害になります。
コノ世に残る限り、生前の痛みは継続します。

散骨は問題は無いです。

大事は、自宅でのヨリシロの供養です。
2013-06-05 15:34:40


最近お骨をプレートやネックレスに加工してくれる業者がいるそうです。

。。。賛成しません。

故人も子孫も、執着を失くすことが大事。
2013-04-30 23:05:39


故人の遺骨の一部を仏壇などに置くことは良くないですか。又、遺骨を墓に入れないで家にずっと置くことは厳禁ですか。

。。。はい、できれば故人の執着・縁者の執着を減らすために、家には不要です。
霊位のヨリシロへの供養が大事。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。
2012-06-29 13:30:13


父の遺骨を永代供養しようと思っていたのですが、お墓を建てるのも永代供養も高額で難しいので、骨を自宅においておこうと思うのですが大丈夫でしょうか?

骨は、散骨か、焼き場での引取りも検討です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
するべきことが分かります。
2012-02-04 12:45:11


72歳の実母は、44歳で離婚して再婚しませんでした。
今は年金での一人暮らしです。母の実家はすでにありません。母は若い頃から宗教が嫌いで、無宗教です。自分が死んでも、実家の墓には入れないで欲しいと言ってます。
もし母が亡くなった場合、遺骨は無縁仏として、何処かのお寺に預けるべきですか?または散骨するのが良いですか?
遺骨も墓も無いのに、母の戒名をもらって、お位牌はつくるべきですか?
私は、嫁に行った身なので、母の位牌は預かれそうもありません。
どうしたら良いか教えて下さい。

。。。骨は、焼き場で全部処理もお願いできます。
あなたの苗字1つで、寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていけば、霊的な面は問題は無いです。
3本目の線香で、実母の対応がされます。
寄り代(短冊や位牌のこと)は挟んで固定し、30~50cmの安定した台でしていると、霊的な意味での問題はないです。
まずは、「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
2012-01-29 20:25:23


15年前、実父が亡くなった際、火葬場で遺骨を骨壺に納めている時、夫が遺骨のひとかけらを持ち帰っていたのです。夫が9年前に病死し遺品を整理している時に発見し、庭に植えてある植物の横に埋めました。今からでも掘り出した方が良いでしょうか? その場合どうすれば良いでしょうか。

。。。見つかれば、墓に戻します。
無ければ、寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしながら、静観していきましょう。
寄り代(短冊や位牌のこと)は挟んで固定し、30~50cmの安定した台でしていると問題ないです。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を何回も再読してください。
2011-05-13 14:54:23


①遺骨は、墓や共同納骨堂に納めるのが一般的ですが、伊勢白山道式供養のみするならば、お骨の処理はどうすればよろしいでしょうか?

。。。家から離すことで良いです。処分は自由です。墓があっても、墓に入れる骨は都会では一部に過ぎません。残りは廃棄処理されています。予算がなければ、全部焼き場での処分も良いでしょう。

②すでに墓や納骨堂にある状態で、無くそうとするなら、どのようにすればよいでしょうか?

。。。すでに在る場合は、そのまま朽ちるのが理想です。
2011-01-18 13:07:09


遺骨について、散骨や共同墓地もアリ、ならば、「私が大切にお祀りしたい人」の墓を一つ作って、そこに父・母・兄弟、を亡くなるたびにおさめても構わないでしょうか? 私にご縁がある人の共同墓地です。離婚したり、嫁にいったりで名字は違いますが、血が繋がるもの、私が生きる限りご供養したい人、の為の共同墓地、これはアリですか?

。。。骨は重要では無いので、その考えで良いです。
排泄物を廃棄するのと同じです。自宅での供養がすべてです。
あなたは、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を読みましょう。
2011-01-10 23:09:08


昨日母の葬儀にて、遺骨の一部を持って帰りました。いつも行っている感謝の先祖供養の場所に置いて供養していきたいのですがいかがですか

。。。故人の執着を起こします。墓に戻すのが良いです。
2010-09-22 14:22:23


6年前亡くなった母の遺骨の一部を持っています。母の遺骨をどのようにする事が望ましいでしょうか

。。。海や故郷の山に埋めるのもよいし、公共の遺体焼き場に持参して、集合墓地に入れるのでも良いです。
2010-07-13 18:25:38


真言宗の檀家の方は高野山に納骨されたり、浄土真宗の方は檀家のお寺の紹介状持参で東本願寺に納骨されたり これらの納骨についての認識を教えて頂けないでしょうか。

。。。分骨には意味がないです。家庭の供養が最重要。更には、お墓があれば十分です。
2010-06-06 19:29:32


20141103

  • 最終更新:2016-10-09 12:05:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード