地球誕生

編集中(長期)

目次

関連記事

雷への対策が必要です2009-12-27 18:29:38

太古の昔、地球創成の過程において、地球の表面を雷が覆っている世紀が、非常に永く存在した様相を感じます。
雷の細かい毛細血管が地球全体を覆い広がる様に、絶えず雷が発生している状態です。この雷の電磁刺激の過程のお陰により、生命の「ゆるんだ」遺伝子がククリ合わせられて行ったと感じます。生命誕生と進化の過程では、絶対に必要な期間だったのです。
地球自体も雷の膜に覆われる事により、大地の固形化が進められていったと観えます。

関連コメント

我々のこの銀河の太陽が特別なのですか?他の銀河にある恒星の中と比べても我々の知っている太陽はごくありふれた存在であり、恒星の中では小さなほうだ、太陽の何十倍の大きさの恒星も沢山存在している、みたいな事を聞いたことがあるのですが。この特別な恒星は我々の知っている太陽に限った事なのでしょうか?それとも他の恒星にも言えることなのでしょうか?

。。。多くの星が緑を宿す特別でした。
今は地球が特別な舞台です。
これも人類次第で、特別で無くなります。
2013-08-19 14:04:36

ーーーーーーーーーーーー
「多くの星が緑を宿す特別だった」これはどういうことでしょうか。

。。。地球は、奇跡の特異点です。
いつでも火星のような不毛に成ります。
2013-08-20 23:28:10

ーーーーーーーーーーーー
地球が特異点というのはどのような点で特異なのでしょうか。

。。。神の奇跡の星だから、特異です。
普通では無い。
2013-08-21 14:18:22



。。。ミトコンドリアは、地球外から来ています。
隕石に付着していたのです。
滅亡する惑星から、遺伝子情報を乗せて、命の連鎖を計ったのです。
2010-09-03 20:56:54

ーーーーーーーーーーー
確かミトコンドリアは他の惑星からやてきたと過去コメントに書いてあったと思います。ミトコンドリアが消滅しなかったのは、どのような理由ですか?

。。。隕石に張り付く粘菌で来るものもあれば、
磁気霊体で来る存在もいます
2013-12-02 21:46:27




  • 最終更新:2013-12-07 10:26:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード