地獄

■この世とあの世の地獄について(次元を除く)
関連項目 輪廻転生
目次

地獄の中でも花を求めれば大丈夫

関連記事


親鸞(しんらん)さんの浄土真宗などは、「死ねば全員が100%極楽浄土(天国)の仏様に成るのだ!!」と断言しています。故人に対して悪人だとか、地獄という観念自体が存在しないのです。
これは、自我を超越した高度な真我1つの心境では、本当の真実です。
(過去記事より:【モノの哀れを知ることが大切 2013-12-27 10:43:23】)

(感想)
地獄とは、コノ世に「だけ」存在しています。ニュースを見ましても、色々な地獄を毎日のように実際に見ることが出来ます。
イジメ地獄、殺人地獄、放火地獄、強盗地獄・・・・人間は麻痺しているだけであり、実際には地獄の中に住んでいるとも言えます。
その一方で、コノ世は天国も共存している稀有なる世界です。色々な楽しい場所も、心が暖かくなる物事も無数に存在します。

つまり、生きる人間は、コノ世のどんなことに自分の心を寄せるのかを試されているのです。
自分の心を地獄に寄せながら生きるのか、良心(良い事)に寄せて生きるのかを、自分で選択しているのが「生き方」なのです。
生き方は、自分で自由に選択が出来ますし、その選択を自分の良心(内在神)から監視されているのが、コノ世という世界の特徴です。

そして、死後の真相とは、コノ世で自分が心を寄せていた「方向」に進むだけのことなのです。
だから、コノ世の地獄の中に自分が住んでいる、自分が地獄のような目に遭っていると、今の自分が思っていても大丈夫です。
その中でも、自分の意志で自分の中の良心(内在神)と先祖に気持ちを向けていれば大丈夫なのです。コノ世の地獄の中に住みながらも、死後は自分の心を寄せていた「方向」に必ず嫌でも進んで行きます。

親鸞さんの方便(ほうべん:目的のための手段)の場合は、だからひたすら寝ても覚めても仏様の名前を呼びなさいということでした。悪事に心を寄せるよりも、ひたすら仏様の名前を呼んで心を寄せている方がマシだということです。
これを子供のように信じて徹底して実行すれば、ウソでは無い結果には成るでしょう。
しかしその一方で、コノ世の貴重な時間を楽しむ、感謝するという行為が不足していますと、やはりアノ世に帰りましても後悔することに成ります。

大切なことは、方便の先に在るこのような真理を知った上で、短いコノ世を生きることです。
自分を裁くのは他人ではなくて、本当の自分(良心・内在神)だけなのです。
コノ世で見えるどんな光景も、早足でどんどんと過ぎ去るものに過ぎません。
今の自分が辛くても大丈夫です。それは、自分が他人からの視点に重きを置くからです。
どんな地獄の中でも、自分の良心を応援すれば良いです。その連続は、必ず良い世界を出現させます。そして死後にも通じます。

コノ世の地獄

関連コメント

今住んでいるところでは住むことも就職することも困難です。どうしたら良いか分かりません。
周りの人たちも冷たく、辛く寂しいだけです。

。。。自分の選択と努力次第です。
地獄を天国に変えるのは、自分の努力です。
2013-08-31 11:05:49


どうして私は何でも失敗だらけの毎日なのでしょうか?

。。。自分の努力で、天国にも地獄にもなります。
2013-06-20 20:37:22


場所の問題というお答えありがとうございます。色々あったのは場所の影響だったのですね。思いきって仕事を辞めて良かったって事ですよね?

。。。関係ないです。
努力が大事。どこでも。
地獄でも努力です。
2013-03-02 14:41:35


いったい自分は今、どの辺に魂のレベルがあるか知るのはとても重要に思えます。

・・・・これは、この世を去るまで分かりません。
今、良いレベルでも、慢心すると直ぐに落ちます。
途中の評価は、無意味ですね。。
例え、生きながら地獄の境涯に成ろうとも、何時でもホームランを打つ可能性は、生きる限りは誰にでも、あります。
だから、現状判断よりも、姿勢と努力が大事です。
生きる限り、いつでも天国へ行けます。
2008-04-12 19:31:12


アノ世の地獄

関連コメント

床供養をしていて思うのですが、重い想念のまま死を迎え、地べたの低いところで彷徨い続ける者たちと、地獄に行くものたちとの違いとは何ですか?

。。。。他人を害するなど犯罪ならば、強制的な引力による回収、火の車、が来ます。
自分の自我の執着で、地縛霊にはなるが、犯罪はしていない、などの違い。
2016-05-25 13:16:35


地獄で感謝(感謝想起)している人(魂)はいますか?

。。。誤解してます。
地獄は、強制では無いです。
良心に目覚めた魂が、自分から反省のために行きます。
これが重力のようにウソが付けないのです。
その時は、感謝にも目覚めています。だから自分で後悔して泣くほど悔います。
2015-05-19 21:58:28


私と母は、小さなことでぶつかり、すぐ喧嘩になります。妹と母は、相性が良く、めったに喧嘩しません。私と母は、なぜこうもぶつかり合うのでしょうか。

。。。似たもの同士は喧嘩します。
自分の生活費と住まいを想像して感謝し、静観をしましょう。
アノ世の地獄が地獄たるゆえんは、似たもの同士が集まるから。他者が見れば、地獄としか言い様がない。
2015-04-14 14:08:23


無限地獄の無限とは、とんでもなく長いという意味ですか?

。。。とても長い意味です。
コノ世でいう数百年などザラです。
縁者からの感謝の供養が大事。
2014-11-10 02:28:35


地獄には、魔王の権化みたいな最悪の悪霊のボスっていてますか?

。。。その魂の罪の深さで見える形象は変わります。
ランク別の姿の法則は太古から一応あります。
コノ世で怠けた者は、やはり全部が後悔してます。
アノ世の心だけの世界とは、誤魔化しが効きません。
2014-07-22 21:00:34


興味本位ですが、この世に地獄界からの植物はありますか?

。。。オレンジ色の鬼百合は、地獄にも咲いています。
2014-04-06 23:04:30


おひさまのない世界ってあるのですか?

。。。地獄に行けば在ります。
2014-01-17 19:38:00


少し前に教えていただいたロシアで録音された例の音ですが、録音された地下距離は、14.4kmでした。
仏典では古くから地獄の場所は地下1千由旬(※由旬は尺度の単位)とされるそうですが、1由旬の距離は、一説には14.4kmとも言われ、桁の違いがありますが数字がピタリ符号します。古代仏教が真実を伝えていたのだから当然と言えば当然なのですが・・・。
また、これが録音されたとされる年は1989年。日本は平成元年という霊的にも節目の年でした。
14.4という数字にしろ、その年代にしろ、赤い龍がいる土地柄といい、あの音が録音された事には、単に「たまたま録音された」では済まされないような、その存在が主張するかのような、或いは布告のような意図を感じてしまいます。リーマンさんはこの録音の件に、何をお感じになりますか?

。。。14.4kmの地球の地層全体に、地獄の磁気を貯める層が存在します。
更に深く潜るほど、次元を超えて太陽に近付きます。
2013-11-30 12:55:57

ーーーーーーーーーー
再質問します。
仏典では1千由旬(これも諸説あり、500由旬なども)とされていますが、例の音源は14.4kmの位置だったという この差異をどう解釈すればよいでしょうか?
(1)仏典に記された古い時代においては、事実、14.4kmよりもっと深い地下にあったが年月を経て地表近くにまで上昇してきたのでしょうか?また、もしそうであれば、それは地球のバルドォと関係しますか?
(2)実は地獄地層の位置はさほど変わっていない。古典の単位の解釈が違うだけ。
よろしくお願いします。

。。。14.4kmの層の先にも、色んな層が深奥に向けて存在します。
だから、どの層を指すかの問題。
地球の中心は太陽に行き着く転写です。
2013-12-01 14:11:14


見詰めるべきは自分の良心(内在神)です 2013-01-08 11:11:44】の記事では「太陽の光が届かない寒い地獄」という言葉がありました。
また2chログ2007-04-17 19:22:18である人物について「地獄界で、魂がバラバラに凍結されている様を感じます。2度と転生は無いですね。」 と書かれています。
地獄には極寒地獄と灼熱地獄との両方があると考えてよろしいですか?

。。。両方です。
色んな次元世界があります。
2013-10-14 15:29:06


この暑さってなんというか、地球内部から来る熱さというか、熱を観じます。マグマの熱さというか、違いますか?

。。。地球内部に地獄界がありますから、
これがコノ世に示現しないように注意してます。
社会の混乱が、それを意味します。
地獄はマグマのように熱い世界です。

霊体が、悪い磁気で重い人間は、死後に地下へと引力で沈んで行きます。火の車の正体です。
自然法則です。
2013-10-10 14:05:36


無限地獄は伊勢白山道ではどのようなところなのでしょうか?

。。。。コノ世が天国だったと後悔するほど厳しいです。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば、何回も読んでください。するべきことが分かります。実践が自分に教え、先行きを導きます。
2013-09-20 15:41:41


日本を先の大戦へと向かわせた3人の売国奴は、今どこにいますか? やはり地獄にいますか?

。。。無限地獄です。
300万人の人生を順番に経験中です。阿鼻叫喚の最中です。
教祖も、死後は会員数の人生を再体験します。
ヘビに朽ちてでも。
コノ世の行為は一切が、並行する宇宙に残ります。
だから善行の上書き修正が大事。これも生きるからです。
2013-08-17 14:21:05


死後に地獄なんてないですよね。天国はあるかなと思いますが。

。。。すべては自分の良心が判断します。
これが恐ろしいほど厳格で公平で完全です。
魂は、自分で判断して、自ら地獄を望んで行くのです。
天国に行くのも同じ過程です。
内在神は常にあなたを静観しています。
2013-08-14 14:51:48


私の感じるあの世とは、冥い世界で泥の中に温全身浸かっている状態なのですが。

。。。それは、あなたの想像です。
ただ、自分の観念が出現する世界ではあります。
灼熱地獄もあります。
ただ、地獄では太陽は見えません。
2013-01-08 17:13:10


生前の悪行の報いを死後に受けるよりも、生きているうちに反射を受けないと反省も改善も無いのでは?

。。。生きる間に反射(悪いこと)を受けるのは、本人にまだ徳があったのです。
最悪の人間は、この世で返済せずに地獄に行きます。
これは本当に辛いことになります。
すべては無駄なく、一厘まで帳尻が合うことになります。仕方がないことです。
2012-12-13 19:07:12


。。。。地獄=自分自身の良心が裁く世界です。

「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。
2012-08-30 19:58:22

生きる間は上書き修正ができます

関連コメント

地獄からの転生者も死ねば仏になるのですか

。。。自分の自我を薄くすれば、そうです。
地獄に導くのは、自分の自我です。
不満心、比較心、感謝のない心が、自我のカタマリです。

「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何度も再読してください。
するべきことが分かります。実践が教え導きます。
2013-12-27 19:01:35


罪を犯した私は一生苦しみながら背負っていかないといけないですか?

。。。これから先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。

生きる間は、上書き修正ができて、徳の貯金も可能です。
実践が自分に教え、先行きを導きます。
2013-10-26 11:37:52


私は今までの人生で沢山の悪行を積み重ね、その上ある宗教にどっぷりハマり、長年人の幸せの為と信じて一生懸命人の幸せ、自分のことも祈願しまくっていました。
一般的に犯罪やイジメなどの認識される悪行と外在信仰や有料先生など本人は善行と信じて行っている無知の罪はどちらが反射が大きいのでしょうか?
今まで自分がしてきたことは毎日先祖供養しても今生で生きている間に上書きできない気がしてしまいます。残りの人生は反射を受け続けるのかと思うと絶望して立ち上がる気力もありません。

。。。先祖への感謝を普段の中でしていけば大丈夫です。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を出来れば何回も再読してください。実践が教え導きます。

生きる間は上書き修正できるのが、生きる特権です。
2012-07-07 14:30:00


あの世では全てがこの世の反転。他人を苛めたり、陥れたり、裏切ったり、心を傷付けたり…。
考えが甘かったです。

。。。他の善行で、生きる間は上書き修正が可能です。
2012-06-23 21:54:21


少年期とはいえ犯罪を犯してきた僕は、やはりリーマンさんからみて動物形象になっていますか?僕の霊体いかがでしょうか・・。

。。。良いですよ。
上書き修正できています。
生きる間は、下落も向上も在るのです。
死ぬまでが勝負です。
2010-04-13 15:14:06


地獄にいる縁者は救うことができます

関連記事

まあ、ええじゃないか 2013-06-04 10:54:55

ただ言える事は、地獄の次元で苦しんでいる縁者が居れば、それを救い出せるのは、霊線で繋がる生きる人間なのです。
だから地獄の心境に居る魂にとっては、感謝の供養の光の糸をもたらす子孫は、神様に観えるのです。供養するあなたが、神様や観音様のように、あちらの次元では実際に出現しています。



では、どうすれば良いのか?自殺者も必ず安心させる事が出来ます。
それは生きている縁ある人間が、感謝の思いを故人に送って上げる事です。
自責の念に縛られている故人に対して、「私たちが生きているのは、あなたが居た御陰」だと思って上げる事なのです。この「思いやり」が、故人を必ず救います。
最初は、故人が自分は迷惑しか掛けていないと頑なですが、あの世では必ず解けて行きます。故人の事を知る縁ある人が、この世で思う内容は必ず届きます。感謝の三本供養も、故人に感謝を贈るための手段の1つです。


関連コメント

元奥様は、あとどのくらい詫び続ければ今の状況から解放されるのでしょうか?
自殺という最大の罪も背負ってらっしゃいます。
まだまだ長い長い期間、暗闇の中、後悔と悲しみの中に居なければならないのでしょうか?

。。。。長く掛かります。

供養が有れば、50年で解ける可能性はあります。
2014-07-22 19:01:34


この世の子孫からの供養待ちでは、あの世にいるほとんどの人が上昇できないことになってしまいませんか?

。。。普通は、最初に入った世界で固定です。
この世に生まれ直すしか、上にあがることはなかったのです。
しかし、感謝供養を受ける縁があると、霊界までは自殺者でも引き上げることが可能です。
2010-08-25 17:15:10


必ず変化します 2010-08-18 11:37:23】の記事に「あの世は、自分が生きている時の人生内容と思考内容の反射を受ける次元に自ら誘導されます。そして、その次元で固定されます。もし、より自由度の高い次元に魂が行きたければ、この現実界に必ず生まれて来る必要があるのです。」とありましたが、あの世で固定化さえているのでしたら、地獄で苦しむご先祖様を線香の三本供養によって上げることもできていないのではないでしょうか。

。。。記事は、自力での話ですよ。供養という縁者からの供養は、地獄から霊界までは引き上げることが可能です。霊界以上へは、個の魂に依存することになります。
供養を受けられるとは、貴重なことです。
一人の方は、生きる間に自分が先祖を供養し、死後に自分も供養を受け取ることになります。
2010-08-18 13:49:22


20141030

  • 最終更新:2016-05-25 18:29:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード