四諦(したい)

■四諦(したい)について
関連項目 釈尊
目次

関連記事

全般

釈尊の本意 2008-09-24 18:31:37

八正道の霊的エッセンスは、この中に隠れている「正知」(せいち)、人生を正しく知る事だと、私はします。

では、仏教の根本基本である四諦は、
(1)人が生きるということは苦であるという真理
(2)その苦の原因は人間の執着にあるという真理
(3)この苦を滅した境地が悟りであるという真理
(4)その悟りに到達する方法が仏道であるという真理

この中の特に(1)が、釈尊の基本にあります。
そもそも、人生とは苦しいものだと。
苦しい事が当たり前だと。
これを避けようとしたり、逃げようとすること自体が宇宙の真理に逆らう事だとします。


すべてを改善させる道 2015-01-17 11:54:56

人が真から幸福に成れるための道が色々とありますが、
その中でも「八個の正しい道」(八正道:はっしょうどう)が最高です。

また、多くの真理の内でも「四つのあきらめる方法」(四諦:したい)が最重要です。

(中略)

そして釈尊は、人間は4つの「あきらめ」を真理として知って置くことが大切だとします。
(1) 人が生きるということには、「苦しいことも初めからセット」であるという真理。
これを明るく受け入れて、人生を思いっ切り生きることが重要なのです。

(2) その苦の原因は人間の「執着」することにあるという真理
(3) この執着を滅した境地が「悟り」であるという真理
(4) その悟りに到達する方法が「八つの道」であるという真理
この4つを四諦(したい)という、正しく明るく前向きに「あきらめる真理」とします。

更に釈尊は、人徳が重要だとします。


本当の裏話 2015-01-20 11:58:10

「八個の正しい道」(八正道:はっしょうどう)と、
「四つのあきらめる方法」(四諦:したい)こそが、
真の幸福への道です。

何が正しいのかが分かるように成れるためには、この2つの道を歩む以外に方法はありません。
あなた達は、この道を歩きなさい。
この道こそは、悪魔をも打倒します。
(274番)

あなた達がこの2つの道を歩いて行けば、苦しみから離れることが出来ます。
私(釈尊)は、苦しみを去る方法を自分で体験して、この2つの道をあなた達に伝えています。
(275番)

あなた達は、自分で頑張らないといけないのです。
すべての真のブッダ(完成した聖人)たちは、手助けをせずに敢えて教えることしか絶対にしないのです。
覚悟して2つの道を歩む人々は、悪魔が仕掛けるワナから離れることでしょう。
(276番)

(原始仏典 ダンマパダ20章-274・275・276番)

(感想)
コノ世で霊的先生だと自称する人間が、絶対に言わない事をこの項で釈尊は述べています。
それは、真のブッダこそは「表面では」教えを説くだけだということです。
逆に言葉に出して、他人を助けるなどとは絶対に言わないのです。
ましてや、金銭と交換で助けるなどは、天地が逆転しても言いません。
この発言を見ましても、ダンマパダ仏典が釈尊の本当の言葉であることが霊的に分かります。


【悟り】と【八正道(はっしょうどう)】・【四諦(したい)】


仏教では、どうすれば悟れるか?
という一番大切な説明が、八正道(はっしょうどう:8つの正しい生活法)や四諦(したい:因果の法則)という膨大な説明により逆に分かり難くなっています。
これだ!という悟る方法の説明が無いのです。上記のような後世に弟子がまとめた仏典のために、ダラダラと長い説明に成ってしまっています。

ところが、釈尊の言葉をまとめた本当に初期の仏典である「ダンマパダ」のこの章には、明確に短い言葉で悟るための説明が成されているのです。


関連コメント

八正道だけに注目すれば、リーマンさんの意見や思いは納得のいくものとして拝聴しました。

しかし、その目的は苦として捉えた輪廻からの解脱が目的であろうと思います。
各々が抱えるカルマを乗り越え、この世の苦しみを生き抜き、神の役に立つ人間になるために精進することを放棄する教えとなってしまったことを、釈迦は死後すぐに後悔したというような説を聞いたことがあります。

・・・釈尊の直伝は、四諦と八正道と
現状を受け入れ、感謝することだけだと、感応します。その他全ては、捻じ曲げ解釈の蓄積です。
本当の釈尊の教えは、明るく、生きる力に溢れたものです。
釈尊を利用した宗教には、誤りが多いです。
2007-10-14 18:27:10


【掲載順序】
関連記事-全般見出しは、日付昇順


20140720

  • 最終更新:2015-01-20 21:29:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード