周利槃特(シュリハンドク)

■周利槃特(シュリハンドク)について
関連項目 悟り(覚者)
目次

関連記事


アホと言いますと、伝説のアホである「レレレのおじさん」の原点・シュリハンドクです。釈尊の直弟子です。(過去記事【何かに専念することは幸福を呼びます 2012-01-09 11:06:33】)
シュリハンドクが悟りに至る過程には、「受け身の行徳」がありました。
ハンドクの周囲の人間は、ハンドクに自分のストレスをぶつけてもいました。ハンドクが怒らないことを良いことに、イジメもあったのです。要は、気を使わずに済むハンドクが気楽だったのです。
ハンドクはこれを「受け流し」ながら、ひたすら「明るく」ゴミ掃除を遂行しました。その中で、「一寸の虫にも五分の魂」が宿るがごとく、低い知能でも見性(けんしょう:内在神に目覚める)したのです。
イジメられて、イジメられて、その中で真理を見るのです。明るく遂行したことが、その条件でした。



「日常生活の中には、いくらでも自分の精神性を高める「場」が無限に在るのです」
これは、専業主婦も家庭が修行の場に成りますし、引きこもりニートでさえも不安感の中でも懸命に悩んで生きれば明かりが射し、それが修行期間だったと後で言えるようにもなりえます。
有名な話では、漫画「天才バカボン」に出てくる「レレレのおじさん」です。
このキャラクターは、仏典に登場する周利槃特(シュリハンドク)をモデルにしたと考察されるような類似点があります。
(中略)
ハンドクは過去生の修行者だった時の縁により、釈尊の信者になれました。
しかし、あまりにも頭が悪くて何も出来ないために、釈尊の集団から追い出されようとしていました。
これを知った釈尊はハンドクを呼び、1本のホウキを持たせて「とにかく掃除しなさい」と言いました。
それからハンドクはひたすら「レレレのレ~」と掃除することだけに何年も何年も専念しました。

するとある日、
「汚れが落ちにくいのは人間の心も同じだ。しかも日々汚れは掃除すれば増減し、変わる。」
「だから人間の心も、いつでも必ず変わることができるのだ。」
とハンドクが深く思った時に、過去生の他人を罵倒した垢のフタが心から落ち、聡明な頭脳がよみがえったのです。(以上は、私のリーディングです。)

目の前の物事に、バカになってひたすら専念すればセレンディピティ(【大切な心に気付けば変われます 2011-12-31 11:17:21】)が起こる(来る)のです。
これは悟りでも、まったく同じです。


関連コメント

質問です。釈尊には多士済々のお弟子さんがいらっしゃいましたね。
その中でもアホの覚者、シュリハンドクにはとても共感を覚えます。彼の魂も現代で学んでいるでしょうか

。。。。現代人の多くの人間に彼の因子が転写しています。
2013-06-20 17:08:04


リーマンさんがアーナンダさま(釈迦の直弟子=リーマンさんの前世)だったころハンドクさんとの交流があったとおもいます。よろしければ、そのころのエピソードをお聞かせください。

。。。ハンドクは、最初はイジメられてストレスから、皮膚病に成っていました。
これが掃除を繰り返す内に、皮膚がキレイに成って行きました。
2012-04-28 14:36:04


20141112

  • 最終更新:2016-03-28 09:43:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード