原始仏典:スッタニパータ(第1章6節)

■原始仏典:スッタニパータ(第1章6節)について

関連記事


伝聞によりますと、ある時に釈尊は、地方に住む富豪が所有する森林の中に在る修行道場に招待されて留まっていました。

すると深夜に、顔が美しく発光して森林全体を明るく照らすほどの輝く精霊が、釈尊の側に静かに立ちました。
そして、釈尊にお辞儀をしてから、古代詩の韻文(いんぶん:聴覚に一定の定まったリズム感と形象を感覚させる言葉の文章)を歌いながら釈尊にたずねました。

「破滅に向かう人々の特徴について、仏陀(ブッダ:完全なる知恵・真理を得た人)である釈尊にお聞きします。

どういう人が、コノ世で破滅に向かうのでしょうか?」

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章6節-No.91)


釈尊は精霊に答えます。

「安定した生活をして、悟りに近付く人々を認識することは容易です。
また、破滅に向かう人々を認識することも簡単です。

安定した完成に向かう人は、正しいこと(真理)を好みます。
破滅に向かう人は、正しいことを毛嫌いします。」

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章6節-No.92)

(感想)
この項では、珍しく精霊が登場します。
興味深いのは、精霊が古代詩の韻文を話すということです。
この場合、この精霊に2つの出自が言えます。

・ 古代に生まれた人霊が、その当時の修行によって精霊にまで昇華した存在である。
・ または、古代の時代にも、古代詩を天から人々に啓示で教えた古い精霊である。

この2通りのパターンが考えられますが、森の全体を明るく照らすほどの精霊ですから、古代詩を人類に啓示した古い精霊をこの項には思います。

生きる人間でありましても、正しい真理に目覚めた人物、または正しい真理を求めたい人々には、
* 精霊は、お辞儀をして礼を尽くしてくれる。
ということを覚えていましょう。

コノ世という雑多な何でも有りの、誘惑に満ちた世界において、
・ 正しいことを求めたい
と思えるだけでも、難しいことであり、精霊でも敬意を尽くすほどのことだと言うことなのです。

釈尊が言われた、
「安定した完成に向かう人は、正しいこと(真理)を好みます」
これが重要な指摘であり、今の自分が何を好んでいるのか?
冷静に静観をして見ることを参考にしてください。



美しく発光する精霊は、更に釈尊に訪ねました。

「確かにそれは、第一番目の破滅に向かう人々の特徴です。

真理の仏陀である釈尊よ、どうか第二番目の破滅に向かう人々の特徴を教えてください」

(原始仏典 釈尊の言葉 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章6節-No.93)


釈尊は精霊に答えました。

「破滅に向かう人々の特徴は、

・ 不良な人を好む人であり、
・ 真面目な人を好きに成れない人です。

また、悪人がする行為や、悪徳な宗教者の言葉に、なぜか自ら惹かれる縁を持つ人です。

これらが、第二番目の破滅に向かう人々の特徴です」

(原始仏典 釈尊の言葉 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章6節-No.94)

(感想)
* 第一番目の破滅に向かう人々の特徴は、真理に関して悪い縁に惹かれる人々。
* 第二番目に破滅に向かう人々は、生活行為に関する悪い縁に惹かれる人々。

このように言えそうです。
どうして個人で、明らかに悪いモノへと、悪い方向に行く人と、
「最初から行かない人」「悪いモノに見向きもしない人」に分かれるのでしょうか?

それは頭が悪いからだ、と露骨に言う人もいます。
でも私は、それは違うと思います。
知的で立派な職業の人でも、見事なほど夜のワナに掛かる男性も女性もいます。

頭が悪くても、素直な人は、悪いモノに惹かれないのです。
本人が無意識下で溜めた、
・ ストレス
・ 不満心
・ 感謝の無い習慣

が自ら悪いワナに誘導して行くと感じます。
周囲には、初めから見えていても止めることが出来ません。

本人の自我(ワレヨシな心)が、強力な磁石のように悪い方向に自ら縁を求めて創って行きます。
・ 本人が溜め込んだ不満心こそが、悪い誘導をする原因だと感じます。

本人の問題だから、周囲から見えていても止められないものです。
・ 誰もが、自分自身の不満心に誘導され、復讐されて行きます。

自分が不満心を溜め込むということは、自分の肉体の細胞を、不満心の酸化作用で焼いて行くことに生理現象では成ると感じます。
これが高じますと、ガン細胞の比率が優位に成ると感じます。
(健康な人も、ガン細胞は常に存在し、体内比率の問題のようです)

私たちも、自分が持つ不満心に復讐されないように注意したいものです。
変な方向に自ら、自分自身を誘導します。

逆に言えば、
* 自分を感謝の心で満たせば、自分の良心(内在神)が助けてくれます。
誰もの良心(内在神)は、先の流れが視えているからです。


【編集者注記】スッタニパータについての記事は「日付昇順」とします。


  • 最終更新:2017-07-16 19:51:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード