原始仏典:スッタニパータ(第1章5節)

■原始仏典:スッタニパータ(第1章5節)について

関連記事


鍛冶屋職人のチュンダが釈尊に質問します。

「正しく完全に悟った知恵の仏陀(ブッダ)であり、
すべての真理に通じる御方であり、
世間で有名に成りたいと思う深層心理が消えた御方であり、
人間としても人類で最上の人であると思われる、あなたに質問を致します。

コノ世には、どんな種類の修行者が存在するのですか?どうぞ教えてください」

(原始仏典 釈尊の言葉 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章5節-No.83)

(感想)
まず、驚きますことは、この鍛冶屋職人が非常に博学(はくがく:深い知識を持つこと)なことです。
最初の4行は、釈尊を賛辞する言葉なのですが、知識の無い普通の職人がこんな表現が出来ることではありません。
自分自身で悟りを経験した結果、コノ世のすべての「要点」を自然と知った叡智を感じさせます。

(1) 「悟り」という言葉は、その経験を知らなくても誰でも何となく使用は可能です。
でもここで鍛冶屋職人は、「知恵の」という、色々な悟りの段階が有る中でも、最高の境涯の悟りを指定しています。
なぜ職人は、指定が出来るのでしょうか?

(2) 正しく悟れば、他人から習わなくても、コノ世と宇宙に既に在る法則(真理)が自然と視え出す・分かる、ことに成ります。
釈尊に会って、あなたは「すべての真理に通じる御方である」、と鍛冶屋職人が断言しています。

鍛冶屋職人には、釈尊がそういう御方だと分かった訳です。
普通の人が釈尊に会いましても、背が高くてハンサムだと思えても、ボロを着たただのオッサンに見えたことでしょう。

(3)「世間で有名に成りたいと思う深層心理が消えた御方である」
釈尊を見て、鍛冶屋職人はこう指摘しています。
釈尊の内面・その到達した境涯が、職人には分かったようです。

これは老子も同じことを言っています。
「世間に顔が知られるようになれば、それはニセモノだ」
と当時の有名な精神的な指導者たちを評しています。


人類の根源的な法則 2017-05-25 11:39:30

釈尊が鍛冶屋職人のチュンダの質問、
「コノ世には、どんな種類の修行者が存在するのですか?」
に答えます。

「チュンダさん、コノ世には4種類の修行者が存在します。
5種類目の修行者は存在しません。
あなたに真正面から問われたことに返答を致します。

第一の修行者は、コノ世のすべての我欲に打ち勝った人。

第二の修行者は、修行方法を無償で説明・解説する人。

第三の修行者は、修行方法に従って生活する人。

第四の修行者は、修行方法を教えることを悪用し、修行という名の下(もと)に悪事(金儲け・性交・社会悪)を行う人。

以上の4種類の修行者がコノ世に存在します。

(原始仏典 釈尊の言葉 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章5節-No.84)

(感想)
驚くべきことは、釈尊が示された修行者の4種類の分類は、2500年を経た今の世でもまったく同じだと言うことです。
特に「第四の修行者」が存在することが2500年も前から継続しているということは、これは「修行」「信仰」「宗教」という名の元に必ず生じる人類の性(サガ)だと言えそうです。

ー中略ー

では、肩書を信用しては生けないと言われますと、私たちは何を見て人物を判断すれば良いのでしょうか?
いつの時代にも共通することは、その人物が、

* 思いやりの有る人か?
* 節制した真面目な生活をしている人か?
* 無償で愛情深い行動をしている人か?
* どんな収入で生活をする人なのか?

このような視点で相手を見れば、冷静な判断が出来ると思います。

ー中略ー

末法(まっぽう:正しい教えが消えて破滅に向かう世紀)の世では、どんな肩書も信用が出来ません。どんな中にも変な人が居ます。
ただ、この項の興味深い視点は、釈尊がわざわざ「5種類目の修行者は存在しません」と言い切っていることです。

これは人類が、どんな分野でも、どんな業種でも、国家でさえも、「4種類に分類が出来る」とも言えそうです。
今の自分は、「何種類目の自分が出ているのか?」と思い直すことで、人生の軌道修正が出来るかも知れません。

自分は「変わる」ことが出来る、ということを信じて、今の世を自分なりに生きましょう。


関連コメント

第一の修行者の、「この世の全ての我欲」というのは、働いて、自分の利益を得ることも入りますか?それとも、我良しの、自分本位の行動というようなことを表すのでしょうか?
利益を得ることが我欲に入るなら、第一の修行者は、仏陀さんだけ…とかになるのでしょうか?

。。。。極端は不要です。
1は、3の中の一部の人です。
2017-05-26 13:42:24


【編集者注記】スッタニパータについての記事は「日付昇順」とします。


  • 最終更新:2017-05-27 14:15:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード