原始仏典:スッタニパータ

■原始仏典:スッタニパータについて
関連項目 釈尊
目次

全般



第1章

1節


  • 怒りのコントロールが人生を分けます(第1章1節-No.1)
  • (原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.1)補足
  • 深く摘み取らないと、また生えてきます(第1章1節-No.2)
  • そんな小さなことで満足をするな!(第1章1節-No.3)
  • 高慢心が次も転生する大きな因子と成ります(第1章1節-No.4)
  • 花は外見に咲かせずに、心の内に咲かせるもの(第1章1節-No.5)
  • 心の中でも怒りを絶対に持たないことが必須条件(第1章1節-No.6)
  • (第1章1節-No.6)「心の中でも怒りを絶対に持たないこと」の補足
  • 無思考は最強伝説(第1章1節-No.7)
  • 新規の今を頑張ることが、来生も創造中・ingなのです(第1章1節-No.8)
  • 消え行くものに対して一生懸命な姿が美しい(第1章1節-No.9)
  • 舞台では最後まで懸命に演じ切ること(第1章1節-No.10)
  • ワレヨシな性欲はダメ(第1章1節-No.11)
  • 憎むことを止めるだけで、大きな改善に向かいます(第1章1節-No.12)
  • 自分の妄想をアンパ~~ンチ!すること(第1章1節-No.13)
  • 魂の自動学習機能は、善にも悪にも振れる証明(第1章1節-No.14)
  • 理由なき衝動的な感情には注意して静観します(第1章1節-No.15)
  • 誘惑の多い中でも、何事にも「嫌な」執着をしないこと(第1章1節-No.16)
  • 心に蛇の形を取らせては生けません(第1章1節-No.17)


2節


  • 今の幸福の先に在ること(第1章2節-No.18)(第1章2節-No.19)
  • 自分の幸福感に潜む盲点(第1章2節-No.22)(第1章2節-No.23)
  • 自分に無いことにも執着しない(第1章2節-No.28)(第1章2節-No.29)
  • 補足 「自分に無いモノに執着しない」
  • 悪魔のささやき(第1章2節-No.30〜No.32)(第1章2節-No.33)(第1章2節-No.34)
  • (追記)悪魔のささやき


3節

その1 


  • 誰もが劇団一人だった(第1章3節-No.35)
  • 自分のオリジナルな色・磁気が運命を分けます(第1章3節-No.36)
  • 自分一人でいることがカッコ悪いと思わせる正体とは(第1章3節-No.37)
  • 誰もが竹の子(第1章3節-No.38)
  • 自由の中には、自分の責任と因果が凝縮されています(第1章3節-No.39)
  • 自分の外見の為に、無理に交友などするな(第1章3節-No.40)
  • 一期一会(いちごいちえ・最後の面会)(第1章3節-No.41)
  • 天国へ行く最短の近道(第1章3節-No.42)
  • 自分自身を信じて大切にする人から幸運が来ます(第1章3節-No.43)
  • 心で負けていなければ大丈夫(第1章3節-No.44)
  • 「一即多 多即一」(いっしょくた。た・すなわちいち)(第1章3節-No.46)
  • どんな人でも、自分自身であることが最高です(第1章3節-No.47〜48)
  • 後から自分が心配しない為に(第1章3節-No.49)


その2


  • ほどほど、中間、を意識する人は強い(第1章3節-No.50)
  • 最悪想定が無難にしてくれます(第1章3節-No.51)
  • 人が苦労する内容も時代により変化と進化をする第1章3節-No.52)
  • 安心感を心掛けることが大切(第1章3節-No.53)
  • 最短、最善の道(第1章3節-No.54)
  • 原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.54 補足
  • 「私は他人から何も学ぶ必要が無かったのだ」(第1章3節-No.55)
  • 原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.55 補足
  • 理由も無く「正しい」他人を非難したい自分の気持ちに注意(第1章3節-No.56)
  • 悪い話を聞くことも因果を生みます(第1章3節-No.57)
  • 学ぶことについて (第1章3節-No.58)
  • その行き着く先には何が有るのでしょうか?(第1章3節-No.59)


その3


  • コノ世でのすべては、自分が預かっているだけに過ぎないこと(第1章3節-No.60)
  • 「自分を釣るための大きな釣り針」が世間に有る事を事前に知って置くこと(第1章3節-No.61)
  • 川の流れを冷静に眺め、慌てないことが大切(第1章3節-No.62)
  • 自分の心の安定化は、意識することで可能(第1章3節-No.63)
  • 人が密かに自覚するべき生きる姿勢(第1章3節-No.64)
  • その裏返しが、自分のサガの正体である(第1章3節-No.65)
  • 嫌な感情に対して「降参」して行くこと。立ち向かわない心の非暴力(第1章3節-No.66)
  • 心を安心に止めて置くこと(第1章3節-No.67)
  • 目的意識の有無が、運命を分けます(第1章3節-No.68)
  • 今の自分の、魂の、パターンに気付く重要性(第1章3節-No.69)


その4


  • 見てやろう、聞いてやろう、そして悟ってやろう(第1章3節-No.70)
  • 獅子のごとく人も生きるべき(第1章3節-No.71)
  • 自信の重要性(第1章3節-No.72)



  • 最終更新:2017-02-21 20:03:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード