内宮

■内宮について
関連項目 伊勢神宮関連 
目次

関連記事


正宮前の石階段を上り始めた時から、私の脳に私が知り話す言葉に変換された「思い」が、
「よく来られたね〜」「良きかなあ〜良きかなあ〜」と来ます。

そして実は、どの参拝者に対しましても、
「あなたは、国のために何をしてくれるの?」
「あなたは国に対して、何をしたい?」
と天から呼び掛けている「思い」が来ているのです。

このような思いが、伝説の女傑・神功皇后(じんぐうこうごう)のような、腹の座った太いイメージの女性から来ます。
内宮には、歴代のヒミコ(巫女の最高位の役職名)や皇女たちが、代わる代わる今でも常駐して参拝者を観ている聖地だと言えます。

ー中略ー

今日の私が言いたかったことは、内宮に参拝した時は誰もが、
「あなたは国のために何をしたいの?」
と、皇女から問われていると思ってください。
この時の返答次第では、人の運命などは大きく変わることが内宮の神様には簡単なことなのです。

これが今でも継続している・ing奇跡の聖地が内宮です。
ある意味で、外宮よりも、内宮はコノ世に干渉が出来る・コノ世に近い次元とも言えます。
だから余計に自分のことは一切思わずに、全体に関することを思うべき聖地だということを知って置いてください。



ここで、伊勢神宮に関するエピソードを一つ話します。
戦時中 、日本の戦艦が海外に出る前には、伊勢神宮に近い港に寄港して内宮に全員で参拝することが慣例だったそうです。
その参拝時に雨が降った戦艦は、漏れ無く太平洋の藻屑として撃沈され、多くの若い優秀な日本の若者たちが帰国することは二度とありませんでした。



つまり、内宮の神様には事前に分かっており、参拝に来た乗員たちを観て泣いていらした雨だったというエピソードです。
今は参拝時に雨が降っても関係ないです。逆に禊・ミソギの雨だと思っても良いです。



私は伊勢神宮の内宮に参拝しますと、いつも神霊から胸に呼び掛けられています。
これは、他の参拝者も同様に全員が呼び掛けられているのですが、気付けないだけなのです。

大いなる母性の神霊の思いは、
「あなたは、何が欲しい?」
と全員に聞いています。
でも、普通の人は、自分だけの事や家族、仕事、金銭のことしか頭に無いのです。これではダメなのです。
何も変われません。叶えられません。

私が内宮の参拝で、この神霊の思いが天から胸に来た時は必ず、
* 他人のために生きたいです。
* 日本と世界のために生きたいです。
* 世の中で良いことをしたいです。

と心中で返答しています。そうしますと、
「分かった。与えましょう」
と返されます。


起動を始めた聖地 前半 2012-11-09 00:01:36

今年もあと二ヶ月を切りました。
今年に伊勢神宮へ参拝した時に感じましたことは、工事中にも関わらず伊勢神宮内宮の神気が息吹を増していたことでした。
これは皇女である黒田様の伊勢神宮の臨時祭主としての御蔭だと感じます。

ー中略ー

また、私の過去の伊勢神宮内宮の参拝時に、有名なアナウンサーである三雲孝江女史をお見掛けしたことがありました。
御垣内参拝をされる姿を見ていますと、参拝時に御正殿の御幌(みとばり:白い幕)が無風状態にもかかわらず「優しく」ヒラヒラと綺麗に2回上がりました。
参拝の最初の礼に入られる時に大きく白幕のヒラヒラが始まり、参拝が終わり正殿に背を向けられた時にも大きく白幕がはためきました。

この2回の「はためき」とは、神霊からの合図としては最高の意志表示なのです。この時に、
「豊雲(とよくも)の神~~来たりー」
と言う歓迎する神気が私の脳内に来ました。

ーーーーーーーーーー
起動を始めた聖地 後半 2012-11-10 00:07:07

伊勢神宮の内宮という存在は、日本固有の土着神的な神気を宿す面があります。
その意味では、外宮は北極星の次元ですので、固有の国家・個人を応援するよりも大きな視点に変わっています。
しかし内宮は、やはり日本の国難と、日本の役に立つ生きる個人を応援する神気に満ちています。

ー中略ー

このような神気の干渉が内宮で個人にも発生しているという意味は、やはりこの近年が日本の運命を分ける重要な時節に来ているからです。
日本を愛する多数の住民が、内宮に感謝の参拝をすることが大切な時節なのです。

ー中略ー

内宮の御幌(みとばり:白い幕)が上がるのは、歓迎だけの意味ではありません。
以前に、信者を連れたタヌキのような如何にも自称先生の顔をした男性が御垣内参拝をする様子を見ていますと、白幕がバタバタと乱れ打つようにはためきました。
神域の穢れを祓うように、まるで早く出て行くようにと催促をするかのようでした。
しかし三雲さんの場合は無風状態にも関わらず、「おっとりと」「優雅に」上まで白幕が2回上がりました。
神気が意志表示する様は、とても興味深いです。神風が御使いとして御用をするのです。
伊勢神宮に関しましては、どんなに混雑していましても、一人一人の参拝者の「すべて」を神気が視ていると思えば良いです。


今日の日記 2010-10-20 12:06:25

伊勢神宮内宮の正式な御祭神の神名は、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)と申します。
この神名でお呼びするのは、祭事の神前で申し上げる最高の名称であり、通常では天照大御神(あまてらすおおみかみ)と神宮では申し上げています。
これを伊勢白山道では、天照太御神(あまてらすおほみかみ)としています。これは私が啓示で受けた名称です。
しかし調べますと私だけではなく、私が好きな黒住宗忠(くろずみむねただ:江戸末期の神主。太陽との合体に至った人物です。本人は教団の創設を禁じていましたが、本人の死後に弟子が教団を造っています。いつの時代でも、本人では無い人が組織を作るものなのです。)さんも、この呼称でした。


旅行記4 2010-09-07 11:59:55

伊勢神宮の内宮の入り口に在る宇治橋(うじばし)を渡りますと、参道は右方向に曲がります。これを曲がらずに、橋の正面の方向に歩いて行きますと、奥へと続く道があります。
そこには、内宮が存在する土地の地主神とされる子安神社(こやすじんじゃ)と、その父親神に相当する大山祗神社(おおやまつみじんじゃ)が存在します。
子安神社の御祭神は、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。
大山祗神社は、五十鈴川の上流に広がる森林地帯の神路山(かみじやま)の守護神とされています。この神様は、伊勢の写真集で登場する伊勢の森林地帯の山の神様です。
私の感応では、大山祗神とはスサノオ神のことであり、コノハナサクヤヒメは、スサノオの娘です。
なんと伊勢神宮の内宮は、スサノオの山を御神体として、スサノオの娘が所有する土地に正殿をかまえていることになります。


神の御柱 2009-11-07 10:01:11

伊勢神宮内宮の神域と外界とを分ける最後の結界(けっかい、境界線の意)は、五十鈴川(いすずがわ)です。
五十の鈴とは、とても神道的な名称だと感じます。鈴は、霊的には「祓い」を意味します。巫女も鈴を持った舞を踊ります。
鈴の音が持つ金属音は、邪気を祓う効果があります。一つだけの鈴ではなく、多数の鈴の音が重なる多重音に祓いが生じています。
古神道では、三五と言う数字の数霊(かずたま)を「アナナイ」と読ませます。これは古語であり、その意味は「助け合う」を意味しております。
アナナイは、ユダヤ教では最高神を呼称する「アドナーイ」へと、太古の時代に日本からユダヤ民族に伝承されたと霊視出来ます。
三五よりも数字の大きい五十は、「完全」を意味すると感じます。
五十鈴川とは、「完全なる祓いの川」と言う意味です。


信託はダメです 2009-09-19 10:44:08

氏神信仰の原点も、地域を束ねる家系の先祖霊を、世話に成った住民全体で信仰したのが始まりです。
伊勢神宮の内宮は、皇室の先祖霊を太陽神として祭事した神社です。そして国土に住む住人の多くと共に信仰しているのです。
皆さんが自分の先祖霊を信仰する事は、神様に繋がる神道を実践している事に成ります。


神木の重要性 2009-07-09 11:30:30

神気が降りるように神社を守る眷族が居る神社では、神木を触る人間に対して怒る事があります。
眷属と言うのは、時にはスズメ蜂の様に容赦をしない存在です。伊勢神宮の内宮では、鬼の眷属が神木を護っているのを良く観かけます。写真にも写ります。
骨折と言うバチを当てる事もあります。


お墓の注意と秘儀 2008-08-20 18:53:18

実は、伊勢神宮内宮は長い期間、一般人の参拝が禁じられた時代が有りました。皇室は、2千数百年も前から、天照太御神と皇室の先祖霊を合わせて祭る型を実践して、伊勢の神気を独占していた時代が有りました。
命の親である根源存在に近い天照太御神と先祖霊を習合して祭る型は、現実界において強力な実践効果を呼ぶ事を知っていたからです。この御蔭で、数千年もの間、一つの家系が絶対的に継続できた秘密があります。 
他家が真似をして同じ型の祭祀、先祖祭りを行うことを禁じたとも言えます。
長い歴史の中では、強力な個性豊かな人物が出てきても、一代か、ほんの数代で権力の座から消えて行きました。
誰も、天皇家の絶対的な霊的バリアーを侵すことは出来ませんでした。



伊勢神宮 内宮 に午前9時過ぎに到着する。もう既に内宮正面前の無料駐車場は満車の為、先頭車から順番にUターンして後方の有料駐車場へ向かい出している。
私は困ったなと思った時、一番奥の駐車場のほうでお多福顔の神霊が手招きする様を感じたので、Uターンする振りをして、駐車場奥に車を突っ込んだところ、隠れた奥に1台分のスペースを見つけることが出来ました。宇治橋から見る五十鈴川は、前回より清い感じがしました。長い参道を歩きながら、神の子宮への産道を幾つもの鳥居を潜りながら回帰すような感じです。

ー中略ー

神前では、御正宮の正面真ん中に立つことができました。頭を下げた時、また前回同様に白い幕が風で吹き上がりました。手を合わすと、明るい 日輪を霊視しました。内宮では初めてのことです。瞬間的に天照太御神 第八段目 の観応であることが判りました参拝を終え、以外だなと思いながら拝殿横の垣根から、御正宮の中を覗くとシャンパンゴールド色の光柱が3本立ってました。そして左側の5年後に新しい正殿が建つ新御敷地には、中央に太いシャンパンゴールド色光柱が1本ありました。今までと違う感触に我ながら驚きました。 
何かが変化している、動きだしている・・・・。
そして、久しぶりに正殿の裏側にある 荒祭宮 に行きました。その途中で見れる御正宮の裏側からの景色も、絶景でした。よりハッキリとシャンパンゴールド色の光柱を見ることが出来ました。荒祭宮でも、やはり日輪を拝することが出来ました。



私が意識的に伊勢神宮への参拝を始めて、2回目に参拝した時の話です。あれは、天気の良い午前中に外宮への参拝を終え、続けて内宮本殿に参拝しました。
その日の内宮は、いつものように参拝者が多かったです。
内宮本殿前の大きな石階段を中間ぐらいまで上がった時、階段石の上に 体長30cmほどの大きなミミズが居たのです。


関連コメント

内宮参拝では、感謝想起よりも「国のために〜をしたいです」と想起した方が良いという事でしょうか

。。。。先ず神様には、

生かして頂いて 有り難う御座います、
この1本が大事。
生かされた上での物事に過ぎません。国家も。
2016-06-17 13:58:25


内宮は死後誰でも行ける場所ではないのに、生首や奇異な写真が写るということは生首の方や般若顔の方は内宮に入れる霊格があるということですか

。。。。勘違いしてます。
その写真は個人の霊が内宮に入るのではないのです。
時代の象徴として転写の現れであり、国家の問題を意味します。
2015-06-14 19:47:43


昨年、内宮参拝の時に白い布(みとばり)がふわりと持ち上がることがあり、リーマンさんから神の祝福と教えていただきました。心のどこかで今年も?と期待していた自分もどうかと思うのですが、やはり今回も前に立ち手を合わせた時に下からスルスルとみとばりが持ち上がるのを目にしたのです。今回も祝福をいただけたのでしょうか。

。。。。歓迎です。
私は内宮では結構、歓迎の思いが来ます。

よく来たねー。
体はどうですかー。
何を叶えて欲しいのー。
などなど。
ただ最後は必ず、国をよろしくね~です。
皇室の人格神が居られます。
これは外宮では無いことです。
2014-12-28 14:28:46


昨日の内宮の天照太御神さまの「段目」について、今は9段目で神気が増しているとのお返事がありました。質問の中に2007年5月の参拝の時には八段目の感応であったものが、それより後の2008年8月の「二十(ふと)年の伊勢参拝5」の時には七段目とあり、何故なのかと不思議に思い記事を読み返しました。

もしかしてこれは参拝の時刻によるのでしょうか?2007年は内宮に午前9時過ぎには到着されています。これに対して2008年には「午後1時半過ぎに内宮の参道に入りました。」と書かれています。後の2008年が七段目であった理由は参拝の時間が観光客も沢山訪れた後の午後になったためかと思いましたが、いかがでしょうか?「早朝の遅くても9時半までが霊的にも良いです。」と書かれていますのも実はこのような違いがあるのかなと思いました。

。。。それもあります。
2013-03-20 15:42:25


質問なのですが、自分では決して神社の正殿では写真を撮らないですが、他の観光客の方に写真とるのをお願いされた場合はやはりやんわり断るのがよいですか?
以前伊勢神宮内宮の正殿下の階段の一番下から観光客に写真お願いされて、断っていやな気分にさせてしまうのも嫌なのでついとってしまいました。

。。。問題は無いです。
そこは許可されています。正殿前の鳥居の中はダメ。
2013-03-20 13:21:41


天照太御神の十段目の最高神格のエネルギー体は伊雑宮に鎮まっておられ、内宮は2007年の時点では八段目、2008年の時点では七段目とのことでしたが、現在、次の御正殿の御神体の心御柱を保管していると思われる外幣殿に紫色の最高位の神気が立ち昇っていたということは、内宮も伊雑宮と同じ十段目になったのでしょうか?

。。。今は9段目です。
2013-03-19 22:23:01


御稲御倉よりも外幣殿の方が先に建て替えられたことに驚かれたようですが、「この順番が非常に興味深いと感じます」とは何故ですか。

。。。御神体の保管移動の証明という意味です。
2013-03-19 19:13:28


実際伊勢神宮の神様は今どんな波動でしょうか?何か近寄りがたいのは勝手な判断でしょうか?

。。。伊勢神宮は非常に良い神気です。
特に今の内宮は凄いです。
日輪が常駐しています。
2013-03-19 17:12:38


リーマンさん、深夜の記事更新ありがとうございます。質問ですが、伊勢神宮内宮の神域にある外幣殿の写真撮影は不敬にはあたらないのでしょうか。

。。。正殿以外は良いです。
2013-03-19 16:55:45


神社でみかけたゴミなどの落し物は、神職や守衛の方にお伝えした方が良いでしょうか。
今となって内宮や伊雑宮でのことが気になっています。

。。。拾って届けられれば良いね。
私は、内宮の御正殿前で大ミミズを助けた後、夢で黒龍神が御礼に来ました。
神は見ています。
2012-11-30 17:42:27


私は地球霊や自然霊などは好きで神社仏閣も好きですが、伊勢神宮の内宮は物足りなく感じてしまい、
あまり好きではないのです

。。。今、内宮は変化していますから、参拝すればまた印象が変わるでしょう。
2012-11-13 09:02:18


伊勢神宮内宮に鎮座される、「荒祭宮」のお札をおまつりするときは、中央前から順に、
伊雑宮→内宮→荒祭宮の順番でよろしいでしょうか?
。。。良いです。
ちなみに、荒祭宮に鎮座まします、天照様は、皇室の祖先神の(男神)アマテラス様の荒御魂ですか?
。。。男系の人格神の現れです。

母性の女神さまは「伊雑宮」ですものね。
。。。根源的な神性の現れです。荒祭宮とは、次元の違いが大きいです。
2011-01-18 17:44:57


マリア様の御慈悲に救われマリア様はいらっしゃると信じている私ですが日本人として日本の神様を敬いたいという思いもあります。リビングにマリア様の御絵を飾り和室に神棚というのは間違っておりますでしょうか?

。。。マリア=天照太御神の分霊です。
伊勢神宮内宮・伊雑宮を祭ることは、マリアに通じます。
2010-09-29 13:01:11


伊勢神宮:宇治橋渡始式 20年に一度の神事 渡女(わたりめ)の方が先に橋を渡られたようですが渡女とは、どうゆうお役目なのでしょうか?

。。。神霊を背負う寄り代の役目です。
2009-11-05 17:07:52


20150101

  • 最終更新:2016-06-17 14:55:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード