佐美長神社

■佐美長神社について キーワード スサノオ
関連項目 伊勢神宮関連 
目次

関連記事

神話が生きている聖地 2010-12-04 10:59:00

太陽神である天照太御神を祭れば、そこから太陽が沈む方向にスサノオを祭るのは、伊勢と熊野地方の関係を見ましても明らかです。
佐美長神社がスサノオ神ならば、その境内に在る四つの小さな御宮は、祓戸の大神(はらえどのおおかみ:【健康のヒント 2010-11-28 11:31:51】)の四神であることになり、現在の形の意味がハッキリとします。
伝説では佐美長神社は、倭姫に稲穂のありかを教えた鶴を大歳神(おおとしかみ:ヒゲの生えた老人の姿の神様)として祭る神社です。
12月1日に読者が、佐美長神社に参拝して写した写真には、鳥居の上ケタに水墨画のような生き生きとした鶴が現れています。自然に雨水の水垢とカビ菌により出現しています。
左側に親の鶴が居て、右側は子供の鶴が四体いるように観えます。
まさに親鶴=スサノオ、子供鶴=祓戸の四神と、神意を表現しています。
同時期に古老の証言と写真が、別々の人から私に寄せられたのも神意だと思います。
伊雑宮の近辺は、今でも神話が生きているようです。


伊勢日記 6 2009-04-16 10:35:55

伊雑宮を後にした私達は、すぐ近くにある佐美長神社(さみながじんじゃ)へ行きました。 私は初めての参拝でした。無人の小さな御宮ですが、とても清い場所でした。
伊勢神宮の不思議なところは、どんな小さな御宮でも、とても清まっていることです。 建て方の基本の様式は、正宮のミニチュア版を真面目に踏襲されています。神宮の様式を守るだけでは霊的な清さは出ません。では、何がこの清浄感を醸し出しているのかを、沢山の木々に囲まれた御宮の空間の中で考えました。
ふと足元の玉砂利を見ると、落ち葉が無いことに気が付きました。これだけの木に囲まれていると、直ぐに落ち葉だらけになるものです。
このような小さな遠い御宮でも、日々の掃除が丁重にされていました。この労力と費用は大変なものだと思います。
生きる神を宿す人間が、心遣いと言う息吹を自然の木と石でできた造作に加味(神)する事により、神様の気が現実界に現れるのです。人間も大事な自然の一部なのです。

関連コメント

月読宮もそうですが、スサノオと言ったら佐美長神社も連想してしまいます。最近の佐美長神社はどうでしょうか

。。。重要です。
伊雑宮とのツガイです。
陰の聖地ですから、そっとそのままに。
2014-05-30 19:16:01


今回の佐美長神社は玉置神社以上に見られている感じを受け、中に入ること出来ませんでした。(前回は何とか入れました)なぜ中に入る事ができなかったのか教えてもらえないでしょうか?

。。。サルも居ますので、無理は不要です。
先祖の干渉です。
これから治安の意味で、女性一人では参拝不要です。
寂しい神社では、変質者に注意。
2012-12-26 18:31:42


伊雑宮での参拝は午後3時過ぎで参拝者は私が最後のようでした。宮司様が賽銭回収後、拝殿へ、次に、参道を挟んでその拝殿の向かいにある小さな石へと(赤ちゃんの頭ほどの大きさ)しゃがんで拝しておられました。この石はどういうお役目の存在かお教えいただけると有難いです。

。。。その方向に重要な神社が在ります。
2012-06-02 14:17:37

----------

>。。。その方向に重要な神社が在ります。 とのことですが、それはどこか聞いてもいいでしょうか?

。。。佐美長神社です。
スサノオ神の聖地です。
2012-06-02 22:44:20


近々お伊勢さんに行こうと計画しています。外宮ー月讀宮ー伊雑宮ー佐美長神社ー内宮の順で行こうと思いますが、月讀宮と佐美長神社は女性1人でも大丈夫ですか?

佐美長神社。。。ここは、ひと気がないので注意してね。
2011-10-14 00:35:32


今週伊勢に行くのですが、外宮、内宮、伊雑宮以外にも行った方が良いお薦めのお宮はありますか? 猿田彦神社内のうずめ神社はいかがでしょうか

。。。不要です。
佐美長神社
倭姫神社。
月読神社。
2011-03-07 15:32:53


親友と伊勢参りに行き、迷いつつ伊雑宮と勘違いし、参拝した神社が佐美長神社。ものすごくプリミティヴな感じのする所でしたが、お社にスポットライトが当たっているようで、よく見るとお社の周りは白い石が、外側には黒い石が敷き詰めてあって、そんな効果を出しているのでした。でも、そんな視覚効果だけではないようにも思って、なんだか震えました。

佐美長神社
・・・ここへは、行ったことが無いですが、
とても感じることがあります。
次回は、行きますね。
有難う御座います。
2007-10-14 22:16:02


20141003

  • 最終更新:2015-06-06 17:04:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード