伏見稲荷

■伏見稲荷について
目次

関連記事


稲荷(いなり)さんとは、過去記事(【稲荷神の秘密 2008-10-26 14:47:10】)にもあるように、神様のお使いの精霊です。だから、それを利用する人間に自戒(じかい:自制すること)が必要なのです。精霊を善神にするも、悪神にするのも人間次第なのです。
特に伊勢神宮の外宮の神霊は、穀物の守護に稲荷神を使われます。混沌とした人間界では、神様はそれに相応しい御使いを派遣されます。
伊勢神宮外宮の神格から見ますと、伏見稲荷神も含めてすべての稲荷神を統べるのは、外宮の神様です。
稲荷の霊障を恐れる人は、伊勢神宮の外宮の神札を祭れば良いです。すべての稲荷神へと伝達されて、許される方向に向きます。
見えない世界ほど、インターネットの回線のように中枢となる親玉ゲートと、繋がる子分の回線は切れないものなのです。回線が切断されますと、親玉からの神気が切れて生存が出来ないのです。


稲荷神の秘密 2008-10-26 14:47:10

稲荷神は、霊的には大きく二種類に分かれます。
この二つは、全く別の霊的存在です。 しかし、同じ稲荷神の名前で、同じ様な扱い、認識をされてしまっています。

一つは、稲荷神=倉稲魂尊(うがのみたまのみこと)。
日本神界の上位の神霊です。
米稲の倉庫を守る神、とも取れる御米の守護神です。
伊勢神宮外宮にも関係する、国常立太神・スサノオ系に属する神です。
現実界の食物を左右する神霊ですので、その活動は日本全国に行き渡り、霊的にも最も活発に発動して来た神霊です。
ある意味では、正しく勧請(招いて)祈願(感謝を捧げる)すれば、その神力は現実界では絶大です。
だから、稲荷神は人気がありました。
ただ、悲しい事に国常立太神系に属する為に、天津神の支配する現在の歴史上からは、正しく評価されずに隠されて来ました。 記紀神話からも、本当の稲荷神に関する大事な説明は抹殺されています。 そして近年、1300年程前に現在の伏見稲荷大社で細々と公に主祭神として祭られ始めました。

問題は、もう一つの稲荷神です。
実は、同じ様な年代に空海さんが、民衆の願いを叶える為に荼枳尼天(だきにてん、インドの女神ダーキニー)を外国から勧請=連れて来て、呪詛修法に利用していました。これが凄く効いた様です。
空海さんも、生きるために金銭と交換に貴族間の呪詛請負をしたりと、本意では無い事をさせられました。
空海さんが存命中は、ダキニ天の管理が出来ていたのですが、その死後、空海を真似てダキニ修法をすると、やはり発動したのです。 ダキニ天の霊的実体が、日本に存続していたのです。
これを色々な人間が、金銭と交換に人々の願望成就に利用しました。 よく作用したので全国にダキニ祈願が広まりました。
荼枳尼天とは、人を食らう夜叉、または、羅刹の一種でその霊的正体は祟り神です。
人の魂を食う代わりに、現実界の短い人生における人間の欲望を叶えさせます。 霊的交換条件をする存在です。


利益信仰は戒めへ 2008-04-16 19:06:04

商売繁盛や現世利益を主に祈願する神社では、稲荷神社や戎(えびす)系神社が有名です。沢山の人間が日々、御金に関する願いの磁気を投げ掛けています。
伏見稲荷では、この溜まる欲得磁気を何とか祓い浄化させようと神霊が苦労されているのを感じます。
他の系列の稲荷神の本山では、人間の個人的な欲の願いをその内容の正邪の関係無しに聞き届けようとサポートし、お使いの狐霊をバンバン走らせて、後年に時間差を置いてから、背後の親玉存在が利子を付けた高額な請求書を黙々と書いている様を感じます。 毎年、参拝に顔を出さなくなると、若い衆が働いた分を如何にして呉れる?と黙って何かを取り上げて行きます。
これは神社に限らず、神の名前を利用して不可思議を商売にしている人間が運営する組織も全く同じです。
この場合は、お使いの狐霊が、生きた人間に相当します。
目に見えない狐では無く、生きる人間がするのですから、社会に与える影響力は大きく、その罪も大きいです。


関連コメント

かつて有料先生から「前世のあなたは京都御所を守っていた武士だった。京都御所と泉桶寺へ行くと良いことがある。別の過去世で、秀吉と一緒に吉野の花見をしたこともある」などと言われました。今では絶縁していて、京都御所も吉野山も行ったことはありません。
実は、今週子供の春休みで京都へ行くことになりました。特別公開するという京都御所へ行くかもしれません。気にしないで行って構いませんか?この話はウソですよね?
それから前回、上賀茂神社と貴船神社に行ったことがあるので、今回別の神社へ行きたいと思います。
リーマンさんお勧めの神社が京都にあったら教えていただけませんか?伏見稲荷もどうかなと考えています。

。。。。デタラメ。
有料先生にかかれば、なぜか有名人ばかりです、笑。
八坂神社の悪王子社。
伏見も良いですが、狐霊がたくさんいます。社務所にも座っています。
感謝だけの参拝が大事。
2013-04-03 19:45:52


私の親は商売をしていまして、以前は伏見稲荷の○広大明神様を神棚でお祭りしていましたが、ある事情で今はしていません。守って頂いた神様に年に一度お礼参りで神山の頂上に行かせて頂いてますが、そこは本来は立ち入らないほうがよい場所ですか?それとも別に問題はありませんか?問題がある場合は下の本殿からの感謝想起で想いが上の神様に届きますでしょうか?

。。。下の本殿で十分です。コンコンが居ます。
2012-03-19 14:38:07


伏見稲荷の「非常に霊的なもの」をもう少し深く教えてくださいませ。

。。。感謝の参拝をしますと、コーーン、と山から狐霊が降りて来ました。直ぐに来ます。
また祈祷所には、その日の当番の狐霊がいました。
2011-06-14 14:24:26


リーマンさんが京都に来られて嬉しいです。三社に参拝されたそうですが、あとの二社はどちらに参られたのですか?

。。。下鴨神社、伏見稲荷です。
伏見稲荷では、霊感が降りなくなったために、あせり参拝する有料先生を見かけました。まあ末期です。
伏見稲荷自体は、非常に霊的なものを維持していました。感謝の参拝をさせて頂きました。
2011-06-13 21:07:22


伏見稲荷を止めて、伊勢外宮を祭れば問題ないでしょうか?
左側に重ねて、両方お祭りする方がよいでしょうか?

。。。どちらでも良いです。
外宮は伏見の親です。大は小を兼ねます。
2010-12-29 15:18:06


伏見稲荷の千本鳥居の奥にあるお山も禁足地でしょうか?
祖母に登っては行けないと言われた記憶があります。

。。。本殿の参拝だけで良いです。危険です。
2010-08-23 18:18:41


私は以前、不敬と分からず三輪山に登ってしまい、リーマンさんのお言葉(供養の継続と心中での謝罪)で救われた思いをした過去があります。その通りにさせていただく一方、大神神社には何度か感謝と謝罪の参拝をさせていただいております。お尋ねしたいのは、ご本殿から狭井神社に伺う道の途中にお社が何カ所かありますが、やや山を登る位置にあるお社に参拝させていただくのは不敬に当たらないでしょうか?そして伏見稲荷大社も稲荷山を登らないと参拝できないお社がありますが、やはり山を登っての参拝は不敬になるのでしょうか?

。。。感謝の気持ちだけで参拝すること。
2010-05-28 17:13:46


「内在神と共に」のP49にある、ダキニ天と伏見稲荷の不明点を教えてください。わたしは、このダキニ天が憑依した、◯○◯○◯から脱却できましたでしょうか?脱却方法を教えてください。また、曾祖父が御霊を勧請した、伏見稲荷は、わたしの参拝で五穀豊穣の正神に成りましたでしょうか?これと家系が絶え、霊線が詰まることの因果関係を教えてください

。。。稲荷は感謝だけの参拝をしていけば問題は無いです。交換条件を最初に掛けるのは人間だったのです。
寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていきましょう。順番に垢は消化していきます。
2010-05-13 13:50:48


伏見稲荷さんが今気になるので、明日は時間が許せばおまいりに行ってこようと思いますが何かアドバイスありましたらお願いしたいと思いまして、コメントさせていただきました。

。。伏見稲荷に感謝を奉納してくれば良いですよ。
感謝の気持ちが、精霊には一番嬉しいのです。
2009-11-29 11:09:12


一年半まえに、愛猫が亡くなり、いろいろな事情で埋葬する場所がみつからず、まだ家にあります。
近くに伏見稲荷があるのですが、その稲荷山に埋葬とかさせてもらっても大丈夫でしょうか?
神様の山なので失礼にあたりますか?

。。。ダメです。霊障を受けます。
保健所に電話すれば良いです。
引き取ってくれます。
2009-09-06 15:02:04


昨日夢について伺ったものです。スルーだったのですがもう一度だけ。何かありましたらお教えいただけませんでしょうか?

。。。先祖が昔、伏見稲荷を祭ったことがありました。 もし、機会があれば、京都伏見稲荷に感謝の参拝をし、1万円ほど寄付をすれば良いです。
行けない場合は、思いつく行ける稲荷神社へ感謝の参拝をすれば大丈夫です。
2009-02-26 08:24:35


伏見稲荷に行きたいと感覚がさわいでいます。

。。。ここは、正神界です。
天照太御神とも縁があります。
2007-10-01 20:17:44


20140913

  • 最終更新:2016-04-02 21:34:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード