伊射波神社(いざわじんじゃ)

■伊射波神社(いざわじんじゃ)について
関連項目 伊勢神宮関連
目次

関連記事

伊勢日記 4 2009-04-14 10:53:51

やっとの思いで雑林を抜けると、綺麗な小じんまりとした海岸の入り江に出ました。車を停車させて、奥に見える海岸に面した鳥居まで歩きました。
伊射波神社 (いざわじんじゃ)と言う所でした。
この鳥居を潜ると、急斜面の参道が長く続きます。
足元は非常に悪く、お年寄りには無理だと思いました。
参道を100mほど登った所で振り返りますと、青色の海が鳥居の前に広がっていました。
この光景をフト見た時、私の意識は太古の世界をここで幻視しました。
海岸から、上半身が人間で下半身がワニの生き物が参道を這いずりながら登って来る光景でした。
お腹が膨れており、胎児を宿しているのが分かりました。
この急斜面の参道=産道を這い登り、頂上の神社が在る場所で出産する光景でした。
眷属神曰く、これが「 トヨタマヒメ 」だと告げました。
海の生物の海亀などが、陸上でわざわざ卵を産む習性は、太古から存在した様です。
産土(うぶすな)とは、山の土だったのでしょう。
海岸の砂では保温性が悪いので、わざわざ海から山に登って産卵(出産)したと感じます。
参道=産道。産土=お産の為の砂。と言う真実を今回の幻視で確認できました。

ー中略ー

伊射波神社 (いざわじんじゃ)の「いざわ」とは、伊雑宮と同じ呼び名です。 2つの神社は近い距離に存在します。
「いざわ」には、「誘(いざ)ない和(わ)する」と言う、和を誘導し結ぶ神様の意味があります。
また、イザナギとイザナミを仲直りさせて和合させた女神の意味も隠喩します。
伊勢の鳥羽には、霊的に生きる神様を宿した神社が多いなぁと感じ入りました。


関連コメント

以前の写真集にたくさん載っていた伊射波神社は、今も太古の様相の奇跡の場所でしょうか。来春、伊勢神宮へ行こうと予定しています。
少し時間があるので
1 是非行く
2 行かなくて良い
3 どちらでも良い
よろしくお願いします。

。。。2
防犯の意味です。
2013-11-05 13:22:06


今週末、伊勢に行く予定ですが、この暑さの中伊射波神社へ行くには体力に自信がないと無理でしょうか?
熱中症対策とハイキング装備で大丈夫でしょうか?

。。。一人では厳禁です。
2011-07-14 14:47:42


今日は、伊雑宮で御田植祭があり、そこで御祈祷をしていただき、神事を見学してから、初めて伊射波神社に参拝にいきました。そこで、御宮を斜め前から写メを撮ったところ、御宮に人顔が写りました。全身鳥肌が立ったので、その写メは、消しました。
もし、人顔なら僕の波長が低下しているからでしょうか?

。。。やはり、寂しい神社は注意です。
ここも、これから他の人も一人参拝厳禁です。
この山近辺での自殺者です。
寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしていけば問題は無いです。
2011-06-24 23:42:52


伊射波神社に参拝しました!海に憧れる私には最高のロケーションでしたo(^-^)o 海と空と太陽が溶け合う雰囲気で 家族で細い道路にヒヤヒヤ 急な参道にゼーゼー
上から落ちてくる青虫 毛虫にドキドキ 楽しかったです

・・・よくいかれましたね。他の方は車は絶対に危険ですよ。
2009-05-02 20:45:57


伊射波神社も車で行けるところまで行きたいですが、知り合いの車は悪路は平気だけど狭いのはだめなはずの4駆です。やめといたほうがいいかなあ。

・・・止めた方が良いです。
2009-04-23 22:49:30


20140701

  • 最終更新:2015-04-20 23:19:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード