介護

■介護について
目次

関連記事

どんな道でも目覚めます 2011-06-03 11:24:35

私たちは、
1.仕事 2.仕事と生活上で会う人々 3.家族や縁者 
という三要素の中で生きています。特に、起きている時間の半分以上は、生きるために1番に時間をかけているものです。
ということは、人生の半分以上は何らかの仕事に費やしているのです。
自宅で仕事をするモノ造りの職人さんなどは、その大半を1番に集中させているでしょう。2と3の出会いも、限られた少ない人数です。
それでも長年にわたり仕事に集中していますと、心の内面が充実していき、良い顔に成っていくものです。
家庭の主婦も、家庭という小さい社会に居ても、懸命に家事を行い、家族への思いやりの行為をしていますと、心の成長が起こっています。
3番への介護が自分の重要な仕事と成り、自身の修行の場とされている方も同様に、心の成長が起こります。



取材された中年男性の方は肉体のリハビリを兼ねて、老人介護の世話をする補助員をされていました。
脳の萎縮に伴って、まだ視力はあるのですが目の動きが止まり、一点を見つめ続ける固い表情をされていました。人間は脳の機能が落ちますと、顔の表情から笑顔が消えるようです。人間の笑顔とは、脳の正常な働きの上で発生する、神様からの有り難い恩寵(おんちょう:プレゼント)なのかも知れません。
逆に言えば、普段から笑顔を意識していますと、脳の老化防止に成る可能性が十分にあります。
 
介護老人を入浴させるのは、想像以上の重労働でした。もし持ち上げて落とせば、危険な事故になります。男性は上司から指示されたことしか出来ませんが、懸命に作業をされていました。
脳の萎縮は肉体から運動機能を奪い、男性の動きはロボットのように固くスローでした。作業が終わり、狭いユニット・バスの浴室から汗だくになって出てきた男性は、上司である女性の介護士に聞きました。
「あなたは、私に教えてくださるが、私はあなたの邪魔をしていないだろうか?」
と言う1行の言葉を、脳の萎縮で消えかかる言葉を“捜しながら”、やっとのことで聞いておられました。
上司は、「役に立っていなければ、社長が首にしてくれるから心配しないで」「助かっているから、共に働いているのよ」と答えました。
理解する間をおいた後、男性は小さくうなずいておられました。男性の目には、なぜか涙があふれていました・・・。
その男性の汗と涙を拭く上司の目にも、涙がありました。


この場面に私は非常な感銘を受けました。
消え行きつつある自分の肉体機能、自分の命の心配をせずに、他人に迷惑を掛けていないのかを心配しているのです。
脳の萎縮により不要な自我(じが:われ良しの気持ち)が消えて行きますと、そこに残るのは人間の本性(ほんしょう)である、他人への「思いやり」なのでした。


ムダは一切無いのです 2011-01-03 10:58:19

老人の介護で悩む人は多いです。
しかし、たとえ家族であっても、他の魂への手助けは非常に良いことです。お金では買えない、貴重な機会です。
これを「悩む」ことは何もありません。自分の霊性を高める絶好のチャンスです。自分に内在する観音様が大きく成る機会なのです。
自分自身も、いつか内在する観音様により苦難を救われることに成ります。
自分の良心が出来る範囲の事を、すれば良いだけです。もし事情により家族の介護が出来なくても、それについて悩んだ思いやりの気持ちは残ります。
霊的な真相は、結局は「自分自身を介護していたこと」に、後から必ず“成る”のです。
身内であっても、親を平気で捨て置く人も多いでしょう。でも、それと同じことを、後で自分自身が体験することが必ず起こります。


性別を超えた人 2010-11-20 10:48:22

老人介護の報道をTVで見ました。取材された家庭は、80歳を超える方が、認知症で動けない高齢女性を一人で面倒を見られている家庭でした。
介護をしている老人は、女性の世話をしていて背骨を疲労骨折されていました。だから上半身だけが、不自然なほど折れ曲がっていました。
普通ならば、介護をしている本人が入院、もしくは介護をされていても当然な感じに見えました。しかし、その介護人は料理を自分で作り、一口ずつ女性の口に運んでおられました。
老人が老人を介護する老老介護の典型でした。いや、怪我をしている老人が、認知症の老人の世話をするという深刻な介護でした。
介護人は、女性が叫ぶ意味不明な言葉にも、優しく丁寧に一つ一つ返答されていました。

その様子を見ていて、私には介護をする人の性別が分かりませんでした。どうしても性別を超えた観音様に見えたのでした。薄く輝く金色の霊体にしか見えなかったのです。私の家族にその方の性別を聞きましても、意見が分かれました。
まさに生きながらにして、人間が中性に向かう見本のような人でした。
その心境に至るには、どのような宗教的な修行者も敵わないでしょう。間違った信仰をすれば、蛇のような生々しい黒い光しか出せません。その性別が増々いやらしく強調されるのです。

人間は、どんな道を選択しても、その中で懸命に自分の良心を発露させることが出来れば、神様の元へと至るのです。
あの介護人は、施設に認知症の老人を安易に預けることを不びんに思い、自分が出来る最大を尽くして死んで行く「覚悟」をしていると感じました。
TVを見ていても、決して暗さを感じさせませんでした。
高齢であることも含めて、既に「性」老病死の苦悩を超えた心境を見させて頂きました。


関連コメント

介護疲れの人は、
危険な事態に成る前に、
介護者を施設に預けて、利用することも大事。
家族全員が壊れることは、避けたほうが良いです。
2015-10-25 12:37:22


リーマンさんはいわいる3Kと言われる、低賃金の介護・福祉の仕事についてはどう思われていますか?ある意味地獄を垣間見ます。霊的には私は良い修行の場だと思うのですが…。

。。。。大変な修行であり、偉いです。相手が人間であることも重要な修行です。
2015-08-20 15:46:10


老人施設で真心で働くことは良い因果をつくりますか。

。。。成ります。給与と善徳になります。

また死ぬ老人は、貴重な恩返しを、霊的に職員にします。
ただし誠意の人に対してだけですが。
死が近いとは、健常者よりも霊力が増すのです。
2014-09-12 13:31:24


私50代ですが、2年ほど前に夫を亡くしました。夫の看病のことでも後悔が色々ありますが、今は両親の事で悩んでいます。 80代の同居の両親で、要介護4の母を老人ホームへ入れましたが、帰りたいと言われ、自宅で介護とも思いますが2人の面倒を私1人では無理なような気がします。世間では仕事を辞め介護をしたりという方がたくさんいますが、私は夫のことでも苦労しましたので、出来れば両親の面倒はもう勘弁願いたいというエゴがあり、本当に心の冷たい人間だと自己批判ばかりしてしまいます。世話になった両親に対して早くあの世へ旅立ってくれなどと思ってしまいます。白山道さんは良心に背向くことのない生き方をと常に仰っていますが、このような冷たい人間に生まれてきたことを嫌悪してしまう自分がいます。

。。。やはり、限界はあります。
老人ホームも仕方がないでしょう。
自分の出来る範囲をしましょう。
あなたに腰痛が出れば、出来ないのですから。
元気な内に準備も大事。
2014-09-05 20:08:25


以前81歳 認知症の母の事で質問いたしました。私は二人姉妹の次女です。
昨日は姉と両親の介護の事で電話で言い争いをしてしまいました。

。。。基本的には、姉妹での相続は均等です。
最近では、婚外子も均等判決でもめています。
あとは、自分の良心です。
親が認知症ならば、なおさら公正証書の公平性についても裁判もありえるでしょう。
ただし、あなたの介護労働も、評価されます。
だから、法テラス相談で弁護士の意見が大事。

私は、施設の介護を自宅よりも評価してます。
医師が居る施設ならば、なおさらです。
生活努力と、先祖への感謝を、普段の中で想起しながら、静観をしましょう。先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。
家系の水子にも感謝をしましょう。応援されます。
2014-08-16 20:28:31


父は病気で自宅療養中、母は施設にお世話になっています。
二人は以前から上手くいかないので、お互い心配しあうこともなく、私がそれぞれの面倒を看ていますが、二人の要求に疲れ果ててしまいました(母は、帰りたがっています)
自分の心を守ろうとすると、母の泣く姿が受かんでしまって、しんどいです
私にも具合の悪い娘がおり、今、私が寝込むわけにはいきません
この状況、どう乗り越えたらよいのでしょうか?

。。。自分の出来る範囲を参考に。
施設には賛成です。仕方がないです。
何でも限界は来ます。
2014-07-26 16:04:07


昨年末、二世帯住宅で同居する舅が脳梗塞で倒れ入院しておりましたが、一月で退院しその後は私が
主な介護者として食事作り等を担っております。しかし最近は急に結婚当初にいびられたことに腹が立って 最近ではイライラしながら食事を作っています。どうしたら いいのでしょうか。

。。。相手の内在神を世話するつもりが大事。
すべて自分のために成ります。
2013-08-08 23:12:06


介護の仕事をさせていただく中でしんどいことも多いですが高齢者の方の存在に癒やしを感じ、また全てをゆだねてくださる相手の懐の深さに尊敬の念を抱きます。給料をいただきながら人生の勉強もできるとは本当にありがたいです。こういう心境に至れる自分に感謝、導いてくださったリーマンさんやまわりの方々に感謝せずにいられません。

。。。それで良いです。
その人の内在神を世話することに成ります。
給与付きで、良い善行です。
すべては自分に反射します。
2013-08-08 18:24:46 


老人介護の仕事してるんですが、どうしてもムカついてしまうんです!
高齢者のうつ!
今日も吐いていましたが、どうみても唾やん!明らかに自分のことだけしか考えてない。(ような気がする(^^;))そうすることで、娘さんがまた仕事を途中にしてこないといけない!
倒れるにしても、怪我しないように倒れる!
そこで、リーマンさん。
私怒っちゃだめですか?私どう接したらいいのかわからなくなります。
老人になると割と鬱になる人が多く、私が担当してる人で診断名が付いてる人多いです。
これも、今日言っておられたことですよね?
怒ると心を閉ざすし、ふんふん。と聞いてるだけではエスカレートするし。。。
なんぞ良い手立てはないですか?

。。。愛情が大事。愛情の上で怒るもありです。
寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養が大事です。これの継続と実践次第です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を何回も再読してください。
2011-01-17 21:21:34


実家の兄夫婦は、実家の母が「 一緒に暮らしてほしい」とお願いしていても 無視して 介護付きマンションに入れています。遠く離れて住む私のマンションで 母に暮らそうと言ってみましたが、やはり80年間暮らし、兄弟のいる田舎からは、離れたくないようです。兄の家庭は、家族に色々な問題がありますが、実母を迎え入れたら その問題は、解決されるのでしょうか?母には、私も兄同様 恨みがありましたが、最近丸くなった母を見ていると 可哀想になります。兄の家庭も母にも 幸せになってもらいたいです。

。。。そのまま、寄り代(短冊や位牌のこと)による「先祖の為」の感謝の3本供養をしながら、静観していきましょう。
嫌がる人間と無理に住まわせるのは地獄です。
高齢者の自殺が多いのは、同居している場合が多いのです。
2010-11-20 20:14:19


20150822

  • 最終更新:2015-10-26 15:44:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード